「政治・行政」 2011年8月のニュース一覧

2011年8月31日(水) 09:00 [政治・行政]

市、水質汚濁防止へ最善/市議会臨時会

調停条項案の受諾など可決


議案の提案理由を説明する下地市長=30日、市議会議場

議案の提案理由を説明する下地市長=30日、市議会議場

 宮古島市議会(下地明議長)の臨時会が30日に開かれた。海中公園工事での水質汚濁に関する県公害審査会からの調停条項案の受諾、市防災情報システム整備委託事業契約、砂川小学校校舎改築工事請負契約、平良中学校校舎改築工事請負工事の契約金額を引き上げる議決内容の一部変更、市税条例等の一部を改正する専決処分の承認の5議案について下地敏彦市長が提案理由を説明。審議、採決の結果、いずれも可決された。

(全文を表示…)

2011年8月31日(水) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

新図書館 郷土資料の充実へ/来月、検討委設置

14―15年度着工向け


 市は新しい図書館(宮古島市立中央図書館)建設に向け、地域の資料を収集し保存に関しての事項を定める検討委員会を9月2日に発足させる。図書館のソフト面の整備拡充に関するもので、市図書館準備室(仲間正人室長)では「個性的な図書館を打ち出すためにも沖縄、宮古の民俗学や郷土史資料の充実を図っていきたい」としている。市は2014~15年度に掛けて、移転後の宮古病院跡地への建設を予定。計画通り進めば16年度に完成、開館する。

(全文を表示…)

2011年8月30日(火) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

来年カツオシンポ開催へ/若林学会長が申し入れ

カツオ一本釣り漁業107年の節目


下地市長(手前)を表敬訪問した日本カツオ学会の若林教授(手前左)=29日、市役所平良庁舎

下地市長(手前)を表敬訪問した日本カツオ学会の若林教授(手前左)=29日、市役所平良庁舎

 日本カツオ学会長の若林良和愛媛大学教授が29日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を表敬訪問した。若林教授は「来年宮古島市で、カツオシンポジウム2012(仮称)を開催してほしい」と改めて協力を申し入れた。下地市長は「約束通り開催する」と明言した。来年は宮古でカツオ一本釣り漁が始まってから107年の節目を迎える。

(全文を表示…)

2011年8月28日(日) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

福祉社会の実現目指す/市社協/合併5周年で決意

宣言採択、功労者59人表彰


表彰を受ける功労者に拍手を送る来場者たち=27日、市中央公民館大ホール

表彰を受ける功労者に拍手を送る来場者たち=27日、市中央公民館大ホール

 宮古島市社会福祉協議会(川満省三会長)合併5周年記念社会福祉大会が27日、市中央公民館大ホールで開かれた。社会福祉事業への功労者ら計59人に表彰や感謝状が贈られたほか、「安心して暮らすことのできる福祉社会の実現を目指す」などとする大会宣言を採択。中学生のボランティア体験発表、沖縄大学人文学部福祉文化学科の西尾敦史准教授を講師に迎えての記念講演も行われた。

(全文を表示…)

2011年8月27日(土) 09:09 [政治・行政, 社会・全般]

委員に委嘱状、初審査会開く

市情報公開・個人情報保護審査会



3人の委員に委嘱状が交付され、市として初めての審査会が行われた=26日、市役所平良庁舎

3人の委員に委嘱状が交付され、市として初めての審査会が行われた=26日、市役所平良庁舎

 宮古島市情報公開および個人情報保護審査会委員に対する委嘱状交付式が26日、市役所平良庁舎で行われ、長濱政治副市長から委員3人に委嘱状が交付された。交付式後、同市としては初めてとなる第1回情報公開審査会も実施された。あいさつで長濱副市長は「慎重審議で審査会としての結論を出してほしい」と述べた。

(全文を表示…)

