2011年7月19日のニュース一覧

2011年7月19日(火) 23:00 [人(ひと)]

沖縄ヤマト運輸社長 赤嶺 真一さん(42歳)

「お客様の気持ち運ぶ」


赤嶺 真一さん

赤嶺 真一さん

 現場の第一線で客と接してきた。同業者との競争は激しくなってきているが、沖縄で一番の物流会社になろうという目標を掲げている。「私たちの仕事は物を運ぶだけではなく、お客様の気持ちを運んでいるという思いがある」。今年4月に社長に就任した。好きな言葉は「不撓不屈」、「アララガマ魂」と言う。


 大学浪人中にアルバイトでヤマト運輸に入社。仕事ぶりが認められ、当時の社長から「うちに入らないか」と言われたことが人生の転機になった。


 以来、名古屋や岐阜などの宅急便センターでドライバーとして勤務。常に客と接しながらさまざまな事を体験した。


 客からの苦情は「本当の声を聞く良いチャンス」と前向きに捉える。つらい事も多いが、客に感謝してもらえるのがうれしくて続けてきた。「その繰り返しですよ」


 「今は社長ということをやらせてもらっているが、現場からそのまま入ってきた人間」と言う。


「ヤマトを支えているのは現場。それぞれがお客様の気持ちを運んでいるんだという思いを宅急便に込めている。そこを中心にやっていきたい」。人一倍現場には思い入れがある。


 ずっと本土暮らしだったが「沖縄で仕事をさせてもらえることに感謝している。育ててくれた故郷にも恩返しがしたい」


 赤嶺 真一(あかみね・しんいち)1969(昭和44)年生まれ。42歳。平良字西原出身。宮古高校卒。92年ヤマト運輸入社。名古屋、岐阜などの各宅急便センターで勤務し今年4月に沖縄ヤマト運輸社長に就任。

2011年7月19日(火) 09:00 [イベント, 地域・暮らし]

海の恩恵に感謝/みなとフェスタ

カツオ解体ショーなど多彩


重さ10㌔もある大物カツオの解体ショーは観客の視線を引きつけた=18日、平良港

重さ10㌔もある大物カツオの解体ショーは観客の視線を引きつけた=18日、平良港

 海族まつりの一環で、宮古島市は「海の日」の18日、平良港でみなとフェスタ2011年を実施した。海風が吹く中、大勢の親子連れや観光客らが、海の恵みに感謝し、カツオ解体ショーなどの多彩なイベントを満喫した。

(全文を表示…)

2011年7月19日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

宮古・ドイツの相互理解を

日独交流150周年記念で/駐日ドイツ大使が講演


市民と原発問題や新エネなどドイツのエネルギー政策について説明したシュタンツェル大使=18日、市中央公民館

市民と原発問題や新エネなどドイツのエネルギー政策について説明したシュタンツェル大使=18日、市中央公民館

 ダンケフェスト2011出席のため宮古島市を初訪問したフォルカー・シュタンツェル駐日ドイツ大使が18日、市中央公民館で、「日独交流150周年とその意義」と題して講演した。ドイツの通商条約などの歴史経緯に触れ、日独間のみならず、宮古との民間交流などの重要性を強調し集まった市民との相互理解を深めた。

(全文を表示…)

2011年7月19日(火) 09:00 [イベント]

熱気あふれる夏の夜満喫/うえのダンケフェス

ビールうま呑みなど盛況


下地勇さん、砂川恵理歌さんと宮古島少年少女合唱団が「一粒の種」を披露するとフェスティバルは最高潮となった=17日、うえのドイツ文化村

下地勇さん、砂川恵理歌さんと宮古島少年少女合唱団が「一粒の種」を披露するとフェスティバルは最高潮となった=17日、うえのドイツ文化村

 夏の祭典「うえのドイツ文化村ダンケフェスト2011」(主催・宮古島市、博愛国際交流センター)が17日、同文化村で行われた。ステージ上ではのど自慢大会やドイツビールのうま呑み大会のほか、下地勇さんと砂川恵理歌さんのコンサートなどが行われた。会場には多くの市民や観光客らが詰め掛け、多彩なイベントを心行くまで楽しんだ。

(全文を表示…)

2011年7月19日(火) 09:00 [スポーツ, 地域・暮らし]

なでしこ優勝を速報/サッカー女子W杯

本紙が号外8000部発行


サッカー女子ワールドカップの日本優勝の号外を手に笑顔を見せる買い物客=18日、市内スーパー

サッカー女子ワールドカップの日本優勝の号外を手に笑顔を見せる買い物客=18日、市内スーパー

 宮古毎日新聞社は18日午前、サッカーの第6回女子ワールドカップの日本優勝を伝える号外8000部を発行し、買い物客ら市民に配布した。受け取った市民は快挙を実感。「優勝は本当に感動した」などと話し号外に見入った。


(全文を表示…)

2011年7月19日(火) 09:00 [教育・文化]

応募作品を審査/書心会、本社主催

全宮古書道展、来月19日から


入賞作品を選ぶ審査員ら=17日、久松地区公民館

入賞作品を選ぶ審査員ら=17日、久松地区公民館

 第30回全宮古書道展(主催・書心会、宮古毎日新聞社)の審査会が17日、久松地区公民館で行われた。応募作品数は児童生徒の部に776点、高校・一般の部に110点。審査委員長の天久宏さん(雅号・天久清翠、書心会会長)らが厳正に審査した。入賞者は宮古毎日新聞で発表する。

(全文を表示…)

2011年7月19日(火) 09:00 [イベント]

知念六段がA組優勝/市長杯サマー囲碁まつり

B組は垣花五段、C組具志堅三段


知念一将六段

知念一将六段

 宮古島市長杯2011サマー囲碁まつり(主催・同実行委員会、共催・日本棋院平良支部、宮古毎日新聞社)が17日、市内のこすみ囲碁教室で行われた。五段以上の強豪がそろったA組では七段格で出場した知念一将六段が優勝。B組(四、五段)は垣花貞夫五段、C組(三段以下)は具志堅秋作三段が、それぞれ制した。具志堅三段は、四段に昇段した。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年7月1日現在

    宮古島市 54,072 人
    27,056 人
    27,016 人
    世帯数 26,654 軒
    多良間村 1,173 人
    628 人
    545 人
    世帯数 519 軒
  • 天気


  •  

    2011年7月
    « 6月   8月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2