2011年4月26日のニュース一覧

2011年4月26日(火) 23:00 [がんずううやき]

恩河 旨会さん(82歳)(平良字荷川取)

「お笑いは詳しいよ」


恩河 旨会さん(82歳)

恩河 旨会さん(82歳)

 今も現役バリバリで農業に励む。朝からトラクターに乗り、一日畑を耕している。
 「歳を考えないで、仕事をしていれば、体は丈夫」と胸を張る。

(全文を表示…)

2011年4月26日(火) 09:00 [産業・経済]

前年度比6万6788人増/市観光商工局発表

10年度入域観光客数確定値


 宮古島市(下地敏彦市長)は25日、2010年度の観光入域客数の確定値を発表した。10年4月から11年3月末までに観光のために宮古島を訪れた客数は40万4144人で、前年度と比べ19・8㌫増加した。4月から9月までの上半期は前年同期と比べ23・9㌫と大幅な伸びを示した。下半期は15・4㌫増加した。

(全文を表示…)

2011年4月26日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

「宮古気質取り入れる」/東京芸術座演出家 杉本孝司さんと意見交換

市子ども劇団開催で


下地市長(右)と意見を交わす演出家の杉本さん(左)=25日、市役所平良庁舎

下地市長(右)と意見を交わす演出家の杉本さん(左)=25日、市役所平良庁舎

 6月に開催予定の宮古島市子ども劇団検討委員会とワークショップを前に、東京芸術座の演出家、杉本孝司さんが25日、下地敏彦市長と長濱政治副市長を表敬訪問し意見を交わした。その中で、下地市長は「演劇のイメージとしては、沖縄・琉球らしさにはこだわらない。ミュージカル的なものも取り入れ、これまでにない新しいオリジナリティーの演劇で国内外に発信したい。そのためには、宮古の気質を盛り込む」と構想を述べた。

(全文を表示…)

2011年4月26日(火) 09:00 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

入賞者の栄誉たたえる/トライ宮古島大会表彰式

河原、塩野に大会長杯


今大会で10位以内となり表彰を受けた総合の部入賞者=25日、市総合体育館

今大会で10位以内となり表彰を受けた総合の部入賞者=25日、市総合体育館

 第27回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市など)の表彰式・ふれあいパーティーが25日、市総合体育館で開かれた。3年ぶり2度目の総合優勝を果たした河原勇人選手と、女子優勝は5年ぶり2度目となる塩野絵美選手に優勝盾と大会長杯、総合と女子の部10位までの選手に入賞盾が贈られた。参加者たちは入賞者の栄誉に拍手を贈るとともに、互いの健闘をたたえあった。

(全文を表示…)

2011年4月26日(火) 09:00 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

「乾杯」で再会を約束/トライふれあいパーティー

戦い終え選手交流


健闘をたたえ合って乾杯する選手たち=25日、市総合体育館

健闘をたたえ合って乾杯する選手たち=25日、市総合体育館

 「乾杯」「がんばろう東北」-。第27回全日本トライアスロン宮古島大会を締めくくるふれあいパーティーが25日、宮古島市総合体育館で行われた。前日のレースを戦い終えた選手たちは大会スタッフやボランティアと交流。宮古の伝統芸能クイチャーを踊りながら再会を約束した。参加者は口々に「大会を開催して良かった。東日本に元気を送り続けたい」と話した。

(全文を表示…)

2011年4月26日(火) 09:00 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

第27回トライ大会総括

東北に「ワイドー」のエール


選手、ボランティア、大会関係者らが被災地の早期復興願い開催された第27回全日本トライアスロン宮古島大会=24日、市陸上競技場

選手、ボランティア、大会関係者らが被災地の早期復興願い開催された第27回全日本トライアスロン宮古島大会=24日、市陸上競技場

 24日に開催された第27回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市など)は、大会前から出場する選手、島民、大会スタッフら関係者すべての思いは一つ「被災地に勇気と希望を届ける」大会にすることだった。大会当日も宮古島の元気と「強人」たちのパワーを被災地に送ろうと、すべての関係者が心を一つにした大会運営を心掛けた。今大会はこれまで以上にいろいろな思いの涙が流れたが、人々が痛みを分かち合いながら思いやりの気持ちで互いに勇気づけあった印象に残る大会となった。

(全文を表示…)

2011年4月26日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

増改築工事が着工/漲水、あけぼの学園

事業費10億円、来年6月供用


花城理事長(中央)らがクワ入れを行った地鎮祭=25日、漲水・あけぼの学園

花城理事長(中央)らがクワ入れを行った地鎮祭=25日、漲水・あけぼの学園

 県社会福祉事業団(花城可長理事長)が運営する漲水学園とあけぼの学園の老朽化に伴う増改築工事が着工し25日、地鎮祭が建設現場で行われた。総事業費は約10億円。両園合わせた延べ床面積は4052平方㍍で、現在の1・5倍。新施設は、現在分散している施設を1カ所にまとめ、定員増と機能を拡充する。供用開始は、2012年6月を予定している。

(全文を表示…)