「産業・経済」 2010年5月のニュース一覧

2010年5月30日(日) 14:57 [産業・経済]

マンゴー、早くも店頭に/出荷ピークは来月下旬

市内スーパーの店頭に並ぶマンゴー

市内スーパーの店頭に並ぶマンゴー

 2010年産マンゴーの収穫が始まり、市内の一部スーパーで並ぶようになった。夏の味覚マンゴーは、贈り物として人気。今年の出荷のピークは、平年より早い6月下旬を見込んでいる。 (全文を表示…)

2010年5月30日(日) 14:19 [産業・経済]

開催有無きょう決定/牛6月競り市 県とJAが最終調整

 宮崎県で拡大している家畜伝染病口蹄疫(こうていえき)問題で、県とJAおきなわは30日、6月の家畜競り市に向けて最終協議を行い、開催の有無を決定する。31日に記者会見を開いて正式に発表する予定。本紙の取材に県畜産課は「状況は刻々と変化している。開催の有無は直近の情報を基に判断したい」とし、月末の情勢を見極めて最終判断する意向を示した。 (全文を表示…)

2010年5月29日(土) 16:19 [産業・経済]

市からの受注が減少/09年度契約金額は8116万円

シルバーセンター人材センター総会
新年度予算などを承認した総会=28日、市中央公民館

新年度予算などを承認した総会=28日、市中央公民館

宮古島市シルバーセンター人材センター(棚原恵照理事長)の通常総会が28日、市中央公民館で開かれた。2009年度収支決算など5議案を原案通り承認。当期は339万円の黒字を計上し、次期繰越額は647万円。棚原理事長は「09年度は市など公共機関からの受注額は約1200万円落ち込んだ。新年度も厳しい状況にある」と述べた。 09年度事業実績は受注件数885件で、契約金額8116万8457円。会員226人に対し、就業実人数149人で就業率は過去10年で最低の65・9%。3人に1人は就業が無かったことが示された。10年度は会員の平等を期すため、ローテーションによる就業に取り組むことを確認した。会員は過去13年で最も多かった。 新年度収支予算額は、収入支出ともに1億165万6000円。前年度に比べ795万円減となっており、これは受託事業収益700万円減の予想と国庫補助金95万円がカットされたことが要因。 10年度事業計画では企画提案型事業に対する国が示した「再チャレンジ支援総合プラン行動」に基づき策定した「沖縄県人材センター事業活性化計画」の目標達成に向け、体制を強化するとしている。 棚原理事長は「米国のリーマンショックに端を発した経済不況の中で、シルバー事業も大きな打撃となり、公共工事での年間継続事業がカットされるなど、就業機会は非常に厳しい。これからも生活リズムに合わせたサービスを行い、社会参加と貢献で頑張ってほしい」と語った。 長濱政治副市長は「健康で日々活力を遂げることが家庭・社会に喜びを与える」と祝辞。県シルバー人材センター連合会の名嘉元甚勝会長(代読)は「地域に密着した活動が、地域に貢献し地域を支える」と述べた。

2010年5月28日(金) 14:33 [産業・経済]

高校生対象に担い手育成/青年農業者育成確保対策協

就農サポート講座など実施
活動計画などを決めた宮古地区青年農業者育成確保対策協議会=27日、宮古農村青少年教育センター

活動計画などを決めた宮古地区青年農業者育成確保対策協議会=27日、宮古農村青少年教育センター

 宮古地区青年農業 者育成確保対策協議会(会長・下地秀一宮古農林水産振興センター農業改良普及課長)が27日、宮古農村青少年教育センターで開かれた。今年度の活動計画な どを審議し、承認した。青年農業者らに就農サポート講座や専門講習会を開催するほか、高校生対象に就農支援を実施し、担い手育成を図る。 (全文を表示…)

2010年5月28日(金) 14:26 [地域・暮らし, 産業・経済]

