「産業・経済」 2011年5月のニュース一覧

2011年5月31日(火) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

理事に長濱副市長ら選出/宮古織物事業協同組合

今年度予算案など承認


0年度決算や11年度収支予算案などを審議する組合員たち=30日、宮古織物事業協同組合

0年度決算や11年度収支予算案などを審議する組合員たち=30日、宮古織物事業協同組合

 宮古織物事業協同組合(代表理事・長濱政治副市長)の2011年度通常総会が30日、同組合で開かれた。10年度の決算や11年度の事業計画と収支予算案などが全会一致で承認された。任期満了に伴う役員改選では、記名投票の結果、長濱副市長や武富末子氏らが新理事に選出された。

(全文を表示…)

2011年5月31日(火) 09:00 [産業・経済]

東エンター社と交渉へ/ホテル棟売却でマリン社

ホテル棟売却交渉を東エンタープライズ社と進めると発表した下地社長(右)=30日、那覇市、オーガストイン久茂地

ホテル棟売却交渉を東エンタープライズ社と進めると発表した下地社長(右)=30日、那覇市、オーガストイン久茂地

 【那覇支社】宮古島市などが出資する第3セクターの宮古島マリンターミナル社(社長・下地敏彦宮古島市長)は30日、那覇市内のホテルで取締役会を開き、五つの議案について決議した。このうち、アトールエメラルド宮古島のホテル棟売却について、契約を予定していたシティー&リゾート社への売却譲渡が不調に終わったことから、2番目の落札者である東エンタープライズ社(池間稔社長)との売却契約交渉を進めることを全会で確認し決議した。売却予定額はシティー社と同様の8億3000万円。

(全文を表示…)

2011年5月31日(火) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

「順調に育っていたのに」/被害拡大、農家ショック

葉タバコ、マンゴー際立つ


 28日に宮古島を襲った台風2号の最大瞬間風速は、50・4㍍を観測した。宮古島地方気象台によると、5月に襲来した台風では過去70年で最大。今回の被害は襲来時期の関係で、収穫中の葉タバコや収穫前のマンゴーで際立った。大きな被害を受けた農家は「順調に育っていたのに…」とショックの表情を隠せない。マンゴーハウスでは、ビニールの破損被害も大きい。

(全文を表示…)

2011年5月31日(火) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

葉タバコほぼ全滅/台風2号

マンゴー落果、キビ折損/被害総額は9億9000万円


強風で葉がすべてちぎられ甚大な被害を受けた葉タバコ=30日、上野地区上野

強風で葉がすべてちぎられ甚大な被害を受けた葉タバコ=30日、上野地区上野

 宮古島地方を約6時間暴風域に巻き込んだ台風2号による農林水産物の被害が拡大している。収穫最盛期だった葉タバコはほぼ全滅、サトウキビは梢頭部の折損被害が各地で相次いでいる。マンゴーの落果やハウス損壊も発生した。宮古農林水産振興センターが29日現在でまとめた被害速報によると、被害総額は9億9400万円に上る。最大瞬間風速は5月では過去最大の50・4㍍を観測。停電は1万8000世帯に及んだ。

(全文を表示…)

2011年5月29日(日) 17:46 [地域・暮らし, 産業・経済, 社会・全般]

農作物に甚大な被害、台風2号

タバコの葉ちぎれる


葉がちぎれた葉タバコ=28日、平良

葉がちぎれた葉タバコ=28日、平良

 28日の宮古島地方は午後から、台風2号の強風が吹き荒れ、農作物に甚大な被害が出た。空の便は昼前から、海の便は朝から全便欠航し、利用者の足を止めた。停電や電話の不通が発生し、市民の生活に影響した。宮古島市は午前7時に台風災害警戒本部を設置。同本部によると、午後4時現在、人身被害は確認されていない。

(全文を表示…)

2011年5月29日(日) 17:39 [政治・行政, 産業・経済]

先島圏域で25項目要望確認

美ぎ島美しゃ市町村会


 先島圏域の市町村でつくる美ぎ島美しゃ市町村会の定期会議が26日、竹富島まちなみ館で開かれ、今年度の行政連絡会議に要望した航空運賃の低減など13項目を含めた25項目の要望事項を確認した。
 主な要望事項は沖縄離島振興交付金(仮称)の創設(宮古島市)▽先島旅客航路の再開(同)▽外来種の有害鳥獣対策(石垣市)▽観光に特化したスポーツイベントの助成制度創設(同)▽児童生徒の学校給食費の無料化(同)▽県内燃料費の統一価格設定(竹富町)▽離島における県営住宅の建設(同)─など項目。

