2010年11月のニュース一覧

2010年11月18日(木) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

北小新校舎が完成/太陽光発電設備など完備

このほど完成した北小の新校舎

このほど完成した北小の新校舎

 北小学校(冝保定和校長)の新校舎がこのほど完成した。白を基調とした校舎が、街並みと調和している。校舎の内装は床、壁ともに板張り。落成式は月5日を予定している。

(全文を表示…)

2010年11月18日(木) 09:00 [イベント, 地域・暮らし]

クイチャーフェス開催へ/産業まつりと同時

21日に熱帯植物園


市熱帯植物園での開催を発表する実行委員長の下地さん(中央)と粟國和伸事務局長(右)。左は産業まつり実行委員会の砂川幹事長=17日、宮古島商工会議所

市熱帯植物園での開催を発表する実行委員長の下地さん(中央)と粟國和伸事務局長(右)。左は産業まつり実行委員会の砂川幹事長=17日、宮古島商工会議所

 第9回クイチャーフェスティバル2010(主催・同実行委員会)が21日、宮古の産業まつり会場の市熱帯植物園で開かれることが決まった。悪天候や他のイベントとの日程が重なるなどして今年は中止と発表されたが、市民や参加団体などから開催を求める声が上がっていた。

(全文を表示…)

2010年11月18日(木) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

「中学校は将来的に統合」/学校規模適正化検討委

「小学校は地域に存続」大半


中学校の統合などについて意見を交わす委員会=17日、市中央公民館

中学校の統合などについて意見を交わす委員会=17日、市中央公民館

 第4回宮古島市学校規模適正化検討委員会(委員長・川上哲也教育長)が17日、市中央公民館で開かれた。保護者らへのアンケート結果や規模適正化のたたき台が示された前回の委員会での検討事項などを踏まえ、意見を交わした結果、「中学校は将来的に統合、小学校は地域に存続させる」との意見が大半を占めた。

(全文を表示…)

2010年11月18日(木) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

領海侵犯、再発防止を/尖閣海域

要望書、全会一致で可決/県離島振興協議会総会


 【那覇支社】県内の離島市町村で構成する県離島振興協議会(会長・外間守吉与那国町長)の定期総会が17日、那覇市の自治会館で開かれ、「尖閣諸島海域における中国漁船領海侵犯に関する要望書」を採択し、全会一致で可決した。県市長会、町村長会と連携し、菅直人総理大臣、関係各大臣、各政党あて要請を行う予定。

(全文を表示…)

2010年11月17日(水) 22:50 [がんずううやき]

奥濱幸雄さん(81歳)(伊良部字佐和田)

「3人の医師」が誇り

奥濱幸雄さん(81歳)

奥濱幸雄さん(81歳)

 「長男が医学博士号を持つ外科医、長女が歯科医、孫が眼科医。3人の医師は誇り。また高校生の孫2人が医師を目指して勉強しており、応援して夢を実現させたい」と誇らしげに語った。

(全文を表示…)

2010年11月17日(水) 22:45 [お母さんと一緒]

親子でトライアスロンに/おかあさんといっしょ

▽和田京花(きょうか)ちゃん(5つ)一鉄(いってつ)くん(1つ)
▽お母さん・裕美子さん

和田京花(きょうか)ちゃん(5つ)一鉄(いってつ)くん(1つ)お母さん・裕美子さん

和田京花(きょうか)ちゃん(5つ)一鉄(いってつ)くん(1つ)お母さん・裕美子さん

 以前5年間住んでいた宮古島が好きで、今年の4月に帰ってきた和田家。
 ストロングマンの父の影響で、走るのが大好きな京花ちゃんは、将来は弟と三人でトライアスロンに出るのが夢。「家族の中で一番になるぞ!」と、元気いっぱいだ。

(全文を表示…)

2010年11月17日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

3年ぶりに100件突破/酒気帯び運転検挙

昼間の検挙数増加/宮古島署管内


酒気帯び運転検挙が100件を超えた宮古島署管内。今年は昼間の検挙数も多くなっている(資料写真)

酒気帯び運転検挙が100件を超えた宮古島署管内。今年は昼間の検挙数も多くなっている(資料写真)

 宮古島警察署管内の酒気帯び運転の検挙数が今月14日に100件を超えた。近年、減少傾向で推移していたが今年は急増し、2007年以来3年ぶりに100件を超えた。後を絶たない酒気帯び運転に同署ではこれから年末年始に向け、取り締まりを強化していくとしている。

(全文を表示…)

2010年11月17日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

路上寝・10月末で569件/宮古島署管内

前年比51件減、注意喚起へ


同署では路上寝の危険性と節度ある飲酒を呼び掛けるパネル展を市役所などで行っている(資料写真)

