「地域・暮らし」 2011年3月のニュース一覧

2011年3月31日(木) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

新入学児童20校で583人/宮古島市

3年連続で500人台


 今年4月に新しく小学校に入学予定の児童数が宮古島市では583人(30日現在)となり、過去最低だった昨年の554人よりは若干増加するも、3年連続で500人台となる見込みであることが市教育委員会のまとめで分かった。また、佐良浜小学校への新入学予定者数は7人で初の1ケタ台となった。同委員会では「全体的に少子化で入学者数は減少している」とした上で「最近は市街地にある平良第一、南、東が増加傾向で推移し、旧町村地区の小学校は減少傾向となっている」と説明した。

(全文を表示…)

2011年3月31日(木) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

高1の1回目は75%/子宮頸がん接種率

積極接種を呼び掛け/宮古島市


 高校1年生に相当する年齢の女子を対象に宮古島市が今月20日(平良保健センター)と28日(旧佐良浜診療所)に実施した子宮頸がん予防ワクチンの集団接種(1回目)における接種率は75%となった。市福祉保健部健康増進課では「1回目の接種率としては予想していた範囲内。来月14日に2回目の集団接種があるので対象者で1回目の接種がまだの人はぜひ、このときに受けてほしい」と呼び掛けた。

(全文を表示…)

2011年3月31日(木) 09:00 [イベント, 地域・暮らし]

「前回より良くなった」45%/第33回産業まつりアンケート

継続求める声圧倒的


 「産業まつりは継続した方が良い(回答者の97・3%)」「(第33回は)前回と比べ良くなった(同45%)」「マンネリで飽きた」が1・3%。そんなアンケート結果が、第33回宮古の産業まつり実行委員会で報告された。

(全文を表示…)

2011年3月30日(水) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

規模見直しなどの意見出ず/パイナガマ公園事業

環境への配慮など要望/市公共事業評価監視委員会


パイナガマ公園事業について事務局の説明を聞く委員たち=29日、市役所平良庁舎

パイナガマ公園事業について事務局の説明を聞く委員たち=29日、市役所平良庁舎

 市公共事業評価監視委員会(中尾英筰委員長)が29日、市役所平良庁舎で開かれ、下地敏彦市長から諮問を受けた社会資本整備交付金都市公園事業パイナガマ公園の再評価について協議を行った。委員から事業継続の是非や規模見直しなどに対する意見は出ず、現在の計画をベースに環境やコミュニティーに配慮した公園とするよう求める要望などが挙げられた。

(全文を表示…)

2011年3月30日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

南静園ガイドブック発刊/自治会と人権市民ネット

ハンセン病に正しい理解を


このほど発刊されたガイドブック=29日、宮古南静園

このほど発刊されたガイドブック=29日、宮古南静園

 宮古南静園入園者自治会とハンセン病と人権市民ネットワーク宮古がこのほど「ガイドブック宮古南静園―南静園の隔離の歴史を歩く―」を発刊した。南静園の歴史を記した冊子で、ハンセン病に関する国の隔離政策や人権回復を求めた国賠訴訟の経緯も記した。同自治会の宮里光雄会長は「ハンセン病に関する啓発活動を続けているが、いまだに誤った理解が存在する」などと指摘。「発刊したガイドブックを南静園を知るための手引きにしてほしい」と話した。

(全文を表示…)

2011年3月30日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

地下水の多面的利用促進/土地改良区総代会

新年度事業計画や予算を決定


新年度の事業や予算を承認した総代会=29日、JAおきなわ

新年度の事業や予算を承認した総代会=29日、JAおきなわ

 宮古土地改良区(仲間克理事長)の第22回通常総代会が29日、JAおきなわ宮古地区本部ホールで行われ、2011年度の事業計画や一般会計予算案を審議し、承認した。新年度も土地改良施設が有する多面的機能を生かして地下水の有効活用を促進、併せて地下水を守る活動を積極的に展開する。新たな地下ダムを建設する国営宮古―伊良部地区の事業概要も確認し、宮古本島と伊良部島の農業振興に期待を込めた。

(全文を表示…)

2011年3月30日(水) 09:00 [地域・暮らし]