(全文を表示…)

2011年5月29日(日) 17:36 [地域・暮らし, 政治・行政, 産業・経済, 社会・全般]

災害時の「地域力」重要

市の保健師、仲宗根さんが帰島報告


岩手県大船渡市での活動を下地市長に報告する仲宗根さん=24日、市役所平良庁舎市長室

岩手県大船渡市での活動を下地市長に報告する仲宗根さん=24日、市役所平良庁舎市長室

 「災害時は、自治体住民の強い結び付きがその後の支援態勢を大きく左右する」―。東日本大震災への保健活動支援のため、現地で被災者の健康調査に当たった宮古島市の保健師、仲宗根美佐子さん(47)は下地敏彦市長に帰島後、報告した。地域の結び付きが希薄になっている社会においては、災害弱者と言われるお年寄りや障害者、子ども、妊婦などへの支援は最重要課題だ。「防災意識を持ち、関係機関との連携や自治会組織の育成に力を入れることが大切だということを学んだ」と話す仲宗根さん。被災地での体験を基に、今後は機会あるごとに災害時における「地域力」の大切さを訴えていく決意だ。
 市は東日本大震災の被災者支援で保健師6人を岩手県に派遣することを決めた。仲宗根さんは先陣を切って5月9日~13日までの5日間、岩手県大船渡市で活動を展開。4人のチームで避難所や仮設住宅に住む被災者たちの健康状態を聞き取り調査した。
 情報を収集し、医療班や心のケア班に的確な指示を与えながら避難者の健康を支援するのが主な任務だ。
 その中で感じたことは、避難所ごとで心のストレスに差があったことだ。
 物資が不足がちで不自由な思いをしているはずの小さな避難所で、お年寄りたちが明るく振る舞っている。そればかりか避難所を飛び出して、近くの山に山菜採りに行ったりして自立度が高かった。
 「その避難所は、自治体の役割がしっかりと機能していた。役員らが交代でお年寄りたちをサポートしていた。周囲は顔見知りの人たちばかりで、互いに支え合うという仕組みが自然にできていた」
 反面、寝床を段ボールで仕切ったり、シェルターで覆ったりして、互いに距離を置いて生活している避難所もあった。
 「そこは大きな避難所で物資も行き届き、トイレもきれいだったが、心のケアが必要とされることを強く感じた」という。
 東日本大震災で、宮古でも災害に対する認識が高まっているが、避難所の周知や整備、食料の備蓄などが課題となっている。いつ起こるか分からない災害への対応は行政だけでは不十分だ。
 仲宗根さんは「避難した後の被災者の精神的な支援態勢も重要となってくる。防災という意識を持ちながらの自治体づくりを広めることができれば」と話す。

2011年5月29日(日) 17:29 [地域・暮らし, 産業・経済, 社会・全般]

台風2号、宮古島を直撃、最大瞬間風速50・4㍍

多良間で126㍉の降雨


強風にあおられてビニールが破れたマンゴーのハウス。果実に与える被害が懸念される=28日午後2時30分ごろ、平良地区

強風にあおられてビニールが破れたマンゴーのハウス。果実に与える被害が懸念される=28日午後2時30分ごろ、平良地区

 強い台風2号は28日午後4時現在、宮古島の北西約10㌔(北緯24度55分、東経125度10分)にあって、勢力を保ったまま北北東に40㌔の速度で進んでいる。中心気圧は945ヘクトパスカル。28日夜には宮古島は暴風域を抜けた。強風域から抜けるのは29日明け方と予想している。

(全文を表示…)

2011年5月28日(土) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

台風接近に農家危機感

マンゴー、葉タバコの被害懸念


強風対策を行うマンゴー農家=27日、宮古島市下地

強風対策を行うマンゴー農家=27日、宮古島市下地

 台風2号の宮古島地方への接近を受けて、農作物を生産する農家は27日、強風対策に追われた。本格的な収穫を40日後ごろに控えたマンゴー生産農家はハウスの補強作業を開始。台風が直撃の場合は大きな被害が予想されるため、台風の進路や勢力に神経をとがらせている。

(全文を表示…)

2011年5月27日(金) 09:00 [産業・経済]

採掘方法など検討へ/天然ガス資源開発

調査委初会合 オブザーバーに下地市長


 【那覇支社】宮古島と沖縄本島中南部で今年度に実施する天然ガス資源調査の検討委員会(委員長・千住智信琉球大工学部教授)の第1回会議が24日、那覇市内のホテルで開かれ、行政関連のオブザーバー委員として下地敏彦宮古島市長が選任された。

