2011年3月のニュース一覧

2011年3月31日(木) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

新入学児童20校で583人/宮古島市

3年連続で500人台


 今年4月に新しく小学校に入学予定の児童数が宮古島市では583人(30日現在)となり、過去最低だった昨年の554人よりは若干増加するも、3年連続で500人台となる見込みであることが市教育委員会のまとめで分かった。また、佐良浜小学校への新入学予定者数は7人で初の1ケタ台となった。同委員会では「全体的に少子化で入学者数は減少している」とした上で「最近は市街地にある平良第一、南、東が増加傾向で推移し、旧町村地区の小学校は減少傾向となっている」と説明した。

(全文を表示…)

2011年3月31日(木) 09:00 [産業・経済]

来月事務所工事を発注/空港ターミナル社

スカイマーク就航向け


搭乗手続カウンターは出発ロビーの南側(空港ターミナル社直売店の所)に設置される

搭乗手続カウンターは出発ロビーの南側(空港ターミナル社直売店の所)に設置される

 宮古空港ターミナル社(神里惠亮社長)は29日、取締役会を開き、那覇-宮古間の9月就航を予定しているスカイマーク社に貸す事務所や搭乗手続カウンターなどの設置に伴う工事発注案を承認した。同社の占有面積は、約150平方㍍。工事は、来月中に発注する。スカイマーク社によると、雇用は20~30人を見込んでいる。

2011年3月31日(木) 09:00 [産業・経済]

宮古地区キビ生産量 4年連続30万㌧の豊作/宮糖城辺

今期製糖操業を終了


機械刈り原料を工場に搬入するトラック=29日、宮古製糖城辺工場

機械刈り原料を工場に搬入するトラック=29日、宮古製糖城辺工場

 宮古製糖城辺工場の2010-11年産サトウキビの製糖操業が30日、終了した。搬入された原料は11万556㌧で豊作型、平均糖度は14・04度と基準糖度帯を上回る平年値以上の成績となった。操業を終えた宮糖伊良部工場と沖糖宮古工場の原料を合わせた宮古地区の生産量は30万㌧に達し、4年連続の豊作を裏付けた。来月操業を終える宮糖多良間工場の原料を含むと32万㌧台になる見通し。

(全文を表示…)

2011年3月31日(木) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

高1の1回目は75%/子宮頸がん接種率

積極接種を呼び掛け/宮古島市


 高校1年生に相当する年齢の女子を対象に宮古島市が今月20日(平良保健センター)と28日(旧佐良浜診療所)に実施した子宮頸がん予防ワクチンの集団接種(1回目)における接種率は75%となった。市福祉保健部健康増進課では「1回目の接種率としては予想していた範囲内。来月14日に2回目の集団接種があるので対象者で1回目の接種がまだの人はぜひ、このときに受けてほしい」と呼び掛けた。

(全文を表示…)

2011年3月31日(木) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

市長に事業の継続答申/パイナガマ公園

市公共事業評価監視委


下地市長(右手前)に答申を手渡す中尾委員長=30日、市長室

下地市長(右手前)に答申を手渡す中尾委員長=30日、市長室

 市公共事業評価監視委員会の中尾英筰委員長は30日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、社会資本整備交付金都市公園事業パイナガマ公園について、事業継続とする委員会審議結果を答申した。答申を受けた下地市長は、パイナガマビーチと一体となった公園整備をしていきたいとの考えを示した。

(全文を表示…)

2011年3月31日(木) 09:00 [イベント, 地域・暮らし]

「前回より良くなった」45%/第33回産業まつりアンケート

継続求める声圧倒的


 「産業まつりは継続した方が良い(回答者の97・3%)」「(第33回は)前回と比べ良くなった(同45%)」「マンネリで飽きた」が1・3%。そんなアンケート結果が、第33回宮古の産業まつり実行委員会で報告された。

(全文を表示…)

2011年3月30日(水) 22:42 [人生雑感]