故下地明増氏の絵画寄贈

妻の文さんが市に5点/総合博物館で保管、市民に公開へ


市に明増氏の作品を寄贈した妻の文さんと(右)と下地市長=29日、市役所平良庁舎

市に明増氏の作品を寄贈した妻の文さんと(右)と下地市長=29日、市役所平良庁舎

 宮古島出身の画家で、2009年10月に91歳で他界した故下地明増氏の絵画作品5点が、明増氏の妻・文さん(88)から29日、宮古島市に寄贈された。下地敏彦市長は「宮古島に素晴らし画家がいたことを後世に伝えていきたい」との思いを示した。寄贈絵画は市総合博物館で保管。博物館では今後、企画展などを開催し市民に公開していく考え。

(全文を表示…)

2011年3月30日(水) 09:00 [イベント, 地域・暮らし]

パレード、方言大会開催/生まり島・ミャーク大会

総会で大会日程など確認


大会日程などを確認した総会=29日、市役所平良庁舎

大会日程などを確認した総会=29日、市役所平良庁舎

 11月5、6の両日に宮古島で開催される生まり島・ミャーク大会の総会が29日、市役所平良庁舎で行われ、当日のスケジュールや予算などについて審議した。5日には市内の商店街で大会パレードを実施、6日にはスマフツ自慢と銘打つ方言大会のほか、クイチャーフェスティバルを開催することを決めた。

(全文を表示…)

2011年3月29日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

診療活動終え帰島/下地診療所の打出医師

岩手県大槌町で被災者支援


7日間の診療活動を終え帰島した医師の打出さん=28日、下地診療所

7日間の診療活動を終え帰島した医師の打出さん=28日、下地診療所

 東日本大震災で、被災地の岩手県大槌町で医療活動を行っていた下地診療所医師の打出啓二さんが27日、7日間の支援活動を終えて帰島した。現地での活動について「少しですが被災者の方の助けになれたと思う。1日も早い復興をお祈りしています」と話した。

(全文を表示…)

2011年3月29日(火) 09:00 [地域・暮らし]

荷川取牧場で宮古馬「陸」誕生

今年第1号、計33頭に


母馬に寄り添う子馬「陸」。右は荷川取明弘さん=28日、荷川取牧場

母馬に寄り添う子馬「陸」。右は荷川取明弘さん=28日、荷川取牧場

 荷川取牧場で28日早朝、雄の宮古馬が生まれた。「陸」と命名された子馬は、母馬に寄り添いながら元気よく歩き回っている。今年第1号となる宮古馬の誕生で、宮古全体の頭数は33頭になった。

(全文を表示…)

2011年3月27日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

「被災者のために働く」/ゲストハウス風屋

1カ月の売上げ全額を義援金に


玄関に置かれた募金箱と鏡に映る横断幕=26日、宮古島ゲストハウス風屋

玄関に置かれた募金箱と鏡に映る横断幕=26日、宮古島ゲストハウス風屋

 市内でゲストハウス風屋を営む植田弘一・由紀さん夫妻が26日、東北地方太平洋沖地震の被災者に送る義援金の募金を始めた。この日から来月25日までの1カ月間、宿泊や飲食などの代金を宿泊客らに募金箱に入れてもらい、全額を義援金として送る。目標額は100万円。

(全文を表示…)

2011年3月27日(日) 09:00 [イベント, 地域・暮らし]

海びらき会場きれいに/観光協会

会員らがクリーンアップ活動


ごみを拾い集める参加者たち=26日、与那覇前浜ビーチ

ごみを拾い集める参加者たち=26日、与那覇前浜ビーチ

 4月3日に開催される「2011年海族まつり『第33回 サンゴの楽園未来まで 集まれ遊ぼう 宮古島の海びらき』」(主催・宮古島観光協会)を前に、会場となる与那覇前浜ビーチで26日、クリーンアップ活動が行われた。同協会の会員ら約40人が参加し、漂着ごみやポイ捨てされたごみなどを拾い集めた。

(全文を表示…)

2011年3月27日(日) 09:00 [地域・暮らし]

