「社会・全般」 2010年10月のニュース一覧

2010年10月30日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

県功労者に平良賀計さん/社会福祉部門

精神科医療で功績

2010年度県功労者(社会福祉部門)で表彰を受けることが決定した平良賀計さん=29日、那覇市、天久台病院

2010年度県功労者(社会福祉部門)で表彰を受けることが決定した平良賀計さん=29日、那覇市、天久台病院

 【那覇支社】県は29日、2010年度県功労者を発表した。今年度の受章者は11人で、このうち社会福祉部門功労で宮古島市出身の平良賀計さん(87)=医療法人天仁会・天久台病院会長=が選ばれた。来月3日に表彰を受ける。

(全文を表示…)

2010年10月26日(火) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

11億8800万円以上で売却へ/マリン社臨時取締役会

ホテル棟売却要項を公表

ホテル棟の売却実施要項を決定し公表したマリン社臨時取締役会=25日、那覇市、オーガスタイン久茂地

ホテル棟の売却実施要項を決定し公表したマリン社臨時取締役会=25日、那覇市、オーガスタイン久茂地

 【那覇支社】宮古島マリンターミナル社(社長・下地敏彦市長)は25日、那覇市内のホテルで臨時取締役会を開き、同社所有のホテル棟売却処分実施要項を全会一致で可決し公表した。同物件の最低価格は土地建物一括売却で11億8800万円(土地・9270万円、建物・10億9530万円)などとなっている。

(全文を表示…)

2010年10月25日(月) 09:00 [教育・文化, 環境・エコ, 社会・全般]

「大きく育ってね」/マングローブ90本植樹

親子ら70人参加/下地与那覇湾

マングローブの苗木を植植え付ける参加者ら=24日、下地与那覇湾

マングローブの苗木を植植え付ける参加者ら=24日、下地与那覇湾

 宮古島環境クラブ(下地邦輝会長)は24日午後、南小5年生と父母を対象にしたマングローブ植樹を下地与那覇湾で実施した。親子ら総勢70人が参加。干潟に苗木90本を丁寧に植え付け、大きく育つよう願った。

(全文を表示…)

2010年10月25日(月) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

洗練された踊り披露/城辺学区婦人会

演芸会開き大盛況

宮古トーガニを踊る婦人たち=24日、城辺公民館

宮古トーガニを踊る婦人たち=24日、城辺公民館

 城辺学区婦人会の第2回演芸会が24日、城辺公民館であった。同婦人会のメンバーほか宮古島市(地区)婦人連合会の役員らも出演して洗練された踊りを披露。日ごろの活動の成果を発表し、観衆から拍手喝采(かっさい)を浴びた。

(全文を表示…)

2010年10月25日(月) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

飲酒運転は絶対ダメ!/根絶条例制定1周年

ステージショーで訴え

ステージでは演舞とダンスなどが行われ訪れた人たちに飲酒運転根絶を呼び掛けた=24日、JAおきなわ宮古地区本部

ステージでは演舞とダンスなどが行われ訪れた人たちに飲酒運転根絶を呼び掛けた=24日、JAおきなわ宮古地区本部

 昨年10月に制定された「沖縄県飲酒運転根絶条例」の1周年を記念した「ステージショー」(主催・宮古島警察署、宮古島地区交通安全協会)が24日、JAおきなわ宮古地区本部で開催された。園児、児童、生徒、老人クラブ、交通安全母の会などが演舞や創作ダンス、歌などを披露し、飲酒運転の根絶に向けさらなる意識の高揚を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2010年10月25日(月) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

伝統芸能で豊穣祈願/城辺友利豊年祭

クイチャー、引き踊りで大盛況

ミルク口説を踊りながら集落を練り歩く地域住民=24日、城辺友利

ミルク口説を踊りながら集落を練り歩く地域住民=24日、城辺友利

 城辺友利部落の豊年祭が24日午後、友利公民館を主会場に行われた。2年に1度の伝統行事とあって地域住民の多数が来場、ミルク口説、クイチャーなど友利部落で受け継がれてきた伝統芸能を集落内で披露し、五穀豊穣に伴う友利部落の発展を祈願した。2010年度共進会では優秀農家多数を表彰した。

