「社会・全般」 2010年12月のニュース一覧

2010年12月29日(水) 09:00 [政治・行政, 教育・文化, 社会・全般]

職員数約100人減へ/宮古島市

中学校統合で試算/学校適


 宮古島市学校規模適正化検討委員会(委員長・川上哲也教育長)が今月21日に示した中間答申案を踏まえて公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律で試算すると、同案で示された中学校の統合による学級数の減少で宮古地区の校長、教頭を含む教職員約100人が削減されることが分かった。この答申案は年明けの1月中旬にも市教育委員会の宮国博委員長に中間答申される。

(全文を表示…)

2010年12月29日(水) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

528人が職業訓練受講/宮古職安管内

昨年の14倍 303人が支援金受給


20人がOA経理事務を受講している市内事業所

20人がOA経理事務を受講している市内事業所

 宮古公共職業安定所(比嘉章所長)のまとめによると、雇用保険を受給できない人に職業訓練や生活保障(生活支援給付金)を提供する緊急人材育成支援事業の管内の受講者数は、528人(4月~11月12日までの合計)に上った。訓練受講者のうち、半数以上の303人が訓練を受けながら支援給付金を受給している。

(全文を表示…)

2010年12月29日(水) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

負託に応える市政を/下地市長

仕事納めで職員に呼び掛け


市長のあいさつを聞く職員たち=28日、市役所城辺庁舎

市長のあいさつを聞く職員たち=28日、市役所城辺庁舎

 官公庁では28日、今年の仕事納めを迎えた。下地敏彦市長、長濱政治副市長、市議会の下地明議長は市役所各庁舎などを回り、年末のあいさつを行った。下地市長は職員に対し、1年間の労をねぎらうとともに、新年も市民の負託に応える市政運営に取り組むよう呼び掛けた。

(全文を表示…)

2010年12月28日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

止水壁工事に着手/仲原地下ダム

削孔機現場に入る


工事現場にそびえ立つ削孔機=27日、仲原ダム建設現場

工事現場にそびえ立つ削孔機=27日、仲原ダム建設現場

 宮古伊良部地区国営かんがい排水事業で建設が進められている仲原地下ダムは、削孔機(穴を掘る機械)による止水壁築造工事に入った。現場には、削孔ドリルを備えた高さ約30㍍の削孔機がそびえ立つ。仲原ダムの有効貯水量は920万㌧と既存3(砂川、福里、皆福)、計画2(仲原、保良)の5ダム中最大規模。同事業は将来、島中に水が行き渡っても年中使える十分な水量確保と、伊良部への送水を目的とする。

(全文を表示…)

2010年12月28日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

水質監視施設の周辺美化へ/地下ダム

福東と土地改良区が協定


協定書を取り交わす仲間理事長(右)と砂川会長=27日、福東公民館

協定書を取り交わす仲間理事長(右)と砂川会長=27日、福東公民館

 宮古土地改良区(仲間克理事長)と福東自治会(砂川光雄会長)は27日、地下ダム関連施設をコンピューターで管理する中央管理所と福里地下ダムの水位や水質を監視する施設周辺=福東地区内=の管理委託協定を結んだ。

(全文を表示…)

2010年12月26日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

「無事にカエルんだよ」/下地児童館母親クラブ

宮古島署に カエルのマスコット寄贈

 
年末年始の交通安全意識向上に役立ててと下地児童館母親クラブからカエルのマスコットがプレゼントされた=24日、宮古島警察署
年末年始の交通安全意識向上に役立ててと下地児童館母親クラブからカエルのマスコットがプレゼントされた=24日、宮古島警察署
 下地児童館母親クラブ(藤原菜穂美会長)は24日、交通安全を訴えるカエルのマスコットを宮古島警察署と宮古島地区交通安全協会に寄贈した。プレゼントされたマスコットは同クラブ会員の手作りで今回は90個を贈呈した。

(全文を表示…)

2010年12月25日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

飲酒運転はしない/タクシー協宮古支部

警察に宣言文と署名提出


宣言文を読み上げる豊見山支部長=24日、宮古島署

宣言文を読み上げる豊見山支部長=24日、宮古島署

 県ハイヤー・タクシー協会宮古支部(豊見山健児会長)に加盟する17社のタクシー乗務員は飲酒運転根絶宣言を行い24日、宮古島署の島袋令署長に報告した。全乗務員320人がそれぞれの事業主に提出した署名も添え、酒を飲んだら絶対に車を運転しないことを誓った。

