「環境・エコ」 2010年7月のニュース一覧

2010年7月31日(土) 15:32 [環境・エコ, 社会・全般]

電気自動車導入目指す/宮古島市

新エネ・省エネビジョン策定委が発足し下地市長から各委員に委嘱状が交付された

新エネ・省エネビジョン策定委が発足し下地市長から各委員に委嘱状が交付された

新・省エネ策定委が発足/低炭素社会、環境都市アピールへ  宮古島市は地域新エネルギー・省エネルギービジョン策定委員会を発足し30日、委員12人に委嘱状を交付した。来年1月までに、電気自動車やバイオ燃料を活用したクリーンエネルギー自動車の導入に向けた将来構想を策定する。 (全文を表示…)

2010年7月30日(金) 16:27 [環境・エコ, 産業・経済]

株出面積が増加傾向/誘殺灯、「ベイト剤」の効果

プリンスベイト剤を使った株出畑=29日、平良七原
プリンスベイト剤を使った株出畑=29日、平良七原
 宮古製糖城辺工場と沖縄製糖宮古工場の調査によると、宮古島や来間島、池間島の畑に現在育っているサトウキビの株出面積は213㌶で前年と比べ79㌶(59%)の増加。両工場は「ハリガネムシに有効なプリンスベイト剤の普及とアオドウガネの成虫を光りでおびき寄せて捕獲する誘殺灯の大量設置効果が表れている」と要因を分析する。 (全文を表示…)

2010年7月30日(金) 16:23 [環境・エコ, 産業・経済]

レンタカーにE3/来月1日開始 580台がセルフ給油

セルフE3給油機のモデル実演=29日、NEDOE3専用給油所
セルフE3給油機のモデル実演=29日、NEDOE3専用給油所
エコアイランドをPRへ  国のE3地域流通スタンダードモデル創成事業で市内2カ所の給油所にレンタカー限定のE3セルフ給油機が設置され、8月1日の利用開始を前に29日、りゅうせきバイオエタノール推進室が使用法の説明会を開いた。利用車両は市内の大手レンタカー4社の580台。E3燃料の普及と併せて、エコの島のPRを狙いに実施する。 (全文を表示…)

2010年7月29日(木) 16:51 [環境・エコ, 産業・経済]

農家協力金を引き下げ/口蹄疫対策 529万円取り崩しへ

10年度収支予算案などを審議する通常総代会
10年度収支予算案などを審議する通常総代会
 家畜損害防止対策協通常総代会 宮古郡家畜損害防止対策協議会(渡真利等会長)の第11回通常総代会が28日、JAおきなわ宮古地区本部2階大ホールで開かれた。 (全文を表示…)

2010年7月29日(木) 16:44 [環境・エコ, 産業・経済]

ガザミ23万6000尾放流/栽培漁業推進協09年度

10年度の事業計画などを承認した協議会=28日、市役所平良庁舎

10年度の事業計画などを承認した協議会=28日、市役所平良庁舎

キリンサイの種苗確保へ  2010年度宮古地区栽培漁業推進協議会(会長・下地敏彦市長)が28日、市役所平良庁舎で開かれた。09年度の事業では23万6000尾のタイワンガザミを放流したことなどを報告。今年度はハマフエフキやスジアラ(アカジン)の育成放流やウルの原料となるキリンサイの種苗確保試験に取り組む計画が示された。 (全文を表示…)

2010年7月28日(水) 17:47 [教育・文化, 環境・エコ]

「サンゴに感動、また来たい」/地域住民が盛大に歓迎

自己紹介で宮古島の感想などを語る交流団のメンバーたち
自己紹介で宮古島の感想などを語る交流団のメンバーたち
狩俣で交流会/手作り料理、余興楽しむ  宮古島市と交流都市である北海道室蘭市からの「宮古島体験学習交流団」が24日から3泊4日の来島していて、宮古滞在最後の夜となる26日には狩俣集落センターで全体交流会が開かれ、狩俣や池間の地域住民らが一行を盛大に歓迎した。 (全文を表示…)

2010年7月27日(火) 18:06 [環境・エコ, 産業・経済]

