「地域・暮らし」 2010年9月のニュース一覧

2010年9月30日(木) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済, 社会・全般]

砂川さんに支部長賞/宮古郡農業共済組合長賞は荷川取さん

市畜産共進会

各地から出品された優良牛を厳正に審査する審査員ら=29日、JAおきなわ宮古家畜市場

各地から出品された優良牛を厳正に審査する審査員ら=29日、JAおきなわ宮古家畜市場

 2010年度宮古島市畜産共進会が29日午後、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれ、各地から出品された47頭の牛が厳正な審査を受けた。この結果、上野地区の砂川雅貴さんが所有する「ひめの」号が宮古郡農業共済組合長賞に輝き、下地地区の荷川取広明さんが所有する「さわこ1」号が削蹄師会宮古支部長賞を受賞した。県共進会への宮古代表牛は、近く農業振興会の審査において決定する。集まった畜産関係者は共進会を通して宮古牛のブランド化を決意し、優良牛の生産に向けて気持ちを引き締めた。

(全文を表示…)

2010年9月30日(木) 09:00 [地域・暮らし, 環境・エコ, 社会・全般]

浜川さんら優良運転表彰/交通安全指導活動に功労

宮古島警察署

九州管区警察局長・九州交通安全協会長連名表彰などを受賞した皆さん=29日、宮古島警察署

九州管区警察局長・九州交通安全協会長連名表彰などを受賞した皆さん=29日、宮古島警察署

 九州管区警察局長・九州交通安全協会長連名表彰と全日本交通安全協会長表彰「交通栄誉章緑十字銅章」の表彰伝達式が29日、宮古島警察署で行われた。優良運転者の浜川敏昭さん(八千代バスタクシー)ら8人に表彰状が手渡された。県警本部長・県交通安全協会連合会長連名表彰を受けた9個人2団体が受賞を報告した。

(全文を表示…)

2010年9月29日(水) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

島の生活「とても楽しみ」/大阪の高校生274人来島

修学旅行で農家民泊/ぐすくべさるかの会


受け入れ農家と対面し「とても楽しみ」と感想を話した茨木西高校の生徒たち=28日、城辺農村環境改善センター前

受け入れ農家と対面し「とても楽しみ」と感想を話した茨木西高校の生徒たち=28日、城辺農村環境改善センター前

 大阪府立茨木西高校の生徒274人が28日午後、修学旅行のため来島した。同日はぐすくべグリーンツーリズムさるかの会の農家宅に民泊し、都会とは違う宮古島の農業や生活習慣を体感する。生徒たちは「この日を楽しみにしていた」と元気いっぱいの笑顔を見せながら来島。民泊先ではファームファミリーとの触れ合いを楽しんだ。さるかの会が今年度受け入れる修学旅行の学校と生徒数は24校6700人に上る。来年2月にかけて続々と来島する。

(全文を表示…)

2010年9月29日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

東南海岸一帯で塩害/台風11号影響

一部キビの葉枯れる


台風11号の塩害で葉の枯れる被害が出ているサトウキビ畑=27日、城辺の東海岸

台風11号の塩害で葉の枯れる被害が出ているサトウキビ畑=27日、城辺の東海岸

 城辺の保良から仲原、友利、上野の宮国にかけた東南海岸一帯のサトウキビに台風11号に伴う塩害が目立っている。台風から1週間過ぎた現在、葉の緑が回復しつつあるものの、枯れた葉が多く畑の景色は全体的に茶色っぽい。東南東の強い風が吹き、雨量が少なかったのが一帯に塩害をもたらした要因とみられている。

(全文を表示…)

2010年9月29日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

3年連続1000羽割る/宮古野鳥の会

アカハラダカ飛去数990羽


宮古島で羽を休めるアカハラダカ(資料写真)

宮古島で羽を休めるアカハラダカ(資料写真)

 宮古野鳥の会(仲地邦博会長)は28日、2010年アカハラダカ(タカ科)飛去数調査をまとめ発表した。それによると、990羽をカウント。08年から3年連続1000羽を割り込んだ。

(全文を表示…)

2010年9月28日(火) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済, 社会・全般]