(全文を表示…)

2010年12月25日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

一斉検問で検挙19件/年末年始警戒活動

飲酒運転増加で取締り強化/宮古島署


総合警戒初日は島内各地で一斉検問が行われた=22日夜、市内

総合警戒初日は島内各地で一斉検問が行われた=22日夜、市内

 警察とボランティアらによる年末・年始総合警戒街頭活動が22日夜、市内各所で行われた。パトロールを前には宮古島警察署で出発式が開かれ、島袋令署長が参加者に、安全、安心なまちづくりに向けた活動の周知に協力を呼び掛けた。また、この日は一斉交通取り締まりも実施。シートベルト装着義務違反など19件を検挙した。同署では「今年は飲酒運転の検挙数が大幅に増加している。年末年始は特に飲酒の機会も増えるので例年以上に取り締まりを強化していきたい」としている。

(全文を表示…)

2010年12月25日(土) 09:00 [政治・行政, 産業・経済, 社会・全般]

スマートエネ事業に10億円/財務省11年度予算内示

沖縄関係総額2301億円


 【那覇支社】政府は24日、閣議決定後後、財務省2011年度予算案を各省庁に内示した。内閣府沖縄担当部局予算は10年振りに前年度比0・1%増の総額2301億円を内示。宮古関係予算では新規で「沖縄スマートエネルギーアイランド基盤構築事業」に10億6000万円(総事業費15億9000万円)を計上。宮古、沖縄本島2拠点で事業実施するが、再生可能エネルギー導入が進んでいる宮古島で重点的に実証事業を実施する。また、新規事業では「沖縄離島体験交流促進事業」3500万円、「離島特産品等マーケティング支援事業」2300万円などが盛り込まれた。

(全文を表示…)

2010年12月23日(木) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

浦添看護学校廃止を可決/県議会最終本会議

賛成多数で


会期日程の全審議を終え閉会した12月定例県議会=22日、県議会本会議場

会期日程の全審議を終え閉会した12月定例県議会=22日、県議会本会議場

 【那覇支社】県議会(高嶺善伸議長)の12月定例会は22日、最終本会議を開き、県執行部提出の浦添看護学校民間移譲に伴う廃止条例案を賛成多数で可決。また、宮古島などでの「天然ガス資源緊急開発調査事業費」6億円を含む12月補正予算案153億3904万円(一般会計130億5724万円、特別会計22億8180万円)を原案通り賛成多数で可決した。

(全文を表示…)

2010年12月23日(木) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

研修医宿舎も整備/新宮古病院

医師、看護師の確保へ


医師、看護師不足解消に向け、研修で訪れる医師や看護師などが宿泊できる医宿舎が施設近くに建設される新宮古病院の完成予想図

医師、看護師不足解消に向け、研修で訪れる医師や看護師などが宿泊できる医宿舎が施設近くに建設される新宮古病院の完成予想図

 施設の老朽化に伴い移転新築し、2013年5月に開院を予定している新宮古病院では病院の施設周辺に研修医宿舎を整備することが分かった。この医宿舎は、不足する医師、看護師などを育成し安定確保を図ることが目的で、研修に訪れた研修医や看護師などの宿泊施設として利用され、地域医療を学ぶための環境整備を図るとしている。

(全文を表示…)

2010年12月22日(水) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

「辺野古」に理解求める/前原外相

基地周辺施設移動も検討


会見で仲井真知事に謝罪した上で、普天間移設現行案への理解を求めたと説明する前原外相=21日、那覇市、沖縄ハーバービューホテル

会見で仲井真知事に謝罪した上で、普天間移設現行案への理解を求めたと説明する前原外相=21日、那覇市、沖縄ハーバービューホテル

 【那覇支社】17日の菅直人首相訪問に引き続き21日、前原誠司外相が沖縄を訪れ、仲井真弘多知事、テリー・ロブリング在沖四軍調整官と相次いで会談した。那覇市内のホテルで行われた仲井真知事との会談で前原外相は、民主党が昨夏の衆院選で米軍普天間飛行場の県外移設を唱えて政権交代を果たしたものの、鳩山政権下で県内移設に回帰したことについて「期待された沖縄県民に心からおわびを申しあげたい」と陳謝した。その上で同案への理解を知事に求めた。