同署では路上寝の危険性と節度ある飲酒を呼び掛けるパネル展を市役所などで行っている(資料写真)

 宮古島警察署管内における10月末現在の路上寝の110番通報は569件で前年同期の620件に比べ51件減少している。同署は「前年比でマイナスに転じているが、いまだ大幅に減少したとは言い難い。これから年末年始に向け、忘年会や新年会で飲酒機会が増える。交通事故や盗難被害にもつながる路上寝の危険性を十分に認識してほしい」と呼び掛けた。

(全文を表示…)

2010年11月17日(水) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

宮島小で稲の収穫祭/児童らもち作りを体験

母親たちの手ほどきを受けながらもちを作る子どもたち=16日、宮島小学校

母親たちの手ほどきを受けながらもちを作る子どもたち=16日、宮島小学校

 宮島小学校(平良隆校長)で16日、児童たちが栽培した稲の収穫祭があった。今年収穫した米は66㌔。地域の先輩や母親たちと一緒にもちを作り、収穫の喜びを味わった。

(全文を表示…)

2010年11月17日(水) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

宮古高校生物部が最優秀賞/崇城大学エコデザビオトープコン

多種共存を目指す設計


森山准教授(左)から賞状と記念品が西里君に手渡された=16日、宮古高校

森山准教授(左)から賞状と記念品が西里君に手渡された=16日、宮古高校

 崇城大学主催のエコデザインプロジェクトビオトープコンテスト部門で宮古高校生物部が作成した設計が最優秀賞を受賞した。同大学の森山聡之准教授が16日、同校を訪れ生物部員に賞状と記念品を授与した。森山准教授は「このプロジェクトは初めての試みで、宮古高校の発表内容は素晴らしい内容であり、提案だった。審査した学生たちも同じ感想を持っていた」と絶賛した。

(全文を表示…)

2010年11月17日(水) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

12月初旬の操業開始を/宮糖伊良部工場

期限切れ回避で要請/収穫作業委託助成


川満会長(左手前3人目)から安村社長に要請書が手渡された=12日、宮古製糖

川満会長(左手前3人目)から安村社長に要請書が手渡された=12日、宮古製糖

 伊良部さとうきび糖業振興会(川満恵栄会長)と同さとうきび生産組合(渡久山毅組合長)は16日、宮古製糖に安村勇社長を訪ね、2010-11年期産キビの収穫が3月末までに終了するよう伊良部工場の早期操業開始(12月初旬)を要請した。

(全文を表示…)

2010年11月17日(水) 09:00 [地域・暮らし]

最新システムを導入/宮古ボウリングセンター

レーンなど施設を全面改装/新装オープン祝う


新しいレーンで投げ始めをする参加者たち=16日、宮古ボウリングセンター

新しいレーンで投げ始めをする参加者たち=16日、宮古ボウリングセンター

 建物内部の全面改装とコンピューターシステム入れ替え工事を行っていた宮古ボウリングセンター(平良恵一社長)が16日午後4時、リニューアルオープンした。営業再開を前にオープニングセレモニーが行われ、出席した関係者らが乾杯やボールの投げ始めなどを行い、新装オープンを祝った。

(全文を表示…)

2010年11月16日(火) 23:00 [行雲流水]

『ちょっとまてよ』(行雲流水)

 「日本人は勢いの赴くままに一気呵成に流れてしまうことがあるから、『ちょっとまてよ』と立ち止まってみることが大事だ」。これはある大物政治家の残した遺言とも言えることばである。最近の世相を見ると、そのことがうなずける

(全文を表示…)

2010年11月16日(火) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

総勢170人、三味線で魅了/宮古民謡保存協会主催

宮古民謡の夕べ盛況


レベルの高い歌・三味線を披露する役員ら=14日、マティダ市民劇場

レベルの高い歌・三味線を披露する役員ら=14日、マティダ市民劇場

 「揃い響まし 美ぎ島ぬ綾語」をテーマに宮古民謡保存協会(波平重夫会長)主催の第15回宮古民謡の夕べが14日、マティダ市民劇場で行われた。総勢約170人が出演。レベルの高い歌、三味線などを披露し、観客を魅了した。

(全文を表示…)

2010年11月16日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

消防活動に協力/市消防本部が感謝状贈る

消火活動で仲村さんら

砂川消防長(後方右から2人目)から感謝状が贈られた関係者ら=15日、市消防本部伊良部出張所

砂川消防長(後方右から2人目)から感謝状が贈られた関係者ら=15日、市消防本部伊良部出張所

 市消防本部の砂川享一消防長は15日、佐良浜で初期消火・消火活動に協力した池間添自治会長の仲村淳さん(66)ら12人に感謝状と楯を贈った。

(全文を表示…)

