2011年5月3日のニュース一覧

2011年5月3日(火) 22:27 [インサイドリポート]

マンゴー船舶輸送

輸送企業の連携不可欠/課題はコストと品質維持


 宮古島産マンゴーの船舶輸送が始まる。今期は7月中旬以降の出荷ピーク時に実施、主に個人顧客用を船舶に搭載し、大型市場や量販店向けは航空機で本土へ運ぶ。船舶輸送に伴う品質管理やコスト面の不安はあるが、船舶輸送は必要不可欠な手段だ。

(全文を表示…)

2011年5月3日(火) 09:00 [産業・経済]

延べ4000頭を受託/肉用牛ヘルパー事業10年度

 JAおきなわ宮古地区畜産振興センターのまとめによると2010年度に、肉用牛ヘルパー事業を利用して委託された牛は、延べ4035頭で前年の2796頭と比べ1239頭(44%)増えた。受託料金は同比206万円(30%)増の897万円。利用料金のうち、50%は国が補てんしている。

(全文を表示…)

2011年5月3日(火) 09:00 [行雲流水]

日本国憲法(行雲流水)

 「国民主権」と「基本的人権の尊重」、「平和主義」を原則とする日本国憲法の前文は次のように結ばれる。「全力を挙げてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う」

(全文を表示…)

2011年5月3日(火) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

顧客納品 最短で5日後/マンゴー産地協

輸送ルート石垣経由か


マンゴーの船舶輸送に関し意見を交わす産地協議会のメンバー=2日、市役所上野庁舎

マンゴーの船舶輸送に関し意見を交わす産地協議会のメンバー=2日、市役所上野庁舎

 マンゴー産地協議会が2日、市役所上野庁舎で開かれ、船舶輸送する個人顧客用のマンゴーの納品が最短でも出荷から5日後になる方向性が示された。出荷時期によっては6日後になるという。船会社の航路変更の可能性に伴うものだが、出荷後5~6日が経過すると商品の品質低下が懸念される。現段階で船会社の航路変更は正式決定ではないが、マンゴーの船舶輸送は大きな課題に直面している。

(全文を表示…)

2011年5月3日(火) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

オクラ本土出荷始まる/伊良部

1ネット(100㌘)120円の高値


オクラの早出し出荷に追われる栽培農=2日、伊良部

オクラの早出し出荷に追われる栽培農=2日、伊良部

 JAおきなわオクラ専門部会伊良部支部(池間拓夫支部長)で特産品オクラの本土出荷が4月から始まり、取引価格は1ネット(100㌘)当たり120円の高値が付いている。昨年の取引価格98円より22円高。栽培農家らは、県戦略品目の拠点産地認定に向け、増産に取り組んでいる。

(全文を表示…)

2011年5月3日(火) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

振興へ各施策を推進

県離島市町村議会議長会が発足/副会長に下地明氏


県離島振興市町村議会議長会が設立されたことを報告する下地議長=2日、市議会議長室

県離島振興市町村議会議長会が設立されたことを報告する下地議長=2日、市議会議長室

 宮古島市など離島を抱える県内4市の議会議長を加えた、県離島振興市町村議会議長会(会長・山里昌輝久米島町議会議長)がこのほど発足した。4月28日に那覇市の自治会館で臨時総会を開き、規約などの確認を行った。ガソリン税(揮発油税)や航空運賃など、県内離島が抱える課題の解決に向けた施策を推進し、離島市町村住民の福祉の向上を図る。副会長には宮古島市議会の下地明議長が就いた。任期は2年。

(全文を表示…)

2011年5月3日(火) 09:00 [地域・暮らし]

ミヤコニイニイ鳴く/伊良部

宮古諸島固有種


「シィー、シィー」と鳴くミヤコニイニイ=2日、伊良部(撮影・伊良波彌)

「シィー、シィー」と鳴くミヤコニイニイ=2日、伊良部(撮影・伊良波彌)

 宮古諸島固有種のミヤコニイニイ(セミ科)が2日、伊良部島で確認された。地上から高さ3㍍ほどの樹木の上に止まり「シィー、シィー」と鳴いていた。

(全文を表示…)

2011年5月3日(火) 09:00 [地域・暮らし]

海のレジャーにぎわう/GWで下地島、中の島海岸

海のレジャー季節でにぎわう通称・中の島海岸=2日、下地島

海のレジャー季節でにぎわう通称・中の島海岸=2日、下地島

 ゴールデンウイークで下地島の通称・中の島海岸の海域では、シュノーケリングやダイビングを楽しむ観光客でにぎわっている。

(全文を表示…)