「環境・エコ」 2011年8月のニュース一覧

2011年8月30日(火) 09:00 [教育・文化, 環境・エコ]

大賞は平良恵美李さん/漂着物アートコンクール表彰式

テーブルサンゴをイメージ


大賞を受賞した平良恵美李さん=28日、海中公園

大賞を受賞した平良恵美李さん=28日、海中公園

 第9回漂着物アートコンクール(主催・海洋調査研究会)の表彰式が28日、平良狩俣の宮古島海中公園で行われ、来館者の投票数で大賞に選ばれた鏡原中学校3年の平良恵美李さんら入賞者36人に賞状と賞品が贈られた。会場には同研究会のメンバーをはじめ、海中公園のスタッフ、父母らが多数訪れ、児童生徒たちの力作をたたえた。

(全文を表示…)

2011年8月28日(日) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化, 環境・エコ]

環境変化と寿命の関係に焦点

嘉田教授が多良間島などで調査へ


海岸の環境を調査する嘉田教授ら=27日、仲筋の海岸

海岸の環境を調査する嘉田教授ら=27日、仲筋の海岸

 【多良間】総合地球環境学研究所チーフ教授の嘉田良平農学博士らが27日、環境調査と講演会を多良間島で実施した。調査研究は、崩れつつある沖縄の「健康長寿」と、開発に伴う環境や生態系の変化のつながりに焦点を当てた。講演では「オンリーワンの作物への転換を」と強調。同活動は、多良間島に花木を植える運動を展開している「ふるさとを楽園にしたい会」(豊里勝一代表世話人)が企画した。

(全文を表示…)

2011年8月26日(金) 09:00 [地域・暮らし, 環境・エコ, 社会・全般]

宮古で2件の測定依頼/放射能汚染腐葉土

県、機器を追加購入


 【那覇支社】県内で販売された栃木県産腐葉土から最大で1㌔当たり放射線量1万7500ベクレル、毎時1・14マイクロシーベルトの高濃度放射性セシウムが検出された問題で25日、汚染腐葉土の販売が判明したメイクマン(本社・浦添市)は県に対し、宮古で2件の放射能測定調査を依頼したことを明らかにした。

(全文を表示…)

2011年8月25日(木) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 環境・エコ, 社会・全般]

不法投棄ごみ量8310㌧/宮古地区10年度

「県全体の7割占める」


不法投棄の実態を確認して今後の対策を協議するネットワーク会議=24日、宮古福祉保健所

不法投棄の実態を確認して今後の対策を協議するネットワーク会議=24日、宮古福祉保健所

 宮古福祉保健所管内の廃棄物不法処理防止ネットワーク会議が24日、同所で開かれた。2010年度の不法投棄の実態が示され、宮古地区の不法投棄ごみの重量は8310㌧だった。前年度の1万4877㌧より減少しているが、同所担当課では「県全体の不法投棄の6~7割を占めると予想している」とし、宮古地区における不法投棄の多さを指摘した。生活から出るごみを含む一般廃棄物が全体の6割を占めており、市民のモラルが問われている。

(全文を表示…)

2011年8月24日(水) 09:00 [教育・文化, 環境・エコ]

ウリガーを守ろう/子ども博物館

藤田さん、環境悪化を指摘


参加した児童たちは各地の湧水に住む生き物たちの生態について学んだ=21日、平良、大和井

参加した児童たちは各地の湧水に住む生き物たちの生態について学んだ=21日、平良、大和井

 第4回子ども博物館(主催・市総合博物館)の「湧水の自然環境」が21日、平良・下地の両地区で行われた。小学生17人が参加し、野外の湧水(ゆうすい)でエビや魚などを見つけると大喜びし、身近な自然にもその環境に順応して力強く生きる生き物たちがいることを学んだ。

(全文を表示…)

2011年8月19日(金) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化, 環境・エコ]

風力、太陽光すごい/親子でエコツアー

環境に優しい島実感


環境に優しい設備、取り組みなどについて学ぶ参加者たち=18日、イオンタウン宮古南ショッピングセンター

環境に優しい設備、取り組みなどについて学ぶ参加者たち=18日、イオンタウン宮古南ショッピングセンター

 宮古島市主催の「夏休みエコツアー」が18日、親子連れら16組41人が参加して行われた。参加者たちは琉球ジャスコが運営するエコストアの「イオンタウン宮古南ショッピングセンター」やバイオエタノール工場、メガソーラー実証研究施設などを巡り、環境に優しい島づくりを目指してエコに対する知識を深めた。

(全文を表示…)

2011年8月11日(木) 09:00 [環境・エコ]

池間島・与那覇湾を国指定保護区に

那覇自然環境事務所が公聴会


それぞれが意見を述べた鳥獣保護区指定の公聴会=10日、市中央公民館

それぞれが意見を述べた鳥獣保護区指定の公聴会=10日、市中央公民館

 環境省那覇自然環境事務所(植田明浩所長)は10日、与那覇湾と池間島を国設の鳥獣保護区指定に向け、利害関係機関の代表から公述人として意見の陳述を求める公聴会を市中央公民館で開催した。県、市、観光協会や漁協の組合長らが出席し両地区の指定に向け意見を述べた。与那覇、池間島共に反対意見はなく、今年11月の指定に向け環境省が手続きを進める。公聴会で国の鳥獣保護区指定に公述人が全員賛成したことから、2012年に与那覇湾のラムサール条約登録に向け大きく前進した。

(全文を表示…)

2011年8月3日(水) 09:00 [環境・エコ]

汚泥からメタンガス抽出/発電利用へ新展望

市浄水管理センター 実証プラントが完成


下地市長に亜臨界水処理実証プラントの事業概要が説明された=2日、市浄水管理センター

下地市長に亜臨界水処理実証プラントの事業概要が説明された=2日、市浄水管理センター

 財団法人・南西地域産業活性化センターなどが建設した「亜臨界水処理によるメタン発酵実証プラント」が市浄水管理センター内に完成し2日、下地敏彦市長らを招いてお披露目した。下水汚泥を高温・高圧の熱水(亜臨界水)で微細化し、メタン発酵をしやすくする装置。生成したメタンは発電に利用が可能で、見過ごされてきた汚泥の有効利用に展望が開けた。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成31年3月1日現在

    宮古島市 54,225 人
    27,176 人
    27,049 人
    世帯数 26,929 軒
    多良間村 1,169 人
    628 人
    541 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2011年8月
    « 7月   9月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2