2011年4月のニュース一覧

2011年4月17日(日) 09:00 [地域・暮らし]

下地氏(国民新幹事長)に要請/久松五勇士期成会

記念資料館、公園整備求め


仲間会長(右から4番目)が要請書を下地氏に手渡した=16日、那覇市、下地幹郎後援会事務所

仲間会長(右から4番目)が要請書を下地氏に手渡した=16日、那覇市、下地幹郎後援会事務所

 【那覇支社】「久松五勇士記念資料館及び公園整備事業期成会」(仲間則人会長)は16日、那覇市おもろまちにある国民新党幹事長の下地幹郎後援会事務所を訪れ、同実行委員会が目指す事業が早期に実現するよう下地氏に要請した。在沖久松郷友会(宮城元勝会長)の役員らが同行した。

(全文を表示…)

2011年4月17日(日) 09:00 [地域・暮らし]

創立30周年を祝う/東川根自治会

会館落成も兼ね盛大に


関係者が集い自治会のさらなる発展を願った創立周年記念式典・祝賀会=16日、東川根自治会館ぬくもりの里

関係者が集い自治会のさらなる発展を願った創立周年記念式典・祝賀会=16日、東川根自治会館ぬくもりの里

 東川根自治会創立30周年記念式典・祝賀会(主催・同記念事業実行委員会)が16日、同自治会館ぬくもりの里で行われた。下地敏彦市長や川上哲也教育長らが駆け付け、宮古地区の中で大規模な自治会の一つである同自治会のさらなる発展とぬくもりのある地域作りに期待を寄せた。祝賀会も行われ、地域の女性たちや子どもたちによる各種余興で盛り上がった。

(全文を表示…)

2011年4月17日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

「活力朝礼」で資質向上/倫理法人会

企業7社が朝礼を実演


朝礼を実演するパラダイスプランの皆さん=16日、ぱいながまホール

朝礼を実演するパラダイスプランの皆さん=16日、ぱいながまホール

 宮古島倫理法人会主催の「職場を元気にしていくための活力朝礼大会」が16日、平良のぱいながまホールで行われた。企業7社の社員らが資質向上と社業発展のために実践している朝礼を実演し、歯切れの良いあいさつで会場の参加者の緊張感と拍手を誘った。

(全文を表示…)

2011年4月17日(日) 09:00 [地域・暮らし]

自然の中で絆深める/青少年の家

ファミリーキャンプを満喫


テント設営作業をする親子=16日、宮古青少年の家

テント設営作業をする親子=16日、宮古青少年の家

 県立宮古青少年の家の親子ファミリーキャンプが16日、スタートした。1泊2日のキャンプに6家族17人が参加し、初日はウオークラリーやパンの生地づくり、バーベキューなどを通して親子の絆を深めた。

(全文を表示…)

2011年4月17日(日) 09:00 [スポーツ]

トライ大会まで1週間/応援幕でムード高まる

事務局「被災地へ元気とパワーを」


大会当日へ向けランコースなどで張られはじめた応援幕=16日、袖山入口交差点付近

大会当日へ向けランコースなどで張られはじめた応援幕=16日、袖山入口交差点付近

 第27回全日本トライアスロン宮古島大会開催まであと1週間。大会事務局では本番へ向け、着々と準備を進めている。バイク・ランコースには当日の交通規制を知らせる看板が設置されたほか、選手にエールを送る応援幕も張られ始めた。18日には大会専門委員会を開き準備状況を最終確認。21日からは選手受付、22日には開会式を開き、24日の本番を迎える。

(全文を表示…)

2011年4月16日(土) 23:00 [人(ひと)]

沖縄振興開発金融公庫宮古支店長 喜納 兼次郎さん(53歳)

宮古発展を金融面から支援


 
喜納 兼次郎さん(53歳)

喜納 兼次郎さん(53歳)

 宮古支店勤務は3度目。「過去2回の宮古勤務を通し、多くの方々との出会いが印象深い。3度目の正直となるよう、宮古の発展を金融面から支えたい」と抱負を語る。

(全文を表示…)

2011年4月16日(土) 23:00 [ニュースウィークリー]