2011年8月27日(土) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

事故多発路線の解消へ/添道1号線整備

幅員12㍍、現況の1・9倍に


広々となった添道1号線

広々となった添道1号線

 平良の添道集落を東西に通る市道・添道1号線の整備が、本格化した。2007年度から始まった1期分では、現在までに約400㍍が完了。幅員は現況の約1・9倍の12㍍と広くなった。同道路については、交通事故の多発を受けて添道自治会が、早期整備を要請していた。

(全文を表示…)

2011年8月27日(土) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

社員持ち株増を承認/コーラル社取締役会

「整理清算」を回避、存続へ


役員会には砂川会長(奥中央)と下地市長(同左)らが参加した=26日、コーラル・ベジタブル社

役員会には砂川会長(奥中央)と下地市長(同左)らが参加した=26日、コーラル・ベジタブル社

 3600万円の債務超過に陥っている第3セクターのコーラル・ベジタブル社(砂川佳一会長)の取締役会が26日、下地の同社で開かれ、2011年年7月末時点の中間収支決算などが報告された。砂川会長が「整理清算」を提案したが、幹部従業員らが「社員持ち株を増やし、新生コーラル・ベジタブル社として存続して行く」との方向性を示し、全会一致で承認された。累積赤字は9500万円。11月に開かれる株主総会で、今後の存続有無について議論される。

(全文を表示…)

2011年8月27日(土) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

島尻部、ポンプ車操法で優勝/消防操法大会

消火訓練の成果競う


操作の正確さ、速さを競い合った消防操法大会=26日、市消防本部

操作の正確さ、速さを競い合った消防操法大会=26日、市消防本部

 第22回宮古地区支部消防操法大会(主催・県消防協会宮古地区支部)が26日、市消防本部で開催された。ポンプ車操法と小型ポンプ車操法の2部に、13チーム計137人の団員らが参加。日ごろの訓練の成果を競い合った結果、ポンプ車操法は平良分団島尻部、小型ポンプ操法は平良分団狩俣部がそれぞれ優勝した。両チームは県大会に地区代表として出場する。

(全文を表示…)

2011年8月27日(土) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

キビ生産振興を要請/全糖労が仲井真知事に



比嘉部長(右)に要請書を手渡す砂川委員長(右から2人目)=26日、県庁農水部長室

比嘉部長(右)に要請書を手渡す砂川委員長(右から2人目)=26日、県庁農水部長室

 【那覇支社】全沖縄製糖労働組合(全糖労、砂川勝哉委員長)、フード連合沖縄地区協議会など、県内のサトウキビ生産に関わる労働組合の代表らが26日、県庁に仲井真弘多知事を訪ね、「砂糖制度の堅持および経営安定対策・さとうきび生産振興等の要請」を提出。比嘉俊昭県農水部長が要請書を受け取った。

(全文を表示…)

2011年8月27日(土) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

与那国での「陸自配備調査」を報告/沖縄防衛局

11年版防衛白書を市長に説明


11年版防衛白書について下地市長(右)に説明する沖縄防衛局の森田企画部長(左)=26日、市平良庁舎市長室

11年版防衛白書について下地市長(右)に説明する沖縄防衛局の森田企画部長(左)=26日、市平良庁舎市長室

 沖縄防衛局(田中聡局長)の森田治男企画部長らは26日、市平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、2011年版防衛白書の概要説明を行った。防衛大綱中期防衛力整備計画(中期防、11~15年度)に基づき、15年度までには与那国町に陸上自衛隊沿岸監視隊を配備する方針で調査を進めていることなどを報告した。

(全文を表示…)

2011年8月26日(金) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

池間大橋、長寿命化補修へ/開通から19年、本格調査開始



橋梁点検車から大橋の劣化・損傷部分を調査する関係者ら=24日、池間島側

橋梁点検車から大橋の劣化・損傷部分を調査する関係者ら=24日、池間島側

 池間島と宮古本島狩俣を結ぶ池間大橋で24日、橋梁(きょうりょう)点検車を使っての上部工の劣化・損傷部分の本格的な調査が始まった。大橋は1992年2月に開通し、今年で19年。長寿命化などを図るため、来年から初めての補修工事が行われる。