恵みの雨でキビ畑潤う/宮古島地方 平良で191㍉観測

干ばつ傾向が緩和されたキビ畑=26日、下地地区
干ばつ傾向が緩和されたキビ畑=26日、下地地区
まとまった雨4日間 干ばつ傾向緩和  宮古島地方は23~26の4日間、南からの湿った空気の影響で、各地でまとまった雨が降ったことから、干ばつはほぼ解消されたようだ。来週開かれる市干ばつ対策会議で、今後の天気予報を検討した上で確認する。サトウキビ生産農家は、4日連続の恵みの雨に、ホッとした表情を見せている。 (全文を表示…)

2010年7月24日(土) 18:40 [環境・エコ, 産業・経済]

宮古島地方に恵みの雨/干ばつ傾向緩和 各地で10㍉以上

まとまった雨で生育の回復が期待されるサトウキビ

まとまった雨で生育の回復が期待されるサトウキビ

キビ畑潤い、農家ほっと  南からの温かい空気の吹き込みの影響で宮古島地方に23日、10㍉以上のまとまった雨が降った。まとまった雨は伊良部と多良間では43日ぶり。干ばつが緩和され、農家に恵みの雨となった。待ち望んでいた雨に、農家はほっとした表情を見せた。 (全文を表示…)

2010年7月23日(金) 19:01 [環境・エコ, 産業・経済]

スプリンクラー威力発揮/宮古地区10年3月末 かんがい面積6693㌶に

干ばつ傾向の中、スプリンクラーが威力を発揮している
干ばつ傾向の中、スプリンクラーが威力を発揮している
地下ダム水利用で干ばつ被害抑える  宮古農林水産振興センター農林水産整備課のまとめによると、管内における2010年3月末までの畑地かんがい面積(給水所方式のⅢ型含む見込み面積)は、 6693㌶に達した。整備を要する面積1万2168㌶に対する割合は55%で、県平均を14.9ポイント上回った。 (全文を表示…)

2010年7月22日(木) 13:48 [環境・エコ, 産業・経済]

キビかん水補助スタート/伊良部地区

21日から市による補助がスタートしたトラックかん水だが、被害の激しい伊良部地区では今月初めからかん水を行っている農家もいる

21日から市による補助がスタートしたトラックかん水だが、被害の激しい伊良部地区では今月初めからかん水を行っている農家もいる

今月初めから被害確認/対応の遅さ指摘する声も  サトウキビへのトラックかん水費用のうち、3分の2を宮古島市が負担する緊急対策が21日からスタート。干ばつ傾向が続く中、農家負担を軽減させることでサトウキビへの被害を最小限に抑えることが目的だが、今月初めからロール現象が、 (全文を表示…)

2010年7月18日(日) 14:53 [環境・エコ, 産業・経済]

1頭平均/前回並み32万5000円

前回並みの相場展開となった肉用牛臨時競り=17日、JAおきなわ宮古家畜市場

前回並みの相場展開となった肉用牛臨時競り=17日、JAおきなわ宮古家畜市場

待機牛、ほぼ解消/来月から通常開催へ  宮崎県での口蹄疫発生を受け5、6月と中止していた宮古家畜市場の肉用牛競りは、8日に次いで今月2回目の臨時競りが17日開かれた。総販売額は1億7600万円で、1頭平均価格は前回比7000円高の32万5000円。平均キロ単価は1197円となった。 (全文を表示…)

2010年7月16日(金) 15:37 [地域・暮らし, 環境・エコ]

新型インフル対策を総括/健康危機管理対策連絡会議

新型インフルエンザ対策の総括などが報告された健康危機管理対策会議

新型インフルエンザ対策の総括などが報告された健康危機管理対策会議

高江洲所長 関係機関の対応評価  2010年度第1回管内健康危機管理対策連絡会議が15日、宮古福祉保健所で開かれた。昨年5月に国内初患者が発生し、その後宮古でも患者が発生した新型インフルエンザに対する対策について、宮古福祉保健所の高江洲均所長が総括を行った。 (全文を表示…)

2010年7月15日(木) 15:47 [環境・エコ, 社会・全般]

「県民の負託に応える」/県選管 島尻安伊子氏に当選証書

県選管の阿波連委員長から当選証書を受け取る島尻氏=14日、県庁

県選管の阿波連委員長から当選証書を受け取る島尻氏=14日、県庁

【那覇支社】11日に投開票された第22回参院選沖縄選挙区(改選1)で再選を果たした自民党公認の島尻安伊子氏(45)=公明県本支持=への当選証書付与式が14日午前、県庁内で行われた。 (全文を表示…)

2010年7月15日(木) 15:43 [環境・エコ, 産業・経済]