(全文を表示…)

2010年10月25日(月) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

島の歴史や文化再認識/史跡めぐりに市民40人

市総合文化祭一環

講師の下地和宏さん(右)から説明を聞く参加者ら=24日、平良久松「久松みゃーか」

講師の下地和宏さん(右)から説明を聞く参加者ら=24日、平良久松「久松みゃーか」

 市総合文化祭の一環、史跡めぐり(宮古郷土史研究会主管)が24日、下地地区を中心に行われた。市民ら40人が参加、巨石墓や遠見台、御獄(うたき)など、島の各地に広がる歴史や文化を再認識した。同研究会長の下地和宏さんが講師を務めた。

(全文を表示…)

2010年10月23日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

増成美樹さん(平良中1年)最優秀/社明運動作文コン

「命どぅ宝」訴える

最優秀賞に選ばれた増成美樹さん(前列中央)と関係者ら=22日、平良地方合同庁舎

最優秀賞に選ばれた増成美樹さん(前列中央)と関係者ら=22日、平良地方合同庁舎

 宮古地区社会を明るくする運動作文コンテスト入賞者表彰式(主催・宮古地区推進委員会)が22日、平良地方合同庁舎で行われた。最優秀賞に選ばれた増成美樹さん(平良中1年)らに表彰状が贈らた。入賞者5人の作品は県推進委員会に送られて審査される。

(全文を表示…)

2010年10月23日(土) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済, 社会・全般]

口蹄疫侵入防止に万全/関係機関

防疫演習で連携強化

演習で口蹄疫防疫の連携を強化した=22日、県宮古合同庁舎

演習で口蹄疫防疫の連携を強化した=22日、県宮古合同庁舎

 宮古地域口蹄疫防疫演習が22日、県宮古合同庁舎で行われた。今年宮崎県で牛や豚への感染が確認され、同県を中心に大きな被害をもたらした口蹄疫の侵入を防ぐため、関係機関が演習を行い万が一の事態に備えた。

(全文を表示…)

2010年10月21日(木) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

橋梁延長1400㍍達成/伊良部大橋、進ちょく率40%

13年の完成向け前進

橋梁が延長1400㍍に達した伊良部大橋=20日、宮古本島側

橋梁が延長1400㍍に達した伊良部大橋=20日、宮古本島側

 宮古本島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋の橋梁(上部工)全長3540㍍のうち、宮古本島側が延長1400㍍になり、全体の40%に達した。県宮古土木事務所が20日、建設リサイクル法に関するパトロールで明らかにした。工事は、2013年3月の完成に向け順調に進められている。

(全文を表示…)

2010年10月21日(木) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

今年度虫食い状態解消/市道B-54号線

来月中旬に工事発注

用地が道路に突き出て狭くなっている区間(三和自練前)

用地が道路に突き出て狭くなっている区間(三和自練前)

 拡幅整備を実施中の市道B-54号線(宮古高校球場~旧空港ターミナル前)の道路部分の虫食い状態が、今年度中に解消される見通しとなった。11月中旬の工事発注を予定している。総事業費35億円、総延長1687㍍の工事は、来年度完了する。

(全文を表示…)

2010年10月20日(水) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

建築規制を緩和へ/平良市街地で6カ所

道路拡幅に伴う用途変更/市都計課が市民説明会


 宮古島市都市計画課は平良市街地の道路整備(拡幅)に伴い改良後の道路境界から25㍍の土地の用途変更・指定を行い19日、市民説明会を開いた。同課は用途変更で建坪率と容積率が上がるなど、建築規制が緩和されるとしている

(全文を表示…)

2010年10月17日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

予防接種始まる/インフルエンザ

19医療機関で来年2月末まで/宮古島市公費補助

15日から始まった公費補助によるインフルエンザの予防接種=16日、ひが小児科医院

15日から始まった公費補助によるインフルエンザの予防接種=16日、ひが小児科医院

 宮古島市が1歳から中学3年生までと65歳以上などの市民を対象にインフルエンザのワクチン接種費用を公費補助する予防接種が15日から始まった。初日から指定医療機関ではたくさんの親子連れが訪れ、ワクチン接種を受けている。

