2010年5月のニュース一覧

2010年5月21日(金) 16:40 [産業・経済]

徹底した水際対策を/口蹄疫防止で緊急会議

畜産関係者 「県の対応遅い」と批判

42の関係機関・団体長らが口蹄疫の侵入防止について協議した=20日、県庁講堂

42の関係機関・団体長らが口蹄疫の侵入防止について協議した=20日、県庁講堂

  【那覇支局】宮崎県で口蹄(こうてい)疫患畜が発生し、感染拡大を続けていることから、政府は19日に発生地域の半径10㌔圏内の牛、豚、水牛、山羊などの家畜を全頭処分することを決定し、ワクチン接種を開始することを決めた。宮崎の「非常事態宣言」を受けて沖縄県農水部(比嘉俊昭部長)は20日、42の関係機関や団体長を集め「県口蹄疫侵入防止緊急対策会議」(会長・同部長)を開いた。 (全文を表示…)

2010年5月21日(金) 15:50 [はばたけあすの顔, 企画・連載]

池間小学校1年1組

池間小学校1年1組

池間小学校1年1組

緑のカーテンの下で  活発で活動的な3人の仲間。勉強は2年生との複式学級で学ぶ。  「学校が楽しい」と言うみんなに、それぞれ聞いてみた。  けんこう君は、「体育が好き!ボールけりゲームやタッチリレーが楽しいよ」。わかなちゃんは、「算数が楽しい」。れなちゃんは、「勉強の時間が好き」と、体育も勉強も頑張っている。 (全文を表示…)

2010年5月20日(木) 16:52 [イベント]

ツール・ド宮古島 中間申し込み数/前回を100人上回る650人

6月5、6日に開催される「第3回ツール・ド宮古島2010」への出場申込者数が、17日までの集計で650人に達した。前回大会の522人を100人以上、上回っている。  宮古島市の「エコアイランド宣言」を記念して08年からスタートした同大会。初日には60㌔と100㌔のサイクリング、2日目は100㌔と100マイル(160㌔)のロードレースを行っている。 (全文を表示…)

2010年5月20日(木) 16:45 [産業・経済]

市政5周年行事と位置付け/マンゴーまつり7月3、4日開催

初の実行委開く

実行委で委員長あいさつをする下地市長=19日、市平良庁舎

実行委で委員長あいさつをする下地市長=19日、市平良庁舎

  第1回マンゴーまつり実行委員会が19日、市平良庁舎で開かれ、開催日程を7月3、4日の両日、会場を市熱帯植物園(体験工芸村)にすることなどが決まったほか実行委員会の設置要項、同まつり実施要項、予算などが承認された。実行委員長に下地敏彦市長を選任した。   このほか同まつりを県内外の観光客に定着させる意味でも日程を固定する必要があるとの意見もあり毎年7月の第1土、日曜日に開催することが決まった。 (全文を表示…)

2010年5月20日(木) 16:38 [社会・全般]

264件増の489件/4月末現在補導件数

宮古島署管内/「飲酒」4.3倍増 

 宮古島警察署管内における4月末現在の未成年の補導件数が489件となり、前年同期の225件に比べ264件(2・1倍)の大幅増となっている。内訳は飲酒が同期比4・3倍、喫煙が1・6倍、怠学が8・3倍、不良交遊が2・9倍などと軒並み大幅増となっている。同署の豊里友茂生活安全課長は「前年に比べてかなり補導件数が増加している。今後、街頭活動を強化していきたい」と述べた。 (全文を表示…)

2010年5月20日(木) 16:28 [地域・暮らし]

汗だく、農作業体験/トウモロコシを収穫

トウモロコシを収穫した子どもたち=19日、上野野原

トウモロコシを収穫した子どもたち=19日、上野野原

 福嶺幼稚園・小学校の園児と児童13人が19日、上野野原のトウモロコシ畑で収穫作業を体験した。子どもたちは楽しそうにトウモロコシをもぎ取り、地域の農作業を学んだ。  城辺新城に住む西川卓治さんの畑で実施した。昨年に続く野外学習で「畑に対する興味を持ってほしい」と希望する西川さんの厚意で行われている。    畑に着いた子どもたちは4班に分かれて収穫をスタート。西川さんから手ほどきを受けて汗だくになりながら収穫を楽しんだ。  収穫したトウモロコシは西川さんらがその場でゆでて子どもたちに振る舞った。子どもたちは「おいしい」と大喜び。飛び切りの笑顔を見せていた。