2010年11月16日(火) 09:00 [産業・経済]

応援ファンドの活用を/県産業公社が事業説明

 県産業振興公社は「OKINAWA型産業応援ファンド事業」の2011年度公募説明会を15日、県宮古事務所会議室で開いた。

(全文を表示…)

2010年11月16日(火) 09:00 [地域・暮らし]

知念六段が第2期名人/第一ホテル杯宮古囲碁名人戦

決定戦で池間六段破る


優勝杯を手に喜びの知念六段=14日、こすみ囲碁教室

優勝杯を手に喜びの知念六段=14日、こすみ囲碁教室

 8人が総当たりした宮古第一ホテル杯第2期宮古囲碁名人戦(主催・日本棋院平良支部、協賛・宮古第一ホテル、後援・宮古毎日新聞社)の決勝リーグは14日終了し、知念一将六段が初優勝した。プレーオフで池間博美六段を破った。知念六段(6勝1敗)、池間六段(同)、野原常彰六段(4勝3敗)、知念正夫六段(同)の上位4人は、リーグ残留を決めた。

(全文を表示…)

2010年11月16日(火) 09:00 [地域・暮らし]

健やかな成長祈る/七五三

 親子連れでにぎわう/宮古神社


七五三で宮古神社を訪れた伊良部さんの家族。中央が成哉君=15日、宮古神社

七五三で宮古神社を訪れた伊良部さんの家族。中央が成哉君=15日、宮古神社

 七五三で15日、宮古神社には多くの親子連れが訪れて、3歳、5歳、7歳を迎えた子どもの成長を祈願した。

(全文を表示…)

2010年11月16日(火) 09:00 [産業・経済]

累積赤字9500万円に/コーラル社株主総会

会長に砂川佳一氏再任

第12期の事業方針などを承認した定時株主総会=15日、平良港ターミナルビル

第12期の事業方針などを承認した定時株主総会=15日、平良港ターミナルビル

 第3セクターのコーラル・ベジタブル社の2010年度定時株主総会が15日午前、平良港ターミナルビルで開かれた。第11期事業の決算で単年度1800万円の赤字を計上、累積赤字が9500万円に膨らんだことが報告され厳しい経営実態が浮き彫りとなった。代表取締役に再任された砂川佳一会長は「今は荒波だが行く末は晴れ晴れとしている。宮古にとって存在価値のある会社にすることを誓う」と述べた。

(全文を表示…)

2010年11月16日(火) 01:20 [【特集】イベント・行事, 特集]

【特集】生涯学習フェス写真特集

“学び”の魅力を体感
生涯学習フェス写真特集


 市民の学習活動への参加促進などを目的とした第6回宮古島市生涯学習フェスティバル(主催・市教育委員会)が13、14日の両日、市中央公民館で行われた。

 会場では展示部門や舞台発表で、市民の学習の成果が披露され、訪れた人たちもその内容に見入っていた。いろいろな関連催しも行われ、会場は子どもからお年寄りまで「学ぶ」ことの魅力を体感していた。ここでは2日間のフェスティバルの様子を写真で紹介する。

理科実験コーナーは子どもたちの好奇心を刺激する内容ばかり、どのブースも人気となった=13日

理科実験コーナーは子どもたちの好奇心を刺激する内容ばかり、どのブースも人気となった=13日

オリジナルのマドラーづくりに子供たちも興味津々=13日

オリジナルのマドラーづくりに子供たちも興味津々=13日

「なんでそうなるの?」。面白い実験に生徒たちも釘付け=13日

「なんでそうなるの?」。面白い実験に生徒たちも釘付け=13日

親子で協力し合えば何でもできる=13日

親子で協力し合えば何でもできる=13日

錯視の世界に、訪れた人たちも食い入る様に見入っていた=13日

錯視の世界に、訪れた人たちも食い入る様に見入っていた=13日

「なんかみんな楽しそうだな」=13日

「なんかみんな楽しそうだな」=13日

会場は舞台発表のほか理科実験、ロボット体験コーナーなどいろいろな催しで盛り上がった

会場は舞台発表のほか理科実験、ロボット体験コーナーなどいろいろな催しで盛り上がった

下地学区婦人会=「なますのぐう」を披露する下地学区婦人会=14日

下地学区婦人会=「なますのぐう」を披露する下地学区婦人会=14日

クラシックギター愛好会=「グリーンスリーブス」を披露したクラッシックギター愛好会=14日

クラシックギター愛好会=「グリーンスリーブス」を披露したクラッシックギター愛好会=14日

西辺小「にこにこ教室」=メイクもばっちりに「宮古まもる君のうた」を踊る西辺小「にこにこ教室」=14日

西辺小「にこにこ教室」=メイクもばっちりに「宮古まもる君のうた」を踊る西辺小「にこにこ教室」=14日

琉装に身を包み、琉球舞踊を踊る南西里老人クラブのメンバー=14日

琉装に身を包み、琉球舞踊を踊る南西里老人クラブのメンバー=14日

 

