「産業・経済」 2011年1月のニュース一覧

2011年1月31日(月) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

新理事長に中尾忠筰氏/宮古JC総会

節目の50年で記念式典など計画


中尾忠筰理事長の下で行われた総会=30日、ホテルアトールエメラルド宮古島

中尾忠筰理事長の下で行われた総会=30日、ホテルアトールエメラルド宮古島

 宮古青年会議所(宮古JC)の通常総会が30日、市内のホテルで開かれた。2010年度一般会計収支決算などを全会一致で承認。1月1日付で第50代理事長に就任した中尾忠筰氏(33)は所信で「エコ・教育をキーワードに推進し、県が進めているポスト沖縄振興計画の策定に向けては、宮古島の発展につながることを提言していきたい」決意を新たにした。任期は1年。

(全文を表示…)

2011年1月30日(日) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

「離島の農業守れ」/TPP交渉反対

県民大会に5300人結集


TPP交渉参加に反対する5300余の拳が宙に突き上げられた=29日、那覇市新都心公園

TPP交渉参加に反対する5300余の拳が宙に突き上げられた=29日、那覇市新都心公園

 【那覇支社】TPP(環太平洋経済連携協定)への参加に反対する県民大会(同実行委員会主催)が29日、那覇市おもろまちの新都心公園で開かれ、農業者、関係機関・団体関係者ら5353人(主催者発表)が結集した。交渉参加は離島県の農業に壊滅的な打撃を与えるだけでなく、地域社会の崩壊も危惧されるとして「地域の実情を無視した政府の拙速な交渉参加に反対する」との強い思いを込め、スローガンと決議を採択した。宮古島市、多良間村からも大勢が参加。小雨交じりの中、デモ行進で反対の意思を県民に訴えた。


(全文を表示…)

2011年1月30日(日) 09:00 [産業・経済]

宮糖工場、通常運転を再開

5日ぶりに原料搬入


通常運転を開始し原料の搬入を再開した宮古製糖城辺工場=29日、城辺砂川

通常運転を開始し原料の搬入を再開した宮古製糖城辺工場=29日、城辺砂川

 工場内ボイラーの故障で24日夜から操業を停止していた宮古製糖城辺工場は29日、通常運転を再開した。原料の搬入も5日ぶりに再開し、原料を積んだトラックが頻繁に出入りする収穫シーズン特有の光景が戻った。

(全文を表示…)

2011年1月28日(金) 09:00 [産業・経済]

高欄にシルバー色選定/伊良部大橋修景委

親柱は大橋ゲート付近を要望


大橋の高欄の色はシルバー色に選定された(完了イメージ図)

大橋の高欄の色はシルバー色に選定された(完了イメージ図)

 伊良部大橋修景検討委員会(委員長・池田孝之琉球大学教授)の第2回委員会が27日、県宮古合同庁舎で開かれた。大橋の両側に設置される高欄の塗装に使われる三つの色の最終案を検討した結果、シルバー色を選定した。伊良部側の親柱は海中道路先端付近で計画されていたが、委員らは、大橋ゲート付近の設置案を要望した。3月17日に開かれる最終委員会で正式に決定される。

(全文を表示…)

2011年1月28日(金) 09:00 [産業・経済]

福島から初便150人/農協観光チャーター便

今年は13便2400人予定


農協観光チャーターで来島した福島県からの観光客=27日、宮古空港

農協観光チャーターで来島した福島県からの観光客=27日、宮古空港

 沖縄本島や各離島の魅力を伝える農協観光チャーター便が27日にスタート、初便で福島県から150人が宮古島に来島した。今年は計13便2400人の来島を予定している。同チャーターは今年10年目。この間に来島した観光客は延べ約8万人に上るなど宮古島の観光振興に大きな役割を果たしている。

(全文を表示…)

2011年1月27日(木) 09:00 [産業・経済]

香港に黒糖輸出へ/宮糖多良間工場

商社と商談まとまる


香港からバイヤーが訪れて多良間産黒糖の輸出商談が行われた=26日、宮古製糖多良間工場

香港からバイヤーが訪れて多良間産黒糖の輸出商談が行われた=26日、宮古製糖多良間工場

 【多良間】多良間島産黒糖の輸出商談と工場視察のため26日、香港の商社から3人のバイヤーが宮古製糖多良間工場を訪れた。商談はほぼまとまり、3月ごろから県内で初めて、県産黒糖が輸出される見通しとなった。