全国金賞受賞たたえる/北中打楽器四重奏

歴史刻んだ碑を除幕


打楽器四重奏での金賞受賞をたたえる記念碑が関係者によって除幕された=26日、北中

打楽器四重奏での金賞受賞をたたえる記念碑が関係者によって除幕された=26日、北中

 第33回全日本アンサンブルコンテスト(昨年3月20日、新潟市で開催)で金賞を受賞した北中打楽器四重奏の演奏者4人をたたえる記念碑がこのほど完成し26日、除幕式が行われた。生徒たちは「光栄に思う。この記念碑を見て、多くの人たちが『自分も頑張ろう』と思ってくれればうれしい」と喜んだ。

(全文を表示…)

2011年3月27日(日) 09:00 [地域・暮らし]

新校舎来月着工へ/漲水、あけぼの学園

建物の取り壊し始まる


建物の取り壊しが始まった=26日、漲水・あけぼの学園

建物の取り壊しが始まった=26日、漲水・あけぼの学園

 社会福祉法人・県社会福祉事業団(花城可長理事長)が計画を進める漲水学園とあけぼの学園の建て替え事業で、体育館など建物の取り壊しが始まった。建物の建築工事は、来月着工を予定している。両園合わせた新施設の床面積は3470平方㍍で、現在の1・5倍。現在分散している施設を1カ所にまとめ、定員増と機能を拡充する。

(全文を表示…)

2011年3月27日(日) 09:00 [地域・暮らし]

電柱撤去急ピッチ/マクラム通り電線地中化

今月末までに終了へ


電柱の撤去作業が急ピッチで行われている=26日、マクラム通り

電柱の撤去作業が急ピッチで行われている=26日、マクラム通り

 県道高野西里線(通称・マクラム通り)の電線地中化事業で、最終の電柱撤去作業が急ピッチで行われている。今月末までに終わる見通し。地下の電線や電話線、ケーブルテレビ線と事業所や家庭を結ぶ配線は19日ごろから、供用を開始している。

(全文を表示…)

2011年3月26日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

被災乗り越え、新たな一歩/福島県の笠原さん

宮古島で葉タバコ収穫作業


葉タバコの収穫作業を手伝う笠原さん(右)。「本当にありがたい」と雇い主に感謝する=25日、上野地区の葉タバコ畑

葉タバコの収穫作業を手伝う笠原さん(右)。「本当にありがたい」と雇い主に感謝する=25日、上野地区の葉タバコ畑

 東日本大震災で住居が半壊し、宮古島に避難している福島県の笠原勝さん(38)が、上野で葉タバコ収穫の手伝いを始めた。畑主の宮國朝親さん(73)の誘いを受けて何の迷いもなく働くことを希望した。被災地の復興まで先が見えない不安定な状態は続く。それでも「働かないとね。家族が食べていけませんから」とにこやかに話す。笠原さんが働く姿に目を細める宮國さんは「大変だと思う。だけどしっかり頑張ってほしい」と被災地の復興を願いながらエールを送り続けている。

(全文を表示…)

2011年3月26日(土) 09:00 [地域・暮らし]

「島シャツ」展示会始まる/みやこ島織組合

1年の成果一堂に/エコハウスで27日まで


島シャツなど1年間の成果が紹介されている展示会=25日、根間地区の市街地型エコハウス

島シャツなど1年間の成果が紹介されている展示会=25日、根間地区の市街地型エコハウス

 宮古島地域雇用創造協議会(砂川恵助会長)が、みやこ島織有限責任事業組合(下地正子代表)に委託し開発した島産苧麻素材の糸や布、「島シャツ」(試作品)の展示会が根間地区のエコハウスで25日、始まった。27日までの3日間。時間は午前9時から午後4時。糸から島シャツの開発まで、1年間の成果を紹介している。

(全文を表示…)

2011年3月26日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

地域住民反対運動展開/上野配電塔建設

沖電「安定供給に必要」


用地周辺には「建設反対」の看板が立てられている=24日、上野宮国

用地周辺には「建設反対」の看板が立てられている=24日、上野宮国

 沖縄電力が上野宮国アツヅマに建設を予定している配電塔に関する住民説明会が23日夜、上野大嶺公民館で開かれた。沖縄電力は配電塔建設の必要性と、地域住民が懸念している電磁界については基準値よりもかなり低いことなどを説明し、理解を求めた。説明会には約50人が参加したが住民の一部は納得せず、用地移転を強く求め、建設予定地に反対の立て看板を設置、署名を集めるなど反対運動を展開している。