(全文を表示…)

2011年8月26日(金) 09:00 [政治・行政]

砂川小の校舎改築へ/30日の市議会臨時会に提案



 宮古島市議会の議会運営委員会(新城啓世委員長)が25日、市役所平良庁舎で開かれ、市議会臨時会を今月30日に開催することを決めた。引き続き行われた市議会全員協議会で市当局が、提出5議案を説明した。

(全文を表示…)

2011年8月26日(金) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 産業・経済]

「島の魅力、もっと発信を」/作家の莫邦富さん来島

ビジネス視察誘致など提言


訪れる側の価値観を理解した上で島の魅力の情報発信を呼び掛けた莫さん(左から2人目)=25日、市役所平良庁舎

訪れる側の価値観を理解した上で島の魅力の情報発信を呼び掛けた莫さん(左から2人目)=25日、市役所平良庁舎

 石垣と宮古の視察を行った日本在住の中国人ジャーナリストで作家の莫邦富(モー・バンフ)さんが25日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を表敬訪問した。中国人観光客の誘客に向け、地元にとっては普通のことでも中国人が魅力を感じる部分や価値観の違いについて紹介し、観光に来る側の意向を理解した上でもっと島の魅力について情報発信することを呼び掛けた。

(全文を表示…)

2011年8月25日(木) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 環境・エコ, 社会・全般]

不法投棄ごみ量8310㌧/宮古地区10年度

「県全体の7割占める」


不法投棄の実態を確認して今後の対策を協議するネットワーク会議=24日、宮古福祉保健所

不法投棄の実態を確認して今後の対策を協議するネットワーク会議=24日、宮古福祉保健所

 宮古福祉保健所管内の廃棄物不法処理防止ネットワーク会議が24日、同所で開かれた。2010年度の不法投棄の実態が示され、宮古地区の不法投棄ごみの重量は8310㌧だった。前年度の1万4877㌧より減少しているが、同所担当課では「県全体の不法投棄の6~7割を占めると予想している」とし、宮古地区における不法投棄の多さを指摘した。生活から出るごみを含む一般廃棄物が全体の6割を占めており、市民のモラルが問われている。

(全文を表示…)

2011年8月25日(木) 09:00 [政治・行政, 教育・文化]

平良図書館の歴史記す/跡地にモニュメント



旧平良図書館跡地に設置されたモニュメント

旧平良図書館跡地に設置されたモニュメント

 宮古島市は、旧平良図書館跡地に整備された駐車場の一角に残る緑地部分にこのほど、同図書館の歴史を伝えるモニュメントを設置。宮古琉米文化会館として建設されてから平良図書館となるまでの歴史と、建物の変遷を伝える写真3点が紹介されている。

2011年8月25日(木) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

口蹄疫侵入を防げ/関係機関が想定訓練

農場消毒など本番さながら


防護服を着用して本番さながらの消毒作業を行う演習参加者=24日、宮古合同庁舎

防護服を着用して本番さながらの消毒作業を行う演習参加者=24日、宮古合同庁舎

 県農林水産部が主催する宮古地区での口蹄疫防疫実働演習が24日、県宮古合同庁舎とJAおきなわ宮古家畜市場で行われた。県、宮古島市、多良間村の行政機関ほかJAや生産者団体などから約80人が参加し、家畜に甚大な被害を及ぼす口蹄疫について認識を共有。演習では口蹄疫が実際に侵入したことを想定し、防疫ステーションの設置や運営、農場消毒など本番さながらの実働訓練を通して関係機関の連携強化と防疫体制の確立を図った。

(全文を表示…)

