「政治・行政」 2010年11月のニュース一覧

2010年11月30日(火) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

地デジ支援デー始まる

宮古島市、多良間村など/来月9日まで


相談に応じる担当者ら=29日、市役所城辺庁舎

相談に応じる担当者ら=29日、市役所城辺庁舎

 総務省沖縄県テレビ受信者支援センターは29日、宮古島市で「地デジ準備支援デー」を開始した。地上デジタル放送化への準備を支援することが目的。12月9日まで市役所庁舎や池間島、伊良部島、多良間村でも行い、普及率を高める。

(全文を表示…)

2010年11月30日(火) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

「離島振興を強化」/当選から一夜明け

「県外」政府に強く求める/再選果たした仲井真さん


当選から一夜明けて、選挙戦の疲れを見せることもなく報道各社の取材に応じた仲井真さん=29日朝、那覇市、県知事公舎

当選から一夜明けて、選挙戦の疲れを見せることもなく報道各社の取材に応じた仲井真さん=29日朝、那覇市、県知事公舎

 【那覇支社】28日投開票の第11回県知事選挙で、33万5708票を獲得し、次点の伊波洋一氏に3万8600票余りの差をつけて再選を果たした仲井真弘多さん(71)。当選から一夜明けの29日朝、那覇市寄宮の県知事公舎で報道各社のインタビューに応じ、離島振興強化など、2期目への取り組みに対する質問に答えた。

(全文を表示…)

2010年11月30日(火) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

12年度から不足見込む/市の収支試算

財政状況の厳しさ浮き彫り


 市財政課はこのほど、2010年度から15年度までの財政収支の見通しを発表した。同課では国からの地方交付税が年3%ずつ削減されると見込んでいて、集中改革プランに従った行政改革を推し進めても、12年度から単年度収支で収支不足が発生すると試算。合併による特例算定されている交付税約35億円が段階的に削減される16年度までに約45億円の積立金が必要としているが、現時点では10億円弱にとどまるなど、市の財政状況の厳しさが浮き彫りとなった。

(全文を表示…)

2010年11月30日(火) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

島の良さを広めたい/宮古島大使

下地勇さんに認証書


長濱副市長(左)から大使認証書を受け取る下地さん=29日、市役所平良庁舎

長濱副市長(左)から大使認証書を受け取る下地さん=29日、市役所平良庁舎

 市平良久松の出身で、現在は県内外で活躍する歌手の下地勇さんに29日、宮古島大使の認証書が贈られた。下地さんは「これからも宮古島の良さを広めていきたい」と抱負を語った。

(全文を表示…)

2010年11月29日(月) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

仲井真弘多氏が再選/県知事選

「県政安定継続」決める


当選確実の報に支持者らとともに万歳をする現職の仲井真弘多氏(中央)=28日、那覇市牧志の同氏選対本部

当選確実の報に支持者らとともに万歳をする現職の仲井真弘多氏(中央)=28日、那覇市牧志の同氏選対本部

 【那覇支社】第11回県知事選挙は28日、投開票が行われ、即日開票の結果、無所属現職の仲井真弘多氏(71)=自民県連、公明、みんなの党推薦=が33万5708票を得票し、無所属新人の前宜野湾市長・伊波洋一氏(58)=社民、共産、社大、国民新、新党日本推薦、そうぞう支持=に3万8626票差をつけ2期目再選を決めた。投票率は60・88%で前回の64・54%を3・66下回った。

(全文を表示…)

2010年11月28日(日) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

創造的経営を学ぶ/事業マネジャー研修会

セミナーを熱心に聞く参加者ら=27日、平良港ターミナルビル

セミナーを熱心に聞く参加者ら=27日、平良港ターミナルビル

 事業マネジャー研修育成講座(主催・市地域雇用創造協議会)が27日、平良港ターミナルビルで行われ、約20人の事業所経営者や役員らが創造マーケティング経営理論などの研さんを積んだ。

(全文を表示…)

2010年11月28日(日) 09:00 [政治・行政]

県政の「継続」か「刷新」か/県知事選 きょう投開票

仲井真、伊波、金城3氏が最後の訴え


仲井真弘多氏

仲井真弘多氏

 【那覇支社】県政の「継続」か「刷新」か―任期満了に伴う第11回県知事選挙は、きょう28日に投開票が行われ、同日深夜から未明ごろに大勢が判明する。統一地方選の「天王山」は、現職の仲井真弘多(71)=無・自民県連、公明、みんなの党推薦=、新人で前宜野湾市長の伊波洋一(58)=無・社民、共産、社大、国民新、新党日本推薦、そうぞう支持=、新人で幸福実現党県本役員の金城竜郎(46)=同党公認=の3氏によって激しく争われ27日夕、各陣営は「打ち上げ式」を開き、17日間の激しい選挙戦に幕を降ろした。3氏は「最後の訴え」で、今選挙戦の最大焦点「基地、振興策、くらし」について熱弁を振るい有権者の支持を強く求めた。

