2011年3月31日のニュース一覧

2011年3月31日(木) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

新入学児童20校で583人/宮古島市

3年連続で500人台


 今年4月に新しく小学校に入学予定の児童数が宮古島市では583人(30日現在)となり、過去最低だった昨年の554人よりは若干増加するも、3年連続で500人台となる見込みであることが市教育委員会のまとめで分かった。また、佐良浜小学校への新入学予定者数は7人で初の1ケタ台となった。同委員会では「全体的に少子化で入学者数は減少している」とした上で「最近は市街地にある平良第一、南、東が増加傾向で推移し、旧町村地区の小学校は減少傾向となっている」と説明した。

(全文を表示…)

2011年3月31日(木) 09:00 [産業・経済]

来月事務所工事を発注/空港ターミナル社

スカイマーク就航向け


搭乗手続カウンターは出発ロビーの南側(空港ターミナル社直売店の所)に設置される

搭乗手続カウンターは出発ロビーの南側(空港ターミナル社直売店の所)に設置される

 宮古空港ターミナル社(神里惠亮社長)は29日、取締役会を開き、那覇-宮古間の9月就航を予定しているスカイマーク社に貸す事務所や搭乗手続カウンターなどの設置に伴う工事発注案を承認した。同社の占有面積は、約150平方㍍。工事は、来月中に発注する。スカイマーク社によると、雇用は20~30人を見込んでいる。

2011年3月31日(木) 09:00 [産業・経済]

宮古地区キビ生産量 4年連続30万㌧の豊作/宮糖城辺

今期製糖操業を終了


機械刈り原料を工場に搬入するトラック=29日、宮古製糖城辺工場

機械刈り原料を工場に搬入するトラック=29日、宮古製糖城辺工場

 宮古製糖城辺工場の2010-11年産サトウキビの製糖操業が30日、終了した。搬入された原料は11万556㌧で豊作型、平均糖度は14・04度と基準糖度帯を上回る平年値以上の成績となった。操業を終えた宮糖伊良部工場と沖糖宮古工場の原料を合わせた宮古地区の生産量は30万㌧に達し、4年連続の豊作を裏付けた。来月操業を終える宮糖多良間工場の原料を含むと32万㌧台になる見通し。

(全文を表示…)

2011年3月31日(木) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

高1の1回目は75%/子宮頸がん接種率

積極接種を呼び掛け/宮古島市


 高校1年生に相当する年齢の女子を対象に宮古島市が今月20日(平良保健センター)と28日(旧佐良浜診療所)に実施した子宮頸がん予防ワクチンの集団接種(1回目)における接種率は75%となった。市福祉保健部健康増進課では「1回目の接種率としては予想していた範囲内。来月14日に2回目の集団接種があるので対象者で1回目の接種がまだの人はぜひ、このときに受けてほしい」と呼び掛けた。

(全文を表示…)

2011年3月31日(木) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

市長に事業の継続答申/パイナガマ公園

市公共事業評価監視委


下地市長(右手前)に答申を手渡す中尾委員長=30日、市長室

下地市長(右手前)に答申を手渡す中尾委員長=30日、市長室

 市公共事業評価監視委員会の中尾英筰委員長は30日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、社会資本整備交付金都市公園事業パイナガマ公園について、事業継続とする委員会審議結果を答申した。答申を受けた下地市長は、パイナガマビーチと一体となった公園整備をしていきたいとの考えを示した。

(全文を表示…)

2011年3月31日(木) 09:00 [イベント, 地域・暮らし]

「前回より良くなった」45%/第33回産業まつりアンケート

継続求める声圧倒的


 「産業まつりは継続した方が良い(回答者の97・3%)」「(第33回は)前回と比べ良くなった(同45%)」「マンネリで飽きた」が1・3%。そんなアンケート結果が、第33回宮古の産業まつり実行委員会で報告された。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成29年12月1日現在

    宮古島市 54,096 人
    27,018 人
    27,078 人
    世帯数 26,261軒
    多良間村 1,171 人
    631 人
    540 人
    世帯数 527 軒
  • 天気


  •  

    2011年3月
    « 2月   4月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2