2011年8月24日(水) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

統合しても小規模校に/学校規模適正化 

課題の「複式学級」は解消


 市教育委員会がまとめた「市立学校長期計画」によると、同委員会が学校規模適正化に伴い統合を計画している各学校の児童数は軒並み大幅減少が見込まれていることが分かった。こうした状況から統合しても統合校は適正規模校とはならず、すべて小規模校となる見込みだ。一方で統合の最大の理由となっている複式学級については解消し、統合校の一部は1学年複数学級となることも見込まれている。

(全文を表示…)

2011年8月23日(火) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

26日からトラックかん水開始/宮古島市

農家負担1台1500円


トラックによるかん水を26日から実施することを決めた会議=22日、市役所上野庁舎

トラックによるかん水を26日から実施することを決めた会議=22日、市役所上野庁舎

 宮古島市は、26日から宮古、来間、池間島のサトウキビへの大型トラックによるかん水補助を開始する。22日に、市上野庁舎で干ばつ対策調整会議を開いて決めた。1台(10㌧)当たりの費用は3500円で、市の補助が2000円、農家負担が1500円。かん水は、夏植種苗用のキビや春植、株出、かん水施設のない農家を優先する。25日までにまとまった雨が降った場合、かん水は中断する。伊良部地区は、先行している。

(全文を表示…)

2011年8月23日(火) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

来間島住民が部落会を提訴

会長選任無効で地裁平良支部に


 下地来間島の住民の一部が同島の地縁団体「来間部落会」に対して、規約に沿った会長選任が行われずに総会で会長選任の決議をしたのは無効だとして那覇地裁平良支部に提訴していたことが22日までに分かった。

(全文を表示…)

2011年8月18日(木) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

市教委が市長に方針報告/小学校統合

下地市長「サポートしたい」


波平さん(多良間小3年)全国準優勝/空手の糸東会選手権3年女子形

波平さん(多良間小3年)全国準優勝/空手の糸東会選手権3年女子形

 市教育委員会(宮国博委員長)の委員5人は17日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、16日に決定した小学校(幼稚園を含む)の統合基本方針を報告した。

(全文を表示…)

2011年8月17日(水) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

「宮古花の王国」事業が完成

植物園に癒やしの空間


「宮古花の王国」づくりの柱となる市熱帯植物園のリニューアル事業が完成。天然水が流れる水辺を創出し、周辺には花木などを植栽した

「宮古花の王国」づくりの柱となる市熱帯植物園のリニューアル事業が完成。天然水が流れる水辺を創出し、周辺には花木などを植栽した

 宮古島市が計画している「宮古花の王国」づくりの柱となる市熱帯植物園のリニューアル事業が15日、完成した。園内に天然水が流れる水辺を創出し、周辺には熱帯植物や花木などを植栽した。数十種類の花は植栽したばかりで咲いているのは少ないが、来春には見ごろとなりそうだ。施工は世界的な庭師として知られる石原和幸さんが手掛けた。

(全文を表示…)

2011年8月17日(水) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

機材大型化と増便を要請

JTA宮古-石垣間で市体協など


平支社長(右)に要請書を手渡す本村会長(左から3人目)=16日、宮古空港内のJTA宮古営業所

平支社長(右)に要請書を手渡す本村会長(左から3人目)=16日、宮古空港内のJTA宮古営業所

 宮古島市体育協会(本村博昭会長)と宮古島商工会議所(下地義治会頭)、宮古島観光協会(豊見山健児会長)は16日、日本トランスオーシャン航空(JTA、佐藤学社長)へ宮古-石垣線の機材大型化と増便を求める要請書を、JTA宮古支社の平一浩支社長に手渡した。

(全文を表示…)