4月10日~4月16日

ニュースウィークリー
4月10日~4月16日


実家に帰省中、大震災で被災/宮城出身の菅浪さん

 地震と津波で大きな被害を受けた宮城県の出身で、宮古島市東仲宗根に住む菅浪正憲さん(60)が9日、本紙の取材に応じ、東日本大地震の様子などを語った。菅波さんは地震発生当時、実家がある同県登米市に里帰り中だった。「被害状況は言葉には言い表せないが、いつの日かきっと復興できると信じている」と話す。避難所生活も経験し、「家族の大切さ、無い物を分け合うなど人と人とのつながりの深さを強く感じた」と振り返った。(4月10日掲載)

(全文を表示…)

2011年4月16日(土) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

ごみをトイレットペーパーに/宮古島市

職員がリサイクル運動


紙類ごみと交換されたトイレットペーパーを手に、リサイクルへの協力を呼び掛ける垣花参事(右)と行財政改革班の担当職員=15日、市役所平良庁舎

紙類ごみと交換されたトイレットペーパーを手に、リサイクルへの協力を呼び掛ける垣花参事(右)と行財政改革班の担当職員=15日、市役所平良庁舎

 宮古島市では昨年10月から、市役所内の業務で出る紙類のごみをリサイクルする「市職員みんなでリサイクル運動」を実施。集めた紙類を業者に引き渡すことで今年3月末までに得たポイントを15日、トイレットペーパー432個と交換した。

(全文を表示…)

2011年4月16日(土) 09:00 [政治・行政]

「常識打ち破る部めざす」/平田文化観光スポーツ部長

初記者懇で笛を披露


初の定例記者懇談会で横笛を披露する平田大一県文化観光スポーツ部長=15日、同部長室

初の定例記者懇談会で横笛を披露する平田大一県文化観光スポーツ部長=15日、同部長室

 【那覇支社】県がこの4月に部局再編し、新たに設置した文化観光スポーツ部の平田大一部長(42)が15日、就任後初の定例記者懇談会(コーヒーブレイク)を開いた。新部の目指す五つの理念を説明し、「常識を打ち破る若さを武器にした部を目指したい」と意気込んだ。毎回、記者懇談会の終了時には「芸をお見せする」と宣言。この日は、部長就任以前に演出を手掛けた「肝髙の阿麻和利」の曲を横笛で演奏した。

(全文を表示…)

2011年4月16日(土) 09:00 [スポーツ, 地域・暮らし]

スターターは「がんずう夫婦」/第27回トライ大会

喜屋武盛吉・ヒデさん


トライアスロンのスターターに選ばれた喜屋武盛吉さん(左)とヒデさん(中央)。右は下地市長=15日、市役所平良庁舎

トライアスロンのスターターに選ばれた喜屋武盛吉さん(左)とヒデさん(中央)。右は下地市長=15日、市役所平良庁舎

 第27回全日本トライアスロン宮古島大会のスターターの発表が15日、市役所平良庁舎であった。今大会のスターターは喜屋武盛吉・ヒデさん夫婦。共に80歳を超えた「がんずう夫婦スターター」だ。下地敏彦市長が「宮古島は高齢者も元気な島であることを世界にアピールしたい」との意向で人選が進められ、喜屋武さん夫婦が選ばれた。大会当日は揃いのユニホームを着た喜屋武夫妻のスタート船上からの合図で、13時間30分におよぶ競技が開始する。

(全文を表示…)

2011年4月16日(土) 09:00 [地域・暮らし]

改修工事完了祝う/市陸上競技場

メーンスタンドなど一新


改修工事が完了した市陸上競技場

改修工事が完了した市陸上競技場

 メーンスタンドと外周スタンドの改修工事を終えた宮古島市陸上競技場の完成式典が15日、同競技場内で行われた。下地敏彦市長や市体育協会の久貝順一会長、そのほか関係者らが多数、出席。テープカットを行い、陸上競技場のリニューアルを祝った。

(全文を表示…)

2011年4月16日(土) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

13人が遠洋航海へ出港/宮総実高実習生

家族や友人ら見送る


実習生らは家族らの五色テープに見送られた=15日、平良港

実習生らは家族らの五色テープに見送られた=15日、平良港

 宮古総合実業高校(下地廣治校長)の海洋科学科の3年生13人が15日、実習船「海邦丸五世」(499㌧、金城勝船長)に乗り、38日間の遠洋航海実習へ出港した。実習生らは、家族や友人らの五色のテープに見送られた。