(全文を表示…)

2011年1月26日(水) 09:00 [産業・経済]

ボイラー故障、操業ストップ/宮糖城辺工場

原料搬入は27日まで停止予定 


ボイラーの故障で操業を停止した宮古製糖城辺工場=25日、城辺砂川地区

ボイラーの故障で操業を停止した宮古製糖城辺工場=25日、城辺砂川地区

 宮古製糖城辺工場の操業が24日夜から停止している。工場内電力を発電するボイラーの故障によるもので、27日まで原料の搬入を停止する予定。25日から修理を開始しており早ければ27日には通常運転を再開する。懸念されるのは刈り置きされているサトウキビの品質の劣化。工場の停止期間によっては農家所得に影響する可能性もある。工場は「迷惑をかけてしまい申し訳ない。早期復旧に全力を挙げる」としている。

(全文を表示…)

2011年1月25日(火) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

宮古-那覇毎日5便/スカイマーク

今年9月から就航目指す


 【那覇支社】スカイマーク社(本社・東京)の西久保愼一社長が24日、県庁に上原良幸副知事を訪ね、同社が新規に定期路線開設を計画している那覇-宮古路線について運航案などを報告した。同社は今年9月1日から那覇-宮古線を毎日5便定期就航することを目指して25日にも宮古空港ターミナルとの交渉に入る。また、国交省へは路線開設準備を整えた上で、6月に申請を行い定期運航の許認可を得る予定だ。

(全文を表示…)

2011年1月22日(土) 09:00 [産業・経済]

ホテル棟売却、再公募へ/マリン社臨時取締役会

最低価格8億3000万円に


入札最低価格見直しなどを承認したマリン社臨時取締役会=21日、那覇市のオーガストイン久茂地

入札最低価格見直しなどを承認したマリン社臨時取締役会=21日、那覇市のオーガストイン久茂地

 【那覇支社】ホテル棟売却により累積赤字解消を目指す第3セクターの宮古島マリンターミナル社(社長・下地敏彦宮古島市長)は21日午前、那覇市内のホテルで臨時取締役会を開き、ホテル棟最低売却価格を8億3000万円に再設定し入札公募することを決定した。入札は3月15日午後3時に行う。

(全文を表示…)

2011年1月21日(金) 09:00 [産業・経済]

子牛1頭平均34万2000円/多良間初競り

前年比7万3000円高


一番牛は下地村長が上場し44万円台の高値が付いて市場内は活気づいた=19日、JAおきなわ多良間家畜市場

一番牛は下地村長が上場し44万円台の高値が付いて市場内は活気づいた=19日、JAおきなわ多良間家畜市場

 【多良間】JAおきなわ多良間家畜市場の2011年肉用牛初競りが19日、同市場で開かれた。子牛1頭平均価格は34万2323円と前年同月に比べ7万3403円高。前月と比べても1万5963円高と幸先の良いスタートを切った。総販売額は4599万円。初競り式典には多くの関係者が集い、高値取引を祈願しながら畜産振興に伴う多良間村の発展に期待を込めた。

(全文を表示…)

2011年1月21日(金) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

旅行社の担当者が宮古視察/修学旅行誘致

景勝地など巡る


一行は与那覇冴子さんのガイドで宮古島を視察した=20日、東平安名崎

一行は与那覇冴子さんのガイドで宮古島を視察した=20日、東平安名崎

 旅行会社の教育旅行担当者ら11人が沖縄修学旅行現地視察研修会(主催・沖縄観光コンベンションビューロー)で20日から2日間、市内の観光地などを視察している。初日の20日は午前中に博愛漁港から水中観光船で海中の模様や、地下ダム資料館、農家民泊の様子、東平安名崎などを視察した。

(全文を表示…)

2011年1月21日(金) 09:00 [産業・経済]

地域全体でまちづくりを/「まちなか観光」テーマにシンポ

濱谷氏(北海道工業大学教授)が講演/TOMネット主催


リレートークで商店街活性化の可能性について考えを示す濱元氏(左)とコメンテーターたち

リレートークで商店街活性化の可能性について考えを示す濱元氏(左)とコメンテーターたち

 中心市街地活性化などについて考える「まちなか観光シンポジウムin宮古島」(主催・NPO法人TOMネット、共催・宮古島市)が20日、市中央公民館で開かれた。TOMネット北海道会会長の濱谷雅弘北海道工業大学教授が「まちなか観光をすすめるために」をテーマに講演を行ったほか、TOMネットの鎌田雅弘理事が宮古島のまちづくりとして「そぞろ歩きができる商店街」を提案した。