(全文を表示…)

2011年5月27日(金) 09:00 [産業・経済]

保良にリゾートホテル/大阪の企業

9.4㌶ コテージ40棟計画


 エイチピーディコーポレーション(本社・大阪市、塩田貴能社長)が、城辺保良の東平安名崎の近くでリゾートホテル建設を計画していることが26日、分かった。コテージタイプの40棟。開発面積は9・4㌶。実現すれば、城辺では初めてのリゾートホテルとなる。

(全文を表示…)

2011年5月27日(金) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

2100万円を「無事戻し」へ/宮古郡農業共済組合

キビ作農家対象 2年連続


2010年度の事業報告などを承認した総代会=26日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

2010年度の事業報告などを承認した総代会=26日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 宮古郡農業共済組合(砂川栄市組合長)の第65回通常総代会が26日、JAおきなわ宮古地区本部で開かれた。サトウキビ共済の10年度末収支は、近年大きな台風や干ばつがなく3年連続豊作となったことから、1655万円の累積黒字を計上。同黒字と県連合会の交付金を財源に2111万円を「無事戻し」する議案を承認した。家畜、キビ、園芸施設、建物の4部門を合わせた10年度の決算は751万円の黒字となった。

(全文を表示…)

2011年5月25日(水) 09:00 [産業・経済]

応札2位企業と交渉へ/ホテル棟売却

宮古島シティーとは契約断念


 宮古島市などが出資する第3セクター宮古島マリンターミナル(社長・下地敏彦市長)が所有するホテル棟の売買で下地市長は24日、公募入札を落札した宮古島シティーアンドリゾート(西里秀徳社長)から期限までに契約保証金の入金が無かったことから同社との契約を断念し、売却交渉相手第2位の東エンタープライズ(池間稔社長)と交渉していく考えを示した。

(全文を表示…)

2011年5月24日(火) 09:00 [産業・経済]

総事業費14%減の76億円/宮古土木事務所11年度

「大橋」の落ち込み要因


平良所長(中央)らが11年度の事業概要を明らかにした説明会=23日、県宮古合同庁舎

平良所長(中央)らが11年度の事業概要を明らかにした説明会=23日、県宮古合同庁舎

 県宮古土木事務所(平良和雄所長)は23日、2011年度の事業概要を発表した。総事業費は76億3800万円で、前年度当初と比べ12億7350万円(14%)減少した。伊良部大橋の建設工事がピークを過ぎて前年度の74億円から今年度は50億円と、20億円落ち込んだのが要因。大橋の総事業費は、320億円から365億円に見直しされ、同事業費ベースの11年度末進ちょく率は83・6%に達する見通し。マクラム通りの着工は、用地補償が順調に行けば13年になるという。

(全文を表示…)

2011年5月21日(土) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

乗降客延べ55万人超/伊良部-平良離島航路

前年比2万人余の増加/市2010年まとめ


伊良部から高速旅客船を利用した市民ら=20日、平良港

伊良部から高速旅客船を利用した市民ら=20日、平良港

 市が20日までにまとめた2010年伊良部-平良間を結ぶ離島航路の往復乗降客利用者数は延べ55万7347人で、前年に比べ2万5150人(4・7%)増えた。

(全文を表示…)

2011年5月21日(土) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

契約保証金入らず/マリン社ホテル棟売却

シティー社、融資調整難航


 宮古島市などが出資する第3セクター宮古島マリンターミナル(社長・下地敏彦市長)が所有するホテル棟の売買契約は期限の20日までに、公募入札を落札した宮古島シティーアンドリゾート(西里秀徳社長)から契約保証金の入金が無く契約に至らなかった。宮古島マリンターミナルの垣花義一常務は、今後の対応について「(下地)市長の出張からの帰任を待って判断を仰ぎたい」と話している。

(全文を表示…)

2011年5月20日(金) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

大木区が総合優勝/多良間村産業共進会

10年連続の快挙/農業、納税で競う


総合優勝を果たし下地村長(左)から優勝旗を手渡された大木区の役員ら=19日、多良間村中央公民館

総合優勝を果たし下地村長(左)から優勝旗を手渡された大木区の役員ら=19日、多良間村中央公民館

 多良間村(下地昌明村長)の2010年度産業共進会並びに納税奨励式が19日、同村中央公民館で行われた。農事総合は大木区、納税総合は嶺間区がそれぞれ優勝。農事と納税を合わせた総合部門では、大木区が10年連続で優勝した。西筋学区長は「全ては、区民の皆さんのおかげ」と喜んだ。