(全文を表示…)

2011年4月16日(土) 09:00 [イベント]

6月25日にロックフェス

HY、デフテックなど出演


実行委のメンバーが会見で今年の開催内容を発表した=15日、ホテル共和

実行委のメンバーが会見で今年の開催内容を発表した=15日、ホテル共和

 「ミヤコ・アイランド・ロック・フェスティバル2011」の実行委員会(平良直也委員長)は15日、市内のホテルで会見を開き第1弾の出演者の発表など同フェスティバルの開催概要を発表した。

(全文を表示…)

2011年4月16日(土) 09:00 [【特集】イベント・行事, 特集]

第13回宮古毎日新聞杯中学生卓球大会写真特集

スピードとパワーで勝負


 「ヨッシャー」「ナイスサーブ」-。10日に宮古島市総合体育館で開催された宮古毎日新聞杯第13回中学生卓球大会(主催・宮古毎日新聞社、主管・宮古卓球連盟)には5中学校から男女37人が参加し、シングルスとダブルスで熱戦を展開した。大会の様子を写真で紹介する。

男女37人がシングルスとダブルスで熱戦を展開した=10日、宮古島市総合体育館

男女37人がシングルスとダブルスで熱戦を展開した=10日、宮古島市総合体育館


力強く選手宣誓する洲鎌

力強く選手宣誓する洲鎌


男子単、複を制した儀間の迫力スマッシュ

男子単、複を制した儀間の迫力スマッシュ


コースぎりぎりに勝負の一打

コースぎりぎりに勝負の一打


 
男子シングルス準優勝の伊沢

男子シングルス準優勝の伊沢

 
コースを狙い得意のサーブ

コースを狙い得意のサーブ

バックハンドからの強烈ショット

バックハンドからの強烈ショット


チャンスボールをスマッシュ

チャンスボールをスマッシュ


女子の洲鎌、姜組はダブルスで男子と対戦し健闘

女子の洲鎌、姜組はダブルスで男子と対戦し健闘


男子ダブルスを制した儀間・伊沢組

男子ダブルスを制した儀間・伊沢組


男子シングルスを制した儀間光太郎

男子シングルスを制した儀間光太郎

 
女子シングルス優勝の洲鎌佐優梨

女子シングルス優勝の洲鎌佐優梨


2011年4月15日(金) 23:00 [人(ひと)]

那覇地方法務局宮古島支局長 福永 敏和さん(53歳)

生活の基本支える仕事


 福永 敏和さん(53歳)

 福永 敏和さん(53歳)

 「法務局は登記や人権、戸籍など国民生活の基本的な部分を支える重要な業務を担っている」と話す。

(全文を表示…)

2011年4月15日(金) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

市の繁栄と無病息災祈願/漲水御嶽

伝統の神事「竜宮マンツ願い」


宮古島の繁栄などを祈るツカサら=14日、平良の漲水御嶽

宮古島の繁栄などを祈るツカサら=14日、平良の漲水御嶽

 伝統の神事「竜宮マンツ願い」が14日、平良の漲水御嶽で行われた。神に仕えるツカサ(司)と呼ばれる女性たちが、竜宮の神の道を開く祈願を実施。向こう一年間の宮古島の繁栄や市民の無病息災を祈った。

(全文を表示…)

2011年4月15日(金) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

泊高校に11人が入学

「前進する気概持ち続けて」


泊高校に11人が入学し上原校長から激励を受けた=14日、宮古高校

泊高校に11人が入学し上原校長から激励を受けた=14日、宮古高校

 県立泊高校の通信制課程に宮古地区から11人が入学した。14日午後、宮古高校で入学式が行われ、上原俊幸校長や在校生から祝福を受けた。上原校長は「前進する気概を持ち続けてほしい」と激励、有意義な学校生活に期待を込めた。

(全文を表示…)

