2011年4月24日のニュース一覧

2011年4月24日(日) 15:55 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

河原、10人抜きの快走/女子は塩野が貫禄V

ランレース経過


 【往路】グエンベルをトップに2位益田、3位松丸が平良中心街を抜けて城辺線に出た。5~6㌔付近の通過タイムではグエンベルと益田の差は約3分。この差は城辺比嘉付近まで続いた。


 ランでは3時間を切るのが勝負の分かれ目。6位~10位以内でランに移った菅沼や西内、河原、パクらにも十分に逆転のチャンス。


 益田は徐々にスピードを上げると保良折り返し手前でグエンベルを捉えトップに。3位松丸。


 女子は塩野と松丸がバイクに続きランでも激しいつば競り合いを演じ、いよいよ後半へ。

 【復路】益田は、折り返しを過ぎてから前半のオーバーペースがたたってか失速。グエンベル、松丸、桑原にも抜かれ優勝争いから脱落した。


 30㌔地点では桑原が一気にトップに。8秒差で松丸、1分30秒差で河原。グエンベルは4位に後退した。


 32・5㌔付近(中休み給油所)では①桑原②河原③松丸④西内⑤菅沼―で、日本勢が上位を独占。スイム、バイクを引っ張ったグエンベルはこの時点で力尽きた。


 終盤もペースが落ちなかった河原は、疲れが見えた桑原を抜きトップに立つとそのままゴールイン。11位のランスタートから10人抜きの怒濤の走りだった。2位桑原、3位松丸。


 女子は塩野が追いすがる松丸を振り切って優勝した。

2011年4月24日(日) 15:44 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会, 特集]

益田3位、グエンベルプ追走/バイクレース経過

第27回全日本トライアスロン宮古島大会

激しい2位争いを演じる松丸243とブロックヒン=24日、来間大橋

激しい2位争いを演じる松丸243とブロックヒン=24日、来間大橋

 【1周目】グエンベルは前回バイクで2位。スイムに続き得意種目とあって、序盤からスピードを緩めず後続を引き離しに掛かった。西内、前田隼矢、桑原、竹内の国内選手と、フーラー、ブロックヒンの外国人選手が集団で追う展開。

(全文を表示…)

2011年4月24日(日) 13:17 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

グエンベルが他を圧倒/女子は久保田1位、塩野12位

スイム経過/第27回全日本トライアスロン宮古島大会


スイムで圧倒的な力を発揮し1位で砂浜に上がるグエンベル=24日、与那覇前浜ビーチ

スイムで圧倒的な力を発揮し1位で砂浜に上がるグエンベル=24日、与那覇前浜ビーチ

 前回総合優勝のウルフガング・グエンベル(カナダ)が800㍍付近から集団を抜け出した。前回は西内洋行とゴールまで激しいトップ争いを演じ、わずかな差で2位。今回はスタート時から大きな体を生かしたダイナミックなストロークでぐんぐんととばした。

(全文を表示…)

2011年4月24日(日) 13:11 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

感動のドラマ、スイムでスタート/第27回全日本トライアスロン宮古島大会

午前7時、出場1347人が最初の種目スイム(3キロ)に挑む。水しぶきをあげて一斉にスタートする選手たち=24日、与那覇前浜ビーチ

午前7時、出場1347人が最初の種目スイム(3キロ)に挑む。水しぶきをあげて一斉にスタートする選手たち=24日、与那覇前浜ビーチ

 「海・風・太陽 熱き想い 君を待つ」をテーマに第27回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市ほか)は24日午前7時、与那覇前浜ビーチでスイムを皮切りにレースが始まった。


 最終出場者数は1347人。地元宮古を含む、東日本大震災の被災地・東北からも選手が参加し、スイム3㌔、バイク155㌔、ラン42・195㌔の3種目(総距離200・195㌔9)に挑んだ。


 今大会は、大震災の復興支援として位置付け。「日本は一つ」を合言葉に、「ワイドー日本」「ワイドー東北」トライアスロンの持つ力を全国にアピールした。スイムスタート時(午前7時)の気象状況は快晴、気温は17度、湿度73%、東の風1・3㍍だった。

2011年4月24日(日) 09:00 [イベント, スポーツ]

