「産業・経済」 2010年11月のニュース一覧

2010年11月30日(火) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

12年度から不足見込む/市の収支試算

財政状況の厳しさ浮き彫り


 市財政課はこのほど、2010年度から15年度までの財政収支の見通しを発表した。同課では国からの地方交付税が年3%ずつ削減されると見込んでいて、集中改革プランに従った行政改革を推し進めても、12年度から単年度収支で収支不足が発生すると試算。合併による特例算定されている交付税約35億円が段階的に削減される16年度までに約45億円の積立金が必要としているが、現時点では10億円弱にとどまるなど、市の財政状況の厳しさが浮き彫りとなった。

(全文を表示…)

2010年11月30日(火) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

子牛生産にまい進/和牛改良組合

結成30年の節目祝う


さらなる発展を祈願して万歳三唱を行う組合員ら=29日、JAおきなわ宮古地区本部情報管理センター

さらなる発展を祈願して万歳三唱を行う組合員ら=29日、JAおきなわ宮古地区本部情報管理センター

 宮古和牛改良組合の結成30周年記念式典が29日、JAおきなわ宮古地区本部情報管理センターで開かれた。組合員らが参加し節目を祝うとともに、肉用子牛の拠点産地として購買者ニーズに応えた子牛生産にまい進していくことを確認した。平良一夫組合長は「関係機関と一体となって、宮古のブランド牛の確立に取り組んでいく」と決意を示し結束を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2010年11月27日(土) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済, 社会・全般]

作文、絵はがき入賞者を表彰/税を考えるつどい

功労者には感謝状


感謝状、表彰の受賞者と関係者たち=26日、ホテル共和

感謝状、表彰の受賞者と関係者たち=26日、ホテル共和

 2010年度税を考えるつどい(主催・税を考える宮古島連絡会)が26日、市内のホテルで開かれ、功労者への感謝状贈呈と税に関する絵はがきコンクールと作文の表彰、講演会などが行われた。作文表彰では優秀作品に選ばれた高校生4人と中学生9人に賞状が贈られたほか、講演では沖縄国税事務所の吉田孝史次長が税務行政について説明した。

(全文を表示…)

2010年11月27日(土) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

12月6日から操業/宮糖伊良部工場

安全祈願行う


宮古製糖伊良部工場の煙突が見える聖地で、安全祈願は行われた=26日、伊良部南区の乗瀬御嶽

宮古製糖伊良部工場の煙突が見える聖地で、安全祈願は行われた=26日、伊良部南区の乗瀬御嶽

 宮古製糖伊良部工場(渡久山和男工場長)の2010~11年産のサトウキビ操業開始が12月6日に決まり、工場関係者と住民らが26日、同工場近くの乗瀬御嶽で安全祈願を行った。宮古製糖の安村勇社長は「安全が第一。これからの冷え込みで、甘蔗糖度の上昇に期待する」と述べた。

(全文を表示…)

2010年11月27日(土) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

島の特産物求めにぎわう/離島フェア開幕

宮古から27店が特設展示


会場を訪れた下地市長(左から2番目)と下地議長(左)は宮古、多良間の展示即売コーナーをつぶさに見て回り出展者らを激励した=26日、那覇市奥武山

会場を訪れた下地市長(左から2番目)と下地議長(左)は宮古、多良間の展示即売コーナーをつぶさに見て回り出展者らを激励した=26日、那覇市奥武山

 【那覇支社】~集まれ・触れ合え・味わおう 離島ファン~をキャッチフレーズに離島フェア2010(主催・同実行委員会)が26日、開幕した。県内18の離島市町村が一堂に会し、島々の特産品の展示即売や各種イベントで毎年、盛況を博す同フェアは今回、宮古、多良間から27業者が特設展示ブースで出展し、開幕初日から多くの買い物客でにぎわった。今年から那覇市奥武山の沖縄セルラーパークに会場を移した同催しは28日まで続く。

(全文を表示…)

2010年11月26日(金) 09:00 [政治・行政, 産業・経済, 社会・全般]