「親業における能動的な聴き方の訓練とその効果」について

日本親業協会親業インストラクター 福里 盛雄


1 親業における能動的な聴き方とは


子は、親とは別の人格を持つ人間として、自分の人生を歩んでいきます。その過程でさまざまな感情、すなわち喜怒哀楽を経験しながら一人の人間として成長していきます。人はその喜怒哀楽の感情が他人に受け入れられるとき、情緒的に豊かになり、心身共に健全になり、幸せな人生の基礎を築くことが可能となります。特に子供は、その親から自分の喜怒哀楽の感情が受け入れられることが、親に対して心の扉を開いてどんなことでも隠さずに打ち明ける原動力となります。

(全文を表示…)

2011年3月30日(水) 09:00 [社会・全般]

会員の強み活かす会議所を

通常議員総会で予算など承認


議案について事務局から説明を聞く議員たち=29日、宮古島商工会議所会議室

議案について事務局から説明を聞く議員たち=29日、宮古島商工会議所会議室

 宮古島商工会議所(下地義治会頭)は29日、第72回通常議員総会を開催した。「会員の強みを活かした会員のための商工会議所」など三つの基本方針からなる2011年度事業計画と総額1億2486万円となる11年度予算案などを審議し、いずれも全会一致で承認した。

(全文を表示…)

2011年3月30日(水) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

規模見直しなどの意見出ず/パイナガマ公園事業

環境への配慮など要望/市公共事業評価監視委員会


パイナガマ公園事業について事務局の説明を聞く委員たち=29日、市役所平良庁舎

パイナガマ公園事業について事務局の説明を聞く委員たち=29日、市役所平良庁舎

 市公共事業評価監視委員会(中尾英筰委員長)が29日、市役所平良庁舎で開かれ、下地敏彦市長から諮問を受けた社会資本整備交付金都市公園事業パイナガマ公園の再評価について協議を行った。委員から事業継続の是非や規模見直しなどに対する意見は出ず、現在の計画をベースに環境やコミュニティーに配慮した公園とするよう求める要望などが挙げられた。

(全文を表示…)

2011年3月30日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

南静園ガイドブック発刊/自治会と人権市民ネット

ハンセン病に正しい理解を


このほど発刊されたガイドブック=29日、宮古南静園

このほど発刊されたガイドブック=29日、宮古南静園

 宮古南静園入園者自治会とハンセン病と人権市民ネットワーク宮古がこのほど「ガイドブック宮古南静園―南静園の隔離の歴史を歩く―」を発刊した。南静園の歴史を記した冊子で、ハンセン病に関する国の隔離政策や人権回復を求めた国賠訴訟の経緯も記した。同自治会の宮里光雄会長は「ハンセン病に関する啓発活動を続けているが、いまだに誤った理解が存在する」などと指摘。「発刊したガイドブックを南静園を知るための手引きにしてほしい」と話した。

(全文を表示…)

2011年3月30日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

地下水の多面的利用促進/土地改良区総代会

新年度事業計画や予算を決定


新年度の事業や予算を承認した総代会=29日、JAおきなわ

新年度の事業や予算を承認した総代会=29日、JAおきなわ

 宮古土地改良区(仲間克理事長)の第22回通常総代会が29日、JAおきなわ宮古地区本部ホールで行われ、2011年度の事業計画や一般会計予算案を審議し、承認した。新年度も土地改良施設が有する多面的機能を生かして地下水の有効活用を促進、併せて地下水を守る活動を積極的に展開する。新たな地下ダムを建設する国営宮古―伊良部地区の事業概要も確認し、宮古本島と伊良部島の農業振興に期待を込めた。

(全文を表示…)

2011年3月30日(水) 09:00 [地域・暮らし]

