「産業・経済」 2011年9月のニュース一覧

2011年9月30日(金) 09:00 [産業・経済]

子牛1頭平均36万7800円/9月競り

子牛不足見越し堅調


 JAおきなわ宮古家畜市場の2011年9月の肉用牛競りが、29日開かれた。毎月19日に開かれる同競りは、台風15号の影響で延期していた。子牛1頭平均価格は、前月並みの36万7860円となった。

(全文を表示…)

2011年9月30日(金) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

参加者、厳格化に困惑/改正食品衛生法来月1日施行

飲食・食肉加工業対象に講習会


講話に耳を傾ける参加者ら=29日、宮古合同庁舎

講話に耳を傾ける参加者ら=29日、宮古合同庁舎

 認定生食用食肉取扱者講習会(主催・宮古福祉保健所)が29日、宮古合同庁舎で開かれた。生食肉を扱う飲食業や食肉加工業の関係者ら約20人が参加し、改正される食品衛生法について理解を深めた。生食肉専用の設備が義務付けられるなど、基準が厳格化された。説明を受けた参加者らは「基準が厳し過ぎる」などと戸惑いの声を上げた。

(全文を表示…)

2011年9月30日(金) 09:00 [産業・経済]

経済効果は3億2600万円/おきぎん経済研が試算

今年のトライ宮古島大会


 おきぎん経済研究所(那覇市)は、今年4月24日に行われた全日本トライアスロン宮古島大会の経済効果について、直接効果と間接効果を合わせた合計は約3億2600万円で、前回に比べ約3%減少したとの試算を発表した。

(全文を表示…)

2011年9月29日(木) 09:00 [産業・経済]

宮古は24人、77・8㌶に/JT沖縄

12年以降 葉タバコ作付け廃止農家


 日本たばこ産業(JT)沖縄地方原料本部は、県内の葉タバコ生産者を対象に8月から行っていた2012年以降の作付け廃止募集を9月上旬に締め切り、このほど結果を公表した。県全体では人、189㌶に上った。県たばこ耕作組合によると宮古は24人、77・8㌶となった。

(全文を表示…)

2011年9月23日(金) 09:00 [産業・経済]

累積黒字17億7000万円/宮古製糖

今後の課題にハーベスター導入


第52期の決算などを承認した総会=22日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

第52期の決算などを承認した総会=22日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 宮古製糖(安村勇社長)の第52期定時株主総会が22日、JAおきなわ宮古地区本部で開かれた。第52期(2010年7月1日~11年6月30日)の単年度決算は、1億1099万円の黒字を計上。累積黒字は17億7190万円となった。高齢化を見据えた今後の課題にハーベスターの導入を挙げた。役員改選も行い、新取締役に安村社長ら8人を選任した。

(全文を表示…)

2011年9月22日(木) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

防疫へ農家に新たな役割/家畜伝染病

県、衛生管理基準を説明


大勢の農家が参加し耳を傾けた説明会=21日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

大勢の農家が参加し耳を傾けた説明会=21日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 県農林水産部畜産課は、家畜伝染病予防法に基づく「飼養衛生管理基準」が見直されたのを受けて21日、JAおきなわ宮古地区本部大ホールで農家を対象にその内容を説明した。

(全文を表示…)

2011年9月21日(水) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

市商業地、3.1%下落/11年県地価調査

県内市部では最下落率


市内商業地で最高地価のサーティーワンアイスクリーム(筑登之屋)=20日、平良西里通り

市内商業地で最高地価のサーティーワンアイスクリーム(筑登之屋)=20日、平良西里通り

 【那覇支社】県企画部(川上好久部長)は20日、国土交通省が都道府県地価の状況を発表したのに伴い、2011年県地価調査(7月1日時点)の結果について発表した。宮古島市の地価は住宅地、商業地のいずれも下落しており、商業地は県内市の中で最も下落率が大きく、前年を3・1%下回った。商業地基準地2地点の標準価格平均は1平方㍍当たり7万1100円だった。市内商業地の最高額は平良字西里根間246番のサーティーワンアイスクリーム(筑登之屋)で、1平方㍍当たり8万9000円。93年のピーク時1平方㍍当たり28万円を境に下落し続けている。

