2011年5月17日のニュース一覧

2011年5月17日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

新宮古病院、19日に起工式

13年5月の開院目指す


 新宮古病院の起工式が19日、建設現場(旧宮古農林高校グラウンド跡地)で行われる。建物本体工事の完了は、12年11月30日を予定。外構工事などを経て、開院は2年後の13年5月を目指す。

(全文を表示…)

2011年5月17日(火) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

川満長英さん沖縄振興功績表彰/総合事務局

キビ生産、担い手育成評価


サトウキビ生産で沖縄振興に大きく寄与したとして表彰された川満さん=16日、那覇市、沖縄都ホテル

サトウキビ生産で沖縄振興に大きく寄与したとして表彰された川満さん=16日、那覇市、沖縄都ホテル

 【那覇支社】沖縄復帰記念の日にあたり内閣府沖縄総合事務局(竹澤正明局長)は16日、那覇市内のホテルで沖縄の振興発展に功績のあった1個人3団体に対して「沖縄振興功績者表彰」を授与した。宮古島市の川満長英さんが地域のサトウキビ生産をけん引し、担い手育成などに大きく寄与したとして表彰を受けた。

(全文を表示…)

2011年5月17日(火) 09:00 [スポーツ]

ゴール目指し懸命/障がい者スポーツ大会

競技通し交流深める/10施設450人が出場


ゴール目指して懸命に走る選手たち=15日、市陸上競技場

ゴール目指して懸命に走る選手たち=15日、市陸上競技場

 第5回宮古地区障がい者スポーツ大会(県、宮古島市、多良間村、県身体障害者福祉協会など共催)が15日、市陸上競技場で開かれた。宮古島市と多良間村の10施設と各地区から約450人が出場。障害別や年齢別に分かれて50㍍、立ち幅跳び、ソフトボール投げなどの種目で練習の成果を競った。中学生を中心としたボランティア約600人も参加し、出場者と交流を深めた。

(全文を表示…)

2011年5月17日(火) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

滞納繰越額は1億4500万円/市・県民税11年度

前年度比3700万円減見込む/市・県連携の徴収が奏功


 宮古島市の2010年度当初の個人住民税(市・県民税)の滞納繰越額は1億8254万7000円で、このうち7191万5000円を徴収し、同年度末の滞納繰越額は8175万2000円になることが市納税課のまとめで分かった。11年度当初は10年度に発生する滞納分を含め、約3690万円減の1億4564万7000円になる見込み。

(全文を表示…)

2011年5月17日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

宮古2企業が「まちの駅」登録

「ほりかわ」「旅倶楽部」に認定証


認定証の交付を受けたウォーターショップほりかわの堀川代表(中央)と宮古旅倶楽部の島袋竜之進営業企画部長(左)。右は赤崎事務局長=16日、平良下里の宮古旅倶楽部

認定証の交付を受けたウォーターショップほりかわの堀川代表(中央)と宮古旅倶楽部の島袋竜之進営業企画部長(左)。右は赤崎事務局長=16日、平良下里の宮古旅倶楽部

 人と人の出会いと交流をサポートする街の情報受発信の拠点「まちの駅」に、宮古の2企業が登録された。16日午後、沖縄まちの駅連絡協議会の赤崎隆三郎事務局長が「ウォーターショップほりかわ」と「宮古旅倶楽部」の代表に認定証を伝達した。両企業は今後、休憩をはじめ案内、交流、連携の各機能を提供しながら情報のネットワークを構築し、地域全体の活性化に努める。来月6日には、両企業を含めた複数の企業がまちの駅ネットワーク宮古島を立ち上げる。

(全文を表示…)

2011年5月17日(火) 09:00 [イベント, 地域・暮らし]

被災地の早期復興願い熱演/チャリティー芸能イベント

19団体200人が出演


19団体が熱のこもった演技を披露したチャリティー芸能イベント=15日、マティダ市民劇場

19団体が熱のこもった演技を披露したチャリティー芸能イベント=15日、マティダ市民劇場

 東日本大震災チャリティー芸能イベント「ワイドー東北!ワイドー日本!」(主催・宮古芸能団体チャリティー実行委員会)が15日、マティダ市民劇場で開催された。

(全文を表示…)