2010年5月20日(木) 16:24 [産業・経済]

競り中止、市場閑散/口蹄疫問題

農家の不安広がる/6月競りも開催未定

5月競り中止で閑散とする競り市場=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

5月競り中止で閑散とする競り市場=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

 宮崎県で拡大する口蹄(こうてい)疫問題で、宮古地区の肉用牛生産農家の不安が広がっている。19日の5月競りは中止となり、生産者は「一大事だ」と危機感を募らせる。競り市場を運営するJAは6月競り開催の方向で検討を進めるが、口蹄疫問題は予断を許さない状況。防疫を強化する県側と調整しながら、遅くても今月中には開催の有無を決定する。 (全文を表示…)

2010年5月20日(木) 14:46 [お母さんと一緒, 企画・連載]

兄弟思いの仲良しです

嘉数琉玖(りゅうく)くん(4つ)温人(はると)くん(2つ)

嘉数琉玖(りゅうく)くん(4つ)温人(はると)くん(2つ)

嘉数琉玖(りゅうく)くん(4つ)温人(はると)くん(2つ) お母さん・紋子(あやこ)さん  「もう、おうちは戦場」とお母さんが言うくらい元気な兄弟。  好奇心旺盛で、道を覚えるのが得意な琉玖くん。「サンエーはどっち?」と聞くと「こっちこっちー」と、お母さんのナビ代わり。元気いっぱいで、マブヤーになりきってポーズする。将来は「忍者になりたい」と言うと「先週は野球選手、その前はお医者さんだったじゃない?」とお母さん。夢いっぱいだ。 (全文を表示…)

2010年5月19日(水) 21:56 [教育・文化]

「継続することが大事」/南小・キャリア教育講話 宮本さんが講話

宮本さんの講話に聞き入る児童ら=18日、南小学校体育館

宮本さんの講話に聞き入る児童ら=18日、南小学校体育館

 南小学校(田場秀樹校長)は18日、同校体育館でキャリア教育講話を開いた。トライアスロン大会で通訳を務めた宮本陽子さんが、夢に向かって突き進んだ自らの半生や海外での経験について講話した。児童らは真剣な表情で聞き入っていた。 (全文を表示…)

2010年5月19日(水) 21:54 [産業・経済]

口蹄疫対策/市議会保守系議員団 購買者の積極誘致など

要請文を読み上げる平良会長(中央右)。中央は下地市長=18日、市平良庁舎

要請文を読み上げる平良会長(中央右)。中央は下地市長=18日、市平良庁舎

 宮古島市議会保守系議員団(平良隆会長)14人は18日、市平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、宮崎県で発生している口蹄(こうてい)疫の影響で、宮古島の畜産農家が経済的に大きな打撃を受けているため、経営安定のための対策などを強力に進めることや県外からの購買者を積極的に誘致するよう要請した。 (全文を表示…)

2010年5月19日(水) 21:51 [産業・経済]

宮古島産マンゴー/市が認定シール販売

偽装防止、ブランド化促進/きょうから受付開始

産地を認定するシールの説明に耳を傾ける生産者=18日、上野農村環境改善センター

産地を認定するシールの説明に耳を傾ける生産者=18日、上野農村環境改善センター

 2008年の産地偽装事件を受けて、宮古島市が島内産マンゴーを認定するシールを販売する。生産者限定で販売し、産地偽装を防止するとともに差別化を促進してブランド化を目指す。きょう19日から市農政課で購入の受け付けを開始する。 (全文を表示…)

2010年5月19日(水) 21:48 [政治・行政]

支所機能の縮少説明/城辺地区自治会長に 5年後には職員4人に

各課が事業内容などを説明した会議=18日、城辺農村環境改善センター

各課が事業内容などを説明した会議=18日、城辺農村環境改善センター

 城辺の新自治会長を対象にした市役所城辺支所と農林水産部、建設部合同の2010年度事業説明会(18日)の中で、11年度から城辺、上野、下地3支所長の部長制が廃止されることや、城辺支所の現在の職員数16人が15年には4人に減らされる組織改革プランが明らかにされた。 (全文を表示…)

2010年5月19日(水) 21:42 [産業・経済]

