2011年5月24日のニュース一覧

2011年5月24日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

新城、下地さんをたたえる/第15回平良好児賞

文学仲間ら集い授賞式


祝賀会で受賞を祝し乾杯をする出席者=22日、ホテル共和

祝賀会で受賞を祝し乾杯をする出席者=22日、ホテル共和

 第15回平良好児賞の授賞式と祝賀会(主催・宮古毎日新聞社、主管・宮古ペンクラブ)が22日、市内のホテルで開かれ、関係者が多数集い新城森彦さんと下地ヒロユキさんの受賞を祝った。受賞作は新城さんが歌集「万の花房」、下地さんは詩集「それについて」。授賞式に続き祝賀会が催され、市文化協会の友利吉博会長の音頭で受賞を祝し、乾杯が行われた。

(全文を表示…)

2011年5月24日(火) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

伊良部大橋開通1年遅れ/県が工事遅滞を正式発表

 【那覇支社】建設中の伊良部大橋(総延長6・5㌔㍍、橋梁区間3・54㌔㍍)の完成が当初計画の2012年度末(2013年3月)より約1年遅れ、13年度末(14年3月末)にずれ込むことが明らかになった問題で、県土木建築部(当間清勝部長)は23日、同工期の延長について正式発表した。07~08年度に予定した主航路部橋梁(420㍍)の実施設計が1年遅れ、同橋梁部を支える橋桁部分の着工が遅れたことなどが要因。当間部長は「完成は、やむを得ず1年延びるが、可能な限り工期短縮に努め、完成を早めたい」と述べた。

(全文を表示…)

2011年5月24日(火) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

奉納相撲で豊漁祈願/平良島尻

伝統の竜神祭に住民総出


向こう1年間の豊漁と航海安全を祈願して奉納相撲を取る男たち=22日、平良島尻のキバナイ

向こう1年間の豊漁と航海安全を祈願して奉納相撲を取る男たち=22日、平良島尻のキバナイ

 平良島尻の竜神祭が22日、同地区のキバナイで行われた。男たちが奉納相撲を取り、向こう1年間の豊漁と航海安全を祈願した。

(全文を表示…)

2011年5月24日(火) 09:00 [産業・経済]

総事業費14%減の76億円/宮古土木事務所11年度

「大橋」の落ち込み要因


平良所長(中央)らが11年度の事業概要を明らかにした説明会=23日、県宮古合同庁舎

平良所長(中央)らが11年度の事業概要を明らかにした説明会=23日、県宮古合同庁舎

 県宮古土木事務所(平良和雄所長)は23日、2011年度の事業概要を発表した。総事業費は76億3800万円で、前年度当初と比べ12億7350万円(14%)減少した。伊良部大橋の建設工事がピークを過ぎて前年度の74億円から今年度は50億円と、20億円落ち込んだのが要因。大橋の総事業費は、320億円から365億円に見直しされ、同事業費ベースの11年度末進ちょく率は83・6%に達する見通し。マクラム通りの着工は、用地補償が順調に行けば13年になるという。

(全文を表示…)

2011年5月24日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

新城、下地さんに賞詞授与/第15回平良好児賞授賞式

伊良部大橋開通1年遅れ/県が工事遅滞を正式発表

伊良部大橋開通1年遅れ/県が工事遅滞を正式発表

 第15回平良好児賞の授賞式(主催・宮古毎日新聞社、主管・宮古ペンクラブ)が22日、市内のホテルで開かれ、受賞者の新城森彦さんと下地ヒロユキさんに、宮古ペンクラブの松原清吉会長から賞詞と副賞が授与された。新城さんの受賞作は歌集「万の花房」、下地さんは詩集「それについて」が受賞作。

(全文を表示…)

2011年5月24日(火) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

日本ソバを収穫/宮原小児童

環境と食の大切さ学ぶ


収穫作業を楽しむ児童たち=22日、宮原小学校

収穫作業を楽しむ児童たち=22日、宮原小学校

 宮原小学校の児童たちが22日午後、今年3月に校内に植えた日本ソバを収穫した。植え付け後はモモイロノウゼンなどの木を運動場周辺に植樹。それぞれの活動を通して環境と食の大切さを学んだ。

(全文を表示…)