島の活性化に期待/島尻-大神間

新造船「スマヌかりゆす」就航/関係者集い盛大に祝う
宮古本島に向かう新造船「スマヌかりゆす」。奥は大神島

宮古本島に向かう新造船「スマヌかりゆす」。奥は大神島

 新造船「スマヌか りゆす」(全長15㍍、15㌧)の島尻-大神を結ぶ定期航路就航を祝う式典が27日、大神離島振興コミュニティーセンターで行われた。長濱政治副市長をは じめ、島の住民や沖縄総合事務局、県、造船会社、船主など関係者が多数出席した。式典後の祝賀会では友利行雄自治会長の乾杯の音頭に続き、大神婦人部など による多彩な余興が披露され、島を挙げて新造船就航を盛大に祝い、島の活性化に期待を寄せた。 (全文を表示…)

2010年5月28日(金) 14:21 [産業・経済]

台湾ツアー一行が出発/宮古島市・基隆市

両市長、交流促進誓う/きょうクルーズ船就航を要請
基隆市民との交流に出発したツアー一行=27日、宮古空港

基隆市民との交流に出発したツアー一行=27日、宮古空港

 姉妹都市・台湾基 隆市に向けて、「宮古島市交流の翼」の一行124人が27日、チャーター便で出発した。同日午後には下地敏彦市長が基隆市行政府に張通栄市長を訪問、経済 や文化、芸術などあらゆる分野での交流促進を誓い合った。夜の食事会では両市の一般市民が交流を深めた。28日は各分野で人的交流を行うほか、下地市長ら 関係者はスタークルーズ社を訪ね、大型クルーズ客船の宮古島市就航を要請する。 (全文を表示…)

2010年5月27日(木) 14:17 [産業・経済]

購買者の旅費を助成/市が口蹄疫で支援策

競り再開前提/62人に案内文送付

6月の肉用牛競り市に参加する購買者の旅費の一部を助成すると発表する下地市長。左は長濱政治副市長=26日、市長室

6月の肉用牛競り市に参加する購買者の旅費の一部を助成すると発表する下地市長。左は長濱政治副市長=26日、市長室

 宮崎県で被害が広 がっている口蹄(こうてい)疫問題で、宮古島市の下地敏彦市長は26日、6月の肉用牛競り市再開を前提に、島外から参加した購買者に対し旅費の一部を助成 すると発表した。下地市長は「良い牛を生産しても購買者が来なければどうすることもできない」と述べ、畜産農家に対する支援策の一環であることを強調し た。JAおきなわ宮古地区本部では、6月期競り市の開設に向け準備を進めている。 (全文を表示…)

2010年5月27日(木) 14:15 [産業・経済]

平良港 達成率全国1位/貨物取扱

計画の187% 整備促進に追い風
貨物取扱計画達成率が日本一となった平良港

貨物取扱計画達成率が日本一となった平良港

 国土交通省が来年 度以降に集中投資の対象とする「重点港湾」選定の参考資料(目安)として調査作成した全国重要港湾の貨物取扱計画達成率(2007年度時点)は、平良港が 全国1位の187・3%となった。同省が25日、発表した。高い達成率は、平良港整備促進の追い風となりそうだ。 (全文を表示…)

2010年5月26日(水) 09:05 [産業・経済]

口蹄疫、終息に期待感/和牛改良組合上野支部

総会で10年度事業承認/6月競り開催は「検討中」

10年度事業計画などを決めた和牛改良組合上野支部の通常総会=25日、上野農村環境改善センター

10年度事業計画などを決めた和牛改良組合上野支部の通常総会=25日、上野農村環境改善センター

 宮古和牛改良組合上野支部は25日、上野農村環境改善センターで第30回通常総会を開いた。宮崎県で拡大している口蹄疫問題で認識を共有、その上で2010年度事業計画案を承認した。上地豪一支部長は「口蹄疫の終息を待ち、一生懸命努力しよう。(子牛生産においては)基本を忠実に守ってほしい」と話し、組合員に冷静な対応を求めた。畜産農家が最も懸念する6月競りの開催について、県畜産課は「検討中」としている。   (全文を表示…)

2010年5月25日(火) 17:21 [産業・経済]