トライ けさ号砲

1482人限界に挑戦


いよいよ本番。気持ちを引き締める出場選手たち=23日、下地上地

いよいよ本番。気持ちを引き締める出場選手たち=23日、下地上地

 第27回全日本トライアスロン宮古島大会がきょう24日、来間島を含む宮古本島一円で開催される。大会には1482人が出場、スイム、バイク、ランの計200・195㌔の限界に挑む。今回の大会は東日本大震災の被災地支援を全面に打ち出しており、全出場選手が被災地の早期復興を合言葉に力走する。

(全文を表示…)

2011年4月24日(日) 09:00 [地域・暮らし]

「大切な人思い鑑賞を」/映画「一粒の種」上映

砂川さんが舞台あいさつ


全員で記念撮影する砂川さんと来場者=23日、シネマパニック宮古島

全員で記念撮影する砂川さんと来場者=23日、シネマパニック宮古島

 映画「一粒の種~真太陽の島の大合唱~」を上映しているシネマパニック宮古島で23日、砂川恵理歌さんによる舞台あいさつが行われた。砂川さんは来場者に「皆さんの大切な人を思いながら、映画を楽しんでもらえるとうれしい」と呼び掛けた。上映終了後には全員で記念写真を撮影した。

(全文を表示…)

2011年4月24日(日) 09:00 [社会・全般]

海中観察施設を視察/沖縄総合事務局竹澤正明局長

「素晴らしい」と評価


海中観察施設を視察する竹澤局長(左)と案内した下地市長(右)、仲間主幹(中央)=23日、宮古島海中公園

海中観察施設を視察する竹澤局長(左)と案内した下地市長(右)、仲間主幹(中央)=23日、宮古島海中公園

 沖縄総合事務局の竹澤正明局長が23日、宮古島海中公園を視察した。竹澤局長は「海中観察施設では、自然条件で泳いでいる魚が見え、見える対象が無尽蔵になるので素晴らしい」と評価した上で「その日の気象条件や干満によって魚種はバラエティーに富むと思うので、家族で見られる回数も増えるだろう」と予想した。


(全文を表示…)

2011年4月24日(日) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

県、避難者へ見舞金/26日から市町村社協で受付

1世帯、20万円を支給


避難者に見舞金給付を決定したと発表する又吉公室長(左)と宮里達也福祉保健部長=22日、県庁記者会見室

避難者に見舞金給付を決定したと発表する又吉公室長(左)と宮里達也福祉保健部長=22日、県庁記者会見室

 【那覇支社】県は22日、東日本大震災で被災し県内に避難してきた家族に対し、1世帯あたり20万円(単身者は10万円)の支援見舞金を支給すると発表した。受け付け期間は4月26日~6月30日まで。避難先市町村の社会福祉協議会窓口で申し込みを受け付ける。

(全文を表示…)

2011年4月24日(日) 09:00 [イベント, 地域・暮らし]

完走願い花冠づくり

ストロングマンの頭上へ


出場者全員の完走の願いを込めて花冠を編む参加者たち=23日、市総合体育館

出場者全員の完走の願いを込めて花冠を編む参加者たち=23日、市総合体育館

 全日本トライアスロン宮古島大会の完走者に、その健闘をたたえて贈られる花冠の製作作業が本番直前の23日、市総合体育館玄関横のスペースで行われた。通常は、完走者全員の頭上に飾られるが、昨年同様に今年も材料となるシダが不作で多く作ることができないため、上位100人にのみ、贈られることとなった。

(全文を表示…)

2011年4月24日(日) 09:00 [イベント, 地域・暮らし]

狩俣中にワイドー大賞/トライ応援幕コンテスト

選手と被災者にエール


ワイドー大賞に輝いた狩俣中生徒会の応援幕。青い海と空をバックに、中央には「宮古島まもる君」を、左右にヒマワリとハイビスカスを描き「熱き想い君を待つ」とのメッセージを込めた

ワイドー大賞に輝いた狩俣中生徒会の応援幕。青い海と空をバックに、中央には「宮古島まもる君」を、左右にヒマワリとハイビスカスを描き「熱き想い君を待つ」とのメッセージを込めた

 第27回全日本トライアスロン宮古島大会の出場選手にエールを送る応援幕のコンテスト審査会が23日に行われた。今年は202点の応援幕を審査した結果、狩俣中学校生徒会が、大会に出場する同校教諭を応援するために作った作品が最高賞に当たるワイドー大賞を獲得。そのほか準ワイドー賞とデザイン賞、優秀賞に各2点、ストロング賞、チームワーク賞、フレンドシップ賞に各1点が選ばれた。

(全文を表示…)