2011年5月22日のニュース一覧

2011年5月22日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

「台風石」や植物など見学

市民ら東平安名崎を歩く


台風岩や植物などを見学した参加者ら=21日、東平安名崎

台風岩や植物などを見学した参加者ら=21日、東平安名崎

 市総合博物館(奥平徳松館長)で開催中の第17回企画展「東平安名崎の自然と歴史」の関連行事で21日、現地見学が行われた。市民22人が参加し、台風石(岩塊)や津波石(同)、植物、パナリに住む鳥などを観察。講師は地質学に詳しい安谷屋昭さんと、市教育委員会の佐藤宣子さんが務めた。

(全文を表示…)

2011年5月22日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

「開かれた社会へ歩む」/ハンセン病市民学会

名護市で総会・交流集会開く


「ハンセン病回復者のいま」と題して交流集会が開かれた=21日、名護市民会館

「ハンセン病回復者のいま」と題して交流集会が開かれた=21日、名護市民会館

 【那覇支社】宮古島市での交流集会とフィールドワークなどを終えた第7回ハンセン病市民学会総会・交流会in名護・宮古島(主催・同実行委員会)は21日、会場を名護市に移し、同市民会館で2011年度の総会と交流集会を開いた。国賠訴訟勝訴から10年、らい予防法廃止15年の節目の年に当たる総会では、ハンセン病回復者の交流、検証、提言によって開かれた社会へ歩み続けることを誓い合った。

(全文を表示…)

2011年5月22日(日) 09:00 [地域・暮らし]

変種のシオマネキ/大神島

海岸でフジバカマ咲く


色彩変種のルリマダラシオマネキ(手前)とベニシオマネキ=大神島(撮影・伊良波彌)

色彩変種のルリマダラシオマネキ(手前)とベニシオマネキ=大神島(撮影・伊良波彌)

 大神島でこのほど、干潟で色彩変種のルリマダラシオマネキ(スナガニ科)、海岸でフジバカマ(キク科)が咲いているのがそれぞれ確認された。

(全文を表示…)

2011年5月22日(日) 09:00 [スポーツ]

熱戦の火ぶた切られる/県高校総体

ボクシング2人は敗退/ラグビー 宮高きょう具志川戦


激しい打ち合いを見せる狩俣(右)=21日、宮古工業高校体育館

激しい打ち合いを見せる狩俣(右)=21日、宮古工業高校体育館

 県高校総合体育大会は21日、先行開催の2競技を行った。ボクシングは宮古工業高校体育館で8試合、ラグビーは市陸上競技場で3試合をそれぞれ実施した。ボクシングでは宮古勢2選手が初戦に臨み、ピン級の狩俣綾汰(宮総実1年)は判定負け、ライトフライ級の松川允紀(宮工1年)はRSC負けだった。

(全文を表示…)

2011年5月22日(日) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

きょう平良好児賞授賞式

新城、下地氏に賞状授与


 第15回平良好児賞(主催・宮古毎日新聞社、主管・宮古ペンクラブ)の授賞式・祝賀会がきょう22日、ホテル共和新館2階の珊瑚の間で行われる。時間は午後7時から。

(全文を表示…)

2011年5月22日(日) 09:00 [イベント, スポーツ]

前浜舞台に熱い戦い/ビーチバレー宮古島大会

3部門に94チーム出場


男子2人制予選リーグの試合でスパイクを放つチーム「ゴリちゃん」の西村選手=21日、与那覇前浜ビーチ

男子2人制予選リーグの試合でスパイクを放つチーム「ゴリちゃん」の西村選手=21日、与那覇前浜ビーチ

 「出会い! 感動! 飛躍! ビーチの勇者たち!」をテーマに第12回ビーチバレー宮古島大会2011(主催・同実行委員会)が21日、与那覇前浜ビーチで開幕した。男子2人制に12チーム、女子2人制に7チーム、男女混成4人制に75チームの計94チーム、338人が出場。東洋一美しいと言われる砂浜を舞台に、決勝トーナメント進出に向けた予選リーグの熱い戦いが行われた。

(全文を表示…)