2010年12月18日のニュース一覧

2010年12月18日(土) 22:18 [ニュースウィークリー]

2010年12月12日~12月18日

ニュースウイクリー

12月12日~12月18日


米軍機が宮古空港に着陸/自粛要請の中強行
 神奈川県の米軍厚木基地から飛来した米海軍所属のC9輸送機1機が11日午前、県や市、市議会などが使用自粛を求めていたにもかかわらず宮古空港に強行着陸した。空港周辺では、市民団体や労働組合などのメンバー約80人が「民間空港の軍事利用は許さない」と抗議行動を展開した。(12月12日掲載)


松本さんらに賞状授与/真太陽国際書道展
 第7回真太陽国際書道展の表彰式が11日、市内のホテルで行われた。大賞の「大臣賞」の文部科学大臣賞に輝いた松本瀬奈さん(東小4年)らに賞状などが授与された。開会セレモニーも市総合体育館で開かれ、関係者がテープカットを行い、開催を祝った。(12月12日掲載)


宮古本島1月7日製糖開始/下地市長に報告
 宮古本島製糖2工場(宮古製糖城辺工場、沖縄製糖宮古工場)の2010―11年期の製糖操業は、来年1月7日に開始する。宮糖、沖糖、JAが13日話し合って決めた。その後、下地敏彦市長を訪ね年内操業を見送った理由を説明するとともに、来期からの実施に努力する旨を伝えた。(12月14日掲載)


宮国さん巨人入団を報告/下地市長に
 東京読売巨人軍に入団した宮國椋丞さんが父親の透さんと母親の優子さんを伴い12日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、入団の報告をした。椋丞さんは「高い評価をもらったのは宮古で世話になった皆さんのおかげ。子どもたちに希望を与えられる選手になりたいので応援よろしくお願いします」とあいさつした。(12月14日掲載)


下里公設市場建築工事が着工/地鎮祭行う
 下里公設市場建築工事の地鎮祭が14日、市平良字下里の旧公設市場跡地で行われた。宮古島市の長濱政治副市長や工事受注業者の担当者らが参加、くわ入れなどを行い工事の安全を祈願した。新しい下里公設市場の建物は鉄筋コンクリート造りの地上2階建てで、形は広場を囲む形のL字型。(12月15日掲載)


米軍機タイヤ修理し離陸/宮古空港
 米軍C9輸送機が県や宮古島市の自粛要請を押し切る形で宮古空港を使用し、車輪関係の機材トラブルを起こした問題で14日、交換用のタイヤを積んだ米軍C130輸送機が宮古空港に着陸した。米軍2機の駐機に対し民間空港の強行使用に反対する市民団体などはシュプレヒコールを上げて抗議した。(12月15日掲載)


入札参加ゼロ、マリン社ホテル棟/入札条件を再検討
 宮古島マリンターミナル社は日、ホテル棟売却処分に関する入札を行ったが、参加者がいなかった。記者会見した下地市長は「残念に思っている」と予想外の結果に落胆の様子。今後については「年明けに取締役会を開いて、売却価格やその他の条件をもう一度見直したい」と方針を示した。(12月16日掲載)


川満さん優秀賞に/毎日農業記録賞
 サトウキビ農家の川満長英さんがこのほど毎日農業記録賞の一般部門で県内初の優秀賞に輝いた。川満さんは15日、県宮古農林水産振興センターに砂川正幸所長を訪ね、受賞を報告した。川満さんは「素晴らしい賞を頂き、光栄に思う。受賞は関係者の支援のたまもの」と喜びを語った。(12月16日掲載)


子宮頸がん予防ワクチン接種へ/市、来年3月末から
 開会中の市議会12月定例会は16日、一般質問が行われ、長濱政治副市長は「子宮頸(けい)がん予防ワクチン接種に向けて取り組んでいる。対象は中学1年から高校1年までの女生徒約1200人。接種率90%を見込んだ場合の予算額は5164万円余」と人数と予算額を明らかにした。(12月17日掲載)


スカイマーク宮古就航へ/議会で市長明らかに
 下地敏彦市長は16日、航空会社のスカイマークが来年9月から宮古空港に就航を計画していることを明らかにし歓迎する意向を示した。年明け早々にも具体的な計画を市に提出するという。開会中の市議会12月定例会一般質問で、富永元順氏の質問に答えた。(12月17日掲載)


交付金前年比320円下げ/11年産キビ価格
 農林水産省は17日、再来年収穫する2011年産サトウキビのトン当たり交付金を1万6000円に決定したと発表した。現行の1万6320円より、320円下げた。廃止が懸念されていた基準糖度帯は、維持した。(12月18日掲載)