輸送体制整う/行政、航空会社が連携

出荷を控えたマンゴー。6月下旬にピークを迎える=宮古島市内の農園

出荷を控えたマンゴー。6月下旬にピークを迎える=宮古島市内の農園

 昨年7月、マンゴーの航空貨物が積み残された問題で、県や宮古島市は24日までに、航空会社と協議し、今期産マンゴーの輸送体制を確認した。出荷量は402㌧を予想し、昨期より50㌧以上多い取扱量になるが、航空会社が大型機材や臨時便を活用するほか、貨物会社の協力を受けて航空機への積み込み作業を効率化。出荷用マンゴーのスムーズな輸送に万全を期す。 (全文を表示…)

2010年5月25日(火) 17:00 [産業・経済]

佐良浜港に消毒マット/JA伊良部支所

口蹄疫侵入水際防止策/踏み込み槽設置呼び掛け

口蹄疫を水際で防止しようと人や車が出入りする離島航路の桟橋に消毒液をしみ込ませたマットを設置=24日、佐良浜港

口蹄疫を水際で防止しようと人や車が出入りする離島航路の桟橋に消毒液をしみ込ませたマットを設置=24日、佐良浜港

 宮崎県で被害が広がっている口蹄(こうてい)疫問題で、JAおきなわ伊良部支所などは24日、口蹄疫の侵入を水際で防止しようと、人や車が出入りする佐良浜港の桟橋に消毒液をしみ込ませたマットを設置した。    また、畜産農家に消石灰(消毒液)を無料配布。畜舎に踏み込み消毒槽の設置を呼び掛けた。   伊良部島の畜産農家は20戸で、現在は母牛、子牛約420頭が飼育されている。 (全文を表示…)

2010年5月22日(土) 08:19 [産業・経済]

組合再編「避けられない」/農業共済組合総代会

経営基盤の強化へ/共済支払金は1億3570万円

10年度事業計画案などを審議する総代=21日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

10年度事業計画案などを審議する総代=21日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 宮古郡農業共済組合の第63回通常総代会が21日午後、JAおきな宮古地区本部ホールで開かれた。2009年度の共済4事業の実績が報告され、合計の農家負担金は1億1414万円、農家への支払共済金は1億3570万円だった。 (全文を表示…)

2010年5月22日(土) 08:10 [産業・経済]

畜産農家支援を要請/宮古・八重山市町村会、県と県議会に

口蹄疫の影響深刻/防疫や経営対策求める

高嶺県議会議長(中央)に要請書を手渡し、協力を求めた美ぎ島美しゃ市町村会の要請団=21日、県議会議長応接室

高嶺県議会議長(中央)に要請書を手渡し、協力を求めた美ぎ島美しゃ市町村会の要請団=21日、県議会議長応接室

 【那覇支局】宮古、八重山地区の市町村長で構成する「美ぎ島美しゃ市町村会」(会長・下地敏彦宮古島市長)は21日、県庁と県議会を訪れ、安里カツ子副知事と高嶺善伸県議会議長に要請を行った。20日に石垣市で開いた2010年度定期会議で、喫緊の課題だとして決議した「国内における口蹄(こうてい)疫発生に伴う畜産農家支援」を要請した。 防疫対策の強化に加え、畜産農家が安心して経営に取り組めるよう支援措置を講じ、経営維持が図られることなどを求めた。 (全文を表示…)

2010年5月21日(金) 16:40 [産業・経済]

徹底した水際対策を/口蹄疫防止で緊急会議

畜産関係者 「県の対応遅い」と批判

42の関係機関・団体長らが口蹄疫の侵入防止について協議した=20日、県庁講堂

42の関係機関・団体長らが口蹄疫の侵入防止について協議した=20日、県庁講堂

  【那覇支局】宮崎県で口蹄(こうてい)疫患畜が発生し、感染拡大を続けていることから、政府は19日に発生地域の半径10㌔圏内の牛、豚、水牛、山羊などの家畜を全頭処分することを決定し、ワクチン接種を開始することを決めた。宮崎の「非常事態宣言」を受けて沖縄県農水部(比嘉俊昭部長)は20日、42の関係機関や団体長を集め「県口蹄疫侵入防止緊急対策会議」(会長・同部長)を開いた。 (全文を表示…)

2010年5月20日(木) 16:45 [産業・経済]

