2011年5月13日のニュース一覧

2011年5月13日(金) 22:48 [行雲流水]

愛鳥週間(行雲流水)

 私が小学生の頃、平一小にはガジュマルが繁っていた。その中に1羽の鳥がいた。あざやかな赤い色をしていた。あの感動は今でも脳裏に焼きついている。名前を知ることなく長年すぎた

(全文を表示…)

2011年5月13日(金) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

花と緑の島づくり支援へ/森林組合

11年度事業計画など審議


11年度の事業計画などを審議した理事会=12日、宮古林業総合センター

11年度の事業計画などを審議した理事会=12日、宮古林業総合センター

 宮古森林組合(代表理事組合長・下地敏彦市長)の理事会が12日、宮古林業総合センターで開かれ、27日の総会に提出する議案を審議承認した。2010年度の単年度決算は、178万円の黒字を計上。累積黒字は238万円となった。11年度は前年に引き続き、365日花と緑にあふれる美ら島づくりを目指す「グリーンコミュニティー支援事業」に力を入れる方針。役員改選も行い組合長に下地市長を再任した。

(全文を表示…)

2011年5月13日(金) 09:00 [スポーツ]

代表選手が熱い戦い/高体連夏季総体

5会場で8競技開催


バスケット男子決勝で速攻からレイアップシュートを放つ宮高の選手=12日、宮古総合実業高校体育館

バスケット男子決勝で速攻からレイアップシュートを放つ宮高の選手=12日、宮古総合実業高校体育館

 2011年度高校夏季総合体育大会(主催・宮古地区高校体育連盟)は12日、宮古、総合実業、工業の3高校と市営テニスコート、市陸上競技場の5会場で8競技を開催した。各高校の代表選手は出場競技で、優勝や記録更新などを目指し日ごろの練習成果を競い合った。

(全文を表示…)

2011年5月13日(金) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

震災教訓の記載充実を/県振興審議会・基盤整備部会

生活インフラ分散化など提案


東日本大震災を教訓にした防災充実策などの提案があった基盤整備部会=12日、県庁特別会議室

東日本大震災を教訓にした防災充実策などの提案があった基盤整備部会=12日、県庁特別会議室

 【那覇支社】県振興審議会の基盤整備部会(部会長・池田孝之琉球大名誉教授)は12日、第1回会議を開き、ポスト第4次沖縄振興計画原案となる「沖縄21世紀ビジョン基本計画」の「新たな計画の基本的考え方(案)」を審議した。初回会合では、「社会リスクセーフティーネット」や「地域特性に応じた生活基盤の充実強化」などの記載について専門委員らが意見提示した。

(全文を表示…)

2011年5月13日(金) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

公園の遊具を点検/平良第一民児協

安全な遊び場づくりで


遊具の危険箇所を調査する委員たち=12日、平良東仲宗根・盛加越公園

遊具の危険箇所を調査する委員たち=12日、平良東仲宗根・盛加越公園

 平良第一民生委員児童委員協議会(砂川栄会長)は12日、子どもの遊び場点検を実施した。公園など16カ所を回りブランコや滑り台などの遊具を調べた。危険と思われる遊具などについては、市の担当部署に修理や撤去など改善を促していく。

(全文を表示…)

2011年5月13日(金) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

観光客35年前の9倍/本土復帰39年

交通基盤の整備進展/車両4万1800台、普及進む


宮古島市街地の航空写真

宮古島市街地の航空写真

 沖縄県は15日に、39回目の本土復帰記念日を迎える。1972年の復帰以降、宮古でも政府の公共投資によって道路や港湾、空港、学校、地下ダムなど社会、産業、教育基盤の整備が進展。産業面では観光や農業が伸びた。75年に4万4000人だった観光客は、2010年度にはその9倍の40万人を達成。2010年3月末の自動車保有台数は、72年(8100台)比5倍の4万1800台と普及が進んだ。2008年度の1人当たり市町村民所得186万円は、82年度(107万円)の1・7倍。復帰記念日に当たり交通、観光、地場産業、人口、農水産業-の移り変わりをシリーズで紹介する。

(全文を表示…)

2011年5月13日(金) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

体験工芸村 来客数は4万2257人/2010年度利用者数まとめ

前年度7㌫上回る/5251人が物作りを体験


 市熱帯植物園内の体験工芸村の2010年度の利用者数がこのほどまとまった。八つある体験工房を訪れたのは延べ4万2257人。前年度の3万9480人を2777人、約7㌫上回った。このうち12㌫に当たる5251人が実際に工房で物作りを体験した。

(全文を表示…)