表中層型浮魚礁を敷設/池間沖 宮古初、漁獲効果に期待

敷設前に公開された浮魚礁=14日、荷川取漁港

敷設前に公開された浮魚礁=14日、荷川取漁港

宮古農水センターが公開  宮古農林水産振興センターは14日、宮古では初設置となる表中層型の樹脂製浮魚礁「海宝3号」をきょう15日の敷設前に漁業関係者などに公開した。池間島の西北西約30㌔、水深1657㍍の海域に敷設される。 (全文を表示…)

2010年7月15日(木) 15:41 [教育・文化, 環境・エコ]

大きくなって戻ってきて/南小5年生 タイワンガザミを放流

「大きく育って」と願いを込めながら稚ガニを放流する南小の児童たち

「大きく育って」と願いを込めながら稚ガニを放流する南小の児童たち

 南小学校(田場秀樹校長)の5年生98人は14日、平良トゥリバー地区のビーチで、タイワンガザミの稚ガニ5000匹を放流した。人工的に育てた稚ガニを自然に戻し、漁業の促進を図ることを目的とした市の事業のお手伝い。児童たちは「大きくなって戻ってきて」と願いを込め、波打ち際に放流した。 (全文を表示…)

2010年7月8日(木) 18:17 [環境・エコ, 産業・経済]

厳戒態勢で搬入/きょう競り市再開 子牛、運送トラック消毒

子牛と運送トラックは消毒液で噴霧された=7日、JAおきなわ宮古家畜市場

子牛と運送トラックは消毒液で噴霧された=7日、JAおきなわ宮古家畜市場

JAおきなわ宮古家畜市場  JAおきなわ宮古家畜市場ではきょう8日、口蹄(こうてい)疫侵入防止のため5月から延期していた肉用牛競り市を約3か月ぶりに再開する。競り市を翌日に控えた7日、運び込まれた子牛は、運送トラックとともに噴霧消毒されるなど、厳戒態勢ムードに包まれていた。 (全文を表示…)

2010年7月7日(水) 18:28 [環境・エコ, 産業・経済]

あす肉用牛競り再開/口蹄疫影響で3カ月ぶり

消石灰が全面にまかれ車両消毒ゲートも設置し競り再開に備えている=6日、JAおきなわ宮古家畜市場

消石灰が全面にまかれ車両消毒ゲートも設置し競り再開に備えている=6日、JAおきなわ宮古家畜市場

農家、ひとまず安堵の表情  宮崎県で発生した口蹄(こうてい)疫の侵入防止のため5、6月に中止していた肉用牛競りが8日に宮古、9日に多良間で再開される。約2カ月の間農家は餌代や生活費、学費の仕送りなどの資金繰りに苦慮。再開に安堵の表情を見せている。 (全文を表示…)

2010年7月6日(火) 18:41 [環境・エコ, 産業・経済]

県内家畜競り日程確認/第3回県口蹄疫対策本部

3回目の対策本部会議では県内家畜競り市場再開の日程を確認した

3回目の対策本部会議では県内家畜競り市場再開の日程を確認した

宮崎での新発生に影響なし 【那覇支社】県口蹄(こうてい)疫防疫対策本部会議(本部長・仲井真弘多知事)の第3回会合が5日、県庁内会議室で開かれ、県内家畜競り再開の日程や防疫態勢強化策などを確認した。今月4日に宮崎市で新たに口蹄疫の発生があったが、同地区での感染畜殺処分と埋却処理が早期に行われたことや、県内、県外主要港湾の消毒態勢が確立されたことなどから、予定する県内競りの開催に影響はない。 (全文を表示…)

2010年7月3日(土) 19:04 [環境・エコ, 産業・経済]

3カ月ぶりセリ再開/初日価格は4月比下回る

3カ月ぶりに再開した家畜セリ=2日午前、八重山家畜市場

3カ月ぶりに再開した家畜セリ=2日午前、八重山家畜市場

八重山家畜市場  宮崎県で発生した口蹄(こうてい)疫の侵入防止のため5、6月に中止していた八重山家畜セリが2日、県内のトップを切って八重山家畜市場で再開した。臨時セリは2日間で5、6月の競りに上場される予定だった1427頭が出荷される。 (全文を表示…)
  • 宮古島の人口

    令和元年5月1日現在

    宮古島市 54,579 人
    27,494 人
    27,085 人
    世帯数 27,537 軒
    多良間村 1,145 人
    615 人
    530 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2010年7月
    « 6月   8月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2