2011年4月15日(金) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

伊良部大橋が一望に

見学ステーション開館


ステーションの屋上から伊良部大橋を見学する久松小の児童ら=14日、平良字久貝の見学ステーション

ステーションの屋上から伊良部大橋を見学する久松小の児童ら=14日、平良字久貝の見学ステーション

 平良字久貝に建てられた、伊良部大橋見学ステーションのプレオープン式典が14日、同所に久松小学校3年生44人を招待して行われた。一般公開はきょう15日の午前9時30分から。見学ステーションは床面積40平方㍍で屋上からは、建設中の伊良部大橋が一望できる。招待された児童らは屋上から「きれい。すごいね」と歓声を上げた。

(全文を表示…)

2011年4月15日(金) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

被災地避難者896人に/東日本大震災

菊出荷損害11億円/県支援対策本部


被災者受け入れ状況などを確認した県支援対策本部会議=14日、県庁危機管理センター会議室

被災者受け入れ状況などを確認した県支援対策本部会議=14日、県庁危機管理センター会議室

 【那覇支社】県は14日、東日本大震災県支援対策本部の第4回会議を開いた。現在までの被災者受け入れ状況が報告され、各部局長が受け入れについての取り組みや震災発生による県内への影響などを報告した。新年度の初会合となる同日の会議は与世田兼稔副知事、新部局長らの新たな顔ぶれをそろえ、県が表明した被災者県内受け入れについての課題や被災現地での県支援のあり方などを協議した。

(全文を表示…)

2011年4月15日(金) 09:00 [産業・経済]

野菜・果樹販売額6億8000万円/JA10年度実績

野菜軒並み単価高


高値で推移したゴーヤー(資料写真)

高値で推移したゴーヤー(資料写真)

 JAおきなわ宮古地区営農振興センター農産部が2010年度に取り扱った県外出荷野菜・果樹の販売額は、前年度比3814万円(5%)減の6億8092万円となった。昨年12月から今年2月にかけた全国的な冷え込みの影響で、野菜は軒並み高値。ゴーヤーは前年度比54㌧(12%)の出荷減となったものの高値でカバーし、販売額は同比4%増の1億9651万円となった。

(全文を表示…)

2011年4月15日(金) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

早急な整備望ましい/平良港

井上名誉教授(神戸大学)が視察


接岸の様子を確認する井上氏(左)=14日、平良港第2ふ頭

接岸の様子を確認する井上氏(左)=14日、平良港第2ふ頭

 平良港漲水地区再編事業の計画採択へ向け、平良港の現状を確認するための視察が14日、平良港第2ふ頭で実施された。操船の専門家である神戸大学名誉教授で工学博士の井上欣三氏が貨物船の入港方法などを確認。井上氏は「ぎりぎりの操船で、早急な整備が望ましい」との考えを示した。

(全文を表示…)

2011年4月14日(木) 22:45 [人(ひと)]

宮古島市財政課長 比嘉 弘一さん(49歳)

財政健全化へ全力投球


比嘉 弘一さん(49歳)

比嘉 弘一さん(49歳)

 「宮古島市の財政は短期的には合併(特例措置)の(地方)交付税があるので大丈夫。交付税が切れる2016年度以降を見据え(伊川秀樹)前財政課長も取り組んできた健全化を引き続き推進していく」

(全文を表示…)

2011年4月14日(木) 09:00 [政治・行政]

競技場改修を感謝/市陸協

与儀会長が市長に就任あいさつ


下地市長(右)に会長就任あいさつをする与儀会長(左)と、砂川副会長(左から2人目)、本村理事長=13日、市長室

下地市長(右)に会長就任あいさつをする与儀会長(左)と、砂川副会長(左から2人目)、本村理事長=13日、市長室

 4月1日付で宮古島市陸上競技協会の会長に就任した与儀透氏らが13日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、会長就任を報告するとともに、市陸上競技場のトラック改修工事の実施に感謝の気持ちを伝えた。

(全文を表示…)

2011年4月14日(木) 09:00 [産業・経済]

貨物管理の充実期待/平良港第1埠頭

上屋倉庫が供用開始

下地市長(中央)らがテープカットを行った=13日、平良港第1埠頭の上屋倉庫

下地市長(中央)らがテープカットを行った=13日、平良港第1埠頭の上屋倉庫

 平良港第1埠頭に建設された上屋倉庫の供用開始式典(主催・市)が13日、同倉庫で行われた。下地敏彦市長ら関係者が出席し、円滑な荷役作業や確実な貨物管理、輸送コストの大幅な縮減に期待を寄せた。

