2010年8月15日のニュース一覧

2010年8月15日(日) 15:12 [環境・エコ, 社会・全般]

ミヤコサワガニ危機/生息地に外来生物増加

危機にさらされている新種ミヤコサワガニ

危機にさらされている新種ミヤコサワガニ

 藤田さん(琉球大学非常勤講師)が指摘  市総合博物館(奥平徳松館長)で14日、第14回企画展に関連した講演会が開かれた。水生生物に詳しい琉球大学非常勤講師の藤田喜久さんが「宮古島の生物が危ない~外来生物の影響~」と題して講演した。  (全文を表示…)

2010年8月15日(日) 15:05 [地域・暮らし, 環境・エコ]

夏空に「彩雲」/雲が虹色に染まる

宮古島で観測された彩雲。写真は伊良部渡口の浜から峯岡健次さん撮影

宮古島で観測された彩雲。写真は伊良部渡口の浜から峯岡健次さん撮影

雲が虹色に彩られる「彩雲(さいうん)」が14日午後、宮古島で観測された。 (全文を表示…)

2010年8月15日(日) 15:04 [地域・暮らし, 環境・エコ]

幻想的な一瞬の輝き/グリーンフラッシュ

太陽が沈んだ瞬間に緑の光が一瞬輝くグリーンフラッシュ=12日午後7時20分ごろ、平良狩俣の海岸から松本富士雄さん撮影

太陽が沈んだ瞬間に緑の光が一瞬輝くグリーンフラッシュ=12日午後7時20分ごろ、平良狩俣の海岸から松本富士雄さん撮影

 太陽が沈んだ瞬間、緑の光が一瞬輝く「グリーンフラッシュ」が12日夕、平良狩俣の海岸から観察された。平良に住む松本富士雄さんが撮影に成功。「ほんの一瞬だったが幻想的で美しかった」と話した。空気が澄んでいて、水平線まで見渡せる場所から観察される場合が多い。 (全文を表示…)

2010年8月15日(日) 14:59 [イベント, 教育・文化]

チャリティーフェスタ10RUN/3330周で協賛164万円に

10時間走り続けた生徒たち。ウイニングランで喜びを表現した

10時間走り続けた生徒たち。ウイニングランで喜びを表現した

高校生350人が限界に挑む  高校生が走り続けて協賛金を募る「第7回チャリティーフェスタ10RUN2010」が14日、宮古島市陸上競技場で行われた。宮古地区内の4校から約350人の生徒が参加し10時間リレー方式で走り続けた。 (全文を表示…)

2010年8月15日(日) 14:57 [イベント, 教育・文化]

学びの夏、充実で修了/県民カレッジ閉講式

小禄所長(左)が1人1人に修了証を手渡した

小禄所長(左)が1人1人に修了証を手渡した

受講生30人に証書  「おきなわ県民カレッジ~宮古地区広域学習サービス講座~」(主催・宮古教育事務所)最終日の14日、第5回講座・修了証授与・閉講式が宮古合同庁舎で行われた。修了証を手にした受講生30人は、晴れ晴れとした表情を見せていた。 (全文を表示…)

2010年8月15日(日) 13:50 [企画・連載, 日曜訪問]

垣花 優子さん(51歳)合同会社「かたあき」 代表 城辺字福里

垣花 優子さん(51歳)合同会社「かたあき」 代表 城辺字福里

垣花 優子さん(51歳)合同会社「かたあき」 代表 城辺字福里

「多くの人に愛される里に」   赤瓦の屋根、琉球石灰岩の石垣、松林…。中世の町並みにタイプスリップしたかのような「かたあきの里」。熱帯植物園南隣にある生活体験滞在型の施設が7月からオープンした。  代表を務める垣花さんは「昔のおばあやーの雰囲気を感じ取ってくれたら幸い。観光客に限らず地元の人たちにも利用してほしい」と話す。   (全文を表示…)

2010年8月15日(日) 01:35 [ニュースウィークリー, 企画・連載]

2010年 8月8日~8月14日

ヒマワリ満開畑地整備完了/西原第1地区
 県営畑地帯整備事業の整備が完了した西原第1地区の畑で緑肥として植えたヒマワリが満開になっている。同地区推進協議会が7日、下地敏彦市長や関係者を招き、一面にヒマワリが咲き誇る畑で工事完了の祝賀会を開いた。畑の広さは約10㌶。(8月8日掲載) (全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年10月1日現在

    宮古島市 54,752 人
    27,579 人
    27,173 人
    世帯数 27,740 軒
    多良間村 1,126 人
    602 人
    524 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2010年8月
    « 7月   9月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2