2011年8月17日(水) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

鏡原と宮原など統合/小学校

8年間で14校実施へ/市教委が方針決定


小学校統合の基本方針を決定した市教育委員会の臨時会=16日、市役所城辺庁舎

小学校統合の基本方針を決定した市教育委員会の臨時会=16日、市役所城辺庁舎

 市教育委員会(宮国博委員長)の第6回臨時会が16日、市役所城辺庁舎で行われた。学校規模適正化については、小学校も中学校と同時並行で進めるとした同委員会方針に基づいてこの日、小学校(幼稚園を含む)の統合基本方針を委員の全会一致で決定した。統合期間は中学校と同じで2018年度までの8年間で鏡原と宮原など14校の統合を実施するとしている。この日決定した方針については、きょう17日に下地敏彦市長に報告される。

(全文を表示…)

2011年8月14日(日) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

宮古島市、利用率22%/子宮、乳がん無料クーポン

09年度女性特有がん検診推進事業 県内11市中4番目


 宮古島市福祉保健部健康増進課によると09年度からスタートした女性特有のがん検診推進事業による婦人検診で乳がん(マンモグラフィー)と子宮頸がん検診の受診に伴う無料クーポン券の利用率が乳がん、子宮頸がんとも県内市の中で4番目に高い数値となっていることが分かった。しかし、10年度は前年実績を大幅に下回り、さらに今年度も予約が必要な乳がん検診の予約状況が前年と比較しても少ないことから同課では積極的なクーポン利用を呼び掛けている。





 この無料クーポン券は、女性特有のがんに対する正しい意識の普及・啓発を目的に導入。国の方針に基づく事業で費用は全額、国と市で負担し、利用者の負担はない。


 クーポン券が発行されるのは市に住民登録している女性で、子宮がん検診は4月1日現在で20、25、30、35、40歳、乳がん検診は40、45、50、55、60歳の人が対象。


 対象者は、子宮がんの検診料600円と乳がんの検診料1000円が無料となる。


 09年度のクーポン券利用率は子宮頸がんが22・2%(県平均17・8%)で11市中4番目に高かった。


 乳がんも22・5%(同19・8%)で11市中4番目となった。


 しかし、10年度は子宮頸がんが16・1%、乳がんが16・2%と前年実績を大幅に下回り、09年度の県平均をも下回っている。


 子宮頸がん、乳がんともクーポン券の利用率トップは石垣市で子宮頸がんが25・7%。乳がんは11市の中で唯一30%を超え31・1%となっている。


 同課では「女性特有のがんは早期発見しやすく、早めに治療につなげることで治る。そのためにも検診を受けることが大切。今年度は乳がん検診の予約が昨年度よりも伸びていないのでぜひ、クーポン券が届いた対象者は利用してほしい」と呼び掛けた。


 乳がん、子宮がんの集団検診は、10月18日から11月12日まで実施される。乳がん検診に限っては31月上旬からの個別検診(指定医療機関で実施)でも受診できる。


 また、クーポン券が届いた対象者は来年1月31日まで間に集団検診、個別検診のどちらででも受診できる。

2011年8月13日(土) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

委託先企業を選定/島しょ型スマートコミュニティ実証事業

第1回推進委員会を開催


古堅部長(右)から委嘱状を受け取る林委員長=12日、市役所平良庁舎

古堅部長(右)から委嘱状を受け取る林委員長=12日、市役所平良庁舎

 宮古島市全島エネルギーマネジメントシステム実証事業および来間島再生可能エネルギー100%自活実証事業(島しょ型スマートコミュニティー実証事業)の第1回推進委員会が12日、市役所平良庁舎で開かれた。委員となる4人の大学教授に委嘱状が交付され、委員長に早稲田大学大学院先進理工学研究科の林泰弘教授が選任された。引き続き、両実証事業への公募に応募した企業へのヒアリングと委託先選定協議を非公開で実施。選定結果は週明けの発表を予定している。

(全文を表示…)