市政5周年行事と位置付け/マンゴーまつり7月3、4日開催

初の実行委開く

実行委で委員長あいさつをする下地市長=19日、市平良庁舎

実行委で委員長あいさつをする下地市長=19日、市平良庁舎

  第1回マンゴーまつり実行委員会が19日、市平良庁舎で開かれ、開催日程を7月3、4日の両日、会場を市熱帯植物園(体験工芸村)にすることなどが決まったほか実行委員会の設置要項、同まつり実施要項、予算などが承認された。実行委員長に下地敏彦市長を選任した。   このほか同まつりを県内外の観光客に定着させる意味でも日程を固定する必要があるとの意見もあり毎年7月の第1土、日曜日に開催することが決まった。 (全文を表示…)

2010年5月20日(木) 16:24 [産業・経済]

競り中止、市場閑散/口蹄疫問題

農家の不安広がる/6月競りも開催未定

5月競り中止で閑散とする競り市場=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

5月競り中止で閑散とする競り市場=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

 宮崎県で拡大する口蹄(こうてい)疫問題で、宮古地区の肉用牛生産農家の不安が広がっている。19日の5月競りは中止となり、生産者は「一大事だ」と危機感を募らせる。競り市場を運営するJAは6月競り開催の方向で検討を進めるが、口蹄疫問題は予断を許さない状況。防疫を強化する県側と調整しながら、遅くても今月中には開催の有無を決定する。 (全文を表示…)

2010年5月19日(水) 21:54 [産業・経済]

口蹄疫対策/市議会保守系議員団 購買者の積極誘致など

要請文を読み上げる平良会長(中央右)。中央は下地市長=18日、市平良庁舎

要請文を読み上げる平良会長(中央右)。中央は下地市長=18日、市平良庁舎

 宮古島市議会保守系議員団(平良隆会長)14人は18日、市平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、宮崎県で発生している口蹄(こうてい)疫の影響で、宮古島の畜産農家が経済的に大きな打撃を受けているため、経営安定のための対策などを強力に進めることや県外からの購買者を積極的に誘致するよう要請した。 (全文を表示…)

2010年5月19日(水) 21:51 [産業・経済]

宮古島産マンゴー/市が認定シール販売

偽装防止、ブランド化促進/きょうから受付開始

産地を認定するシールの説明に耳を傾ける生産者=18日、上野農村環境改善センター

産地を認定するシールの説明に耳を傾ける生産者=18日、上野農村環境改善センター

 2008年の産地偽装事件を受けて、宮古島市が島内産マンゴーを認定するシールを販売する。生産者限定で販売し、産地偽装を防止するとともに差別化を促進してブランド化を目指す。きょう19日から市農政課で購入の受け付けを開始する。 (全文を表示…)

2010年5月19日(水) 21:42 [産業・経済]

口蹄疫の宮古侵入防止へ/家畜保健衛生所 畜産農家に消石灰配布

多くの農家が訪れ消石灰を受け取った=18日、JAおきなわ宮古家畜市場

多くの農家が訪れ消石灰を受け取った=18日、JAおきなわ宮古家畜市場

 宮崎県で拡大している口蹄(こうてい)疫の防疫対策で、宮古家畜保健衛生所(慶留間智厚所長)は18日、平良地区の牛飼育農家に消石灰(消毒薬)を無償配布した。数量は一農家1袋(20㌔)。配布はJAおきなわ宮古家畜市場で行われ、207人が受け取った。農家らは「口蹄疫が宮古に入ったら、畜産は全滅が目に見えている。対策は、徹底しなければならない」と気持ちを引き締めていた。 (全文を表示…)

2010年5月18日(火) 21:14 [産業・経済]

事業総利益は1億6000万円/森林組合09年度

市有地に3万8000本植樹

 宮古森林組合(組合長・下地敏彦市長)の理事会が17日開かれ、2009年度の業務報告(案)や10年度事業計画(案)を承認した。2009年度決算は売り上げに相当する事業総収益が1億6267万円。単年度剰余金は6万1000円、累積で85万1000円の黒字を計上した。事業計画には、今年度も引き続き花と緑豊かな生活環境づくりに力を入れていく方針などを盛り込んだ。同案は、26日の総会に提出する。 (全文を表示…)