(全文を表示…)

2011年1月20日(木) 09:00 [産業・経済]

肉用牛高値スタート/11年初競り式典

今年の高値取引を祈念


1年間の高値取引を願い威勢良く鏡開き=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

1年間の高値取引を願い威勢良く鏡開き=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

 JAおきなわ宮古家畜市場の2011年初競り式典が19日開かれ、農家や行政、畜産関係者らが今年1年の高値取引を祈念した。一番牛は、68万3000円のお祝儀価格。初競りには540頭が上場され、子牛1頭平均価格は37万6130円(前月比1万1180円高)の高値スタートとなった。

(全文を表示…)

2011年1月20日(木) 09:00 [産業・経済]

観光地をイメージアップ/宮古島市

駐車場やトイレなど整備へ


 宮古島に来島する観光客や市民へのサービス向上を図るため市は、観光地にあるトイレや案内表示板、駐車場などの改修・整備を今年4月以降をめどに実施する。島のイメージアップを図るためで、2010年度の政府補正予算で決定した地域活性化交付金の「きめ細かな交付金」をあてる。

(全文を表示…)

2011年1月19日(水) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

ハーベスターの申し込み増加

課題は雨天時の収穫/キビ農家の高齢化進む


年々申し込みの件数が増加しているハーベスター=16日、上野地区

年々申し込みの件数が増加しているハーベスター=16日、上野地区

 サトウキビ収穫の機械刈りが各地で増加している。宮古島市全体の2010~11年産のハーベスターによる刈り取りは、申し込み段階で全体収穫面積の29・4%に達しており、前期の収穫時に比べて約5ポイント上回っている。労働力の低減には欠かせない機械刈りだが、ハーベスターが稼働できない雨天時の収穫が課題の一つに挙げられる。

(全文を表示…)

2011年1月18日(火) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

規格、品質基準を確認/JA契約メロン目揃会

全国に2万3000個出荷へ


メロンの規格や品質基準を確認した目揃会=17日、JAおきなわ城辺集荷場

メロンの規格や品質基準を確認した目揃会=17日、JAおきなわ城辺集荷場

 全国農協食品とJAおきなわが値決め取り引きをしている契約メロンの目揃会が17日、同JA城辺集荷場で行われた。農家らが参加し、規格や品質の統一基準を確認した。

(全文を表示…)

2011年1月18日(火) 09:00 [産業・経済]

沖糖、粗糖を初出荷/初荷は1500㌧

今期産糖量1万7000㌧見込む


沖糖の初荷が船倉に流し込まれた=17日、平良港

沖糖の初荷が船倉に流し込まれた=17日、平良港

 沖縄製糖宮古工場は17日、2010~11年期の粗糖(原料糖)を初出荷した。きょう18日の粗糖と合わせて計1500㌧が名古屋に向けて出荷される。同工場の今期産糖量見込みは1万7280㌧。

(全文を表示…)

2011年1月17日(月) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

仲本さん「ヒトエグサ養殖」を報告/県青壮年・女性漁業者交流会

「特産品開発」の体験発表/宮総実高生徒ら


体験発表した仲本さん(左端)と宮総実の生徒ら=14日、那覇市、水産会館

体験発表した仲本さん(左端)と宮総実の生徒ら=14日、那覇市、水産会館

 【那覇支社】第16回県青壮年・女性漁業者交流大会(主催・県、県漁連)が14日、那覇市の水産会館で開催され、宮古島漁協西原漁業研究会指導漁業士の仲本博一さんと宮古総合実業高食品学科3年の下地沙也加さん、福里奈美希さん、友利渉君、友利龍太君らが実績・体験発表を行った。

(全文を表示…)

2011年1月16日(日) 09:00 [産業・経済]