(全文を表示…)

2011年5月20日(金) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

特産品開発推進を継続/11年度地域雇用創造協総会

島シャツなど事業計画承認


事業計画などを承認した総会=19日、市役所平良庁舎

事業計画などを承認した総会=19日、市役所平良庁舎

 宮古島地域雇用創造協議会(砂川恵助会長)の2011年度総会が19日、市役所平良庁舎で開かれ、同年度の業務実施体制と業務構成、事業計画と収支予算を全会一致で承認した。また、同協議会の小倉弘誉統括マネジャーが10年度で終了した地域雇用創造推進事業の同年度実績を報告した。

(全文を表示…)

2011年5月19日(木) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

学校給食での活用推進/地元食材

市地産地消推進協議会


学校給食における地元食材の活用について話し合う関係者=18日、市役所上野庁舎

学校給食における地元食材の活用について話し合う関係者=18日、市役所上野庁舎

 宮古島市地産地消推進協議会が18日、市役所上野庁舎内で開かれた。同協議会を構成する県、市、JA、生産者の代表が2011年度の事業計画などを協議。この中で、学校給食における地元食材の活用を積極的に推進する方針を確認した。

(全文を表示…)

2011年5月19日(木) 09:00 [産業・経済]

マル経資金 過去最高の13億5000万円/公庫宮古支店10年度実績

地域密着小口融資が押し上げ/貸付総額は46億円 過去6年で最高


 沖縄振興開発金融公庫宮古支店(喜納兼次郎支店長)は18日、2010年度の貸付実績を発表した。貸付総額は前年度と比べて3億1000万円(7・1%)増の46億5700万円。過去6年では最高となった。担保や保証人の要らない中小零細企業向けの「マル経資金」は、過去最高の13億5100万円(213件)。10年度は、地域に密着した小口融資が実績に反映される形となった。

(全文を表示…)

2011年5月18日(水) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 産業・経済]

大橋完成は14年3月に/伊良部

当初予定より1年遅れ/主航路部設計ずれ込む


完成が1年遅れることになった伊良部大橋の建設現場

完成が1年遅れることになった伊良部大橋の建設現場

 【那覇支社】建設が進められている伊良部大橋(総延長6・5㌔㍍、橋梁区間3・54㌔㍍)の完成が当初計画の2012年度末(2013年3月)より大幅に遅れ、約1年後の13年度末(14年3月)にずれ込むことが17日、分かった。関係者によると07~08年度に予定した主航路部橋梁(420㍍)の実施設計が1年遅れたため、同橋梁を支える橋桁部分の着工が遅れたことが主な要因。大橋の完成遅れによって、予定する諸事業が遅滞し圏域行政、経済などにも影響を与えるのは必至。県は近く事業期間の見直しについて正式発表する予定だ。

(全文を表示…)

2011年5月18日(水) 09:00 [産業・経済]

新里さんら4人局長賞/総合事務局表彰

陸運・観光発展に尽くす


表彰式典に出席した本村さん(前列右)、新里さん(同中央)、新城さん(同左)=16日、那覇市・沖縄都ホテル

表彰式典に出席した本村さん(前列右)、新里さん(同中央)、新城さん(同左)=16日、那覇市・沖縄都ホテル

 【那覇支社】沖縄総合事務局(竹澤正明局長)は16日、「20111年度陸運及び観光関係功労者局長表彰式」を開催し、県内事業者で、長年にわたり同分野での発展に寄与した事業所役員9人と、事業従業員18人を表彰した。宮古島市からは、新里哲さん(共和バス)、本村恵彦さん(本村運送)、新城浩吉さん(東和オートサービス)、與那覇正吉さん(エス自動車)の4人が局長表彰を受けた。

(全文を表示…)

2011年5月17日(火) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

川満長英さん沖縄振興功績表彰/総合事務局

キビ生産、担い手育成評価


サトウキビ生産で沖縄振興に大きく寄与したとして表彰された川満さん=16日、那覇市、沖縄都ホテル

サトウキビ生産で沖縄振興に大きく寄与したとして表彰された川満さん=16日、那覇市、沖縄都ホテル

 【那覇支社】沖縄復帰記念の日にあたり内閣府沖縄総合事務局(竹澤正明局長)は16日、那覇市内のホテルで沖縄の振興発展に功績のあった1個人3団体に対して「沖縄振興功績者表彰」を授与した。宮古島市の川満長英さんが地域のサトウキビ生産をけん引し、担い手育成などに大きく寄与したとして表彰を受けた。