(全文を表示…)

2011年9月17日(土) 09:00 [産業・経済]

コーラル社再建へ総決起

行政依存から脱皮、自立目指す/砂川会長が改革案を提案


砂川会長が経営改革案を提案した総決起大会=16日、川満構造改善センター

砂川会長が経営改革案を提案した総決起大会=16日、川満構造改善センター

 アロエベラの仕入れ代金にも事欠くなど資金繰りが悪化している第三セクターのコーラル・ベジタブル社の経営危機突破総決起大会(主催・同実行委員会)が16日、下地地区の川満構造改善センターで開かれた。砂川佳一同社会長が、行政依存型から社員出資による自立経営体への脱皮や組織の改革案を提案。社員24人が参加し、会社再建に決意を新たにした。

(全文を表示…)

2011年9月17日(土) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

2年後、40人雇用へ/美ぎ島コンタクトセンター開所

ブース席ではコールセンター事業などの対応が始まっていた=16日、美ぎ島コンタクトセンター

ブース席ではコールセンター事業などの対応が始まっていた=16日、美ぎ島コンタクトセンター

 美ぎ島コンタクトセンターの開所式が13日、平良字下里の同センター事務所で行われた。9月5日に業務を開始しており、今後はこれらの事業の拡大を図る。2013年3月末までにスタッフ数を40人、売上高8000万円の目標を立てている。同社の資本金は1000万円で、筆頭株主は宮古テレビ。

(全文を表示…)

2011年9月16日(金) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

SKY宮古・那覇線が就航

格安運賃で1日10便/4社乗り入れ 利便性向上


スカイマークの宮古-那覇線が初就航。那覇からの初便で訪れた利用者=15日、宮古空港

スカイマークの宮古-那覇線が初就航。那覇からの初便で訪れた利用者=15日、宮古空港

 格安航空運賃で知られるスカイマーク(SKY、西久保愼一社長)の新路線、宮古-那覇線が15日、定期運航を開始した。同社が沖縄で離島路線を開設するのは初めて。1日10便5往復が運航し最安運賃は片道2800円に設定した。同路線には航空4社が乗り入れる形となり、これまでに各社で運賃の値下げ競争が激化していた。利用者は格安運賃で利便性が高まることを歓迎。観光関係者は観光振興につながると期待を寄せている。

(全文を表示…)

2011年9月16日(金) 09:00 [産業・経済]

SKY新規参入引き金/宮古-那覇線

住民歓迎、観光客増に期待


 格安航空運賃の航空会社スカイマーク(SKY)の宮古-那覇線新規参入によって、同路線に就航する航空4社は運賃の価格競争を展開した。各社の最安運賃は、スカイマーク参入前の半値ないし、それ以下の料金になった。住民は激安運賃を歓迎する。ホテルなど観光関連業者は、入域客の増加に期待している。

(全文を表示…)

2011年9月15日(木) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

スカイマークきょう就航

那覇-宮古が格安1日5往復 小林所長代理が市長表敬


初就航を前に下地市長を表敬するスカイマーク社の小林紘典所長代理(左)=14日、宮古島市役所平良庁舎

初就航を前に下地市長を表敬するスカイマーク社の小林紘典所長代理(左)=14日、宮古島市役所平良庁舎

 スカイマーク社の那覇-宮古線がきょう15日、就航する。14日には同社宮古空港所の小林紘典所長代理が宮古島市役所平良庁舎に下地敏彦市長を表敬訪問し、就航の報告などを行った。

(全文を表示…)

2011年9月15日(木) 09:00 [産業・経済]

