2011年2月10日のニュース一覧

2011年2月10日(木) 09:00 [産業・経済]

「温度管理をしっかりと」/マンゴー

農家100人参加し栽培講習


大勢の農家がハウス管理の仕方などを学んだ講習会=9日、長北ファーム

大勢の農家がハウス管理の仕方などを学んだ講習会=9日、長北ファーム

 マンゴー栽培講習会(主催・市農林水産部農政課)が9日、城辺長北のハウスで行われ、約100人の農家が参加した。今年初なりとなる同ハウスのマンゴーは、これから花が咲きそろう時期。講師の伊藝安正・恩納村農林水産課農業経営アドバイザーは「花が咲いても実を付けなかったら、それは本人のせい」と適切な温度管理を促した。

(全文を表示…)

2011年2月10日(木) 09:00 [教育・文化]

テレビ会議で情報交換/南小児童

長野県の児童とIT交流


テレビ会議で長野県の児童と情報交換をする南小の児童たち=9日、南小学校

テレビ会議で長野県の児童と情報交換をする南小の児童たち=9日、南小学校

 南小学校(田場秀樹校長)で9日、テレビ会議による情報交換授業が行われた。同校5年3組の児童が、長野県長野市立塩崎小学校5年生とスカイプを使用してテレビ会議授業を行い、互いの特産品情報などを交換してIT交流を図った。

(全文を表示…)

2011年2月10日(木) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

1月末現在で697世帯/生活保護世帯

前年平均比で64世帯増加


 宮古島市で生活保護を受ける世帯数は2010年12月末現在で704世帯となり、宮古島市としての過去最多を更新。初めて700世帯を超えた。11年1月末では697世帯にまで減少したが、09年度の1カ月平均世帯数と比較し64世帯も増加している。

(全文を表示…)

2011年2月10日(木) 09:00 [産業・経済]

交信かく乱法確立へ/ケブカアカチャコガネ

生態調査で幼虫を採取


ケブカアカチャコガネの幼虫を採取する関係者ら=9日、平良野原越

ケブカアカチャコガネの幼虫を採取する関係者ら=9日、平良野原越

 さとうきび技術員会や病害虫対策協議会によるケブカアカチャコガネの幼虫採集作業が9日、平良野原越と城辺上区のほ場で行われた。両団体のメンバー約30人が参加し、生態を調べるために数千匹の幼虫を採集した。集めた幼虫は茨城県つくば市の農業生物資源研究所に送られ、成虫の交尾を阻害する交信かく乱法の確立に向けて研究が進められる。

(全文を表示…)

2011年2月10日(木) 09:00 [政治・行政]

サッカー場計画が具体化/上野陸上競技場

今月中にもボーリング調査


サッカー場への変更が計画されている陸上競技場=9日、上野陸上競技場

サッカー場への変更が計画されている陸上競技場=9日、上野陸上競技場

 宮古島市が上野陸上競技場をサッカー場に変更するための準備を進めている。今月中にもボーリング調査を実施し、競技場の土質を調べる方針。市は現在のトラック部分も含めて全面を芝生に張り替えたい考えだが、地域住民の間ではトラック部分は残してほしいとする意見もあり、曲折も予想される。

(全文を表示…)

2011年2月10日(木) 09:00 [政治・行政]

メンタル、会計学ぶ/市職員管理者

職員不祥事など受け研修会


メンタルヘルスと会計について研修を受ける職員たち=9日、市中央公民館2階研修室

メンタルヘルスと会計について研修を受ける職員たち=9日、市中央公民館2階研修室

 宮古島市は、各部署の管理者である課長級職員を対象としたメンタルヘルスと会計に関する研修会を9日、市中央公民館2階研修室で開催した。うむやすみゃあす・ん診療所の竹井太院長がメンタルヘルスとケアについて、饒平名建次会計管理者と石原智男会計課長は会計・出納業務での適正な取り扱い方や事務処理などについて説明した。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年10月1日現在

    宮古島市 54,752 人
    27,579 人
    27,173 人
    世帯数 27,740 軒
    多良間村 1,126 人
    602 人
    524 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2011年2月
    « 1月   3月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2