(全文を表示…)

2011年5月15日(日) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済, 社会・全般]

きょう 復帰39年

82年ピーク後減少/人口の推移


 県が毎年発行している宮古概観によると沖縄が本土復帰した1972年の宮古島市(当時は平良市、城辺町、伊良部町、下地町、上野村の5市町村)の人口(12月末現在)は5万8984人。昨年末の5万5036人(統計みやこじま)に比べ、市の人口は3948人減少している。

(全文を表示…)

2011年5月14日(土) 09:00 [イベント, 地域・暮らし, 産業・経済]

宮古牛まつり10月開催/実行委開く

肥育牛コンテストなど多彩に


賑わった昨年の第1回宮古牛まつり=カママ嶺公園

賑わった昨年の第1回宮古牛まつり=カママ嶺公園

 2011年度宮古牛まつり実行委員会(会長・下地敏彦市長)が13日、市役所上野庁舎で開かれ、事業計画などを審議し承認した。開催期日は10月16日午前10時~午後4時。会場はカママ嶺公園。2回目の今回は、100日間の飼育でどれだけ太らせるかを競う肥育牛コンテストを組み込んだ。

(全文を表示…)

2011年5月14日(土) 09:00 [産業・経済]

キビ株出45%増/全面積の13%占める

新農薬の効果などで急増


すくすくと成長している株出=13日、城辺

すくすくと成長している株出=13日、城辺

 宮古島に現在栽培されている2011年産サトウキビの株出面積は、前期より123㌶(45・3%)増えて394㌶に上っていることが分かった。宮古製糖城辺工場と沖縄製糖宮古工場が、13日までにまとめた。夏植や春植を含めた全体面積3097㌶に占める割合は12・7%。08年産まで2・8%しかなかった株出は、それ以降急増した。

(全文を表示…)

2011年5月14日(土) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

サトウキビ 機械化で労力低減/本土復帰39年

肉用牛、葉タバコも急成長


 宮古の農林水産業は復帰とともに右肩上がりの成長を続けた。基幹作物のサトウキビをはじめ、農地の有効活用に伴う葉タバコ産業や施設園芸作物の成長も著しい。このような生産物を支えてきたのが1993年に散水を開始した地下ダム事業だ。巨額の予算を投じた基盤整備、かんがい施設設置事業の成果が顕著に表れている。

(全文を表示…)

2011年5月13日(金) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

花と緑の島づくり支援へ/森林組合

11年度事業計画など審議


11年度の事業計画などを審議した理事会=12日、宮古林業総合センター

11年度の事業計画などを審議した理事会=12日、宮古林業総合センター

 宮古森林組合(代表理事組合長・下地敏彦市長)の理事会が12日、宮古林業総合センターで開かれ、27日の総会に提出する議案を審議承認した。2010年度の単年度決算は、178万円の黒字を計上。累積黒字は238万円となった。11年度は前年に引き続き、365日花と緑にあふれる美ら島づくりを目指す「グリーンコミュニティー支援事業」に力を入れる方針。役員改選も行い組合長に下地市長を再任した。

(全文を表示…)

2011年5月13日(金) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

体験工芸村 来客数は4万2257人/2010年度利用者数まとめ

前年度7㌫上回る/5251人が物作りを体験


 市熱帯植物園内の体験工芸村の2010年度の利用者数がこのほどまとまった。八つある体験工房を訪れたのは延べ4万2257人。前年度の3万9480人を2777人、約7㌫上回った。このうち12㌫に当たる5251人が実際に工房で物作りを体験した。

(全文を表示…)

2011年5月10日(火) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

早期の平良港整備など要請/市と経済界が意見交換



宮古圏域の振興発展に向け5項目要望と意見交換が行われた=9日、宮古島商工会議所

宮古圏域の振興発展に向け5項目要望と意見交換が行われた=9日、宮古島商工会議所

 宮古島商工会議所(下地義治会頭)は9日、宮古の振興と発展のための5項目を宮古島市に要望した。要請を受けた下地敏彦市長はすべての項目に理解を示し「要請項目は宮古の経済を活性化するために必要だと認識している。沖縄は県全体が離島。離島に住む私たちが沖縄本島と同じサービスを受けられて初めて発展する。格差を是正するためにも皆さんの要望に応えられるよう頑張りたい」と意欲を示した。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2011年5月
    « 4月   6月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2