下地、荷川取さん公社理事長賞/宮古地区畜産共進会

上位3頭、県出品候補に/雌牛26頭の改良成果競う


優良牛が一堂に並び厳正な審査を受けた共進会=14日、JAおきなわ宮古家畜市場

優良牛が一堂に並び厳正な審査を受けた共進会=14日、JAおきなわ宮古家畜市場

 宮古地区農業振興会(会長・下地敏彦市長)主催の2011年度宮古地区畜産共進会が14日、JAおきなわ宮古家畜市場で開催された。出場牛は、宮古島市と多良間村の共進会で選抜された美形の雌牛26頭(宮古23頭、多良間3頭)。審査は4部門について行い、その結果4頭が優秀賞に選ばれた。優秀賞の中でもより優れた牛に贈る県畜産振興基金公社理事長賞には、下地文男さん所有の「やすか号」と荷川取広明さんの「さわこ号」が輝いた。荷川取さんの牛は、4部門中2部門を制した。各部門の上位3頭は、11月に開催される県共進会出品候補牛のお墨付きも得た。

(全文を表示…)

2011年9月14日(水) 09:00 [産業・経済]

サトウキビ年内操業 農家賛成39.3%/意向調査

早期作業の開始望む


 宮古島市など関係機関は13日までに、サトウキビの年内操業に関する農家意向調査の結果をまとめた。年内操業の実施について「賛成」と答えた農家は全体の39・3%。「反対」は23・1%だった。賛成の理由で最も多かったのは春植え・株出しの早期植え付けで、農地の有効利用が2番目に多い回答だった。今回の意向調査で農家の約4割が年内操業を求めていることが分かった。ただ「どちらでも良い」と答えた人が3割に達するなど、実施に向けては課題が残る。

(全文を表示…)

2011年9月14日(水) 09:00 [産業・経済]

尖閣諸島沖、豊かな漁場確認/宮古島、池間両漁協

漁船10隻の中間調査報告


尖閣諸島沖から水揚げされた魚類=9日、池間漁港

尖閣諸島沖から水揚げされた魚類=9日、池間漁港

 尖閣諸島沖で外国船・漁場調査を実施した宮古島漁協(小禄貴英組合長)所属の漁船1隻と池間漁協(浜川洋美組合長)所属の漁船9隻の計10隻の中間調査報告が13日までに、明らかになった。台湾漁船は5隻確認し、カツオやキハダマグロ、カジキ、フエダイ類のマーマチ(オオヒメ)などが回遊している豊かな漁場であることが改めて再確認された。

(全文を表示…)

2011年9月13日(火) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

汚濁防止に最善尽くす/市と申請人が調停結ぶ

公共工事


 宮古島海中公園建設工事に伴う周辺海域の水質汚濁について県の公害審査会に調停を申請していた市内エコツアー会社の代表社員と、被申請人である宮古島市の下地敏彦市長は12日、市役所平良庁舎で同審査会調停委員会(加藤裕委員長)立ち会いの下、「今後の公共工事では汚濁防止に最善を尽くす」などとする調停調書を結んだ。

(全文を表示…)

2011年9月13日(火) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

創造運動大賞を受賞/宮古土地改良区

水まつり、台湾交流を評価


地方大賞受賞と九州代表としての意気込みを示す仲間理事長(左)と末広総務課長=12日、宮古土地改良区

地方大賞受賞と九州代表としての意気込みを示す仲間理事長(左)と末広総務課長=12日、宮古土地改良区

 宮古土地改良区(仲間克理事長)は8日に宮崎県で開催された21世紀土地改良区創造運動大賞九州・沖縄地方選考委員会でこれまでの取り組みが評価され、地方大賞に輝いた。来月、東京で行われる中央審査会に九州・沖縄地区代表で出場する。県内の土地改良区が九州代表になるのは宮古土地改良区が初めてで、12日に同改良区で受賞の報告を行った仲間理事長は中央審査会での活躍に意気込みを示した。

(全文を表示…)

2011年9月10日(土) 09:00 [産業・経済]