口蹄疫の宮古侵入防止へ/家畜保健衛生所 畜産農家に消石灰配布

多くの農家が訪れ消石灰を受け取った=18日、JAおきなわ宮古家畜市場

多くの農家が訪れ消石灰を受け取った=18日、JAおきなわ宮古家畜市場

 宮崎県で拡大している口蹄(こうてい)疫の防疫対策で、宮古家畜保健衛生所(慶留間智厚所長)は18日、平良地区の牛飼育農家に消石灰(消毒薬)を無償配布した。数量は一農家1袋(20㌔)。配布はJAおきなわ宮古家畜市場で行われ、207人が受け取った。農家らは「口蹄疫が宮古に入ったら、畜産は全滅が目に見えている。対策は、徹底しなければならない」と気持ちを引き締めていた。 (全文を表示…)

2010年5月19日(水) 11:13 [行雲流水]

「沖縄の古謡コンサート」(~黒潮がつなぐ島々の古謡~)

今年3月、沖縄国際アジア音楽祭の企画として「沖縄の古謡コンサート」(~黒潮がつなぐ島々の古謡~)が浦添てだこホールで開催された。このコンサートは失われつつある伝承歌=「古謡」を保存する活動の一環として開催されたもので、各地区に伝わる古謡が紹介された   ▼ このコンサートで、久松に伝わる「野崎トウガニ」を下地勇さんが歌い、新良幸人さんが石垣市白保の「東の渡」を歌った。この二人が古謡を学び、コンサートに挑むまでを追った番組がNHKで放送された。 ▼「野崎トーガニ」は久松にあるわき水「野川」を、命をつなぐ水だとたたえる歌で、ただ一人歌えるといわれる与那覇金吉さんに手ほどきを受けた。下地勇さんは、「歌詞を理解して、微妙な節ぶしを心を込めて正確に歌うことの大切さを学んだ」と言い、与那覇さんは「これで、この歌が歌える人が二人になった」と喜んでいた。 ▼一方で、300年以上、石垣市白保で口承されてきた「東の渡」を歌えるのは一人だけになっていた。幸い彼の歌は録音されていて、今では祭りになくてはならないものになっている。 ▼宮古島市総合博物館友の会主催で「宮古の歌謡について」本永清さんを講師に講演会が催された。講演では宮古に伝わる「白鳥のアーグ」と八重山の「バシユンタ」(鷲の鳥)の類似性が論考され、与那城美和子さんが魅力的な旋律を、美しい声で歌った。 ▼生活の中で生まれ、共同体の平安や豊穣を祈り、歌われてきた歌謡には故郷の香りが染み込んでいる。

2010年5月18日(火) 21:37 [地域・暮らし]

さらなる発展願う/佐良浜かつお100周年記念

記念碑前で記念撮影する下地市長(右から2人目)=16日、佐良浜

記念碑前で記念撮影する下地市長(右から2人目)=16日、佐良浜

先人たたえ、記念碑除幕

 佐良浜かつお漁百周年記念碑除幕式(主催・同百周年祭実行委員会)が16日、佐良浜漁港近くの建立地で行われた。先人や伝統を継承している漁師らの偉業をたたえるとともに、さらなる発展を願った。  船型の土台に建つ記念碑は大理石。高さが1・8㍍、幅0・8㍍。碑の中央には、威勢良く泳ぐカツオのイメージが浮き彫りにされている。 (全文を表示…)

2010年5月18日(火) 21:30 [教育・文化]

DVDを全学校へ贈呈/仲村君監督 「島の時間」

完成披露会も実施

「島の時間」DVD完成披露の前にDVDを川上教育長に贈呈する仲村君(左)=16日、シネマパニック宮古島

「島の時間」DVD完成披露の前にDVDを川上教育長に贈呈する仲村君(左)=16日、シネマパニック宮古島

 中学生の映画監督・仲村颯悟君(沖縄東中3年)が、宮古島で撮影した映画「島の時間」のDVDがこのほど完成し16日、シネマパニック宮古島で完成披露が行われた。映画制作に協力した関係者が招かれ、豊かな自然の中で友情を育む子どもたちの姿を描いた感性豊かな作品に見入った。このDVDは市教育委員会を通して市内の全小、中学校などに配布される。仲村君が同日、川上哲也教育長に贈呈した。 (全文を表示…)

2010年5月18日(火) 21:21 [環境・エコ]

オニヒトデ1万匹を駆除/美ら海連絡協09年度

3カ所のサンゴ礁で実施/漁場、観光資源の保全対策

ダイビング業者らによって駆除されたオニヒトデ(資料写真)