(全文を表示…)

2010年12月22日(水) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

飲酒運転根絶に決意/年末・年始の交通安全県民運動

関係者集い出発式


参加者らは飲酒運転根絶と運動期間中の無事故に向け一致団結した取り組みを確認した=21日、市中央公民館大ホール

参加者らは飲酒運転根絶と運動期間中の無事故に向け一致団結した取り組みを確認した=21日、市中央公民館大ホール

 「~契り~飲酒運転しない契りを 交わしてください 大切な人と」をスローガンとする2010年度年末・年始の交通安全県民運動(主催・市交通安全推進協議会)の出発式が21日、市中央公民館大ホールで開かれた。宮古島警察署や宮古島地区交通安全協会などの関係者が一堂に集い、交通事故犠牲者に対する黙とうをささげ、飲酒運転の根絶と来年1月4日までの運動期間中における無事故を誓った。

(全文を表示…)

2010年12月21日(火) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

大神小中の廃校決定/市議会12月定例会閉会

海中公園条例で賛否


大神小中の廃校を賛成多数で可決した=20日、市議会議場

大神小中の廃校を賛成多数で可決した=20日、市議会議場

 宮古島市議会(下地明議長)の12月定例会は20日、最終本会議を開き、大神小中学校の廃校を賛成19反対6の賛成多数で可決した。2011年4月1日の廃校が決まった。宮古島市立の学校が廃校されるのは初めて。一般会計補正予算12億9944万円と陳情などの意見書を原案通り採択、可決し、閉会した。

(全文を表示…)

2010年12月19日(日) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

沖縄訪問「大きな一歩」/菅首相が帰任前に会見

普天間、振興策に全力


 【那覇支社】17日に来県し、仲井真弘多知事との会談や県内視察を終えた菅直人首相は18日午後、嘉手納町の沖縄防衛局で帰任前の記者会見を行った。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を「ベター」とする発言について、県外移設が最も望ましいとする県民世論は認識するが、早期の危険性除去や国際情勢を考えた場合、「辺野古案は海兵隊40%のグアム移転や嘉手納以南の基地返還など基地負担軽減につながるので、皆さんにも考えて欲しいという趣旨で申し上げた」と述べた。

(全文を表示…)

2010年12月18日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

「んま牛」んまむぬ/県獣医師会・Aコープ城辺店

みやこ学園利用者と試食会


利用者たちはおいしい宮古牛の味を堪能した=17日、みやこ学園

利用者たちはおいしい宮古牛の味を堪能した=17日、みやこ学園

 障害者支援などを目的に県獣医師会宮古支部(慶留間智厚支部長)とAコープ城辺店(砂川勝栄店長)が17日、知的障害者通所授産施設みやこ学園(伊志嶺博司施設長)を訪れ利用者に「宮古島んま牛の牛汁三昧をプレゼントした。昼食時間には試食会が同園の食堂で行われ、利用者たちはおいしい宮古牛を食べながら楽しい時間を過ごした。

(全文を表示…)

2010年12月18日(土) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

緊急時以外禁止を/下地市長

米軍の空港・港湾使用


日米地位協定第5条の見直しの必要性について考えを示す下地市長=17日、市議会議場

日米地位協定第5条の見直しの必要性について考えを示す下地市長=17日、市議会議場

 市や県が自粛を要請したにもかかわらず米海軍が平良港や宮古空港を使用した問題を受け、下地敏彦市長は17日、米軍による日本の港と飛行場の利用を認める日米地位協定第5条について「緊急時以外は禁止する旨を明記する必要がある」と協定の見直をすべきとする考えを明らかにした。宮古島市議会12月定例会で亀浜玲子氏の一般質問への答弁。

(全文を表示…)

2010年12月18日(土) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

「辺野古」ベターな選択/菅首相

仲井真知事「県民はノー」


会談を終えた仲井真弘多知事(右)と菅直人首相=17日、午後3時50分すぎ、沖縄県庁(代表撮影)