(全文を表示…)

2011年4月14日(木) 09:00 [産業・経済]

多良間産黒糖を輸出/宮古製糖

香港へ年間100㌧見込む


香港に輸出されている多良間産黒糖(資料写真)

香港に輸出されている多良間産黒糖(資料写真)

 多良間島産の黒糖5・4㌧が香港に輸出されていたことが13日、分かった。多良間島で黒糖を生産する宮古製糖の安村勇社長が同日、明らかにした。県産黒糖のまとまった量の輸出は初めて。同社では、年間100㌧の輸出を見込んでいる。安村社長は「黒糖の新しい展望が開けた。安定供給にしっかり努めたい」と述べた。


(全文を表示…)

2011年4月14日(木) 09:00 [社会・全般]

「黒糖で疲れ癒やして」/市民グループ

被災地へ1㌧送る


黒糖約1㌧を被災地に向けて出荷する市民グループと宮古製糖の皆さん=13日、平良港の宮古製糖倉庫

黒糖約1㌧を被災地に向けて出荷する市民グループと宮古製糖の皆さん=13日、平良港の宮古製糖倉庫

 「心身共に疲れている被災者を黒糖で癒やしたい」-。東日本大震災の被災者を励まそうと、市民グループが多良間島産の黒糖1㌧を14日、被災地に向けて送る。「東北へティダの恵みを!プロジェクト」と銘打ち、島内外で実施した募金活動で黒糖の購入費を捻出、趣旨に賛同した多くの市民が資金と善意を寄せた。プロジェクトを立ち上げた田口ゆり子さんは「こんな遠い島からでもできることはあった。協力してくれた人々の心を届けたい」と話すとともに、1日も早い被災地の復興を願った。

  (全文を表示…)

2011年4月14日(木) 09:00 [地域・暮らし]

全身震わせ「ジージー」/イワサキクサゼミ鳴き始め

キビの葉っぱの上で鳴くイワサキクサゼミ=13日、平良(撮影・伊良波彌)

キビの葉っぱの上で鳴くイワサキクサゼミ=13日、平良(撮影・伊良波彌)

 セミの仲間では日本最小のイワサキクサゼミが13日、平良のサトウキビの葉っぱの上で「ジージー」と鳴き始めた。

(全文を表示…)

2011年4月14日(木) 09:00 [産業・経済]

ホテル着工再び延期へ/トゥリバー地区

SCG15が市に打診


SCG15から着工延期の打診があったことを説明する下地市長(右)と下地港湾課長=13日、市長室

SCG15から着工延期の打診があったことを説明する下地市長(右)と下地港湾課長=13日、市長室

 平良港コースタルリゾートトゥリバー地区で予定されているホテル建設工事について、土地購入社であるSCG15特定目的会社(本社東京)が宮古島市に対し昨年12月に、着工期限(今年9月)の延期を打診していたことが分かった。同社からの延期要請は2度目。下地敏彦市長は13日、国内外の経済情勢を勘案すれば期限の再延期はやむを得ないとの考えを示した。


(全文を表示…)

2011年4月13日(水) 23:00 [お母さんと一緒]

「お姉ちゃん大好き」

▽二女・城下瑚采(しろした このあ)ちゃん(2つ)
▽お母さん・啓美さん(ひろみ)


二女・城下瑚采(しろした このあ)ちゃん(2つ)お母さん・啓美さん(ひろみ)

二女・城下瑚采(しろした このあ)ちゃん(2つ)お母さん・啓美さん(ひろみ)

 最近から、言葉を発するようになり、思いが伝わらないとすぐ行動に移す活発な子。「この前も、手の届かない所にお菓子を置いてたら、テーブルの上にイスを置き、そのまた上にイスを置いて、お菓子を取ろうとしていた。冷や汗ものだった」と苦笑い。

(全文を表示…)

2011年4月13日(水) 23:00 [がんずううやき]

新城 眞光さん(80歳)(池間島出身)

漁師一筋40年余


新城 眞光さん

新城 眞光さん

 「池間島のカツオ一本釣り漁船で40年余働いた。大漁の時は大漁旗を掲げて入港する。岸壁では、カツオを買い求める人でにぎわっていた」と振り返る。

(全文を表示…)