ダイビング業者らによって駆除されたオニヒトデ(資料写真)

 宮古島美ら海連絡協議会(会長・小禄貴英宮古島漁協組合長)のまとめによると、2009度のオニヒトデ駆除個体数は1万577匹に上った。駆除は高野漁港沖合のサンゴ礁「マルビジ」と伊良部島北東の「サバ沖」、池間島北東の「チュラビジ」の3カ所に絞って実施。作業には、ダイビング業者の職員ら延べ210人が当たった。 (全文を表示…)

2010年5月18日(火) 21:14 [産業・経済]

事業総利益は1億6000万円/森林組合09年度

市有地に3万8000本植樹

 宮古森林組合(組合長・下地敏彦市長)の理事会が17日開かれ、2009年度の業務報告(案)や10年度事業計画(案)を承認した。2009年度決算は売り上げに相当する事業総収益が1億6267万円。単年度剰余金は6万1000円、累積で85万1000円の黒字を計上した。事業計画には、今年度も引き続き花と緑豊かな生活環境づくりに力を入れていく方針などを盛り込んだ。同案は、26日の総会に提出する。 (全文を表示…)

2010年5月18日(火) 08:53 [社会・全般]

徴収率住民税/10年度目標は93.1%

前年比0.2ポイント増目指す/10~12月を強化月間に設定

10年度事業案などを審議する定期総会=17日、県宮古合同庁舎

10年度事業案などを審議する定期総会=17日、県宮古合同庁舎

 宮古地区個人住民税徴収対策協議会(会長・長濱政治副市長)の2010年度定期総会が17日、県宮古合同庁舎で開かれた。09年度で92・9%を見込んでいる宮古地区の個人住民税徴収率について、10年度は0・2ポイント増の93・1%を目標とすることや、10~12月を徴収強化期間とする行動計画などが審議され、いずれも全会一致で承認された。   (全文を表示…)

2010年5月17日(月) 16:38 [地域・暮らし]

市民の健康をサポート/「一日まちの保健室」を開設

看護師や保健師が血圧測定や健康相談を実施し市民の健康をサポートした=15日、マックスバリュ宮古南店

看護師や保健師が血圧測定や健康相談を実施し市民の健康をサポートした=15日、マックスバリュ宮古南店

 看護協会宮古地区(奥濱杖子地区長)は15日、マックスバリュ宮古南店で「一日まちの保健室」を開設した。血圧測定や健康相談を無料で実施。バランスの取れた食生活を呼び掛けながら市民の健康をサポートした。 (全文を表示…)

2010年5月17日(月) 16:36 [イベント]

観衆興奮/1800人来場

生の迫力存分に/19年ぶりプロレス大会

生の迫力に観客席からは大きな歓声が沸いた=15日、市総合体育館

生の迫力に観客席からは大きな歓声が沸いた=15日、市総合体育館

 新日本プロレス宮古島大会(新日本プロレス、新日本プロレスを宮古島に呼ぶ会主催)が15日、市総合体育館の特設リングで19年ぶりに開催され、会場は約1800人(主催者発表)のプロレスファンで埋まった。観客らは熱気に包まれた会場で繰り広げられた、闘志あふれる試合に大歓声を上げた。 (全文を表示…)

2010年5月17日(月) 16:30 [社会・全般]

「基地ない沖縄を」/本土復帰38周年 平和集会に3800人

1972年5月15日の本土復帰から38周年を迎えた15日、基地のない沖縄を目指す「平和とくらしを守る県民大会」(主催・平和運動センターなど)が宜野湾市の海浜公園で開かれた。大雨が降りしきる中、県内外から集まった約3800人(主催者発表)は「米軍は沖縄から出て行け、全国から出て行け」と気勢を上げた。 (全文を表示…)

2010年5月17日(月) 16:29 [社会・全般]

下地島の平和利用確認/自治の集いin宮古

屋良覚書が効力発揮

下地島空港などの報告があった集い=15日、市中央公民館

下地島空港などの報告があった集い=15日、市中央公民館

 地域の自然、文化を生かした地域おこしや自治の在り方を考える「ゆいまーる琉球の自治の集いin宮古」(主催・ゆいまーる琉球の自治、共催・宮古郷土史研究会)が15日、市中央公民館で開かれた。この日は38年前に沖縄が本土復帰した日。地元の5人がそれぞれの立場から報告した。多数の市民が熱心に聞き入っていた。  (全文を表示…)