2010年11月16日(火) 01:04 [イベント, スポーツ]

最年長の砂川ハルさんと糸洲朝仁さん/第23回南部忠平杯GG

子や孫たちが応援
女性最年長の砂川ハルさん

女性最年長の砂川ハルさん

女性最年長の砂川ハルさん

 大会参加者の中で最年長の砂川ハルさん(88歳)。6人の子と20人余りいるという孫たちの応援を受けて、元気なプレーを展開した。


 毎週1回は、地域の人たちと一緒にグラウンドゴルフやゲートボールを楽しむ。周囲からは「畑仕事も一生懸命。すごい働き者」と評判だ。  (全文を表示…)

2010年11月15日(月) 23:41 [【特集】イベント・行事, 特集]

【特集】南部忠平杯GG写真特集

南国で愛好者が交流
第23回南部忠平杯グラウンド・ゴルフ宮古島大会


 第23回南部忠平杯グラウンド・ゴルフ宮古島大会(主催・宮古島市)が14日、平良多目的前福運動場で行われた。県内外から愛好者ら488人が参加、南国宮古島で伸び伸びとプレーを楽しんだ。愛好者同士とあって会話も弾み、会場は笑いと歓声が響いた。プレー終了後は、市内ホテルで表彰式とふれあいパーティーがあり、各部の上位入賞者がたたえられた。大会の模様と表彰式を写真で紹介する


県内外の愛好者らが集まり交流を深めた南部忠平杯グラウンドゴルフ大会=14日、平良多目的前福運動場

県内外の愛好者らが集まり交流を深めた南部忠平杯グラウンドゴルフ大会=14日、平良多目的前福運動場

一緒にラウンドする仲間たちが見守る中、第一打を放つ

一緒にラウンドする仲間たちが見守る中、第一打を放つ

 
ホールインワンを目指して

ホールインワンを目指して

方向を見定め精神集中

方向を見定め精神集中

一つ一つのプレーに悲喜こもごも

一つ一つのプレーに悲喜こもごも

力強いショットを見せる参加者

力強いショットを見せる参加者

愛好者が見守る中、芝生を読み慎重に

愛好者が見守る中、芝生を読み慎重に

ホールインワンを目指して

ホールインワンを目指して

一つ一つのプレーに悲喜こもごも

一つ一つのプレーに悲喜こもごも

 
一つ一つのプレーに悲喜こもごも

一つ一つのプレーに悲喜こもごも

 
力強いショットを見せる参加者

力強いショットを見せる参加者

 
男女ペアの部優勝・長谷川昭さん(右)と長谷川八重子さん

男女ペアの部優勝・長谷川昭さん(右)と長谷川八重子さん

ばっしらいん大会優勝・津嘉山孝さん

ばっしらいん大会優勝・津嘉山孝さん

総合個人の部優勝・島袋文雄さん

総合個人の部優勝・島袋文雄さん

2010年11月15日(月) 23:09 [インサイドリポート]

TPP交渉参加の影響

糖価調整金500億円が喪失/求められる激変緩和策
 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)をめぐり日本中が揺れている。「国を開く」と主張して交渉参加を目指す政府だが、その決断は国内農業の大変革を意味する。TPP交渉参加は、離島農業にどのような影響をもたらすのか。島最大の産業サトウキビに焦点を当てて探った。

(全文を表示…)

2010年11月15日(月) 21:35 [【特集】イベント・行事, 特集]

【特集】第13回たらま島一周マラソン写真特集

3㌔には主に村内の児童たちが出場。スタートと同時に勢いよく走り出し沿道から大きな声援を浴びた=13日、多良間村役場前

3㌔には主に村内の児童たちが出場。スタートと同時に勢いよく走り出し沿道から大きな声援を浴びた=13日、多良間村役場前

 第13回たらま島一周マラソン大会(主催・同大会実行委員会)が13日、同島一円で開催され、4部門に計270人が出場して完走を目指した。選手たちはそれぞれの目標を設定して軽快な足取りでランニング。「日本で最も美しい村」連合加盟を決めた自然豊かな多良間島を楽しんだ。