(全文を表示…)

2010年11月26日(金) 09:00 [政治・行政, 産業・経済, 社会・全般]

TPP不参加で連携を/JA中央会

小那覇会長ら市長に要請


TPP関連の要請をする小那覇安優会長(左から2人目)=25日、市役所平良庁舎

TPP関連の要請をする小那覇安優会長(左から2人目)=25日、市役所平良庁舎

 JA沖縄中央会の小那覇安優会長らは25日午前、宮古島市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、環太平洋連携協定(TPP)に関する要請を行った。小那覇会長は「(TPP交渉参加で)沖縄の農業は根底から崩れる。どんなことがあっても阻止しなければならない」と訴えた。下地市長も同調し、「一緒にやっていきたい」と述べた。

(全文を表示…)

2010年11月26日(金) 09:00 [政治・行政]

「三日攻防」で支持訴え/県知事選

気迫ある遊説展開/仲井真、伊波、金城3氏


マイクをしっかり握りしめ気合いを入れて演説する仲井真氏=25日、西原町の坂田交差点

マイクをしっかり握りしめ気合いを入れて演説する仲井真氏=25日、西原町の坂田交差点

 【那覇支社】28日投開票の第回県知事選挙は25日、最終盤の「三日攻防」初日を迎え、立候補した現職の仲井真弘多(71)=無・自民県連、公明、みんなの党推薦=、新人で前宜野湾市長の伊波洋一(58)=無・社民、共産、社大、国民新、新党日本推薦、そうぞう支持=、新人で幸福実現党県本役員の金城竜郎(46)=同党公認=の3氏は、候補者カーに乗り込み、沖縄本島内の主要交差点などで、気迫に満ちたスポット遊説を行った。また、3氏各陣営のスタッフらは、応援弁士を乗せた選挙カーで市街地を巡るなどして候補者名と政策を連呼し、選挙戦は陣営総力挙げての決戦に突入した。

(全文を表示…)

2010年11月25日(木) 09:00 [政治・行政]

普天間基地は県内移設/県知事選

金城氏が個人演説会


初当選を目指しガンバロウ三唱で気勢を上げる参加者たち=23日、伊良部東地区構造改善センター

初当選を目指しガンバロウ三唱で気勢を上げる参加者たち=23日、伊良部東地区構造改善センター

 県知事選挙に立候補した金城竜郎氏(46)=幸福実現党公認=の個人演説会が23日夜、伊良部東地区構造改善センターで行われた。金城氏は「日米安保を深め、同盟を強化することが最優先課題である国民の生命を守ることになる」と述べ、米軍普天間飛行場の移設先は日米両政府が合意した名護市辺野古案を強調し、支持を訴えた。

(全文を表示…)

2010年11月24日(水) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

12日間で3346人が投票/知事選期日前 

前回同期比125人増


 県知事選の期日前投票は23日、市役所平良庁舎などで行われ、826人(男性324人、女性484人)が投票した。12日から同日までの12日間では、選挙時登録者数4万2959人(10日現在)の7・79%に当たる3346人(男性1539人、女性1807人)が投票を済ませた。

(全文を表示…)

2010年11月23日(火) 09:00 [政治・行政, 教育・文化]

消滅危機の方言、宮古で調査へ

木部副所長(国立国語研)らが表敬訪問


長浜副市長(中央)を表敬訪問した田窪教授(右)と木部副所長(右から2人目)=22日、市役所平良庁舎

長浜副市長(中央)を表敬訪問した田窪教授(右)と木部副所長(右から2人目)=22日、市役所平良庁舎

 消滅の危機にあるとされる宮古方言の調査・収録を計画している国立国語研究所(東京都)の木部暢子副所長、京都大学大学院の田窪行則教授(文学博士)らが22日、長浜政治副市長と川上哲也市教育長を表敬訪問した。木部副所長の申し出に長浜副市長は全面的に協力する姿勢を示した。来年9月に調査・収録を実施する予定。

(全文を表示…)