TPP不参加で連携を/JA中央会

小那覇会長ら市長に要請


TPP関連の要請をする小那覇安優会長(左から2人目)=25日、市役所平良庁舎

TPP関連の要請をする小那覇安優会長(左から2人目)=25日、市役所平良庁舎

 JA沖縄中央会の小那覇安優会長らは25日午前、宮古島市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、環太平洋連携協定(TPP)に関する要請を行った。小那覇会長は「(TPP交渉参加で)沖縄の農業は根底から崩れる。どんなことがあっても阻止しなければならない」と訴えた。下地市長も同調し、「一緒にやっていきたい」と述べた。

(全文を表示…)

2010年11月26日(金) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

駆け込み需要ピーク/家電エコポイント 

来月から半減


品定めをする客でにぎわっているテレビコーナー=25日、市内の家電販売店

品定めをする客でにぎわっているテレビコーナー=25日、市内の家電販売店

 家電エコポイントが12月から約半分に減るのを前に、駆け込み客が急増している。ピークは今週末になるとみている。テレビの売れ行きが、特に好調だ。エコポイントの対象製品は、省エネラベル4つ星以上の地上デジタル対応テレビや、冷蔵庫、エアコンなどのグリーン家電。

(全文を表示…)

2010年11月25日(木) 09:00 [環境・エコ, 産業・経済]

省エネ意識の向上を/低炭素社会構築委

電気自動車の普及も提言


委員らがコメントを述べた委員会=24日、市中央公民館

委員らがコメントを述べた委員会=24日、市中央公民館

 島嶼型低炭素社会システム構築委員会(委員長・横山隆一早稲田大学院教授)の第3回委員会が24日、市中央公民館で開かれた。前回に続いて行われた意見交換で委員らは「家庭での電力やガスの節約意識が重要」「電気自動車やハイブリット車の普及が時代の流れ」などとコメント。

 中間まとめはエネルギー消費の「見える化」を通じた市民の省エネ意識の向上が必要などと、方向を示した。最終取りまとめは、来年2月ごろを予定している。

(全文を表示…)

2010年11月25日(木) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

川満さんが総理大臣賞/農林水産祭

キビ農家では初の快挙


妻ヨシさんとともに総理大臣賞受賞の報告を行った川満さん(前列中央)=24日、県庁副知事応接室

妻ヨシさんとともに総理大臣賞受賞の報告を行った川満さん(前列中央)=24日、県庁副知事応接室

 【那覇支社】2010年度農林水産祭で、川満長英さん(宮古島市上野)が県内サトウキビ農家では初の内閣総理大臣賞を受賞し24日、妻ヨシさんを伴って県庁に安里カツ子副知事を訪れ、受賞の報告を行った。川満さんは09年産サトウキビで夏植えの反収21・5㌧、糖度16・4度を記録し、県サトウキビ競作会でトップの成績を収めていた。川満さんの快挙に安里副知事、比嘉俊昭県農水部長らは称賛の言葉を贈り受賞を喜んだ。

(全文を表示…)

2010年11月21日(日) 09:00 [イベント, 地域・暮らし, 産業・経済]

「ソデイカあぶらみそ」人気/宮総実の加工品販売

目当ての品求めどっと


目当ての品を求め市民らがどっと訪れた=20日、宮古島漁協直売店

目当ての品を求め市民らがどっと訪れた=20日、宮古島漁協直売店

 宮古総合実業高校の食品科学科は20日、延期された宮古の産業まつりでの販売を予定していた海産物加工品を、急きょ宮古島漁協直売店で販売した。販売したのは漁協、県、市と共同開発した新商品。「ソデイカあぶらみそ」は、準備したものがすぐに売り切れる人気ぶりだった。実習開発品の販売は、きょう21日も午前11時から行われ、売り切れ次第終了する。

(全文を表示…)

2010年11月19日(金) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

33万2400㌧見込む/10-11年産サトウキビ

前年同時期比4500㌧増

4年連続生産量30万㌧台が確実となった10~11年産サトウキビ=18日、下地川満地区

4年連続生産量30万㌧台が確実となった10~11年産サトウキビ=18日、下地川満地区

 宮古島市や製糖工場は18日までに、2010~11年産サトウキビの生産見込み量をまとめた。多良間村を含めた宮古地区全体の生産量は33万2401㌧を見込み、前年同時期の調査と比較して4543㌧の増産。4年連続30万㌧台の達成は確実となった。株出し、春植えの普及による収穫面積の拡大が増産の主な要因。品質面は、台風の影響を受けたことから現時点では前期より下がる見通し。