故下地明増氏の絵画寄贈

妻の文さんが市に5点/総合博物館で保管、市民に公開へ


市に明増氏の作品を寄贈した妻の文さんと(右)と下地市長=29日、市役所平良庁舎

市に明増氏の作品を寄贈した妻の文さんと(右)と下地市長=29日、市役所平良庁舎

 宮古島出身の画家で、2009年10月に91歳で他界した故下地明増氏の絵画作品5点が、明増氏の妻・文さん(88)から29日、宮古島市に寄贈された。下地敏彦市長は「宮古島に素晴らし画家がいたことを後世に伝えていきたい」との思いを示した。寄贈絵画は市総合博物館で保管。博物館では今後、企画展などを開催し市民に公開していく考え。

(全文を表示…)

2011年3月30日(水) 09:00 [イベント, 地域・暮らし]

パレード、方言大会開催/生まり島・ミャーク大会

総会で大会日程など確認


大会日程などを確認した総会=29日、市役所平良庁舎

大会日程などを確認した総会=29日、市役所平良庁舎

 11月5、6の両日に宮古島で開催される生まり島・ミャーク大会の総会が29日、市役所平良庁舎で行われ、当日のスケジュールや予算などについて審議した。5日には市内の商店街で大会パレードを実施、6日にはスマフツ自慢と銘打つ方言大会のほか、クイチャーフェスティバルを開催することを決めた。

(全文を表示…)

2011年3月29日(火) 23:10 [行雲流水]

旅立ち(行雲流水)

 明日で3月も終わり、4月に入る。別れと出会い、旅立ちの季節である。官公庁や会社、各組織の新しい陣容が整い、清新な雰囲気が漂う。小学校には、学校生活を始めるかわいらしい元気な1年生たちが希望を胸に入学する。中学校は卒業生を各高校に送り、新入生を迎え、心身の大きな成長を遂げる重要な3年間の生活をスタートさせる

(全文を表示…)

2011年3月29日(火) 23:00 [がんずううやき]

砂川 安子さん(87歳)(城辺字西里添)

イモが長寿の秘訣


砂川 安子さん

砂川 安子さん

 農家民泊した子どもたちからの手紙が届くのが楽しみという。「うるさいぐらいにぎやかで、とても楽しかった」と声を弾ませた。

(全文を表示…)

2011年3月29日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

診療活動終え帰島/下地診療所の打出医師

岩手県大槌町で被災者支援


7日間の診療活動を終え帰島した医師の打出さん=28日、下地診療所

7日間の診療活動を終え帰島した医師の打出さん=28日、下地診療所

 東日本大震災で、被災地の岩手県大槌町で医療活動を行っていた下地診療所医師の打出啓二さんが27日、7日間の支援活動を終えて帰島した。現地での活動について「少しですが被災者の方の助けになれたと思う。1日も早い復興をお祈りしています」と話した。

(全文を表示…)

2011年3月29日(火) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

被災地への物資受付へ/東日本大震災

児童、生徒の教育支援も/市が対策室設置


支援対策室設置について説明する下地市長(右)=28日、市長室

支援対策室設置について説明する下地市長(右)=28日、市長室

 宮古島市は28日、「東北地方太平洋沖地震支援対策室」を市役所下地庁舎1階に設置した。被災地へ送る支援物資の受け付けや被災者受け入れに関する業務など東日本大震災の被災者支援の窓口となる部署で、室長は総務課防災危機管理係の川満秀海主幹が兼務する。下地敏彦市長が同日、記者会見を開き、対策室設置の経緯などを説明した。

(全文を表示…)

2011年3月29日(火) 09:00 [地域・暮らし]

荷川取牧場で宮古馬「陸」誕生

今年第1号、計33頭に


母馬に寄り添う子馬「陸」。右は荷川取明弘さん=28日、荷川取牧場

母馬に寄り添う子馬「陸」。右は荷川取明弘さん=28日、荷川取牧場

 荷川取牧場で28日早朝、雄の宮古馬が生まれた。「陸」と命名された子馬は、母馬に寄り添いながら元気よく歩き回っている。今年第1号となる宮古馬の誕生で、宮古全体の頭数は33頭になった。

(全文を表示…)

2011年3月29日(火) 09:00 [政治・行政]