2010年11月23日(火) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

「盗難」報告も被害届未申告/公金持ち出し問題

副市長「知らなかった」/警察には遺失届


 宮古島市国民健康保険課の男性職員(36)が、国保税約55万円を庁舎外に持ち出しその後、車の中から盗まれたとされる問題で、この男性が警察に提出したのは「盗難の被害届」ではなく、遺失物届だったことが22日、分かった。長濱政治副市長は「被害届が出されていて警察が捜査しているものと思っていた」と述べた。市は、男性職員から当時の状況などを詳しく確認した上で、警察に改めて被害届を提出する方針だ。

(全文を表示…)

2010年11月22日(月) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

市職員が公金持ち出し「紛失」/宮古島市

市民納付の保険税55万円


市民らが訪れて国保税納付などが行われる市国民健康保険課=21日、市役所平良庁舎2階

市民らが訪れて国保税納付などが行われる市国民健康保険課=21日、市役所平良庁舎2階

 宮古島市国民健康保険課の男性職員(36)が、市民が納付した保険税約55万円の公金を、金融機関に支払わずに外部に持ち出し、その後「車の中に置いてあったが盗まれた」と上司に報告していたことが21日までに分かった。

 男性職員は10月上旬、宮古島署に紛失届を提出し、市に同額を弁償したという。下地敏彦市長は本紙の取材に「公金に対する認識が弱い。再発防止に努める」と述べ、市職員懲戒分限審査委員会(委員長・長濱政治副市長)を設置し、事実関係を確認するよう指示を出したという。

(全文を表示…)

2010年11月21日(日) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

地域資源で事業創出を/シマおこし研修交流会

事例報告などで提言


「住民を事業にどう巻き込むか」をテーマに行われたパネルディスカッション=20日、下地農村環境改善センター

「住民を事業にどう巻き込むか」をテーマに行われたパネルディスカッション=20日、下地農村環境改善センター

 シマおこし研修交流会in宮古島(共催・市、県地域づくりネットワーク、内閣府沖縄総合事務局)が20日、下地農村環境改善センターを主会場に始まった。きょう21日まで。初日の全体会で基調講演した久留米大学の伊佐淳教授は、地域資源を生かしたコミュニティービジネスによる島おこしを提言。パネルディスカッションでは、住民を同ビジネスに巻き込んで成功した事例などを報告した。分科会は20、21の両日城辺、島尻、伊良部の3地区で行われる。

(全文を表示…)

2010年11月20日(土) 09:00 [政治・行政]

伊波氏、農業振興に全力/県知事選

支持者ら初当選へ気勢/宮古支部が総決起大会


初当選に向けガンバロウ三唱で気勢を上げる参加者たち=19日夜、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

初当選に向けガンバロウ三唱で気勢を上げる参加者たち=19日夜、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 県知事選に立候補した前宜野湾市長の伊波洋一氏(58)=無所属・社民、共産、社大、国民新、新党日本推薦=後援会宮古支部(下地学支部長)の総決起大会が19日夜、JAおきなわ宮古地区本部大ホールで開かれた。伊波氏は、離島農業の維持や産業の発展を強調。「さらなる発展をさせるため県としてしっかりと支えていく」と述べ、豊かな宮古島づくりへ支持を訴えた。

(全文を表示…)

2010年11月20日(土) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

今年458万匹捕獲/アオドウガネ

誘殺灯の効果顕著/前年比27%減


土壌害虫防除実施結果などが報告された協議会=19日、県宮古合同庁舎

土壌害虫防除実施結果などが報告された協議会=19日、県宮古合同庁舎

 さとうきび土壌害虫防除推進協議会の幹事会が19日開かれ、2010年はアオドウガネの誘殺灯で485万2850匹を捕獲したことが報告された。前年と比べると27%の減で、誘殺事業の継続によって生息密度が低下したことが明らかになった。ケブカアカチャコガネの防除には安価なフェロモンが有効なことが分かった。プリンスベイト剤の普及に伴いハリガネムシ成虫の捕獲頭数も減少傾向にある。11年は、可動式誘殺灯の盗難防止に力を入れる方針を確認した。

(全文を表示…)

2010年11月20日(土) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

東平安名崎を追加指定/国指定名勝

パナリ岩礁含む周辺海域


国指定名勝に追加指定された東平安名崎と、パナリ岩礁を含む周辺海域(資料写真)

国指定名勝に追加指定された東平安名崎と、パナリ岩礁を含む周辺海域(資料写真)

 国の文化審議会文化財分科会(西原鈴子会長)は19日、国指定名勝の東平安名崎に、パナリ岩礁を含む周辺海域を追加指定するよう高木義明文部科学相に答申した。近く答申通り指定される見通し。