(全文を表示…)

2010年11月19日(金) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

害虫防止に被覆資材を/農研センター発表会

マンゴー栽培で宮城さん報告

研究成果の発表に多くの農業関係者が関心を寄せた=18日、農業研究センター宮古島支所

研究成果の発表に多くの農業関係者が関心を寄せた=18日、農業研究センター宮古島支所

 農業研究センター宮古島支所の移転30周年を記念する成果発表会が18日午後、同所で行われた。研究員の宮城聡子さんは、マンゴーの害虫チャノキイロアザミウマに関する研究成果を発表。「被覆資材の利用はチャノキイロアザミウマの侵入防止に効果的であり、目合いが小さいほど効果は高い」と強調した。

(全文を表示…)

2010年11月17日(水) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

12月初旬の操業開始を/宮糖伊良部工場

期限切れ回避で要請/収穫作業委託助成


川満会長(左手前3人目)から安村社長に要請書が手渡された=12日、宮古製糖

川満会長(左手前3人目)から安村社長に要請書が手渡された=12日、宮古製糖

 伊良部さとうきび糖業振興会(川満恵栄会長)と同さとうきび生産組合(渡久山毅組合長)は16日、宮古製糖に安村勇社長を訪ね、2010-11年期産キビの収穫が3月末までに終了するよう伊良部工場の早期操業開始(12月初旬)を要請した。

(全文を表示…)

2010年11月16日(火) 09:00 [産業・経済]

応援ファンドの活用を/県産業公社が事業説明

 県産業振興公社は「OKINAWA型産業応援ファンド事業」の2011年度公募説明会を15日、県宮古事務所会議室で開いた。

(全文を表示…)

2010年11月16日(火) 09:00 [産業・経済]

累積赤字9500万円に/コーラル社株主総会

会長に砂川佳一氏再任

第12期の事業方針などを承認した定時株主総会=15日、平良港ターミナルビル

第12期の事業方針などを承認した定時株主総会=15日、平良港ターミナルビル

 第3セクターのコーラル・ベジタブル社の2010年度定時株主総会が15日午前、平良港ターミナルビルで開かれた。第11期事業の決算で単年度1800万円の赤字を計上、累積赤字が9500万円に膨らんだことが報告され厳しい経営実態が浮き彫りとなった。代表取締役に再任された砂川佳一会長は「今は荒波だが行く末は晴れ晴れとしている。宮古にとって存在価値のある会社にすることを誓う」と述べた。

(全文を表示…)

2010年11月13日(土) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

「きたろう1」号など優等賞/城辺、上野支部で子牛共進会

共進会では出品された子牛を丁寧に審査した=12日、JAおきなわ家畜市場

共進会では出品された子牛を丁寧に審査した=12日、JAおきなわ家畜市場

 宮古和牛改良組合の城辺支部と上野支部は12日、12月期子牛共進会をJAおきなわ宮古家畜市場で開いた。


 午前10時から行われた城辺支部では砂川博一さん所有の「きたろう1」号、午後2時から行われた上野支部からは友利玲子さん所有の「みどり」号などがそれぞれ優等賞を受賞した。両支部の上位入賞牛は来月2日の地区共進会に出品される。


 開会式で県宮古家畜衛生保健所の慶留間智厚所長が「9月に宮古牛が商標登録申請され、今年度中には新ブランドとして誕生する予定。子牛生産地としてだけではなく、おいしく高品質な畜産物を供給できるよう生産農家、関係機関一丸となって頑張ろう」と激励のあいさつをした。


