2010年10月6日のニュース一覧

2010年10月6日(水) 15:49 [行雲流水]

ゴルフの話題(行雲流水)

 1906年、イギリスのドーントは将来の日本ゴルフ界を予言して次のように書いた。「この国から世界を制覇するような選手が将来輩出するであろう。強靱な精神・忍耐強さ、動揺の片鱗も見せない平静さ、昂ぶりを自制する非凡な資質、目と手が一つとなって瞬時に動く能力を備えているからである」

(全文を表示…)

2010年10月6日(水) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済, 社会・全般]

利用者半年で1042人/高齢者タクシーチケット

通院・買い物利用が約80%


 宮古島市の高齢者外出支援タクシー利用助成事業(高齢者タクシーチケット)が今年4月にスタートして6カ月が経過した。9月末までに同チケットを利用した高齢者は延べ1042人。総額は102万2970円だった。目的別では「通院」と「買い物」が全体の78・4%を占めた。

(全文を表示…)

2010年10月6日(水) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済, 社会・全般]

カボチャ出荷5割の伸び/産地協総会で報告

課題は技術の高度平均化

ゴーヤーなど3品目の09年期産出荷実績などが報告された総会=4日、市役所上野庁舎

ゴーヤーなど3品目の09年期産出荷実績などが報告された総会=4日、市役所上野庁舎

 ゴーヤー、トウガン、カボチャ3品目合同の2010年度産地協議会総会が4日、市役所上野庁舎で開かれた。JAとティダファームたらまを合わせた09年期産カボチャの出荷量が前期比53%増の723㌧と、大幅に伸びたことなどを報告。10年期は、栽培技術の高い水準での平均化に力を入れていく方針を確認した。



 産地協議会は、産地ブランドの確立や農家経営の安定向上に寄与する目的で、生産部会の役員や行政、JA職員らをメンバーに組織している。


 3品目の産地協議会長を務める村吉順栄市農政課長はあいさつで、合同総会が目的達成のために、良い情報交換の場になるよう期待した。


 ゴーヤーの09年期出荷量(JA実績)は、前期比11%増の458㌧と好調。10年期は農家間に反収の格差が見られるため、栽培技術の高位平準化を引き続き図るとしている。


 21年期産トウガンの出荷量(JA実績)は、993㌧(前期比11%減)となった。一方、キロ単価は前期比20円高の184円とまずまずの水準。20年期は、農家間にある収量のばらつきの原因を調査し、対策を講じる方針を示した。


 各協議会は09年度は、収量や品質向上のため現地検討会や栽培講習会などの活動を実施してきたことを報告した。

2010年10月6日(水) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

最優秀賞にモズク班/宮総実高課題研究

来月の九州大会に出場へ

最優秀賞に選ばれたモズク班のメンバーら=5日、宮古総合実業高校

最優秀賞に選ばれたモズク班のメンバーら=5日、宮古総合実業高校

 宮古総合実業高校(下地廣治校長)で5日、食品科学科3年生29人が課題研究で取り組んできた新製品開発の中間発表会が行われた。審査の結果、モズク班が最優秀賞に選ばれた。モズク班は11月5日に大分県で開催される九州地区水産・海洋系生徒研究発表大会に代表として派遣される。



 食品科学科は昨年度、宮古島漁業協同組合、市水産課、県宮古農林水産振興センターから新製品開発の依頼を受け、地元で取れる水産物を活用して取り組んでいる。



 この日は、課題研究に取り組んでいる内容をまとめて発表することで、4班の研究内容を再確認し、また様々な意見・感想を聞くことで、今後の課題研究をより充実にするのが目的で実施された。



 アーサ班、シビマグロ班、ソデイカ班、モズク班がそれぞれの研究テーマで発表。モズク班は「モズクちんすこう」で高く評価され、最優秀賞に選ばれた。 モズク班のメンバーは、友利満理奈さん、徳村愛季さん、国仲みずきさん、美里奈々さん、上地衿菜さん、下地穂奈美さん、羽地菜央さん、高原未来さんの8人。友利さんらは「九州大会では、最優秀賞を目指して頑張りたい」と決意を新たにしていた。

2010年10月6日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

宮古地区全体で14・4%/10年度特定集団健診受診率(速報値)

市、「個別健診受診を」呼び掛け

平良地区を皮切りに7月13日から今月2日まで行われた集団健診(資料写真)

平良地区を皮切りに7月13日から今月2日まで行われた集団健診(資料写真)

 2010年度「特定健診制度」の集団健診(保健センター、公民館などで実施)が宮古島市の5地区すべてで2日に終了し、受診率(速報値)は14・4%となった。前年度の17・7%に比べ3・3ポイント減少した。一方で、病院で受診できる個別健診については7月単月の受診者数が前年度に比べ倍増となっていることから、市福祉保健部国民健康保険課ではさらなる受診率向上に向け、未受診者には来年1月まで行われている個別健診の積極的な受診を呼び掛けている。

(全文を表示…)

2010年10月6日(水) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

中国船領海侵犯に抗議決議/多良間村9月定例会閉会

政府に毅然とした態度求める


 多良間村議会(西平幹議長)の9月定例会が、4日閉会した。尖閣諸島海域における中国漁船の領海侵犯に対する抗議や、同海域で海上保安本部の巡視船に衝突した中国漁船の船長を処分保留のまま帰国させた政府対応に抗議する決議などを採択。議案は、一般会計補正予算など8件を可決した。

(全文を表示…)

2010年10月6日(水) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

新宮古病院移転などただす/県議会9月定例会

座喜味氏が登壇/一般質問

宮古地域の振興策などで県の考えをただす座喜味一幸氏=5日、県議会議場

宮古地域の振興策などで県の考えをただす座喜味一幸氏=5日、県議会議場

 【那覇支社】県議会(高嶺善伸議長)9月定例会は5日、一般質問が行われた。新宮古病院について県は、来年3月末までには工事を発注、2013年5月をめどに開院する考えを改めて示した。多良間村で大量発生した害虫について、外国からの飛来の可能性が高いと指摘。防除対策として道路沿いや原野のイネ科雑草の除去などに努めていくとした。宮古地区選出の座喜味一幸氏の質問に答えた。

(全文を表示…)