2010年5月17日(月) 16:24 [政治・行政, 社会・全般]

平和と暮らしアピール/5・15平和行進

300人がシュプレヒコール/下地島の軍事利用に反対

300人が平和行進を行い恒久平和を訴えた=15日、宮古島市内

300人が平和行進を行い恒久平和を訴えた=15日、宮古島市内

 本土復帰から38年を迎えた15日、5・15平和行進が市街地を中心に行われた。主催者発表で300人の参加者が上野から平良までの8・3㌔を行進し、普天間基地の即時撤去や下地島空港の軍事利用反対を訴えた。市平良庁舎前で開いた郡民大会では「平和と暮らしを守るアピール文」を採択。全世界の平和のために闘い抜くことを誓い合った。 (全文を表示…)

2010年5月16日(日) 23:24 [ニュースウィークリー, 企画・連載]

2010年 5月9日~5月15日

特売に買い物客殺到/ゴーヤーの日  ゴーヤーの日である8日、JAあたらす市場で2010年度宮古地区ゴーヤーの日キャンペーンが開かれた。宮古島産のゴーヤー1袋(2~3本入り)が58円の特別価格で販売されたことから、オープンと同時に多くの人が訪れ、緑鮮やかなゴーヤーを買い求めた。(5月9日掲載) (全文を表示…)

2010年5月15日(土) 17:06 [イベント]

レスラーのすごさ実感/新日本プロ選手

市内中学で生徒と交流

選手に技を掛けてもらう生徒=14日、平良中学校武道場

選手に技を掛けてもらう生徒=14日、平良中学校武道場

宮古島大会を開催するため来島中の新日本プロレスは14日、市内5カ所で交流会を行った。子どもたちはテレビで見る選手の姿に大喜び。笑顔で触れ合っていた。  実技では部員の要望を受けて、選手が投げ技を掛けた。プロレスラーの力や技を肌で感じ、部員らはうれしそうな表情を見せた。 (全文を表示…)

2010年5月15日(土) 17:04 [産業・経済]

畜産農家に消石灰配布/宮古家畜保 口蹄疫防疫対策で

多くの農家が訪れ消石灰を受け取った=14日、JAおきなわ多良間家畜市場

多くの農家が訪れ消石灰を受け取った=14日、JAおきなわ多良間家畜市場

宮崎県で拡大している口蹄(こうてい)疫の防疫対策で、宮古家畜保健衛生所(慶留間智厚所長)は14日、多良間村の牛や山羊、豚飼育農家に消石灰(消毒薬)を無償配布した。配布はJAおきなわ多良間家畜市場で行われ、約100人が受け取った。宮古島市の配布は、18日の平良を皮切りに順次行われる。 (全文を表示…)

2010年5月15日(土) 17:01 [地域・暮らし]

地域の安全確保に全力/地域パトロール隊

緊急雇用対策で発足/4人従事「安心の暮らし」宣言

地域の安全と安心の確保を誓う隊員ら=14日、宮古島警察署

地域の安全と安心の確保を誓う隊員ら=14日、宮古島警察署

県の緊急雇用対策地域安全パトロール推進事業の一環で、宮古地区地域安全パトロール隊の出発式が14日、宮古島署で行われた。警備会社セコム琉球宮古事務所に雇用された隊員4人が宣誓し、「県民が安全で安心して暮らせるよう、誠心誠意パトロール活動に従事する」と決意した。同隊は向こう1年間にわたり活動、積極的なパトロールで地域の安全確保に努める。 (全文を表示…)

2010年5月15日(土) 16:59 [社会・全般]

きょう「平和行進」/下地島の軍事利用反対訴え

沖縄が本土に復帰してからきょう15日で38年となる。宮古島市では同日、平和を訴える「5・15平和行進」(実行委員会主催)が上野の大嶽城址公園前駐車場をスタートで行われる。「普天間基地の即時閉鎖」「下地島空港の軍事利用反対」を呼び掛ける。 (全文を表示…)

2010年5月15日(土) 16:36 [社会・全般]

きょう本土復帰38年/5・15復帰特集

1972(昭和47)年に米国から日本政府に施政権が返還された沖縄県はきょう15日、38回目の復帰記念日を迎える。さまざまな活動を通して復帰を待ちわびた人たち。当時、復帰をどう捉えたか話を聞いた。 (全文を表示…)