3漁協統合、本格検討

検討委員会を設置 負債処理が焦点


 宮古島、池間、伊良部の3漁業協同組合の統合を検討する市漁協統合検討委員会が8日、設置された。同日午後、3漁協の代表をはじめ、県、市、県漁協連合会、県信用漁協連合会、農林中央金庫などの代表に委嘱状を交付。下地敏彦市長が委員長に就いた。今月中にも設置する幹事会で具体的に議論して統合プロセスを模索する。3漁協それぞれが抱える多額の負債処理が焦点になりそうだ。

(全文を表示…)

2011年9月9日(金) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

JTA関西―宮古線が就航

5年ぶり、観光客増に期待/今月26日まで運航


関西からの観光客を歓迎。琉神マブヤーや市のキャラクター・みーやも参加=8日、宮古空港

関西からの観光客を歓迎。琉神マブヤーや市のキャラクター・みーやも参加=8日、宮古空港

 日本トランスオーシャン航空(JTA)の関西―宮古線が8日、就航した。初便は関西国際空港から約145人、宮古からは約60人が同路線を利用した。同路線は今月26日までの19日間で18往復36便運航する。JTAによると期間中の利用率は85%と高い。関西方面からの入域観光客数の増加が見込めるため、宮古島の観光振興の一翼になることが期待される。関西―宮古路線の就航は2006年10月以来。空港では盛大な歓迎セレモニーが行われた。

(全文を表示…)

2011年9月8日(木) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

3000億円獲得目指す/一括交付金

きょう関係省庁に要請


一括交付金3000億円の獲得を目指して声明を発表した(右から)城間県町村会長、仲井真知事、翁長県市長会長=7日、県庁特別会議室

一括交付金3000億円の獲得を目指して声明を発表した(右から)城間県町村会長、仲井真知事、翁長県市長会長=7日、県庁特別会議室

 【那覇支社】仲井真弘多知事、翁長雄志那覇市長(県市長会長)、城間俊安南風原町長(県町村会長)は7日、次年度からの制度導入を目指す「沖縄振興一括交付金(仮称)」創設に向けた共同声明を発表した。きょう8日から内閣府や関係省庁、与党民主党などに対し要請行動を展開する。新たな沖縄振興には、国が使途を定めない自由度の高い同交付金3000億円が必要だとして満額獲得を目指す。

(全文を表示…)

2011年9月8日(木) 09:00 [産業・経済]

173頭に865万円補助/市優良雌牛自家保留奨励事業

改良、農家所得向上後押し


宮古では多くの母牛が本原登録されている

宮古では多くの母牛が本原登録されている

 本原登録の得点が80・5以上と体形や遺伝能力に優れた雌牛を繁殖用として自家保留した農家に、市が1頭当たり5万円を補助する事業の2010年度の利用者は116件・173頭に上った。補助額は865万円。市畜産課が7日までにまとめた。同事業は、優良牛への改良や農家の所得向上を後押ししている。

(全文を表示…)

2011年9月6日(火) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

アララガマ精神でまい進/宮古青年会議所

節目の50周年で誓い新た


歴代理事長らが出席した記念式典=4日、ホテルアトールエメラルド宮古島

歴代理事長らが出席した記念式典=4日、ホテルアトールエメラルド宮古島

 社団法人宮古青年会議所(宮古JC)の設立50周年記念式典と祝賀会が4日、市内のホテルで開催された。会員やシニア会員、姉妹JCの津山(岡山県)や友好JC・北見(北海道)、地元の各団体から約160人が出席し、30周年の節目を祝うとともに今後を展望した。中尾忠筰第50代理事長は「会員一同、これまで以上に心を一つにアララガマ精神を持って活動にまい進していく」と誓いを新たにした。

(全文を表示…)

2011年9月3日(土) 09:00 [産業・経済]

