2010年11月12日のニュース一覧

2010年11月12日(金) 23:17 [行雲流水]

TPP(行雲流水)

 貿易の自由化をめぐる論議がかまびすしい。消費者や製造業界は賛成し、農家は反対している

(全文を表示…)

2010年11月12日(金) 23:08 [ニュースウィークリー]

2010年11月7日~11月12日

ニュースウイクリー
11月7日~11月12日


池間六段初の全国大会へ/ケーブルテレビ囲碁
 第9回全国ケーブルテレビ局選抜囲碁選手権ブロック予選が6日、宮古テレビで行われ、宮古地区代表の池間博美六段が初の全国大会出場を決めた。1回戦で藤野健治六段(東京都)、2回戦で豊永幹雄六段(熊本県)に勝った。全国大会は20、21の両日、東京都の日本棋院で行われる。(11月7日掲載)

(全文を表示…)

2010年11月12日(金) 09:00 [環境・エコ, 産業・経済]

城辺メガソーラに注目/地方対日投資会議in宮古島

再生可能エネ全量買取へ

将来の太陽光発電などについて聞き入る参加者ら=11日、ホテルアトールエメラルド宮古島市

将来の太陽光発電などについて聞き入る参加者ら=11日、ホテルアトールエメラルド宮古島市

 対日直接投資や太陽光発電の未来を考える「第22回地方対日投資会議in宮古島」(主催・内閣府、共催・県、市、日本貿易振興機構)が11日、市内のホテルで開かれた。将来の対日直接投資や太陽光発電に詳しい専門家らがそれぞれの立場から紹介した。このうちグリーンニューディールのアドバイザー、増山寿一さんは「太陽光発電など再生可能エネルギーの全量買取制度が、来年4月か再来年4月以降に実施される」と述べ、国が城辺で実証実験研究を進めている国内最大級のメガソーラーに注目した。

(全文を表示…)

2010年11月12日(金) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

地域の歌と芸能学ぶ/西辺小の児童

「琉舞を楽しもう」開講式

児童たちが地域の芸能を学ぶことを目的に「琉舞を楽しもう」が開講した=11日、西辺小学校

児童たちが地域の芸能を学ぶことを目的に「琉舞を楽しもう」が開講した=11日、西辺小学校

 文化庁の2010年度「子どものための優れた舞台芸術体験事業」の「琉舞を楽しもう」開講式が11日、西辺小学校で行われた。同校の3年生7人と4年生9人を対象に久田流家元二代目で久田舞踊研究所の久田多嘉子さんと同研究所の教師・大里亜也さんが琉球舞踊の指導を行った。

(全文を表示…)

2010年11月12日(金) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化, 産業・経済, 社会・全般]

「税を考える週間」スタート/宮古島税務署

「まもる君」が週間税務署長に

税を考える週間の週間税務署長として「宮古島まもる君」が辞令を受けた=11日、宮古島税務署

税を考える週間の週間税務署長として「宮古島まもる君」が辞令を受けた=11日、宮古島税務署

 2010年度の「税を考える週間」が11日にスタートした。17日まで。宮古島税務署(大塚一長署長)では初日の11日、同署玄関前で宮古島地区交通安全協会のキャラクター「宮古島まもる君」に対し、週間税務署長の辞令を交付した。

(全文を表示…)

2010年11月12日(金) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化, 産業・経済]

教育長にマンガ本贈呈/沖縄宮古法人会青年部会、婦人部会

花の苗木も市民に配布

マンガ本贈呈・川上教育長(左から2人目)にマンガ本を贈呈した同部会の友利部会長(同3人目)と湧川部会長(同4人目)=11日、市役所城辺庁舎

マンガ本贈呈・川上教育長(左から2人目)にマンガ本を贈呈した同部会の友利部会長(同3人目)と湧川部会長(同4人目)=11日、市役所城辺庁舎

 沖縄宮古法人会青年部会の湧川弘範部会長と婦人部会の友利ヒロ子部会長ら5人が11日、市役所城辺庁舎に川上哲也教育長を訪ね、税の啓発用マンガ本「税って何だ?」1250冊を贈呈した。対象は小学校5、6年生。多良間村には50部別送した。

(全文を表示…)

2010年11月12日(金) 09:00 [地域・暮らし, 環境・エコ]

「エコ活動」実践します!/コーラル社

売り上げの1部で社会貢献

「35エコプロジェクト」をスタートさせるコーラル社や関係団体の皆さん=11日、下地川満

「35エコプロジェクト」をスタートさせるコーラル社や関係団体の皆さん=11日、下地川満

 コーラル・ベジタブル社が15日から「変わる!!コーラル 35エコプロジェクト」を実践する。アロエベラ商品の売り上げの一部を地域に還元して社会貢献活動に取り組む。エコプロジェクトのキーワードは「原点回帰」。

(全文を表示…)

2010年11月12日(金) 09:00 [政治・行政]

仲井真、伊波、金城氏が立候補/11月28日投開票

知事選告示、選挙戦突入


仲井真弘多氏

仲井真弘多氏

 【那覇支社】任期満了に伴う第11回県知事選挙が11日、告示され17日間の選挙戦に突入した。投開票は28日。立候補したのは届け出順に、現職で2期目の再選を目指す仲井真弘多氏(71)=無・自民県連、公明推薦=、前宜野湾市長の伊波洋一氏(58)=無・社民、共産、社大推薦=、今夏の参院選沖縄選挙区で出馬した金城竜郎氏(46)=幸福実現公認=の3氏。各陣営は那覇市内で出陣式・出発式に臨み、勝利を誓って気勢を上げた。米軍普天間飛行場移設問題、沖縄振興特別措置法終了後の振興策のあり方などが各候補者に問われる。

(全文を表示…)