「宮古島んま牛牛汁三昧」試食/みやこ学園利用者
 障害者支援などを目的に県獣医師会宮古支部とAコープ城辺店が17日、知的障害者通所授産施設みやこ学園を訪れ利用者に「宮古島んま牛の牛汁三昧(ざんまい)」をプレゼントした。昼食時間には試食会が同園の食堂で行われ、利用者たちはおいしい宮古牛を食べながら楽しい時間を過ごした。(12月18日掲載)

2010年12月18日(土) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

団体、個人とも宮工制す/県高等学校自動車整備コン

砂川君九州大会へ


宮古工業が個人で上位を独占し、団体も制した高等学校自動車整備実技コンテスト=17日、宮古工業高校

宮古工業が個人で上位を独占し、団体も制した高等学校自動車整備実技コンテスト=17日、宮古工業高校

 第21回県高等学校自動車整備実技コンテスト(主催・県工業教育研究会)が17日、宮古工業高校で行われた。県内から同校を含む3校が出場。個人と団体でこれまでの練習の成果を競い合った結果、宮古工業高校が個人で上位3位を独占したほか、団体戦も制した。

(全文を表示…)

2010年12月18日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

「んま牛」んまむぬ/県獣医師会・Aコープ城辺店

みやこ学園利用者と試食会


利用者たちはおいしい宮古牛の味を堪能した=17日、みやこ学園

利用者たちはおいしい宮古牛の味を堪能した=17日、みやこ学園

 障害者支援などを目的に県獣医師会宮古支部(慶留間智厚支部長)とAコープ城辺店(砂川勝栄店長)が17日、知的障害者通所授産施設みやこ学園(伊志嶺博司施設長)を訪れ利用者に「宮古島んま牛の牛汁三昧をプレゼントした。昼食時間には試食会が同園の食堂で行われ、利用者たちはおいしい宮古牛を食べながら楽しい時間を過ごした。

(全文を表示…)

2010年12月18日(土) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

緊急時以外禁止を/下地市長

米軍の空港・港湾使用


日米地位協定第5条の見直しの必要性について考えを示す下地市長=17日、市議会議場

日米地位協定第5条の見直しの必要性について考えを示す下地市長=17日、市議会議場

 市や県が自粛を要請したにもかかわらず米海軍が平良港や宮古空港を使用した問題を受け、下地敏彦市長は17日、米軍による日本の港と飛行場の利用を認める日米地位協定第5条について「緊急時以外は禁止する旨を明記する必要がある」と協定の見直をすべきとする考えを明らかにした。宮古島市議会12月定例会で亀浜玲子氏の一般質問への答弁。

(全文を表示…)

2010年12月18日(土) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

前年比320円下げ/11年産キビ

交付金トン1万6000円


 農林水産省は17日、再来年収穫する2011年産サトウキビのトン当たり交付金を1万6000円に決定したと発表した。現行の1万6320より、320円下げた。廃止が懸念されていた基準糖度帯は、維持した。 (全文を表示…)

2010年12月18日(土) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

「辺野古」ベターな選択/菅首相

仲井真知事「県民はノー」


会談を終えた仲井真弘多知事(右)と菅直人首相=17日、午後3時50分すぎ、沖縄県庁(代表撮影)

会談を終えた仲井真弘多知事(右)と菅直人首相=17日、午後3時50分すぎ、沖縄県庁(代表撮影)

 【那覇支社】菅直人首相は17日午後、県庁知事応接室で仲井真弘多知事と会談し、米軍普天間飛行場の移設先について「普天間の状況を実現可能性を含めて考えたとき、ベストではないがベターだと考えた」と述べ、日米合意を踏まえ、同基地を名護市辺野古に移設する考えを示した。会談で仲井真知事は「日米合意の見直しをぜひお願いしたい。県内ではなく、県外をぜひ求めてもらいたい」と県外移設を強く要求した。

(全文を表示…)

2010年12月18日(土) 09:00 [スポーツ, 地域・暮らし]

男女4人県代表入り/都道府県対抗中学バレーボール

バレー協が激励金贈呈


県選抜に選ばれた(左2人目から)砂川さん、川満さん、喜久川君、渡久山君=17日、宮古空港

県選抜に選ばれた(左2人目から)砂川さん、川満さん、喜久川君、渡久山君=17日、宮古空港

 宮古バレーボール協会(下地晃会長)は17日、中学バレーボール県代表に選ばれた男女4人に激励金を贈呈した。4人はJOCジュニアオリンピックカップ第24回全国都道府県対抗中学バレーボール大会に出場する。最終合宿のため同日、宮古を離れた。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年12月1日現在

    宮古島市 54,792 人
    27,602 人
    27,192 人
    世帯数 27,848 軒
    多良間村 1,127 人
    604 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2010年12月
    « 11月   1月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2