2011年8月12日(金) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

ヤシの木にバンド/県土木事務所

500本、落ち葉防止策


枯れた葉が落ちるのを防ぐためにプラスチックのバンドが巻かれている(写真右上部)マニラヤシ=11日、平良城辺線

枯れた葉が落ちるのを防ぐためにプラスチックのバンドが巻かれている(写真右上部)マニラヤシ=11日、平良城辺線

 県道の中央分離帯や路側の植栽ますに植えられているマニラヤシにプラスチックのバンドが巻かれている。市民から枯れた大きな葉が路上に落ち、車両通行の邪魔になるとの苦情を受け、県土木事務所の維持管理班が落葉を防ぐため葉柄の付け根に巻いた。これまでに約500本の作業を終えている。

(全文を表示…)

2011年8月12日(金) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

市の借金、349億円

10年度一般会計決算 貯金は22億円


 宮古島市はこのほど、2010年度一般会計の決算概要をまとめた。それによると、市の借金を示す地方債現在高は349億8124万円で、1年間で6億500万円増加した。7月31日時点の人口(5万4957人)で割ると、市民1人当たりの借金は約63万6000円の計算になる。一方、貯金となる財政調整基金は22億6129万円となった。

(全文を表示…)

2011年8月11日(木) 09:00 [政治・行政]

県、市 基本的枠組みで合意/一括交付金で意見交換会

約3000億円見込む


 【那覇支社】仲井真弘多知事は9日、次年度からの導入を目指す「沖縄振興一括交付金」について、宮古島市を含む県内市町村長との意見交換会を開始した。同交付金の導入により、国主導の交付措置から地方主体の財源に切り替わる。予算の自由度が高まり、地方分権をさらに推進する効果を持つため国は、第4次沖縄振興計画の切れる2012年4月から沖縄県で先行実施したい考え。ただ、県内市町村からは、予算配分のあり方などの懸念の声が挙がっており、意見交換会開催には、これらを払拭する狙いがあった。交付額は約3000億円程度を見込む。

  (全文を表示…)

2011年8月10日(水) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

ガソリン税 軽減措置の延長を

離島の負担増を懸念


りゅうせきの城間常務(左手前)らが、ガソリン税軽減措置継続の協力などを下地市長(右)に求めた=9日、市平良庁舎

りゅうせきの城間常務(左手前)らが、ガソリン税軽減措置継続の協力などを下地市長(右)に求めた=9日、市平良庁舎

  沖縄復帰特別措置法の期限切れが2012年5月14日に迫る中、軽減措置がとられている揮発油税(ガソリン税)の措置継続を求めて、県内石油小売業界が要請に動き出した。りゅうせきグループは、同離島販売店会(宮城一夫会長)の要請書を9日、宮古島市に提出。同法の軽減措置継続と、県の「石油製品輸送等補助事業」の継続について協力するよう求めた。軽減措置が無くなった場合、措置分がガソリン単価などに跳ね返り、離島消費者の大幅負担増が懸念されている。

2011年8月10日(水) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

「明和」以前にも大地震/津波・地震講演会

専門家が古文書基に研究報告


津波と地震の講演を熱心に聞く参加者ら=9日、市中央公民館

津波と地震の講演を熱心に聞く参加者ら=9日、市中央公民館

 「最新科学が明かす明和の大津波と東日本大震災が残した教訓」と題した講演会(市教育委員会主催)が9日、千葉工業大学の後藤和久上席研究員(惑星探査研究センター・東北大学客員准教授)を講師に迎え市中央公民館で行われた。過去に宮古・八重山を襲った地震、津波に関する地質学的な研究報告を行うと共に、地震や津波に対し「正しく恐れ、正しく備える」ことが、東日本大震災のような被害を生じさせないためには必要。宮古、八重山は海岸部が観光地である特殊性も考慮した津波対策が喫緊の課題と指摘した。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成30年9月1日現在

    宮古島市 54,132 人
    27,095 人
    27,037 人
    世帯数 26,730 軒
    多良間村 1,172 人
    628 人
    544 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2011年8月
    « 7月   9月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2