宮糖城辺、粗糖を初出荷

初荷式で安全輸送祈願/初日は600㌧


宮糖城辺工場の初荷となる粗糖が船倉に流し込まれた=15日、平良港

宮糖城辺工場の初荷となる粗糖が船倉に流し込まれた=15日、平良港

 宮古製糖城辺工場は15日、2010~11年期の粗糖(原料糖)を初出荷した。初日は600㌧を出荷、伊良部工場の900㌧と合わせて計1500㌧が岡山行きの船の船倉に流し込まれた。城辺工場は今期、1万4174㌧の産糖を見込む。

(全文を表示…)

2011年1月15日(土) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

ミス宮古らが「んみゃーち」/那覇市久茂地で

キャラバン隊 宮古観光をPR


ミス宮古の笑顔に魅了され誘客パンフレットはたちまち完全配布された=14日、那覇市の久茂地交差点

ミス宮古の笑顔に魅了され誘客パンフレットはたちまち完全配布された=14日、那覇市の久茂地交差点

 【那覇支社】宮古観光の誘客促進を目指してJ・TAP協力会宮古支部(平良勝之支部長)と宮古島観光協会(豊見山健児会長)は14日、沖縄本島地区キャラバン隊を編成し那覇市のパレットくもじ前で、ツアーパンフレットなどを配布し宮古観光のPR活動を行った。ミス宮古2人が加わり、用意した誘客パンフレットは20分足らずで完全配布された。

(全文を表示…)

2011年1月14日(金) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

観光キャラバンに出発/J・TAP協力会宮古観光協会

40万人突破目指す


目標の入域観光客40万人達成に向け、沖縄本島に出発したキャラバン隊=13日、宮古空港

目標の入域観光客40万人達成に向け、沖縄本島に出発したキャラバン隊=13日、宮古空港

 J・TAP協力会宮古支部(平良勝之支部長)と宮古島観光協会(豊見山健児会長)のメンバーは13日、沖縄本島から宮古島への観光促進を目的とした観光キャラバンに向け、出発した。

(全文を表示…)

2011年1月14日(金) 09:00 [産業・経済]

フェロモンチューブを設置/ハリガネムシ

農薬登録目指し試験/農業研究センター


フェロモンチューブを設置する参加者=13日、城辺下南のキビ畑

フェロモンチューブを設置する参加者=13日、城辺下南のキビ畑

 サトウキビの根部の芽を食い荒らし株の出を阻害しているサキシマカンシャクシコメツキ(ハリガネムシ成虫)の交尾をかく乱する試験で県農業研究センターは13日、城辺下南の畑30㌶にフェロモンチューブを設置した。フェロモンは、雄を引き付けて雌との交尾をさせなくする化学合成物質。2009年から始まった宮古における同試験は来年まで行い、データを基に農薬登録を目指す。

(全文を表示…)

2011年1月14日(金) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

宮古地区6団体、10個人を表彰/県たばこ組合

県内最多、優良耕作地誇る


タバコ生産の優良耕作者と総代区に表彰状が贈られた=12日、那覇市、沖縄ハーバービューホテル

タバコ生産の優良耕作者と総代区に表彰状が贈られた=12日、那覇市、沖縄ハーバービューホテル

 【那覇支社】県たばこ耕作組合(砂川榮一組合長)の2010年度表彰式典が12日、那覇市内のホテルで催され、優良耕作者など8団体、21人を表彰した。このうち宮古地区の表彰は県内最多の6団体、10個人で、葉タバコ生産の優良耕作地を誇った。

(全文を表示…)

2011年1月14日(金) 09:00 [産業・経済]

糖度横ばいで推移/宮古、多良間工場

製糖開始から1週間


サトウキビを圧搾ラインに運ぶクレーン=13日、沖縄製糖宮古工場

サトウキビを圧搾ラインに運ぶクレーン=13日、沖縄製糖宮古工場

 宮古本島内の製糖2工場と宮古製糖多良間工場の今期操業は、7日の開始から1週間となった。雨の影響でハーベスターが畑に入れず操業を11、12日の2日間停止した沖縄製糖宮古工場は13日再開した。宮古製糖城辺工場と同多良間工場も、雨天のため原料搬入量が少なく、スロー運転を余儀なくされている。3工場の平均糖度は、操業開始から横ばいの状況。今期サトウキビの糖度は、昨年10月末に接近した台風の塩害を受け、平年と比べ低い水準で推移している。

(全文を表示…)

