2011年7月10日のニュース一覧

2011年7月10日(日) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

自分を表現できる道具見つけて/PTA指導者研修会

加藤さん(元パラリンピック日本代表)が講演


講話に熱心に耳を傾ける参加者たち=9日、下地農村環境改善センター

講話に熱心に耳を傾ける参加者たち=9日、下地農村環境改善センター

 宮古島市PTA指導者研修会(主催・市教育委員会)が9日、下地農村環境改善センターで開かれた。講師は、宮古島在住で元パラリンピック日本代表選手の加藤正さん。「子どもたちに何か自分を表現できる道具を見つけてと伝えてほしい。自分の場合は、スポーツだった」と自らの体験を基にエールを送った。

(全文を表示…)

2011年7月10日(日) 09:00 [社会・全般]

きっかけは理解者の温かさ/ハンセン病とフォーラム

カミングアウトの体験語る


退所者とカミングアウトについて活発な意見交換が行われた=9日、市社協平良支所

退所者とカミングアウトについて活発な意見交換が行われた=9日、市社協平良支所

 「ハンセン病とカミングアウト」と題したフォーラム(主催・ハンセン病と人権市民ネットワーク宮古)が9日、療養所退所者の金城幸子さんや上里栄さん、平良仁雄さん、知念正勝さんをパネリストに市社会福祉協議会平良支所で開かれた。らい予防法廃止から10年、熊本国賠訴訟判決から15年を経た今も、退所した回復者の多くがカミングアウトできない現状などについて、それぞれが自らの体験を踏まえ、意見を述べた。

(全文を表示…)

2011年7月10日(日) 09:00 [イベント, 地域・暮らし, 産業・経済]

島産マンゴー、内外PR/マンゴーまつり

試食、販売コーナーに長蛇の列


試食コーナーは大人気。多くの市民と観光客が舌鼓を打った=9日、うえのドイツ文化村

試食コーナーは大人気。多くの市民と観光客が舌鼓を打った=9日、うえのドイツ文化村

 第2回マンゴーまつりが9日から、上野のうえのドイツ文化村で始まった。初日から多くの市民と観光客が来場し、長蛇の列を作ってマンゴーを試食するとともに、お手頃価格で販売されているマンゴーを買い求めた。まつりはきょう10日まで行われる。

(全文を表示…)

2011年7月10日(日) 09:00 [地域・暮らし]

與那覇さんの叙勲祝う/荷川取自治会

地域を挙げ盛大に


狩俣さんから與那覇さん(左)に花束が贈呈された=9日、荷川取公民館

狩俣さんから與那覇さん(左)に花束が贈呈された=9日、荷川取公民館

 2011年春の叙勲で旭日双光章(地方自治功労)を受章した元市議会議員の與那覇タズ子さんの受章祝賀会(主催・荷川取自治会)が9日、同自治会の公民館で開かれた。大勢の住民が4期16年間の実績をたたえ、受章を祝福するとともに、今後の活躍を祈念した。

(全文を表示…)

2011年7月10日(日) 09:00 [教育・文化]

市民の力作展示/市中央公民館

春の文化祭が開幕


関係者によるテープカットで春の文化祭が開幕した=9日、市中央公民館

関係者によるテープカットで春の文化祭が開幕した=9日、市中央公民館

 第6回宮古島市民総合文化祭・一般の部「春の文化祭」(主催・市、市教育委員会、市文化協会)が9日、市中央公民館で開幕した。きょう10日まで。会場には盆栽や木工、園芸などの力作が展示されている。また、1階大ホールの一角には茶席が設けられ、訪れた市民らは振る舞われた茶菓子とお茶の味を楽しんだ。

(全文を表示…)

2011年7月10日(日) 09:00 [地域・暮らし]

「大漁」を肌で実感/狩俣中生徒

八重干瀬で追い込み漁体験


大物アカウチャを手に喜ぶ生徒(左)=8日、狩俣漁港

大物アカウチャを手に喜ぶ生徒(左)=8日、狩俣漁港

 狩俣中学校(元野公雄校長)は8日、宮古島の北方に広がる八重干瀬で追い込み漁体験を実施した。生徒たちは、大物アカウチャ(和名ムネアカクチビ)など約400㌔を水揚げし、同干瀬に感謝するとともに漁業の大切さを実感した。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成31年4月1日現在

    宮古島市 54,060 人
    26,868 人
    27,192 人
    世帯数 27,148 軒
    多良間村 1,164 人
    626 人
    538 人
    世帯数 523 軒
  • 天気


  •  

    2011年7月
    « 6月   8月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2