(全文を表示…)

2011年3月25日(金) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

宮古でも売り切れ/ミネラルウオーター

関東の水道水問題で


1家族1ケース」の張り紙が張られたケースにはすでにミネラルウオーターは無くなっていた=24日午後3時半ごろ、市内の大型スーパー

1家族1ケース」の張り紙が張られたケースにはすでにミネラルウオーターは無くなっていた=24日午後3時半ごろ、市内の大型スーパー

 東京都葛飾区の金町浄水場の水道水から幼児向けの引用基準の2倍に当たる放射性ヨウ素131を検出したとの報道が流れた23日の夕方ごろから、宮古島市内の大型スーパーなどで一気にミネラルウオーターが売れ始め、品薄状態となっている。

(全文を表示…)

2011年3月25日(金) 09:00 [地域・暮らし]

陥没の穴で骨を確認/市教委が本格調査

城辺下北のキビ畑 


陥没で出現したキビ畑の穴。人工的に掘られたとみられる=24日、城辺下北

陥没で出現したキビ畑の穴。人工的に掘られたとみられる=24日、城辺下北

 城辺下北のサトウキビ畑の一部が陥没した問題で、県宮古農林水産振興センターは24日午後、陥没箇所の周辺を重機で掘り起こして内部の調査を始めた。この結果、規則的な幅を保ちながら奥深くまで続く洞窟のような穴が出現し、中から骨とみられるものが確認された。現場を調べた市教育委員会は「人工的に掘られた可能性がある」とし、近く本格的な調査に入る方針。

(全文を表示…)

2011年3月25日(金) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

被災地の復興、音楽で支援/ロックフェス実行委

かりゆし58の前川さんら出演


多くの市民が支援コンサート会場に来場。出演者とともに被災地にエールを送った=23日、マックスバリュ宮古南店

多くの市民が支援コンサート会場に来場。出演者とともに被災地にエールを送った=23日、マックスバリュ宮古南店

 東日本大震災復興支援コンサートが23日午後、マックスバリュ宮古南店であった。かりゆし58の前川真悟さんほか、しおりさん、地元の下地暁さんらが出演してライブパフォーマンスを披露。会場に訪れた多くの市民は義援金を寄せ、出演者とともに被災地の早期復興を願った。

(全文を表示…)

2011年3月24日(木) 09:00 [地域・暮らし]

友利、伊川さんに感謝状/宮古島署

人命救助、振り込め詐欺防止で


感謝状を贈られた伊川さん(中央)と友利さん(右)=23日、宮古島警察署

感謝状を贈られた伊川さん(中央)と友利さん(右)=23日、宮古島警察署

 人命救助や振り込め詐欺の未然防止をしたとして、宮古島警察署(島袋令署長)は23日、会社員の友利秀吉さん(43)=平良字西里=と城辺郵便局長の伊川忠秀さん()=平良字東仲宗根=に感謝状を贈呈した。

(全文を表示…)

2011年3月24日(木) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

「宮古島記事仕次」など発刊/砂川玄正さん

宮古の歴史・文化入門書に


このほど2冊の文献資料を発刊した砂川玄正さん=22日、本社

このほど2冊の文献資料を発刊した砂川玄正さん=22日、本社

 市文化財審議会長の砂川玄正さん(61)がこのほど「講座用教本 宮古島記事仕次」と「講座用教本 御嶽由来記 雍正旧記 宮古嶋記事」の2冊を発刊した。2冊とも原本複写・翻刻を併記しており、宮古の近世期(1609~1878年)の歴史・文化の入門書として貴重な資料といえそうだ。

(全文を表示…)

2011年3月24日(木) 09:00 [地域・暮らし]

