2010年10月9日のニュース一覧

2010年10月9日(土) 15:43 [まちからむらから]

上野字野原集落/伝統の祭りが堅いきずなに

上野字野原の概要
 野原岳の南側に位置する集落。14世紀半ばごろウプダキ村と称され、現在、航空自衛隊通信基地のある付近に大嶽城があった。昔、大嶽按司(ウプダキアズ)の築いた村は、与那覇原軍との戦いで破れ、その後、子孫もわからなくなり廃村となっていたが、1716年、新たな村として建てられ野原村となる(『雍正旧記』による)。当時の大嶽城の東門だった場所が今も残る中御嶽(なかうたき)とされる。1908(明治41)年、特別町村制が施行された際、野原村は下地村字野原となり、さらに48年には上野村字野原となった。その間、40年には、花切・ウナトウ・ニガカリの3集落が野原から分離して豊原区を形成、51年には千代田区も分離独立した。現在の人口は8月末現在で251人(104世帯)。自治会長は砂川恵俊さん。

(全文を表示…)

2010年10月9日(土) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

上地貴大君(城辺中3年)に褒賞状/書道の部

全国中学校文化祭に出品

褒賞状の伝達を受けて喜ぶ上地貴大君=8日、城辺中体育館

褒賞状の伝達を受けて喜ぶ上地貴大君=8日、城辺中体育館

 城辺中学校3年の上地貴大君に8日、全国中学校文化連盟の褒賞状が伝達された。今年8月の全国中学校総合文化祭書道の部で県代表作品に選ばれたことをたたえるもの。上地君は「全国という目標を達成できて本当うれしい」と話した。上地君は「雄大な自然」と書いて、県代表作品に選ばれている。

(全文を表示…)

2010年10月9日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

相談43件 多重債務多い/宮古島法テラス

事務所開設から1カ月

多重債務などさまざまな相談に応じている事務所

多重債務などさまざまな相談に応じている事務所

 法テラス宮古島法律事務所は、9月1日の開所から1カ月経過した。1カ月の間に寄せられた相談は、43件。多重債務や夫婦間のトラブルが多い。20営業日の1日平均相談は約2件で、6件の日もあった。

(全文を表示…)

2010年10月9日(土) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済, 社会・全般]

「宮古牛」商標登録を申請/JAおきなわ

ブランド化を促進

商標登録によってブランド化が期待される宮古牛=8日、平良のJA肥育センター

商標登録によってブランド化が期待される宮古牛=8日、平良のJA肥育センター

 JAおきなわはこのほど、「宮古牛」「宮古んま牛」の商標登録を申請した。条件や規格を厳格に定めて差別化を図り、宮古牛のブランド化を促進する。商標登録後は肥育が重視され、素牛生産を主流とする宮古の肉用牛産業の変革が期待される。商標は今年中にも登録される見通し。

(全文を表示…)

2010年10月9日(土) 09:00 [地域・暮らし, 環境・エコ]

「国際保護鳥サシバ守れ」/伊良部

合同パトロールで密猟撲滅訴え

車両パレードでサシバ保護・密猟撲滅を訴えた=8日、伊良部

車両パレードでサシバ保護・密猟撲滅を訴えた=8日、伊良部

 環境省のレッドデータブックで絶滅危惧種に指定されている国際保護鳥、サシバ(タカ科)を保護しようと、伊良部中・高校の生徒や市、県、宮古島署などの関係者らが8日、伊良部でサシバ保護合同パトロール(主催・伊良部地域づくり協議会)を実施した。主要道路で車両パレードを行い、サシバが休息する環境保全と密猟撲滅を強く訴えた。生徒参加は3年連続で、大きな効果を上げているとされる。

(全文を表示…)

2010年10月9日(土) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

中3まで1回目無料に/インフルエンザ予防接種

市が公費補助を決定

インフルエンザ予防接種の助成について発表する下地市長(右)=8日、市長室

インフルエンザ予防接種の助成について発表する下地市長(右)=8日、市長室

 宮古島市は、1歳から中学3年生までと65歳以上などを対象に、インフルエンザのワクチン接種(予防接種)への公費補助を今月15日から実施。1歳から中学生までは1回目が無料に、65歳以上は1000円の自己負担で接種できるようになる。下地敏彦市長らは8日、市長室で記者会見を行い、助成の詳細などを説明した。

(全文を表示…)

2010年10月9日(土) 00:00 [地域・暮らし, 教育・文化, 社会・全般]

新施設建設を要請/伝統工芸センター

市長に新築移設求める/織物事業協同組合
下地市長(右)に要請書を手渡す長濱副市長(左)=8日、市長室
下地市長(右)に要請書を手渡す長濱副市長(左)=8日、市長室
 宮古織物事業協同組合の代表理事を務める長濱政治副市長は8日、下地敏彦市長に対し、スペースが手狭で老朽化の進む宮古伝統工芸センター(市平良字西里)に変わる新たな施設を建設するよう要請した。

(全文を表示…)