「美しい村」連合に加盟/観光振興、活性化に弾み

多良間村

「日本で最も美しい村」連合に加盟した多良間村の集落一帯の風景

「日本で最も美しい村」連合に加盟した多良間村の集落一帯の風景

 NPO法人「日本で最も美しい村」連合(会長・浜田哲北海道美瑛町長)の臨時総会が27日、岐阜県白川村で開催され、多良間村(下地昌明村長)の連合加盟が承認された。村の観光振興や地域活性化の弾みになりそうだ。県内自治体の同連合加盟は、初めて。村は加盟を受け「日本で最も美しい村」を宣言する予定。今回は6町村が加盟し、全国の加盟自治体は39町村となった。
 加盟承認セレモニーでは、浜田会長から下地村長らにタスキと認定証が手渡された。

(全文を表示…)

2010年9月28日(火) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

大物マグロ水揚げ/大漁に活気づく

佐良浜漁港

水揚げされた大物キハダマグロマグロ=27日、佐良浜漁港

水揚げされた大物キハダマグロマグロ=27日、佐良浜漁港

 今月に入ってから佐良浜漁港で、大物キハダマグロの大漁が続き活気づいている。
 伊良部島北方の沖合に設置されている浮き魚礁や中層浮き魚礁の周辺が、大物マグロの漁場。各漁船とも日帰り操業で、午後1時前後に戻ってきている。


(全文を表示…)

2010年9月27日(月) 20:40 [【特集】イベント・行事, イベント, 地域・暮らし, 特集]

【特集】第5回なりやまあやぐまつり/教訓歌で観客魅了

月明かりと1500本のろうそくの光で会場は幻想的な雰囲気となった=26日、城辺友利のイムギャー
月明かりと1500本のろうそくの光で会場は幻想的な雰囲気となった=26日、城辺友利のイムギャー

歌声、波音、月明かりに酔う
第5回なりやまあやぐまつりが26日、城辺友利のイムギャーで行われた。子どもの部の2人と一般の部で予選を通過した出演者23人が、宮古民謡を代表する教訓歌「なりやまあやぐ」を砂浜に打ち寄せる波音と、1500本のろうそくの明かりが揺れる中で情感たっぷりに歌い上げた。海上に設置された特設ステージは幻想的な雰囲気になり、会場に詰め掛けた人たちは美しい宮古島の自然の中で、歌い継がれてきた「島唄」を心ゆくまで満喫した。 (全文を表示…)

2010年9月27日(月) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

岩礁の生物に歓声/西辺中3年生

サンゴ礁ガイドが案内


海に入る前にガイドの説明をきく生徒たち=24日、新城海岸

海に入る前にガイドの説明をきく生徒たち=24日、新城海岸

 西辺中学校(島袋正彦校長)の3年生が24日午後、城辺の新城海岸でサンゴ礁を観察、生態や保全について学んだ。案内したのは宮古島サンゴ礁ガイドのなかまたち(友利博一会長)。

(全文を表示…)

2010年9月27日(月) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

砂川さん、真壁さんを祝福/東川根自治会

県少年補導功労賞を受賞


花束贈呈で祝福を受けた砂川さん(右)と真壁さん=25日、市内の飲食店

花束贈呈で祝福を受けた砂川さん(右)と真壁さん=25日、市内の飲食店

 東川根自治会(本永健一会長)は25日、県少年補導功労賞を受賞した砂川玄一郎さん(同自治会元会長)と、宮古島地区防犯指導員連絡協議会の初代会長に就任した真壁寛樹さん(同自治会会計)を祝う集いを開いた。

(全文を表示…)

2010年9月27日(月) 09:00 [イベント, 地域・暮らし, 教育・文化]

大賞に湧川重智さん/第5回なりやまあやぐまつり

情感込め25人が熱唱・城辺友利イムギャー


月明かりと1500本のろうそくの光で会場は幻想的な雰囲気となった=26日、城辺友利のイムギャー

月明かりと1500本のろうそくの光で会場は幻想的な雰囲気となった=26日、城辺友利のイムギャー

 第5回なりやまあやぐまつり(主催・同実行委員会、友利部落会)が26日、発祥の地とされる城辺友利のイムギャーで行われた。一般、子どもの部合わせて25人が出演し、なりやまあやぐを情感たっぷりに歌い上げた。審査の結果、一般の部のなりやまあやぐ大賞は湧川重智さん(45)=多良間村、子どもの部(御神山賞)には譜久島雄太君(久松小5年)がそれぞれ輝いた。

(全文を表示…)