ソルガム収穫始まる/多良間村

牛の飼料性など調査


ソルガムの収穫が始まった=2日、多良間村仲筋の畑

ソルガムの収穫が始まった=2日、多良間村仲筋の畑

 【多良間】ヤンマー沖縄(宜野湾市)と多良間村が連携して進める地域循環型のバイオマス(生物資源)活用事業で試験栽培された飼料作物「ソルガム」の収穫が、2日から始まった。サトウキビに似た形状で、高さが約3㍍、茎周りが22㍉。短く切断して乳酸菌を散布しビニールで巻き発酵させている。将来的には同ソルガム搾汁をバイオエタノールの原料にする構想を描いている。

(全文を表示…)

2011年9月3日(土) 09:00 [産業・経済]

冬春期野菜の植え付け開始/JA宮古

ゴーヤー皮切り、販売額2億円へ


ハウスに植え付けられたゴーヤー=2日、平良鏡原

ハウスに植え付けられたゴーヤー=2日、平良鏡原

 JAおきなわ宮古地区営農振興センターが今年から来年にかけて島外に出荷する2011年度冬春期野菜の植え付けが、ゴーヤーを皮切りに始まった。今期は出荷量500㌧、販売額は大台の2億円達成を目指す。植え付けは年内に終わり、今年の10月から来年6月ごろまで出荷される。

(全文を表示…)

2011年9月3日(土) 09:00 [産業・経済]

「宮古んま牛」事業が好調/和牛改良組合・JA

出荷78頭、枝肉取引が奏功


 宮古和牛改良組合とJAの「宮古んま牛」(繁殖供用を終えた牛)出荷事業が好調に推移している。昨年からJAおきなわ宮古地区畜産振興センターを通して本格化させている枝肉取引が奏功、2010年度は前年度に比べて3倍となる78頭の出荷があった。飼養管理次第で高値を付ける枝肉取引の優位性をはじめ牛汁やハンバーグなど加工商品の好調な売り上げも出荷頭数の増加を後押しした。同事業を推進する同組合とJAは学校給食での取り扱いを検討しており、んま牛の価格の底上げと並行して地産地消を推進する方針だ。

(全文を表示…)

2011年9月2日(金) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

葉タバコ支援融資5億8900万円/沖縄公庫8月末

宮古、県全体の8割占める


 沖縄振興開発金融公庫は、東日本大震災や台風2号の被害を受けた農家に対する農林漁業セーフティネット資金の融資状況を8月31日に発表した。台風被害が甚大となった葉タバコ農家には、8月末までに136件、7億4200万円を融資。地区別には宮古が最も多く、105件・5億8900万円と全体の8割近くを占めた。

(全文を表示…)

2011年9月2日(金) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

給食に黒糖ぜんざい/多良間村

県が消費拡大キャンペーン


「黒糖ぜんざい」をおいしそうに食べる子どもたち=1日、多良間小

「黒糖ぜんざい」をおいしそうに食べる子どもたち=1日、多良間小

 【多良間】県は多良間村や村教育委員会、村共同調理場、宮古製糖の協力を得て1日、多良間小・中学校の給食に多良間産の黒糖を使った「ぜんざい」を提供し、黒糖の消費拡大をキャンペーンした。子どもたちは「香りが良くておいしい」と太鼓判。村共同調理場では黒糖を積極的に料理に使い「地産地消」を後押ししたい考えだ。

(全文を表示…)

2011年9月1日(木) 09:00 [産業・経済]

肥育牛208頭を出荷/JA野田畜産センター10年度実績

子牛の買い支えや改良に貢献


本土などに肥育出荷されているJAおきなわ野田畜産センターの牛

本土などに肥育出荷されているJAおきなわ野田畜産センターの牛

 宮古産の子牛を肥育出荷しているJAおきなわ野田畜産センターの2010年度の出荷頭数は、前年度の187頭より21頭多い208頭となった。出荷先の内訳は地元64頭、名古屋66頭、福岡55頭、東京が23頭。平良市農協時代の1973年に事業を開始した同センターは子牛の買い支えや、枝肉成績のフィードバックによる肉質と増体の改良に貢献してきた。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2011年9月
    « 8月   10月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2