(全文を表示…)

2010年10月17日(日) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

仲井真氏、正式に出馬表明/県知事選挙

「普天間」県外移設求める

記者会見で出馬表明する仲井真氏(中央)=16日、那覇市内のいとみね会館

記者会見で出馬表明する仲井真氏(中央)=16日、那覇市内のいとみね会館

 【那覇支社】11月28日投開票の県知事選挙で、現職の仲井真弘多氏(71)=無所属=が16日、那覇市内で記者会見を開き、正式に再選出馬を表明した。米軍普天間飛行場の移設先は、県外に求める考えを表明。有権者に対し「沖縄のこれからの道筋を示した沖縄21世紀ビジョンを実現するためにも、もう1期仕事をさせてほしい」と訴えた。

(全文を表示…)

2010年10月16日(土) 09:00 [環境・エコ, 産業・経済, 社会・全般]

メガソーラー研究設備工事完了/沖縄電力

実証実験運用始まる

設置工事が完了したメガソーラー実証実験施設=15日、城辺

設置工事が完了したメガソーラー実証実験施設=15日、城辺

 沖縄電力(石嶺伝一郎社長)が4月6日に城辺で着工した宮古島メガソーラー実証実験研究設備の設置工事が15日に完了し、同日から実証実験のための運用が始まった。多良間島、与那国島、北大東島に続き、宮古島の設置工事が終わったことで、離島独立型系統新エネルギー導入実証事業の工事がすべて完了した。

(全文を表示…)

2010年10月15日(金) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

未使用爆弾275発を爆破/平良港湾

年度、過去最高の計1830発処理へ

日本製爆弾の処理で水柱は約50㍍まで達した=14日午前11時ごろ、平良港湾

日本製爆弾の処理で水柱は約50㍍まで達した=14日午前11時ごろ、平良港湾

 海上自衛隊沖縄基地隊の不発弾処理班は14日、平良港湾で旧日本軍が大戦後に投棄したとされる日本製の未使用爆弾275発を水中で爆破処理した。すさまじい爆発で、平良の市街地を中心に隣接する地域の建物が揺れ、衝撃音が響いた。今年度は計1830発を爆破処理することなっており、県が1979年度に統計を取り始めて以来、市(旧市町村統計含む)の年度別爆破処理件数は過去最高になる見通し。

(全文を表示…)

2010年10月15日(金) 09:00 [スポーツ, 地域・暮らし, 社会・全般]

和太鼓演舞で支援に感謝/光の村養護学校

16日からのトライに意欲

和太鼓を披露する生徒たち=14日、市役所平良庁舎前

和太鼓を披露する生徒たち=14日、市役所平良庁舎前

 卒業旅行でトライアスロンに挑戦する光の村養護学校高等部の3年生16人は14日、市役所平良庁舎に長濱政治副市長を表敬訪問した。生徒たちは庁舎前で、歌と和太鼓演舞を披露し、21年間の受け入れとトライアスロンへの協力に感謝するともに、16日から始まる競技の無事完走に意欲を示した。

(全文を表示…)

2010年10月15日(金) 09:00 [政治・行政, 産業・経済, 社会・全般]

廃棄テレビ2084台/特定廃家電10年上半期

前年同期868台増加

完全デジタル化を来年に控え廃棄数が急増しているテレビ=14日、市クリーンセンター

完全デジタル化を来年に控え廃棄数が急増しているテレビ=14日、市クリーンセンター

 テレビ放送のデジタル化完全移行を来年7月に控え、テレビの買い換えに伴う旧テレビの廃棄数が大幅に増加している。2010年度の上半期に宮古島から沖縄本島に輸送された廃テレビの台数は2084台で前年同期1216台から868台増加。家電リサイクル法の対象となっている特定廃家電の輸送総数は4169台となり、市が全額負担している輸送費用は前年同期比256万円増の1142万円で、すでに今年度当初予算額を上回った。今後、さらに増えることが予想され、担当課では補正予算などで対応する考え。

(全文を表示…)