たった1人の卒業式/池間小

勝連君、地域全体で祝福


たった1人の卒業生を地域で盛大に祝った卒業式=23日、池間小学校

たった1人の卒業生を地域で盛大に祝った卒業式=23日、池間小学校

 池間小学校(下地政昭校長)の卒業式は23日、同校体育館で行われた。今年の卒業生は勝連健人君ただ1人で、通い慣れたれた学びやを巣立つ勝連君を地域全体で祝った。

(全文を表示…)

2011年3月23日(水) 09:00 [地域・暮らし]

大物タコが大漁/佐良浜漁港

久し振りに活気づく


大物タコの水揚げで活気づいていた=21日、佐良浜漁港

大物タコの水揚げで活気づいていた=21日、佐良浜漁港

 干満の差が大きくなった21日、佐良浜漁港では大物タコ約200㌔が水揚げされ、久し振りに活気づいた。

(全文を表示…)

2011年3月23日(水) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

「黒豆茶」を開発/多良間産黒豆原料

「ぜんざいゼリー」も/離島広域連携モデル事業


「黒豆茶」(右)と「ぜんざいゼリー」の試作品

「黒豆茶」(右)と「ぜんざいゼリー」の試作品

 2010年度離島地域広域連携推進モデル事業に携わるワーキンググループが、多良間産黒豆(ササゲ)を原料に開発した「黒豆茶」と「ぜんざいゼリー」の試作品が22日開かれた広域連携会議(安和朝忠委員長)で、お披露目された。開発は、新規特産品の開発による村の活性化を目的に行った。2品目のうち、「黒豆茶」については、村内の住民が商品化に意欲を見せている。

(全文を表示…)

2011年3月22日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

220人が接種受ける/子宮頸がん予防ワクチン

病気の特徴など学ぶ/高1対象


高校1年生の年齢に相当する女子を対象に行われたワクチン接種=20日、市平良保健センター

高校1年生の年齢に相当する女子を対象に行われたワクチン接種=20日、市平良保健センター

 宮古島市による子宮頸がん予防ワクチンの集団接種が20日、市平良保健センターで行われた。今回、対象となったのは高校1年生の年齢に相当する女子303人で、そのうち約220人が接種を受けた。接種後には、子宮頸がんについての説明も行われ、病気の特徴などを学んだ。

(全文を表示…)

2011年3月22日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

東北地方向け配送再開/ヤマト運輸

宮古からも早速支援物資


輸送事業所に持ち寄られた福島、岩手県向けの荷物=21日、沖縄ヤマト運輸空港前営業所

輸送事業所に持ち寄られた福島、岩手県向けの荷物=21日、沖縄ヤマト運輸空港前営業所

 宅配大手のヤマト運輸は21日、東日本巨大地震の被害を受けた東北地方の岩手、宮城、福島3県向けの荷物取り扱いを再開した。

(全文を表示…)

2011年3月22日(火) 09:00 [地域・暮らし]

ふれあいの里展示即売会

野菜や手芸品など人気


人気を集めた手芸品コーナー=21日、ふれあいの里

人気を集めた手芸品コーナー=21日、ふれあいの里

 社会福祉法人ムサアザ福祉会(池村幸理事長)が運営する知的障害者更正施設「ふれあいの里」(清水聡施設長)の展示即売会が21日、開催された。施設活動の紹介や市民との交流などを目的とする年に1度の行事。大勢の市民が訪れ、野菜や草花、手芸品などを買い求めた。

(全文を表示…)

2011年3月22日(火) 09:00 [地域・暮らし]

ツバキ栽培で環境教育/南小学校

近隣公園に200本植え付け


ツバキの苗木を植える南小の児童たち=20日、大原南公園

ツバキの苗木を植える南小の児童たち=20日、大原南公園

 南小学校の卒業生を中心とする児童が20日午前、学校隣の大原南公園にツバキの苗木200本を植えた。環境教育の一環で、今年4月からは南小ツバキプロジェクトを始動させて宮古島の土、森、水の保全を考える。苗木はアクアグリーン社長の真榮城忠之さんが無償で提供した。「感性豊かな子どもたちがこのような活動をすることが大切。ツバキが咲き乱れる環境を作ってほしい」と期待した。

(全文を表示…)

1 / 3123
  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2011年3月
    « 2月   4月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2