2010年5月15日(土) 17:04 [産業・経済]

畜産農家に消石灰配布/宮古家畜保 口蹄疫防疫対策で

多くの農家が訪れ消石灰を受け取った=14日、JAおきなわ多良間家畜市場

多くの農家が訪れ消石灰を受け取った=14日、JAおきなわ多良間家畜市場

宮崎県で拡大している口蹄(こうてい)疫の防疫対策で、宮古家畜保健衛生所(慶留間智厚所長)は14日、多良間村の牛や山羊、豚飼育農家に消石灰(消毒薬)を無償配布した。配布はJAおきなわ多良間家畜市場で行われ、約100人が受け取った。宮古島市の配布は、18日の平良を皮切りに順次行われる。 (全文を表示…)

2010年5月14日(金) 16:26 [産業・経済]

ハウス補助、申請受付を開始/宮古島市 補助率は35%程度

ハウス設置事業の申請受付がスタートした=13日、上野庁舎

ハウス設置事業の申請受付がスタートした=13日、上野庁舎

宮古島市は12日、ビニールハウスなどの設置費用を補助する2010年度園芸施設設置事業の申請書受付を開始した。19日まで。今年度は予算の減額措置で補助率が低下、前年度より5~10%低い30~35%を見込む。13日現在で55の農家が申請を済ませた。補助対象となる事業導入農家は今月中に決める。 (全文を表示…)

2010年5月12日(水) 15:49 [産業・経済]

偉業たたえ、記念碑建立/記念実行委

佐良浜かつお100周年/伝統漁業の誇り後世へ

このほど建立された100周年記念碑とカツオのぼり=11日、佐良浜漁港

このほど建立された100周年記念碑とカツオのぼり=11日、佐良浜漁港

佐良浜かつお漁百周年実行委員会(委員長・友利義文伊良部漁協組合長)はこのほど、佐良浜漁港近くの広場に100周年記念碑を建立した。先人の偉業をたたえるとともに伝統漁業に誇りを持ちカツオへの感謝と海への畏敬(いけい)の念を込めて設置した。記念碑のそばにはカツオのぼりが掲げられ、祝賀ムードを高めている。近く除幕式を行う。 (全文を表示…)

2010年5月12日(水) 15:38 [産業・経済]

財政メリットなど学ぶ/定住自立圏構想

徳大寺氏(総務省課長補佐)が解説

定住自立圏構想について解説する徳大寺祥宏氏

定住自立圏構想について解説する徳大寺祥宏氏

3月30日に定住自立圏構想の中心市宣言を行った宮古島市は11日、総務省地域力創造グループ地域自立応援課の徳大寺祥宏課長補佐を講師に迎えての同構想研修会を市中央公民館で開催した。市職員や市議会議員、一般市民ら約100人が参加し、構想のポイントや定住自立圏となることによる財政措置メリット、先行地域の取り組み状況などを学んだ。 (全文を表示…)

2010年5月11日(火) 15:25 [産業・経済]

「夢産品」売り込みへ/本土のデパートで初  アララがま物産振興会

物産展への協力を下地市長(右手前)に依頼する砂川代表理事(左手前)と上地事務局長(左奥)=10日、市平良庁舎

物産展への協力を下地市長(右手前)に依頼する砂川代表理事(左手前)と上地事務局長(左奥)=10日、市平良庁舎

アララがま物産振興会の砂川佳一代表理事と上地和彦事務局長が10日、下地敏彦市長を市平良庁舎に訪ね、15日から9日間、そごう神戸店で開かれる「めんそーれ沖縄物産展」に「夢産品宮古島」の名称で初めて宮古島から20社、70品目以上が出品されることから、同振興会が関西宮古郷友会などへの呼び掛けを含め市の協力を求めた。これに対し下地市長は「全面的に協力する」と快諾した。 (全文を表示…)

2010年5月11日(火) 14:48 [産業・経済]