宮古島市 異動率は34%

11年度職員人事を内示


 宮古島市は、4月1日からスタートする2011年度の市職員定期人事を28日、内示した。全体の移動率は34%で、職員数は10年度比27人減の881人となる。城辺、上野、下地の各支所長はこれまでの部長級が廃止され課長級が配置される。人事の詳細は30日に公表される。

(全文を表示…)

2011年3月29日(火) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

県、市町村施設に94人/県被災者受入状況

福島、岩手は送り出しに難航


 【那覇支社】県の又吉進知事公室長は28日、東日本大震災の被災者受け入れ状況や課題などを発表した。同日午前の段階で、県営住宅などの県施設へ59人、市町村営住宅などに39人の計94人を受け入れたことを明らかにした。また、福島、岩手の両県は被災者の送り出しに難航し、沖縄県の申し出を断っている状況。職員派遣なども辞退しているという。

(全文を表示…)

2011年3月29日(火) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

「バランスガイド」活用推進を/市推進会議

食育計画を答申


下地市長(右手前)に計画を答申する長濱副市長=28日、市長室

下地市長(右手前)に計画を答申する長濱副市長=28日、市長室

 宮古島市食育推進会議の会長を務める長濱政治副市長は28日、同会議でとりまとめた市食育推進計画「宮古(みゃーく)食育プラン」を下地敏彦市長に答申した。計画では四つの年代ごとに推進施策を設定していて、期間は2011年度から15年度までの5年間とし、最終年度に評価を実施する。

(全文を表示…)

2011年3月27日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

「被災者のために働く」/ゲストハウス風屋

1カ月の売上げ全額を義援金に


玄関に置かれた募金箱と鏡に映る横断幕=26日、宮古島ゲストハウス風屋

玄関に置かれた募金箱と鏡に映る横断幕=26日、宮古島ゲストハウス風屋

 市内でゲストハウス風屋を営む植田弘一・由紀さん夫妻が26日、東北地方太平洋沖地震の被災者に送る義援金の募金を始めた。この日から来月25日までの1カ月間、宿泊や飲食などの代金を宿泊客らに募金箱に入れてもらい、全額を義援金として送る。目標額は100万円。

(全文を表示…)

2011年3月27日(日) 09:00 [イベント, 地域・暮らし]

海びらき会場きれいに/観光協会

会員らがクリーンアップ活動


ごみを拾い集める参加者たち=26日、与那覇前浜ビーチ

ごみを拾い集める参加者たち=26日、与那覇前浜ビーチ

 4月3日に開催される「2011年海族まつり『第33回 サンゴの楽園未来まで 集まれ遊ぼう 宮古島の海びらき』」(主催・宮古島観光協会)を前に、会場となる与那覇前浜ビーチで26日、クリーンアップ活動が行われた。同協会の会員ら約40人が参加し、漂着ごみやポイ捨てされたごみなどを拾い集めた。

(全文を表示…)

2011年3月27日(日) 09:00 [地域・暮らし]

全国金賞受賞たたえる/北中打楽器四重奏

歴史刻んだ碑を除幕


打楽器四重奏での金賞受賞をたたえる記念碑が関係者によって除幕された=26日、北中

打楽器四重奏での金賞受賞をたたえる記念碑が関係者によって除幕された=26日、北中

 第33回全日本アンサンブルコンテスト(昨年3月20日、新潟市で開催)で金賞を受賞した北中打楽器四重奏の演奏者4人をたたえる記念碑がこのほど完成し26日、除幕式が行われた。生徒たちは「光栄に思う。この記念碑を見て、多くの人たちが『自分も頑張ろう』と思ってくれればうれしい」と喜んだ。

(全文を表示…)

2011年3月27日(日) 09:00 [地域・暮らし]