会談を終えた仲井真弘多知事(右)と菅直人首相=17日、午後3時50分すぎ、沖縄県庁(代表撮影)

 【那覇支社】菅直人首相は17日午後、県庁知事応接室で仲井真弘多知事と会談し、米軍普天間飛行場の移設先について「普天間の状況を実現可能性を含めて考えたとき、ベストではないがベターだと考えた」と述べ、日米合意を踏まえ、同基地を名護市辺野古に移設する考えを示した。会談で仲井真知事は「日米合意の見直しをぜひお願いしたい。県内ではなく、県外をぜひ求めてもらいたい」と県外移設を強く要求した。

(全文を表示…)

2010年12月17日(金) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

「正しい理解と知識を」/宮高でエイズ教育講演会

比嘉正央さんが講話


生徒にエイズに対する正しい理解を呼び掛けた講演会=16日、宮古高校

生徒にエイズに対する正しい理解を呼び掛けた講演会=16日、宮古高校

 県立宮古高校(川満健校長)で16日、性とエイズに関する講演会が行われた。比嘉正央HIV人権ネットワーク沖縄代表が「エイズを通して生き方を考えよう」の演題で講話し「エイズに対する正しい理解こそエイズを拡大させないことにつながる」と訴えた。

(全文を表示…)

2010年12月17日(金) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

旅客輸送来年1月開始/琉球海運

(全文を表示…)

2010年12月17日(金) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

定期的な検診を/乳がん

大型スーパーにポスター/患者の会まんま宮古


女子トイレの壁にセルフチェックで乳がんの早期発見を呼び掛けるポスターが張り付けられた=16日、イオンタウン宮古南ショッピングセンター

女子トイレの壁にセルフチェックで乳がんの早期発見を呼び掛けるポスターが張り付けられた=16日、イオンタウン宮古南ショッピングセンター

 乳がん患者の会まんま宮古(砂川香会長)は16日、市内の大型スーパーに「セルフチェックで乳がんの早期発見を」と呼び掛けるポスターを女子トイレに張り付け、自宅でのチェックと定期的な検診を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2010年12月16日(木) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

入札参加者ゼロ/マリン社ホテル棟

売却条件再度見直しへ


入札参加者がゼロとなった宮古島マリンターミナル社ホテル棟

入札参加者がゼロとなった宮古島マリンターミナル社ホテル棟

 宮古島マリンターミナル社(社長・下地敏彦市長)は15日、ホテル棟売却処分に関する入札を行ったが、参加者がいなかった。記者会見した下地市長は「残念に思っている」と予想外の結果に落胆の様子。今後については「年明けに取締役会を開いて、売却価格やその他の条件をもう一度見直したい」と方針を示した。

(全文を表示…)

2010年12月16日(木) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

村長、ヤシの普及に意欲/多良間議会12月定例会

4氏が一般質問


補正予算などを可決した多良間村議会=15日、村議会議場

補正予算などを可決した多良間村議会=15日、村議会議場

 【多良間】多良間村議会(西平幹議長)12月定例会が、15日開会し補正予算案など議案3件を可決、一般質問を行い、同日閉会した。

(全文を表示…)

2010年12月16日(木) 09:00 [社会・全般]

川満さん毎日農業記録賞/県内初の優秀賞を報告

毎日農業記録賞の優秀賞受賞を報告した川満さん(中央)=15日、県宮古事務所

毎日農業記録賞の優秀賞受賞を報告した川満さん(中央)=15日、県宮古事務所

 サトウキビ農家の川満長英さんがこのほど毎日農業記録賞の一般部門で県内初の優秀賞に輝いた。川満さんは15日、県宮古農林水産振興センターに砂川正幸所長を訪ね、受賞を報告した。川満さんは「素晴らしい賞を頂き、光栄に思う。受賞は関係者の支援のたまもの」と喜びを語った。

(全文を表示…)

2010年12月16日(木) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

CO2前年比44㌧削減/市議会一般質問

庁舎省エネ事業で効果


庁舎省エネ事業でCO2削減効果を上げている市役所平良庁舎

庁舎省エネ事業でCO2削減効果を上げている市役所平良庁舎

 環境モデル都市・宮古島市の平良庁舎省エネ事業で、同庁舎から排出される二酸化炭素量が前年に比べて約44㌧削減されていることが分かった。電気料金は同比76万円減。建物の表面温度、室内温度でも低温効果を示す実績を上げた。15日、開会中の市議会12月定例会一般質問で、前里光恵氏の質問にエコアイランド推進課の大金修一課長が答えた。

