2011年8月26日のニュース一覧

2011年8月26日(金) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

月間3万人台を回復/7月入域観光客数・震災以降初



 市のまとめによると、宮古島の7月の入域観光客数は3万6719人で、前年同月と比較し7・4%の減となったが、東日本大震災発生以降、低迷が続いていた今年度の月間入域観光客数が初めて3万人台を回復した。主要ホテルの稼働率と宮古空港乗降客数も前月実績を上回った。

(全文を表示…)

2011年8月26日(金) 09:00 [はばたけあすの顔, 企画・連載]

習い事が大好き/ゆめの子保育園

男子7人・女子7人


ゆめの子保育園男子7人・女子7人

ゆめの子保育園男子7人・女子7人

 習い事が大好きな3、4才児組のみんなは、英語や習字、琉球舞踊を習っている。「踊りもめきめきと上達して、英語の発音も良く、読み書きも上手」とほめる園長先生。

(全文を表示…)

2011年8月26日(金) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

池間大橋、長寿命化補修へ/開通から19年、本格調査開始



橋梁点検車から大橋の劣化・損傷部分を調査する関係者ら=24日、池間島側

橋梁点検車から大橋の劣化・損傷部分を調査する関係者ら=24日、池間島側

 池間島と宮古本島狩俣を結ぶ池間大橋で24日、橋梁(きょうりょう)点検車を使っての上部工の劣化・損傷部分の本格的な調査が始まった。大橋は1992年2月に開通し、今年で19年。長寿命化などを図るため、来年から初めての補修工事が行われる。

(全文を表示…)

2011年8月26日(金) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化, 社会・全般]

「次は冬に会いましょう」/新潟県上越市板倉区児童

宮古での交流事業終え帰る

ホームステイ受け入れ先の家族らと記念撮影する板倉区の児童たち(写真2列目8人)=25日、宮古空港

ホームステイ受け入れ先の家族らと記念撮影する板倉区の児童たち(写真2列目8人)=25日、宮古空港

 交流事業で来島していた新潟県上越市板倉区の児童8人が25日、全ての日程を終えて宮古島を後にした。児童たちは海水浴など楽しかった体験や交流を振り返りながら「来年1月には新潟県でお会いしましょう。楽しみに待っています」と見送りに来た児童たちに笑顔で呼び掛けた。

(全文を表示…)

2011年8月26日(金) 09:00 [政治・行政]

砂川小の校舎改築へ/30日の市議会臨時会に提案



 宮古島市議会の議会運営委員会(新城啓世委員長)が25日、市役所平良庁舎で開かれ、市議会臨時会を今月30日に開催することを決めた。引き続き行われた市議会全員協議会で市当局が、提出5議案を説明した。

(全文を表示…)

2011年8月26日(金) 09:00 [地域・暮らし, 環境・エコ, 社会・全般]

宮古で2件の測定依頼/放射能汚染腐葉土

県、機器を追加購入


 【那覇支社】県内で販売された栃木県産腐葉土から最大で1㌔当たり放射線量1万7500ベクレル、毎時1・14マイクロシーベルトの高濃度放射性セシウムが検出された問題で25日、汚染腐葉土の販売が判明したメイクマン(本社・浦添市)は県に対し、宮古で2件の放射能測定調査を依頼したことを明らかにした。

(全文を表示…)

2011年8月26日(金) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 産業・経済]

「島の魅力、もっと発信を」/作家の莫邦富さん来島

ビジネス視察誘致など提言


訪れる側の価値観を理解した上で島の魅力の情報発信を呼び掛けた莫さん(左から2人目)=25日、市役所平良庁舎

訪れる側の価値観を理解した上で島の魅力の情報発信を呼び掛けた莫さん(左から2人目)=25日、市役所平良庁舎

 石垣と宮古の視察を行った日本在住の中国人ジャーナリストで作家の莫邦富(モー・バンフ)さんが25日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を表敬訪問した。中国人観光客の誘客に向け、地元にとっては普通のことでも中国人が魅力を感じる部分や価値観の違いについて紹介し、観光に来る側の意向を理解した上でもっと島の魅力について情報発信することを呼び掛けた。

(全文を表示…)