新校舎来月着工へ/漲水、あけぼの学園

建物の取り壊し始まる


建物の取り壊しが始まった=26日、漲水・あけぼの学園

建物の取り壊しが始まった=26日、漲水・あけぼの学園

 社会福祉法人・県社会福祉事業団(花城可長理事長)が計画を進める漲水学園とあけぼの学園の建て替え事業で、体育館など建物の取り壊しが始まった。建物の建築工事は、来月着工を予定している。両園合わせた新施設の床面積は3470平方㍍で、現在の1・5倍。現在分散している施設を1カ所にまとめ、定員増と機能を拡充する。

(全文を表示…)

2011年3月27日(日) 09:00 [産業・経済]

生産高は10億4200万円/09年宮古の漁業

10年前と比べ半減


 県宮古農林水産振興センターが発刊した2011年版の「宮古の農林水産業」によると、09年の漁業生産額は10億4200万円で、前年と比べ1億3600万円(11・6%)減少した。高齢化が年々進み、10年前と比べると半減した。

(全文を表示…)

2011年3月27日(日) 09:00 [地域・暮らし]

電柱撤去急ピッチ/マクラム通り電線地中化

今月末までに終了へ


電柱の撤去作業が急ピッチで行われている=26日、マクラム通り

電柱の撤去作業が急ピッチで行われている=26日、マクラム通り

 県道高野西里線(通称・マクラム通り)の電線地中化事業で、最終の電柱撤去作業が急ピッチで行われている。今月末までに終わる見通し。地下の電線や電話線、ケーブルテレビ線と事業所や家庭を結ぶ配線は19日ごろから、供用を開始している。

(全文を表示…)

2011年3月26日(土) 22:17 [ニュースウィークリー]

2011年3月20日~3月26日

ニュースウィークリー
3月20日~3月26日


総販売額は24億万円余/10年度肉用牛競り

 宮古と多良間を合わせた2010年度の肉用牛競り販売額(子牛、成牛計)は前年度を1億9921万円上回る24億9054万円となった。宮古が20億6079万円、多良間が4億2975万円。1頭平均価格は32万8136円と同比3万5426円上げた。今年度は宮崎県で口蹄疫が終息した秋以降、価格回復が続き不景気に伴い低迷した前年度を上回った。(3月20日掲載)

(全文を表示…)

2011年3月26日(土) 21:59 [日曜訪問]

狩俣 恵吉さん(56歳)/ミュージシャン

ふるさとへの思い歌に


狩俣 恵吉さん(56歳)

狩俣 恵吉さん(56歳)

 仕事で長年中国で暮らしてきた狩俣さんが、退職を機に宮古に帰り音楽活動を始めた。昨年リリースしたCDのタイトルは「ずぅら宮古んかい」。ふるさとへの思いがたっぷり詰まっている。『私の故郷宮古島』は、♪日本地図を広げて宮古島を探してみた。黒潮流れる太平洋、大陸へ続く東シナ海、沖縄本島と石垣島の真ん中にぽかりと浮かぶ大平山…私の生まれた宮古島。中国で故郷を思い作った歌だ。

(全文を表示…)

2011年3月26日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

被災乗り越え、新たな一歩/福島県の笠原さん

宮古島で葉タバコ収穫作業


葉タバコの収穫作業を手伝う笠原さん(右)。「本当にありがたい」と雇い主に感謝する=25日、上野地区の葉タバコ畑

葉タバコの収穫作業を手伝う笠原さん(右)。「本当にありがたい」と雇い主に感謝する=25日、上野地区の葉タバコ畑

 東日本大震災で住居が半壊し、宮古島に避難している福島県の笠原勝さん(38)が、上野で葉タバコ収穫の手伝いを始めた。畑主の宮國朝親さん(73)の誘いを受けて何の迷いもなく働くことを希望した。被災地の復興まで先が見えない不安定な状態は続く。それでも「働かないとね。家族が食べていけませんから」とにこやかに話す。笠原さんが働く姿に目を細める宮國さんは「大変だと思う。だけどしっかり頑張ってほしい」と被災地の復興を願いながらエールを送り続けている。

(全文を表示…)