2010年9月27日(月) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

地域挙げて長寿を祝福/城辺比嘉自治会

盛大に敬老会


地域挙げての祝福を受ける敬老者たち=26日、城辺の比嘉公民館

地域挙げての祝福を受ける敬老者たち=26日、城辺の比嘉公民館

 城辺の比嘉自治会(本村弘幸会長)主催の敬老会が26日、比嘉公民館で開かれた。敬老者たちは地域挙げて祝福され、琉球舞踊などを楽しんだ。

(全文を表示…)

2010年9月27日(月) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

池間六段が宮古代表/全国ケーブルTV囲碁選手権


優勝を目指し熱戦が展開された囲碁大会=26日、こすみ囲碁教室

優勝を目指し熱戦が展開された囲碁大会=26日、こすみ囲碁教室

 宮古テレビ囲碁大会が26日、市内のこすみ囲碁教室で行われた。大会は3部門で行われ、第9回全国ケーブルテレビ局選抜囲碁選手権大会の宮古地区代表選抜戦では、池間博美六段が優勝し、ブロック大会への出場を決めた。インターネットで対局する同大会は、11月上旬に行われる。

(全文を表示…)

2010年9月26日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

路上寝、飲酒運転根絶へ/社交飲食業組合が宣言

市や警察と連携し夜間パト

下地市長や社交飲食業組合のメンバーらが路上寝の防止や飲酒運転の根絶を呼び掛けた夜間パトロール=24日夜、平良西里通り

下地市長や社交飲食業組合のメンバーらが路上寝の防止や飲酒運転の根絶を呼び掛けた夜間パトロール=24日夜、平良西里通り

 宮古島社交飲食業組合(奥平玄信組合長)は24日夜、路上寝や飲酒運転の根絶などを呼び掛ける夜間パトロールを平良の繁華街で実施した。飲酒絡みの事件や事故が多発傾向にあることから市や警察署、防犯協会と連携。酒を提供する側として節度ある飲酒を呼び掛ける宣言をし安心、安全な街づくりを訴えた。

(全文を表示…)

2010年9月26日(日) 09:00 [スポーツ, 地域・暮らし, 社会・全般]

「ときわ(平良支部)が優勝/上位5チームは県大会へ

高校生ボランティアとも交流

高校生ボランティアも参加して世代間交流を図ったグラウンドゴルフ大会=25日、下地陸上競技場

高校生ボランティアも参加して世代間交流を図ったグラウンドゴルフ大会=25日、下地陸上競技場

 第18回宮古地区老人クラブ連合会グラウンドゴルフ大会(主催・宮古地区老人クラブ連合会)が25日、下地陸上競技場で行われ、団体は平良支部のときわチーム(仲間俊雄、仲間武三郎、本村恵彦、前泊春常、高良正敏、川満忠子)が優勝、個人もときわの川満忠子さんが1位となった。団体の上位5チームは宮古代表として12月1日の県大会に出場する。

(全文を表示…)

2010年9月26日(日) 09:00 [イベント, 地域・暮らし, 社会・全般]

空港をより身近に/「空の日」で記念イベント


空港の役割などを学ぶ親子連れら=25日、宮古空港

空港の役割などを学ぶ親子連れら=25日、宮古空港

 「空の日(20日)・空の旬間(20~30日)」にちなんだ記念イベント(主催・宮古空港実行委員会)が25日、同空港で行われた。親子連れらが訪れ、空港や航空機の役割などについて知識を深めた。

(全文を表示…)

2010年9月26日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

飲酒運転は絶対だめ/お茶の間訪問作戦を展開

地区交安協

各家庭を訪問しチラシなどを配布した参加者たち=25日、久松地区

各家庭を訪問しチラシなどを配布した参加者たち=25日、久松地区

 秋の全国交通運動の一環で、宮古島警察署(島袋令署長)と地区交通安全協会(宮里敏男会長)は25日、飲酒運転根絶「お茶の間訪問」作戦を展開した。会員や署員ら約20人が参加。久松地区の久貝、松原集落の各家庭を訪ね、「飲酒運転根絶うちわ」や高齢者事故防止のために作成したパンフレットなどを配布した。

(全文を表示…)

2010年9月26日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

料理できる力はぐくむ/「おやこ食育教室」開催

食改推進員協


親子が料理づくりに挑戦した食育教室=25日、平良保健センター

親子が料理づくりに挑戦した食育教室=25日、平良保健センター

 2010年度「おやこの食育教室」(主催・市食生活改善推進員協議会など)が日、平良保健センターで行われた。おおぞら保育園(與那覇高枝園長)の園児25人と保護者らが料理づくりに挑戦。園児らは出来上がった「デコレーションずし」に「おいしい」と歓声を上げた。