(全文を表示…)

2010年11月20日(土) 09:00 [政治・行政]

大規模な建築物に規制/市景観計画案を最終確認

条例制定来年度施行目指す


景観計画案を確認した委員会=19日、下地農村環境改善センター

景観計画案を確認した委員会=19日、下地農村環境改善センター

 宮古島市景観計画策定検討委員会(委員長・池田孝之琉大教授)の最終回が19日開かれ、同計画案を確認した。案は良好な景観づくりのために、建物の高さや築造面積が一定の基準を超える大規模な建物の建設に規制を設けた。市は同計画に基づいて条例を制定し、来年4月の施行を目指す。

(全文を表示…)

2010年11月20日(土) 09:00 [政治・行政]

諮問施設すべてを認定/市地下水審議会

協議結果を答申


長濱副市長(左)に審議結果を答申する下地会長=19日、市役所平良庁舎

長濱副市長(左)に審議結果を答申する下地会長=19日、市役所平良庁舎

 宮古島市地下水審議会(下地義治会長)は19日、下地敏彦市長から諮問を受けていた市内14施設の特定対象事業場認定について、いずれも認定することが妥当とする審査結果を答申した。

(全文を表示…)

2010年11月19日(金) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

「県営運動公園の早期整備を」/市体協が市長に要請

下地市長に県営総合運動公園の早期整備について要請する久貝会長(左)=18日、市長室

下地市長に県営総合運動公園の早期整備について要請する久貝会長(左)=18日、市長室

 宮古島市体育協会の久貝順一会長は18日、下地敏彦市長に県営総合運動公園の早期整備を文書で要請した。下地市長は「私の公約でもあり、県に対しても要望してある。要請は後押しになる。頑張ってやっていく」と前向きに答えた。

(全文を表示…)

2010年11月18日(木) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

砲弾360発を爆破処理/日本製未使用爆弾

きょう18日は250㌔予定


同日2回目の爆破処理では約50㍍の水柱が上がった。後方は伊良部島=17日、平良港

同日2回目の爆破処理では約50㍍の水柱が上がった。後方は伊良部島=17日、平良港

 平良港湾(下崎地区)内で発見された日本製未使用爆弾の海中爆破処理が17日午前、2回に分けて行われた。3インチ砲弾360発、約6・1㌧が無事処理され午前11時20分に対策本部を一時閉鎖した。

(全文を表示…)

2010年11月15日(月) 09:00 [政治・行政]

仲井真氏、離島振興に全力/県知事選

支持者ら再選へ気勢/宮古支部が総決起大会

再選へ向けガンバロウ三唱で気勢を上げる参加者たち=14日夜、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

再選へ向けガンバロウ三唱で気勢を上げる参加者たち=14日夜、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 28日に投開票が行われる県知事選に立候補している無所属で現職の仲井真弘多氏(71)=自民県連、公明、みんなの党推薦=の後援会・美ら島沖縄県民の会宮古連合支部(支部長・下地敏彦市長)の総決起大会が14日夜、JAおきなわ宮古地区本部大ホールで開かれた。仲井真氏は「離島の振興なくして沖縄の発展はない」と離島振興に積極的に取り組む考えを示し、支援を訴えた。最後は全員によるガンバロウ三唱で再選への思いを一つにした。

(全文を表示…)

2010年11月13日(土) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

宮古から12人を表彰/県民生委員児童委員大会

大会宣言を採択

宮古島市から大会に出席し、表彰を受けた受賞者=12日、宜野湾市、沖縄コンベンションセンター

宮古島市から大会に出席し、表彰を受けた受賞者=12日、宜野湾市、沖縄コンベンションセンター

 【那覇支社】第27回県民生委員児童委員大会(主催・同協議会)が12日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開催された。「広げよう地域に根ざした思いやり」をテーマに県内各市町村で活動する民生委員児童委員の貢献をたたえ表彰式を行った。宮古島市から12人が表彰された。

(全文を表示…)

2010年11月13日(土) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

期日前投票始まる/初日、市135人、多良間4人

城辺など旧町村は22日から

期日前投票を行う親子連れ=12日、市役所平良庁舎1階ロビー

期日前投票を行う親子連れ=12日、市役所平良庁舎1階ロビー

 11日に告示された県知事選の期日前投票が12日から始まった。宮古島市では市役所平良庁舎で行われ、初日は135人(男性79人、女性56人)、多良間村役場では4人(男性1人、女性3人)がそれぞれ投票した。22日からは城辺など旧町村4カ所でも期日前投票が始まる。