2010年10月14日(木) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

未使用爆弾260発爆破処理/平良港湾

市街地に衝撃音響く

約40㍍の水しぶきを上げて爆発した日本製爆弾の処理=13日午前10時30分ごろ、平良港湾

約40㍍の水しぶきを上げて爆発した日本製爆弾の処理=13日午前10時30分ごろ、平良港湾

 1945(昭和20)年の終戦後に宮古島に駐屯していた日本軍が投棄したとされる日本製の未使用爆弾1830発のうち、260発、重さにして3・8㌧が13日午前、平良港湾で2回にわたって水中爆破処理された。「ドーン」と大爆音とともに、海面が膨れ上がり、黒色が混じった水柱は最大約40㍍まで達した。周辺海域には衝撃波が広がり、平良の市街地などには衝撃音が響いた。体感した市民の中には、一時「地震か」と不安げな表情で話す人もいた。きょう14日午前も爆破処理が2回実施される。

(全文を表示…)

2010年10月13日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

宮古観光の魅力PR/JTBとKNT宮古会

大阪、名古屋、首都圏でキャラバン

観光誘客活動へ向かうキャラバン隊の出発式=12日、宮古空港

観光誘客活動へ向かうキャラバン隊の出発式=12日、宮古空港

 JTB宮古会(豊見山健児会長)、KNT宮古会(根間靖会長)は12日、宮古への観光誘客拡大を図る「大阪、名古屋、首都圏キャラバン」活動に向け宮古空港を出発した。

(全文を表示…)

2010年10月13日(水) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

糸数代表監査委が退職/工事契約の意見書めぐり引責

 下地敏彦市長は12日、市の代表監査委員の糸数健氏(62)に退職辞令を交付した。同氏は、9月28日に退職願いを提出してあった。糸数氏は12日、宮古毎日新聞社の取材に対し、市道伊良部7号線工事(1工区)の契約が市の関連法令に抵触するとした監査委員会の意見書をめぐり、市議会9月定例会で市当局と意見が対立したことを挙げ「混乱させた責任を取る」と述べた。

(全文を表示…)

2010年10月13日(水) 09:00 [地域・暮らし, 環境・エコ, 社会・全般]

「美ぎ島宮古」に決意/全国地域安全運動

111団体、700人参加

美ぎ島宮古島にするため、地域の連携を呼び掛けた地区大会=12日、平良第一小学校体育館

美ぎ島宮古島にするため、地域の連携を呼び掛けた地区大会=12日、平良第一小学校体育館

 2010年全国地域安全運動宮古島地区大会(主催・宮古島警察署、地区防犯協会)が12日、平良第一小学校体育館で開かれた。111団体から約700人が参加。「関係機関と連携し、全ての人々が安全で安心して生活できる美ぎ島宮古島づくりに、なお一層努力する」とした宣言文を採択した。

(全文を表示…)

2010年10月11日(月) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

ハンセン病の正しい理解を/人権市民ネットなど主催

並里院長が講演/おうえんポリクリニック

講演に熱心に耳を傾ける参加者たち=10日、働く女性の家

講演に熱心に耳を傾ける参加者たち=10日、働く女性の家

 「ハンセン病問題と退所者の課題」と題する講演会(ハンセン病と人権市民ネットワーク宮古など主催)が10日、埼玉県にある「おうえんポリクリニック」の並里まさ子院長を講師に招き、市働く女性の家(ゆいみなあ)で行われ参加者はハンセン病に関する理解を深めた。

(全文を表示…)

2010年10月11日(月) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

認知症の正しい理解を/家族会設立

会長に長濱さん

認知症家族会みやこが設立され、一般の人たちを対象に開かれた説明会=10日、宮古福祉保健所健康増進室

認知症家族会みやこが設立され、一般の人たちを対象に開かれた説明会=10日、宮古福祉保健所健康増進室

 認知症の人とその家族への支援や援助などを目的とした「認知症家族会みやこ」が10日、設立した。毎月勉強会などを開催し、正しい知識を持って当事者と家族が安心して暮らせるまちづくりを目指す。会長には長濱隆さんが選ばれた。

(全文を表示…)