(全文を表示…)

2010年9月25日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

結核の正しい知識を/保健所などチラシ配布

30日まで予防週間

結核予防を啓発するパンフレットを配る関係者ら=24日、大手スーパー前

結核予防を啓発するパンフレットを配る関係者ら=24日、大手スーパー前

 宮古福祉保健所(高江洲均所長)と県結核予防婦人会宮古支部(島尻清子支部長)は結核予防週間にちなみ24日、市内の大手スーパー前で結核予防に関するチラシなどを配布した。同予防週間は「その咳(せき)、結核ではありませんか」を標語に掲げ24~30日まで実施される。

(全文を表示…)

2010年9月25日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

米海軍掃海艦、平良港出港/抗議団「島の軍事利用に危機感」


出港する米海軍掃海艦にプラカードを持って抗議をする抗議団のメンバーら=24日、平良港

出港する米海軍掃海艦にプラカードを持って抗議をする抗議団のメンバーら=24日、平良港

 平良港に21日から寄港していた長崎県の米軍佐世保基地に前方配備されている米国海軍掃海艦「ディフェンダー」が24日午前11時40分すぎ、停泊していた第1埠頭(ふとう)から出港した。次の寄港地は明らかにしていない。同埠頭前には労組や市民団体のメンバーら約20人が、抗議集会を開き「歓迎していない。早く帰れ」と声を張り上げた。一方、在沖米国総領事館のレイモンド・グリーン総領事は「今回の寄港は成功だった」と話した。

(全文を表示…)

2010年9月25日(土) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化, 社会・全般]

11月13、14日に開催/市生涯学習フェス

興南・我喜屋監督講演会も

開催日などを決定した生涯学習フェスティバル実行委員会=24日、市中央公民館

開催日などを決定した生涯学習フェスティバル実行委員会=24日、市中央公民館

 宮古島市生涯学習フェスティバル実行委員会が24日開かれ、今年の開催日を11月13、14の両日に決定した。

(全文を表示…)

2010年9月25日(土) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

「まず中学校区の見直しを」/学校規模適正化検討委に要望

宮島を守る会

宮島を守る会の仲里会長(左)から意見・要望書を受ける川上教育長(右))=24日、宮古島市役所城辺庁舎

宮島を守る会の仲里会長(左)から意見・要望書を受ける川上教育長(右))=24日、宮古島市役所城辺庁舎

 平良島尻の自治会や学校PTA、事業推進委員会などで構成される宮島を守る会(仲里長造会長)は24日、市役所城辺庁舎に川上哲也教育長を訪ね、宮島小学校の存続を求める要望書を提出した。

 学校規模適正化検討委員会の中で議論されている宮島、狩俣、池間の小中併置案に関し「まず優先すべきは全宮古島市の中学校を対象とする校区の見直し」などと提案し、地域や父母が要望している小学校については存続させるよう訴えた。

(全文を表示…)

2010年9月24日(金) 09:00 [地域・暮らし]

地域住民ら集い観月会/米軍掃海艦乗組員も参加

航空自衛隊分屯基地

舞台では鏡開きが行われ、観月会を盛り上げた=23日、航空自衛隊宮古島分屯基地

舞台では鏡開きが行われ、観月会を盛り上げた=23日、航空自衛隊宮古島分屯基地

 航空自衛隊宮古島分屯基地(梅田幸靖司令)と宮古地区自衛隊協力会(会長・下地敏彦市長)は23日夜、毎年恒例の観月会を同基地で開催した。地域住民のほか、現在平良港に停泊中の米海軍掃海艦「ディフェンダー」の乗組員も参加し交流を深めた。

(全文を表示…)

2010年9月24日(金) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

勇壮、優雅織り交ぜ/伝統のマストリャー

上野・野原

男性たちは棒術で迫真の演舞を披露した=22日、上野の野原公民館前の広場

男性たちは棒術で迫真の演舞を披露した=22日、上野の野原公民館前の広場

 国選択無形民俗文化財の「野原のマストリャー」が22日夜、上野の野原公民館前の広場で行われた。中秋の名月の下、男性たちが棒術で迫真の演舞を展開し、女性たちは優雅な舞を披露。旧年中の豊作に感謝し、向こう一年間の五穀豊穣(ほうじょう)を願った。

