2010年11月30日のニュース一覧

2010年11月30日(火) 21:50 [行雲流水]

死の商人(行雲流水)

 世界はどこへ向かうのだろうか。閉塞状態から世界は抜け出されずに、多くの国の国民が将来に不安を抱いている

(全文を表示…)

2010年11月30日(火) 09:00 [地域・暮らし, 環境・エコ]

明和大津波以前に大地震14回

華段丘3300年前から形成/小元元教授が報告


3300年前から形成されてきたと推定される石灰華段丘=城辺(資料写真)

3300年前から形成されてきたと推定される石灰華段丘=城辺(資料写真)

 日本大学元教授で地質に詳しい小元久仁夫さんの宮古島地形調査最終報告会が29日、市役所城辺庁舎であり、「宮古島平安名岬マイバーバマから採取した津波石の暦年代」と「宮古島宮渡崎太陽泉で観察される石灰華段丘の形質年代」の2題で発表した。小元さんは「岩塊の測定結果から、宮古には明和大津波があった1771年以前に14回の大きな地震があったと推定される。規模は分からない。石灰華段丘は、3300年前から形成され始めたと推定される」と述べた。1771年以前の地震年代は、今後文献史料と照合する上で、貴重な参考資料になりそうだ。

(全文を表示…)

2010年11月30日(火) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

地デジ支援デー始まる

宮古島市、多良間村など/来月9日まで


相談に応じる担当者ら=29日、市役所城辺庁舎

相談に応じる担当者ら=29日、市役所城辺庁舎

 総務省沖縄県テレビ受信者支援センターは29日、宮古島市で「地デジ準備支援デー」を開始した。地上デジタル放送化への準備を支援することが目的。12月9日まで市役所庁舎や池間島、伊良部島、多良間村でも行い、普及率を高める。

(全文を表示…)

2010年11月30日(火) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

「離島振興を強化」/当選から一夜明け

「県外」政府に強く求める/再選果たした仲井真さん


当選から一夜明けて、選挙戦の疲れを見せることもなく報道各社の取材に応じた仲井真さん=29日朝、那覇市、県知事公舎

当選から一夜明けて、選挙戦の疲れを見せることもなく報道各社の取材に応じた仲井真さん=29日朝、那覇市、県知事公舎

 【那覇支社】28日投開票の第11回県知事選挙で、33万5708票を獲得し、次点の伊波洋一氏に3万8600票余りの差をつけて再選を果たした仲井真弘多さん(71)。当選から一夜明けの29日朝、那覇市寄宮の県知事公舎で報道各社のインタビューに応じ、離島振興強化など、2期目への取り組みに対する質問に答えた。

(全文を表示…)

2010年11月30日(火) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

12年度から不足見込む/市の収支試算

財政状況の厳しさ浮き彫り


 市財政課はこのほど、2010年度から15年度までの財政収支の見通しを発表した。同課では国からの地方交付税が年3%ずつ削減されると見込んでいて、集中改革プランに従った行政改革を推し進めても、12年度から単年度収支で収支不足が発生すると試算。合併による特例算定されている交付税約35億円が段階的に削減される16年度までに約45億円の積立金が必要としているが、現時点では10億円弱にとどまるなど、市の財政状況の厳しさが浮き彫りとなった。

(全文を表示…)

2010年11月30日(火) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

島の良さを広めたい/宮古島大使

下地勇さんに認証書


長濱副市長(左)から大使認証書を受け取る下地さん=29日、市役所平良庁舎

長濱副市長(左)から大使認証書を受け取る下地さん=29日、市役所平良庁舎

 市平良久松の出身で、現在は県内外で活躍する歌手の下地勇さんに29日、宮古島大使の認証書が贈られた。下地さんは「これからも宮古島の良さを広めていきたい」と抱負を語った。

(全文を表示…)

2010年11月30日(火) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

子牛生産にまい進/和牛改良組合

結成30年の節目祝う


さらなる発展を祈願して万歳三唱を行う組合員ら=29日、JAおきなわ宮古地区本部情報管理センター

さらなる発展を祈願して万歳三唱を行う組合員ら=29日、JAおきなわ宮古地区本部情報管理センター

 宮古和牛改良組合の結成30周年記念式典が29日、JAおきなわ宮古地区本部情報管理センターで開かれた。組合員らが参加し節目を祝うとともに、肉用子牛の拠点産地として購買者ニーズに応えた子牛生産にまい進していくことを確認した。平良一夫組合長は「関係機関と一体となって、宮古のブランド牛の確立に取り組んでいく」と決意を示し結束を呼び掛けた。

(全文を表示…)