2011年1月14日(金) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

今年度中 数回調査へ/尖閣海域

伊良部漁協などに助成金486万円


水産庁の高橋さん(手前左)が、今後の調査海域・方法などを説明した=13日、宮古島漁協

水産庁の高橋さん(手前左)が、今後の調査海域・方法などを説明した=13日、宮古島漁協

 水産庁は13日、宮古島漁業協同組合(小禄貴英組合長)で、北緯度以南にある尖閣諸島を含む海域の漁場調査に向け説明会を開いた。今年度中に、伊良部漁業協同組合(友利義文組合長)所属の漁船などをチャーターし、数回に分けて調査する。同庁資源管理部沿岸沖合課指導係の高橋英也さんは「調査には、新規漁場開拓もある」と強調し、今後の調査に期待を込めた。

(全文を表示…)

2011年1月13日(木) 09:00 [産業・経済]

収穫後の砕土が有効/ケブカ防除

県農業研究セ 新垣則雄さんが講演


新垣則雄さん

新垣則雄さん

 サトウキビ土壌害虫ケブカアカチャコガネに関する講演会が12日午後、宮古農村青少年教育センターで行われた。県農業研究センター上席研究主幹の新垣則雄さんが防除方法に関して講話。詳細な防除実証試験のデータを示しながら「(キビ収穫後の)ロータリーによる砕土は有効。土壌の約75%の幼虫は駆除できる」と話し、実践を勧めた。そのほかに成虫の交尾を阻害する性フェロモン活用の防除方法も示した。

(全文を表示…)

2011年1月13日(木) 09:00 [産業・経済]

40万人達成の可能性/2010年度入域観光客数

クルーズ船着岸など好材料も


 2010年度の入域観光客数が目標の40万人に達する可能性が出てきた。昨年4月から12月までの単月実績をみると12月以外は前年度を上回っており、同月現在の累計入域客数は30万6222人。40万人に向けてあと9万3778人となっている。今月から3カ月連続でクルーズ船が着岸するほか、各種スポーツキャンプ、九州への誘客キャラバンの実施などによる観光客数の増加が期待される。

(全文を表示…)

2011年1月13日(木) 09:00 [産業・経済]

低温、野菜生産に影響/JAおきなわ

価格は品不足で上げ基調


寒さの影響で実の付きがまばらになったゴーヤー=12日、城辺

寒さの影響で実の付きがまばらになったゴーヤー=12日、城辺

 宮古地区の今期冬春期野菜は、低温や雨天、曇天の日が多く、生産に影響が出ている。一方、価格は全国的な冷え込みに伴う品不足もあり、値上げ基調で推移している。JAおきなわ宮古地区営農振興センター農産部は湿度が高くて日照不足の時は、病気が発生しやすいため、ハウスや病害防除管理を徹底するよう注意を促している。

(全文を表示…)

2011年1月12日(水) 09:00 [産業・経済]

水揚げ116㌧、5200万円/2010年魚介類年報

潜水漁28㌧で最多/宮古島漁協


夏期には大量の魚介類が上場される=宮古島漁協(資料写真)

夏期には大量の魚介類が上場される=宮古島漁協(資料写真)

 宮古島漁業協同組合(小禄貴英組合長)は11日、2010年魚介類取扱年報を発表した。それによると、前年比較で水揚げ量が4㌧減の116㌧、金額にして252万円増の5254万円となった。10年は高級魚の水揚げ量増加で、金額を押し上げた。

(全文を表示…)

2011年1月12日(水) 09:00 [産業・経済]

日本カツオ学会が発足/高知県黒潮町

宮古島市など全国16市町参加


高知県黒潮町で学会の設立総会が開かれた=黒潮町総合センター(高知県黒潮町役場提供)

高知県黒潮町で学会の設立総会が開かれた=黒潮町総合センター(高知県黒潮町役場提供)

 宮古島市や本部町を含む全国10県の16市町の首長と大学などの学術研究者や研究機関の関係者でつくる「日本カツオ学会」がこのほど発足した。「土佐の一本釣り」で知られる高知県黒潮町の総合センターで、設立総会と「黒潮一番地カツオ・シンポジウム2010」が行われた。第2回カツオ・シンポジウム2011(仮称)は鹿児島県の枕崎市で行われる予定。翌12年の第3回は宮古島市で開催することが決まった。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2011年1月
    « 12月   2月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2