(全文を表示…)

2010年9月24日(金) 09:00 [地域・暮らし]

東軍に軍配、豊作を約束/伝統の十五夜大綱引き

狩俣地区

全身で綱を引く参加者たち=22日、狩俣小学校前の県道230号

全身で綱を引く参加者たち=22日、狩俣小学校前の県道230号

 旧暦8月15日に当たる22日、平良狩俣地区では恒例の「十五夜大綱引き」が県道230号で行われた。住民らが東軍・西軍に分かれ、全長約100㍍、総重量約500㌔の大綱を「わっしょい、わっしょい」と全身で引いた。5回戦の結果、東軍が3勝2敗で勝利し、向こう一年間の豊作が約束された。

(全文を表示…)

2010年9月23日(木) 09:00 [地域・暮らし]

かわいい獅子舞が厄払い/十五夜に「シーシャガウガウ」

「シーシャガウガウ」で新築を祝うとともに厄を払う子どもたち=22日、平良字下里

「シーシャガウガウ」で新築を祝うとともに厄を払う子どもたち=22日、平良字下里

 「十五夜」の22日、市街地では子どもたちが手作りの獅子(方言名・シーシャ)をかぶって厄払いし、大人たちから褒美の小銭をもらう「シーシャガウガウ」の光景が見られた。

(全文を表示…)

2010年9月23日(木) 09:00 [地域・暮らし]

大地震、津波想定し防災訓練/防災意識の高揚図る

沖縄電力

訓練を前に参加者には石嶺社長の訓示が読み上げられた=22日、沖縄電力離島カンパニー宮古支店

訓練を前に参加者には石嶺社長の訓示が読み上げられた=22日、沖縄電力離島カンパニー宮古支店

 沖縄電力は22日、全島一斉の2010年度総合防災訓練を実施した。宮古地区では、同社離島カンパニー宮古支店の職員34人と関連工事業者50人の合計84人が参加し、大規模地震と津波などによる被害を想定した設備復旧訓練などで防災意識を高めた。


(全文を表示…)

2010年9月23日(木) 09:00 [地域・暮らし]

獅子舞やクイチャー奉納/豊穣、無病息災を祈願

各地で恒例の十五夜行事

 十五夜恒例行事の豊年祭が22日、市内の上区、うるか(砂川)、野原、狩俣の各集落で行われた。伝統芸能の獅子舞やクイチャー、棒振りを奉納。住民こぞって、五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を祈願した。

(全文を表示…)

2010年9月22日(水) 09:00 [地域・暮らし]

長寿100歳、盛大に祝う/下地ヤマさんと久貝節子さん

 総理大臣から祝状・銀杯

「枯れた木に花が咲くぐらいうれしい」と喜ぶ下地ヤマさん(中央)=20日、市内介護センター

「枯れた木に花が咲くぐらいうれしい」と喜ぶ下地ヤマさん(中央)=20日、市内介護センター

 敬老の日の20日、宮古島市で100歳を迎えた平良下里の下地ヤマさんと城辺友利の久貝節子さんに、内閣総理大臣の祝状と銀杯などが贈られた。100歳を迎えた2人は元気な姿で「新100歳祝賀会」に出席し、家族や地域住民から盛大な祝福を受けた。


 総理大臣の祝状や銀杯は、宮古福祉保健所の高江洲均所長が伝達した。宮古島市の下地敏彦市長は祝い金や記念品を贈呈した。

(全文を表示…)

2010年9月20日(月) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

デイゴの大木倒れる/東仲宗根の拝所

台風11号の強風で倒れたデイゴの大木=19日、平良字東仲宗根
台風11号の強風で倒れたデイゴの大木=19日、平良字東仲宗根

 台風11号の影響で平良字東仲宗根にある拝所のデイゴの大木が倒れた。幹の途中から無残におれた大木に周辺住民も驚いた様子で撤去作業を見守っていた。
 県宮古土木事務所によると、18日の午後6時ごろにこのデイゴの大木が折れたとの連絡が入り、暴風域から外れた19日の午前から撤去作業を行った。
 このデイゴの大木は、根本近くにあった古井戸に覆い被さるように倒れ、さらに県道の一部をふさいだ。  (全文を表示…)

1 / 3123
  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2010年9月
    « 8月   10月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2