(全文を表示…)

2010年12月15日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

米軍輸送機が離陸/宮古空港

C130飛来、タイヤ交換


自粛要請の中、米軍2機(左がC130輸送機)が宮古空港を使用した=14日、宮古空港

自粛要請の中、米軍2機(左がC130輸送機)が宮古空港を使用した=14日、宮古空港

 米軍C9輸送機が県や宮古島市の自粛要請を押し切る形で宮古空港を使用し、車輪関係の機材トラブルを起こした問題で14日、交換用のタイヤを積んだ米軍C130輸送機が宮古空港に着陸した。米軍2機の駐機に対し民間空港の強行使用に反対する市民団体などはシュプレヒコールを上げて抗議した。C9輸送機の修理は正午すぎに終わり、午後0時39分に空港をたった。

(全文を表示…)

2010年12月15日(水) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

発覚恐れ督促状抜き取り/公金紛失

市職員分限委で認める


 市職員が、市民が納めた国保税保険料を庁舎外に持ち出し紛失した問題で、長濱政治副市長は14日、この職員が保険料を納めた市民あての督促状を2通抜き取っていたことを、開会中の市議会12月定例会の一般質問初日に明らかにした。嵩原弘氏の質問に答えた。

(全文を表示…)

2010年12月15日(水) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

TPP参加影響 農家に壊滅的ダメージ/市議会一般質問

キビ320億円、畜産40億円

一般質問で答弁する下地敏彦市長=14日、市議会議場

一般質問で答弁する下地敏彦市長=14日、市議会議場

 宮古島市(下地敏彦市長)は環太平洋連携協定(TPP、太平洋を取り巻く国家間の自由貿易協定)に日本が参加した場合、宮古地区の第1次産業に与える影響額(波及も含め)はサトウキビで約320億円、肉用牛を含めた畜産は約40億円に上ると試算した。平良哲則農林水産部長は「関税は完全撤廃され、外国からの輸入品と価格格差が無くなる。その結果、すべて外国産に置き換えられることが予想される」と述べ、農家に壊滅的なダメージを与える可能性があると指摘した。開会中の市議会12月定例会一般質問で砂川明寛氏の質問に答えた。

(全文を表示…)

2010年12月14日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

飲酒運転根絶に決意/県ハイヤー・タクシー協

乗務員の逮捕受け緊急会議


加盟17社が飲酒運転根絶宣言を行い再発防止を誓った緊急会議=13日、宮古島警察署

加盟17社が飲酒運転根絶宣言を行い再発防止を誓った緊急会議=13日、宮古島警察署

 今月4日にタクシー乗務員が勤務中に酒気帯び運転で逮捕されたことを受け、宮古地区飲酒運転根絶タクシー事業者緊急会議(主催・県ハイヤー・タクシー協会)が13日、宮古島警察署で行われた。同協会宮古支部(17社加盟)の代表らが参加し、4項目の飲酒運転根絶宣言を行ったほか、再発防止に向け総力を挙げて交通安全意識の徹底を図っていくことを確認した。

(全文を表示…)

2010年12月14日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

米軍輸送機が車輪トラブル/宮古空港

整備遅れで離陸断念


フェンス際で抗議行動をする市民団体。手前は音楽隊を乗せたバス=13日、宮古空港

フェンス際で抗議行動をする市民団体。手前は音楽隊を乗せたバス=13日、宮古空港

 米海軍第7艦隊音楽隊を輸送するため嘉手納基地から飛来した米軍C9輸送機が13日、宮古空港に着陸の際、左車輪を損傷し同日午前11時ごろ予定していた離陸を断念した。宮古空港での民間機の離発着に影響はなく、けが人などもなかった。きょう14日、タイヤの交換を済ませ昼すぎに出発する予定。空港のフェンス際では宮古空港の強制使用に反対する市民団体のメンバーが「NO BASE(基地はいらない)」などの横断幕を掲げて抗議した。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2010年12月
    « 11月   1月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2