 審査の結果は次の通り。(敬称略)
 ▼城辺支部
 【第1類】優等賞=砂川博一(上区)きたろう1号▽一等一席=新里吉三(長南)さんこ号
 【第2類】優等賞=伊波広次郞(長中)かつひら号▽一等一席=石垣精一(長南)みさき号▽一等二席=友利盛義(友利)ともこ号▽二等一席=西里恵俊(西東)ともこ号▽二等二席=新城哲夫(同)はるえ号▽二等三席=砂川寛信(保良)はるか号
 【第3類】優等賞=下地実雄(下南)みどり号▽一等一席=下地畜産(上区)かえら号▽一等二席=新城淳(新城)ゆりこ号▽二等一席=西里恵俊(西東)ゆうこ号▽二等二席=池原盛吉(上区)えりか号▽二等三席=西里恵俊(西東)ゆりこ号
 【第4類】優等賞=下地盛純(福北)まつこ号▽一等一席=古謝弘(長南)せいこ号▽一等二席=下地実雄(下南)りょうこ号▽二等一席=松原広幸(吉田)まるこ号▽二等二席=砂川広海(保良)ひとみ号▽二等三席=仲間好造(長南)たみこ号
 【第5類】優等賞=国吉玄良(長南)よしこ号▽一等一席=下地畜産(上区)さあや号▽一等二席=砂川ハツ(吉田)はるな号
 【第6類】優等賞=勝連一佳(下南)よしこ号▽一等一席=平良恒(保良)まいこ号


 ▼上野支部
 【第1類】優等賞=友利玲子(千代田)みどり号▽一等一席=下地弘晃(名加山)まろん号▽一等二席=狩俣栄作(高田)かおり号▽二等一席=大海(大嶺)たいかいねね号▽二等二席=砂川芳一(上野)じゅんこ号▽二等三席=与那覇勝利(野原)かつこ号
 【第2類】優等賞=新里一志(新里)きくよ号▽一等一席=友利玲子(千代田)なおこ号▽一等二席=勝連秀一(新里)かつみ号▽二等一席=大海(大嶺)たいかいひろ号▽富盛豊正(名加山)はるこ号▽砂川栄市(同)いつき号
 【第3類】優等賞=新里仁栄(新里)ゆきしげ号▽一等一席=大海(大嶺)たいかいよしこ号▽一等二席=渡真利弓子(新里)すずこ号▽二等一席=上原栄市(豊原)きよみ号▽二等二席=与那覇誠亮(上野)かよこ号▽二等三席=与那覇勝利(野原)つぶら号
 【第4類】優等賞=与那覇勝利(野原)ほのか号▽一等一席=狩俣栄助(高田)よしこ号▽一等二席=与那覇勝利(野原)まちこ号▽二等一席=新里仁栄(新里)ふくさかえ号▽二等二席=大海(大嶺)たいかいみな号▽二等三席=大海(同)たいかいすみ号
 【第5類】優等賞=前里恵春(豊原)ただひら号▽一等一席=砂川栄市(名加山)あや号
 【第6類】優等賞=勝連秀樹(新里)ふくひで号▽一等一席=新里仁栄(新里)つらら号

2010年11月12日(金) 09:00 [環境・エコ, 産業・経済]

城辺メガソーラに注目/地方対日投資会議in宮古島

再生可能エネ全量買取へ

将来の太陽光発電などについて聞き入る参加者ら=11日、ホテルアトールエメラルド宮古島市

将来の太陽光発電などについて聞き入る参加者ら=11日、ホテルアトールエメラルド宮古島市

 対日直接投資や太陽光発電の未来を考える「第22回地方対日投資会議in宮古島」(主催・内閣府、共催・県、市、日本貿易振興機構)が11日、市内のホテルで開かれた。将来の対日直接投資や太陽光発電に詳しい専門家らがそれぞれの立場から紹介した。このうちグリーンニューディールのアドバイザー、増山寿一さんは「太陽光発電など再生可能エネルギーの全量買取制度が、来年4月か再来年4月以降に実施される」と述べ、国が城辺で実証実験研究を進めている国内最大級のメガソーラーに注目した。

(全文を表示…)

2010年11月12日(金) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化, 産業・経済, 社会・全般]

