2010年11月16日のニュース一覧

2010年11月16日(火) 23:00 [行雲流水]

『ちょっとまてよ』(行雲流水)

 「日本人は勢いの赴くままに一気呵成に流れてしまうことがあるから、『ちょっとまてよ』と立ち止まってみることが大事だ」。これはある大物政治家の残した遺言とも言えることばである。最近の世相を見ると、そのことがうなずける

(全文を表示…)

2010年11月16日(火) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

総勢170人、三味線で魅了/宮古民謡保存協会主催

宮古民謡の夕べ盛況


レベルの高い歌・三味線を披露する役員ら=14日、マティダ市民劇場

レベルの高い歌・三味線を披露する役員ら=14日、マティダ市民劇場

 「揃い響まし 美ぎ島ぬ綾語」をテーマに宮古民謡保存協会(波平重夫会長)主催の第15回宮古民謡の夕べが14日、マティダ市民劇場で行われた。総勢約170人が出演。レベルの高い歌、三味線などを披露し、観客を魅了した。

(全文を表示…)

2010年11月16日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

消防活動に協力/市消防本部が感謝状贈る

消火活動で仲村さんら

砂川消防長(後方右から2人目)から感謝状が贈られた関係者ら=15日、市消防本部伊良部出張所

砂川消防長(後方右から2人目)から感謝状が贈られた関係者ら=15日、市消防本部伊良部出張所

 市消防本部の砂川享一消防長は15日、佐良浜で初期消火・消火活動に協力した池間添自治会長の仲村淳さん(66)ら12人に感謝状と楯を贈った。

(全文を表示…)

2010年11月16日(火) 09:00 [産業・経済]

応援ファンドの活用を/県産業公社が事業説明

 県産業振興公社は「OKINAWA型産業応援ファンド事業」の2011年度公募説明会を15日、県宮古事務所会議室で開いた。

(全文を表示…)

2010年11月16日(火) 09:00 [地域・暮らし]

知念六段が第2期名人/第一ホテル杯宮古囲碁名人戦

決定戦で池間六段破る


優勝杯を手に喜びの知念六段=14日、こすみ囲碁教室

優勝杯を手に喜びの知念六段=14日、こすみ囲碁教室

 8人が総当たりした宮古第一ホテル杯第2期宮古囲碁名人戦(主催・日本棋院平良支部、協賛・宮古第一ホテル、後援・宮古毎日新聞社)の決勝リーグは14日終了し、知念一将六段が初優勝した。プレーオフで池間博美六段を破った。知念六段(6勝1敗)、池間六段(同)、野原常彰六段(4勝3敗)、知念正夫六段(同)の上位4人は、リーグ残留を決めた。

(全文を表示…)

2010年11月16日(火) 09:00 [地域・暮らし]

健やかな成長祈る/七五三

 親子連れでにぎわう/宮古神社


七五三で宮古神社を訪れた伊良部さんの家族。中央が成哉君=15日、宮古神社

七五三で宮古神社を訪れた伊良部さんの家族。中央が成哉君=15日、宮古神社

 七五三で15日、宮古神社には多くの親子連れが訪れて、3歳、5歳、7歳を迎えた子どもの成長を祈願した。

(全文を表示…)

2010年11月16日(火) 09:00 [産業・経済]

累積赤字9500万円に/コーラル社株主総会

会長に砂川佳一氏再任

第12期の事業方針などを承認した定時株主総会=15日、平良港ターミナルビル

第12期の事業方針などを承認した定時株主総会=15日、平良港ターミナルビル

 第3セクターのコーラル・ベジタブル社の2010年度定時株主総会が15日午前、平良港ターミナルビルで開かれた。第11期事業の決算で単年度1800万円の赤字を計上、累積赤字が9500万円に膨らんだことが報告され厳しい経営実態が浮き彫りとなった。代表取締役に再任された砂川佳一会長は「今は荒波だが行く末は晴れ晴れとしている。宮古にとって存在価値のある会社にすることを誓う」と述べた。

(全文を表示…)

2010年11月16日(火) 01:20 [【特集】イベント・行事, 特集]

【特集】生涯学習フェス写真特集

“学び”の魅力を体感
生涯学習フェス写真特集


 市民の学習活動への参加促進などを目的とした第6回宮古島市生涯学習フェスティバル(主催・市教育委員会)が13、14日の両日、市中央公民館で行われた。

 会場では展示部門や舞台発表で、市民の学習の成果が披露され、訪れた人たちもその内容に見入っていた。いろいろな関連催しも行われ、会場は子どもからお年寄りまで「学ぶ」ことの魅力を体感していた。ここでは2日間のフェスティバルの様子を写真で紹介する。

理科実験コーナーは子どもたちの好奇心を刺激する内容ばかり、どのブースも人気となった=13日

理科実験コーナーは子どもたちの好奇心を刺激する内容ばかり、どのブースも人気となった=13日

オリジナルのマドラーづくりに子供たちも興味津々=13日

オリジナルのマドラーづくりに子供たちも興味津々=13日

「なんでそうなるの?」。面白い実験に生徒たちも釘付け=13日

「なんでそうなるの?」。面白い実験に生徒たちも釘付け=13日

親子で協力し合えば何でもできる=13日

親子で協力し合えば何でもできる=13日

錯視の世界に、訪れた人たちも食い入る様に見入っていた=13日

錯視の世界に、訪れた人たちも食い入る様に見入っていた=13日

「なんかみんな楽しそうだな」=13日

「なんかみんな楽しそうだな」=13日

会場は舞台発表のほか理科実験、ロボット体験コーナーなどいろいろな催しで盛り上がった

会場は舞台発表のほか理科実験、ロボット体験コーナーなどいろいろな催しで盛り上がった

下地学区婦人会=「なますのぐう」を披露する下地学区婦人会=14日

下地学区婦人会=「なますのぐう」を披露する下地学区婦人会=14日

クラシックギター愛好会=「グリーンスリーブス」を披露したクラッシックギター愛好会=14日

クラシックギター愛好会=「グリーンスリーブス」を披露したクラッシックギター愛好会=14日

西辺小「にこにこ教室」=メイクもばっちりに「宮古まもる君のうた」を踊る西辺小「にこにこ教室」=14日

西辺小「にこにこ教室」=メイクもばっちりに「宮古まもる君のうた」を踊る西辺小「にこにこ教室」=14日

琉装に身を包み、琉球舞踊を踊る南西里老人クラブのメンバー=14日

琉装に身を包み、琉球舞踊を踊る南西里老人クラブのメンバー=14日

 

2010年11月16日(火) 01:04 [イベント, スポーツ]

最年長の砂川ハルさんと糸洲朝仁さん/第23回南部忠平杯GG

子や孫たちが応援
女性最年長の砂川ハルさん

女性最年長の砂川ハルさん

女性最年長の砂川ハルさん

 大会参加者の中で最年長の砂川ハルさん(88歳)。6人の子と20人余りいるという孫たちの応援を受けて、元気なプレーを展開した。


 毎週1回は、地域の人たちと一緒にグラウンドゴルフやゲートボールを楽しむ。周囲からは「畑仕事も一生懸命。すごい働き者」と評判だ。  (全文を表示…)