「まちからむらから」 2011年2月のニュース一覧

2011年2月5日(土) 23:00 [まちからむらから]

森と海の幸を恵みに/高野集落

高野集落の由来
 入植当時(1961年)通称「大野越」と呼ばれていたが、近くに同名の集落があることから、当時の役員(会長・知念邦夫、総務・狩俣徳蔵、顧問・狩俣喜一郎)らは、集落名を改める必要に迫られ、2年後自治総会の承認を受け「高野」とした。由来は「野原の如く高くそびえ立つ集落」という意味を含めた。


汗の結晶、好環境に

通称・スサカダー(白川田)。美しい海浜に観光の兆しも

通称・スサカダー(白川田)。美しい海浜に観光の兆しも

 左手に海、背中に森を配し、自然豊かな高野集落が今年で入植50年を迎える。当時、開墾から始まった集落づくりではあったが、大野山林の山の幸、白川田の海の幸に恵まれた。1961年、琉球政府の移住計画によって、大神島(17戸)、多良間村水納島(18戸)、宮古本島(5戸)計40戸、275人(男子137人・女子138人)が入植し、当時は大野越と呼ばれた。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成29年11月1日現在

    宮古島市 54,122 人
    27,038 人
    27,084 人
    世帯数 26,283軒
    多良間村 1,180 人
    636 人
    544 人
    世帯数 526 軒
  • 天気


  •  

    2011年2月
    « 1月   3月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2