県産黒糖の販路拡大目指す/5・10「黒糖の日」制定

需要低迷に危機感/菓子メーカーにPR展開

 
関係者を代表して多良間村の下地村長が「黒糖の日」制定宣言文を読み上げた=10日、那覇市のパレット市民劇場

関係者を代表して多良間村の下地村長が「黒糖の日」制定宣言文を読み上げた=10日、那覇市のパレット市民劇場

【那覇支局】「黒糖の日」制定記念セレモニー・シンポジウム(主催・県含みつ糖対策協議会)が10日、那覇市のパレット市民劇場で開催された。外国産輸入糖や加工糖に押され、県産含みつ糖の需要低迷が続く中、記念日制定によって、本土菓子メーカーなどへの販路拡大を目指したPR活動などを展開する。セレモニーでは下地昌明多良間村長が高らかに「黒糖の日」宣言を読み上げ、健康甘味食材普及と生産農家の意欲向上に向け気勢を上げた。 (全文を表示…)

2010年5月11日(火) 14:40 [産業・経済]

口蹄疫の影響拡大

6月の共進会中止/防疫本部、侵入防止で緊急会議

口蹄疫の侵入防止に向け今後の対応を協議する関係機関の代表=10日、県宮古合同庁舎

口蹄疫の侵入防止に向け今後の対応を協議する関係機関の代表=10日、県宮古合同庁舎

宮崎県で発生した口蹄(こうてい)疫の影響が拡大している。宮古和牛改良組合は10日の理事会で6月期子牛共進会の中止を決定、JAは同月競りで頭数調整を行い出荷牛を制限する。宮古防疫対策本部は口蹄疫の侵入防止に向けて緊急会議を招集。関係機関の代表が情報を共有して連携の強化を確認した。多方面に影響が拡大している口蹄疫問題。関係者は「いつ終息するのか」と危機感を募らせている。 (全文を表示…)

2010年5月10日(月) 14:35 [産業・経済]

貸付総額43億4700万円/09年度沖縄公庫宮古支店

「マル経資金」4割増/運転資金の需要多く

 沖縄公庫宮古支店(又吉務支店長)の2009年度貸付総額は前年度比5・8%増の43億4700万円となった。小規模事業者を対象にした無担保・無保証人の「マル経資金」は12億5000万円で、同比3億4600万円(38・2%)増。セーフティーネット資金が、同比約5倍の5億3100万円。両資金の大幅な伸びが特徴となった。同支店が9日までに発表した。 (全文を表示…)

2010年5月8日(土) 22:31 [産業・経済]

飼料の無償配布へ/口蹄疫でJAおきなわ

地区営農センター長らで構成する各部所長会議で、支援策の周知を促した=7日、那覇市のJA会館内

地区営農センター長らで構成する各部所長会議で、支援策の周知を促した=7日、那覇市のJA会館内

【那覇支局】先月20日に宮崎県で発生した口蹄(こうてい)疫の影響で、県内の5月期肉用牛競りが中止されたことを受け、JAおきなわ(伊波榮雄理事長)は7日、「家畜防疫対策本部会議」を立ち上げ、競り開催の延期で影響の出る農家への支援策を実施することを決定した。5月競り申し込み牛について、1頭当たり 40㌔(2袋)の飼料を無償配布するほか、上限20万円の仮渡金の支払いを実施する。  支援内容は競り開催の延期により、子牛の出荷遅延などの影響を軽減するため、去勢子牛20万円、雌子牛15万円を上限額とする仮渡金の支払いを実施する。 (全文を表示…)

2010年5月7日(金) 14:59 [産業・経済]

滞在型交流施設が完成/さるかの会

体験メニュー充実/城辺の6カ所 一般受け入れも可能に

城辺友利で完成した体験交流施設

城辺友利で完成した体験交流施設

ぐすくべグリーンツーリズムさるかの会(野崎達男代表)が建設を進めてきた体験滞在型交流施設が、城辺地区の6カ所で完成した。宿泊施設が2棟(福嶺1、上区1)、体験施設が4棟(福嶺2、友利2)。完成によって、修学旅行生の体験メニュー充実と一般民宿の受け入れが可能になった。 (全文を表示…)
1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2010年5月
    « 4月   6月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2