(全文を表示…)

2010年11月15日(月) 09:10 [【特集】イベント・行事, イベント, スポーツ, 特集]

「美しい村」走って満喫/たらま島一周マラソン

悪いなりにも「結果は満足」
Aコース男子優勝の澤健三郎さん

男子優勝の澤さん

男子優勝の澤さん

大会初の3連覇を達成。ゴール後は「結果には満足している」と安堵した。序盤から圧巻の走りで多良間島を疾走、ゴールでは村民や関係者から大きな拍手を浴びた。


 「例年かんかん照りなのにきょうは雨。何か静寂な雰囲気の中のレースだった」と振り返る。練習ペースとして1㌔3分50秒を刻む予定だったが、疲労の影響で思うようにはいかなかった。

(全文を表示…)

2010年11月15日(月) 09:00 [イベント, スポーツ]

自然満喫、爽快ラン/たらま島一周マラソン

澤、大塚が3連覇


一斉にスタートする最長Aコースのランナーたち=13日、多良間村役場前

一斉にスタートする最長Aコースのランナーたち=13日、多良間村役場前

 第13回たらま島一周マラソン大会(主催・同大会実行委員会)が13日、同島一円で行われた。4部門に計270人が出場し、島の自然を満喫しながら心地よい汗を流した。最長Aコース21・51㌔は男子が宮古島市平良の澤健三郎、女子は大塚直子が優勝、それぞれ3連覇を達成した。全体の完走率は97・78%。

(全文を表示…)

2010年11月15日(月) 09:00 [イベント, 地域・暮らし, 教育・文化]

活動の成果、堂々披露/市生涯学習フェスティバル大盛況

舞台発表では社会教育、公民館の関係団体がこれまでの活動の成果を披露した=14日、市中央公民館

舞台発表では社会教育、公民館の関係団体がこれまでの活動の成果を披露した=14日、市中央公民館

 第6回宮古島市生涯学習フェスティバル(主催・市教育委員会)が13、14日の両日、市中央公民館で行われた。初日はあいにくの雨で野外ステージで予定していた一部催しが室内に変更などがあったが、フェスティバルには子どもからお年寄りまで多数が参加し、舞台や展示部門などでこれまでの活動の成果を堂々と披露した。

(全文を表示…)

2010年11月15日(月) 09:00 [政治・行政]

仲井真氏、離島振興に全力/県知事選

支持者ら再選へ気勢/宮古支部が総決起大会

再選へ向けガンバロウ三唱で気勢を上げる参加者たち=14日夜、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

再選へ向けガンバロウ三唱で気勢を上げる参加者たち=14日夜、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 28日に投開票が行われる県知事選に立候補している無所属で現職の仲井真弘多氏(71)=自民県連、公明、みんなの党推薦=の後援会・美ら島沖縄県民の会宮古連合支部(支部長・下地敏彦市長)の総決起大会が14日夜、JAおきなわ宮古地区本部大ホールで開かれた。仲井真氏は「離島の振興なくして沖縄の発展はない」と離島振興に積極的に取り組む考えを示し、支援を訴えた。最後は全員によるガンバロウ三唱で再選への思いを一つにした。

(全文を表示…)

2010年11月15日(月) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

善福君(城辺小3年)ら6人が最優秀賞/地区童話・お話・意見発表大会

来月の県大会出場へ

小学校低学年最優秀賞の木曽さん(左)と善福君

小学校低学年最優秀賞の木曽さん(左)と善福君

 第44回宮古地区童話・お話・意見発表大会(主催・宮古地区PTA連合会)が14日、西城小学校などで行われた。小学生34人、中学生34人の計68人が登壇。善福太稀君(城辺小3年)ら6人が最優秀賞を獲得した。6人は12月3日の県大会に宮古地区代表として出場する。

(全文を表示…)

2010年11月15日(月) 09:00 [イベント, スポーツ]

平一(高学年)など4強/本社杯少年サッカー

42チームが3部門で熱戦

3部に42チームが出場。宮古一を懸けて熱戦を繰り広げた=14日、城辺総合運動公園

3部に42チームが出場。宮古一を懸けて熱戦を繰り広げた=14日、城辺総合運動公園

 第18回宮古毎日新聞社杯全宮古少年サッカー大会(主催・宮古毎日新聞社、主管・宮古サッカー協会)は14日、市城辺総合運動公園で開幕した。低、中、高学年の3部に計42チームが出場。初日は予選リーグが行われ、高学年は平良第一FCなどが4強に進出した。天候不良のため、開幕が1日遅れとなった。決勝トーナメントは21日を予定している。

(全文を表示…)