「税を考える週間」スタート/宮古島税務署

「まもる君」が週間税務署長に

税を考える週間の週間税務署長として「宮古島まもる君」が辞令を受けた=11日、宮古島税務署

税を考える週間の週間税務署長として「宮古島まもる君」が辞令を受けた=11日、宮古島税務署

 2010年度の「税を考える週間」が11日にスタートした。17日まで。宮古島税務署(大塚一長署長)では初日の11日、同署玄関前で宮古島地区交通安全協会のキャラクター「宮古島まもる君」に対し、週間税務署長の辞令を交付した。

(全文を表示…)

2010年11月12日(金) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化, 産業・経済]

教育長にマンガ本贈呈/沖縄宮古法人会青年部会、婦人部会

花の苗木も市民に配布

マンガ本贈呈・川上教育長(左から2人目)にマンガ本を贈呈した同部会の友利部会長(同3人目)と湧川部会長(同4人目)=11日、市役所城辺庁舎

マンガ本贈呈・川上教育長(左から2人目)にマンガ本を贈呈した同部会の友利部会長(同3人目)と湧川部会長(同4人目)=11日、市役所城辺庁舎

 沖縄宮古法人会青年部会の湧川弘範部会長と婦人部会の友利ヒロ子部会長ら5人が11日、市役所城辺庁舎に川上哲也教育長を訪ね、税の啓発用マンガ本「税って何だ?」1250冊を贈呈した。対象は小学校5、6年生。多良間村には50部別送した。

(全文を表示…)

2010年11月11日(木) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 産業・経済]

半生モズクなど全国販売へ/宮古島LLP

今年度1000万円売上計画


今後の物産交流で握手を交わす下地市長(左)と静岡県藤枝市の北村正平市長=10日、市役所平良庁舎

今後の物産交流で握手を交わす下地市長(左)と静岡県藤枝市の北村正平市長=10日、市役所平良庁舎

 宮古島有限責任事業組合(宮古島LLP)の商品「半生モズク」・「グリーンモズク」が、静岡県藤枝市の西光エンジニアリング(岡村邦康社長)を拠点に同県や大阪府、北海道などで販売するめどが立ったことを受け、同市の北村正平市長、岡村社長、宮古島漁協の小禄貴英組合長らが10日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を表敬訪問した。北村市長は「モズク商品を契機に宮古島市と物産交流したい」と述べた。これに対し、下地市長は「良いことだ。今後物産交流を深めたい」と意欲を示した。

(全文を表示…)

2010年11月3日(水) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 産業・経済, 社会・全般]

市の2団体5個人表彰/県農業改良普及事業60周年記念

農家育成に尽力

県内の農業改良普及事業に貢献した団体と個人を表彰した記念式典=2日、那覇市、ホテル日航那覇グランドキャッスル

県内の農業改良普及事業に貢献した団体と個人を表彰した記念式典=2日、那覇市、ホテル日航那覇グランドキャッスル

 【那覇支社】県農業改良普及事業60周年記念事業(主催・同実行委員会)の記念式典が2日、那覇市内のホテルで催され、県内の農業改良普及事業に貢献した団体と個人を表彰した。宮古島市からは宮古地区農林漁業士会(砂川寛裕会長)と県農業機械士協議会宮古支部(宮國明雄支部長)の2団体と5個人に対し、県知事表彰などを贈呈した。

(全文を表示…)

2010年11月2日(火) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

損失補償など合同要請/宮古、八重山漁協

県に支援策求める

宮古、八重山漁協関係者が県に対し、信用事業譲渡不足資金の損失補償支援などを要請した=1日、県庁副知事応接室

宮古、八重山漁協関係者が県に対し、信用事業譲渡不足資金の損失補償支援などを要請した=1日、県庁副知事応接室

 【那覇支社】宮古島漁業協同組合(小禄貴英組合長)と八重山漁業協同組合(上原亀一組合長)ら先島地区の漁協関係団体は1日、県庁に上原良幸副知事を訪ね、同漁協が県信漁連へ信用事業を譲渡する際に借り入れた「信用事業譲渡不足金」の損失補償と利子助成について、県の支援などを講じるよう要請した。下地敏彦宮古島市長、川満栄長竹富町長ら同地区漁協の所在する首長も同行し県の支援を求めた。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2010年11月
    « 10月   12月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2