2010年10月10日(日) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

奨励新品種に「農林27号」/サトウキビ

 高糖多収 早熟性で年内収穫も可能

県奨励品種に登録された農林27号=7日、県農研センター宮古島支所の畑

県奨励品種に登録された農林27号=7日、県農研センター宮古島支所の畑

 「KR96-93」の呼び名で栽培されているサトウキビが、県の奨励品種に新たに登録された。登録品種名は、農林27号。試験栽培では収量、糖度ともに高い成績が出ている。葉が取りやすく、手刈りに向く。早熟性で、12月初めからの年内収穫が可能という。
 KR96-93は、先島地域の夏植え向けに、種子島の九州沖縄農業研究センターで開発された。農林8号を母親に持つ。県農業研究センター宮古島支所などでの、試験栽培を経て奨励品種登録となった。

(全文を表示…)

2010年10月10日(日) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

尖閣を上空から視察/国家主権と国益守る議員連盟

地元の不安の声も聞く

意見交換会であいさつする下地市長=9日、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

意見交換会であいさつする下地市長=9日、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

 民主党の原口一博前総務相ら超党派の国会議員でつくる「国家主権と国益を守るために行動する議員連盟」のメンバー5人が9日、尖閣諸島を上空から視察。視察後、石垣市内で尖閣諸島沖中国漁船衝突事件をめぐって地元首長や議員、漁業者らと意見交換した。漁業者から操業に対する不安の声が相次ぎ、尖閣周辺の警備強化や避難施設の整備を求める意見が続出。原口共同代表は「政府に提案して必ず実現したい」と述べ、政府に強く働き掛けていく考えを示した。意見交換会には、宮古島市の下地敏彦市長、下地明議長も出席した。

(全文を表示…)

2010年10月9日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

相談43件 多重債務多い/宮古島法テラス

事務所開設から1カ月

多重債務などさまざまな相談に応じている事務所

多重債務などさまざまな相談に応じている事務所

 法テラス宮古島法律事務所は、9月1日の開所から1カ月経過した。1カ月の間に寄せられた相談は、43件。多重債務や夫婦間のトラブルが多い。20営業日の1日平均相談は約2件で、6件の日もあった。

(全文を表示…)

2010年10月9日(土) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済, 社会・全般]

「宮古牛」商標登録を申請/JAおきなわ

ブランド化を促進

商標登録によってブランド化が期待される宮古牛=8日、平良のJA肥育センター

商標登録によってブランド化が期待される宮古牛=8日、平良のJA肥育センター

 JAおきなわはこのほど、「宮古牛」「宮古んま牛」の商標登録を申請した。条件や規格を厳格に定めて差別化を図り、宮古牛のブランド化を促進する。商標登録後は肥育が重視され、素牛生産を主流とする宮古の肉用牛産業の変革が期待される。商標は今年中にも登録される見通し。

(全文を表示…)

2010年10月9日(土) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

中3まで1回目無料に/インフルエンザ予防接種

市が公費補助を決定

インフルエンザ予防接種の助成について発表する下地市長(右)=8日、市長室

インフルエンザ予防接種の助成について発表する下地市長(右)=8日、市長室

 宮古島市は、1歳から中学3年生までと65歳以上などを対象に、インフルエンザのワクチン接種(予防接種)への公費補助を今月15日から実施。1歳から中学生までは1回目が無料に、65歳以上は1000円の自己負担で接種できるようになる。下地敏彦市長らは8日、市長室で記者会見を行い、助成の詳細などを説明した。

(全文を表示…)

2010年10月9日(土) 00:00 [地域・暮らし, 教育・文化, 社会・全般]

新施設建設を要請/伝統工芸センター

市長に新築移設求める/織物事業協同組合
下地市長(右)に要請書を手渡す長濱副市長(左)=8日、市長室
下地市長(右)に要請書を手渡す長濱副市長(左)=8日、市長室
 宮古織物事業協同組合の代表理事を務める長濱政治副市長は8日、下地敏彦市長に対し、スペースが手狭で老朽化の進む宮古伝統工芸センター(市平良字西里)に変わる新たな施設を建設するよう要請した。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2010年10月
    « 9月   11月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2