(全文を表示…)

2010年11月13日(土) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

「就活」支援に100人/県主催合同就職説明・面接会

企業説明に真剣表情

会場には多くの求職者が訪れ、出展企業の雇用内容の説明を受けた=12日、JAおきなわ宮古地区本部

会場には多くの求職者が訪れ、出展企業の雇用内容の説明を受けた=12日、JAおきなわ宮古地区本部

 県主催の就職促進事業「合同就職説明会・面接会」が12日、JAおきなわ宮古地区本部で開催された。会場には多くの求職者が訪れ、参加した企業の雇用内容についての説明に真剣な表情で聞き入ってた。

(全文を表示…)

2010年11月12日(金) 09:00 [政治・行政]

仲井真、伊波、金城氏が立候補/11月28日投開票

知事選告示、選挙戦突入


仲井真弘多氏

仲井真弘多氏

 【那覇支社】任期満了に伴う第11回県知事選挙が11日、告示され17日間の選挙戦に突入した。投開票は28日。立候補したのは届け出順に、現職で2期目の再選を目指す仲井真弘多氏(71)=無・自民県連、公明推薦=、前宜野湾市長の伊波洋一氏(58)=無・社民、共産、社大推薦=、今夏の参院選沖縄選挙区で出馬した金城竜郎氏(46)=幸福実現公認=の3氏。各陣営は那覇市内で出陣式・出発式に臨み、勝利を誓って気勢を上げた。米軍普天間飛行場移設問題、沖縄振興特別措置法終了後の振興策のあり方などが各候補者に問われる。

(全文を表示…)

2010年11月11日(木) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

県知事選、きょう告示/仲井真、伊波、金城、永井氏届出へ

 【那覇支社】任期満了に伴う第11回県知事選挙は、きょう11日、告示され、28日に投開票が行われる。10日までに出馬を表明したのは、現職で再選を目指す仲井真弘多氏(71)=無所属・自民県連、公明推薦=、前宜野湾市長の伊波洋一氏(58)=無所属・社民、共産、社大推薦=、幸福実現党県本代表代行の金城竜郎氏(46)、元琉球大学工学部教授の永井獏氏(66)=無所属=の4人。今知事選は米軍普天間飛行場移設問題や、2012年3月末で満了する沖縄振興特別措置法に替わる振興策のあり方などが最大の焦点。振計後の未来を託す知事選は17日間の決戦の火ぶたを切る。

(全文を表示…)

2010年11月11日(木) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

市、4900万円返還へ/不適正支出問題

独自の判断で補助金流用


不適正経理と指摘された補助金の返還を決め会見する下地敏彦市長(右)=11日、市役所平良庁舎

不適正経理と指摘された補助金の返還を決め会見する下地敏彦市長(右)=11日、市役所平良庁舎

 会計検査院の決算検査報告で、2003~08年度の国庫補助事業事務費の不適正支出を指摘された宮古島市の下地敏彦市長は10日午前、市役所平良庁舎で会見を開き、不適正金額4947万円(うち国庫補助金相当額3373万円)を請求に応じて全額返還する方針を示した。市は検査対象期間に独自の判断で補助金を流用し、別の事業で支出してきたことを認めた。下地市長は「今後は法令を順守して補助金を支出していきたい」と述べた。

(全文を表示…)

2010年11月11日(木) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 産業・経済]

半生モズクなど全国販売へ/宮古島LLP

今年度1000万円売上計画


今後の物産交流で握手を交わす下地市長(左)と静岡県藤枝市の北村正平市長=10日、市役所平良庁舎

今後の物産交流で握手を交わす下地市長(左)と静岡県藤枝市の北村正平市長=10日、市役所平良庁舎

 宮古島有限責任事業組合(宮古島LLP)の商品「半生モズク」・「グリーンモズク」が、静岡県藤枝市の西光エンジニアリング(岡村邦康社長)を拠点に同県や大阪府、北海道などで販売するめどが立ったことを受け、同市の北村正平市長、岡村社長、宮古島漁協の小禄貴英組合長らが10日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を表敬訪問した。北村市長は「モズク商品を契機に宮古島市と物産交流したい」と述べた。これに対し、下地市長は「良いことだ。今後物産交流を深めたい」と意欲を示した。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成30年9月1日現在

    宮古島市 54,132 人
    27,095 人
    27,037 人
    世帯数 26,730 軒
    多良間村 1,172 人
    628 人
    544 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2010年11月
    « 10月   12月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2