2011年10月27日のニュース一覧

2011年10月27日(木) 23:05 [はばたけあすの顔]

「大縄跳びに夢中」/東小学校1年1組

男子14人・女子17人


東小学校1年1組

東小学校1年1組

 明るく個性派がそろう1組は、持ち前の元気でどんなことにもいっしょうけんめい取り組んでいる。

(全文を表示…)

2011年10月27日(木) 09:00 [教育・文化]

ワイパーモーターでV2/宮工エコデン部

県代表で全国優勝目指す


県大会で優勝した宮古工業高校エコデン部の生徒ら=26日、宮古空港

県大会で優勝した宮古工業高校エコデン部の生徒ら=26日、宮古空港

 高校生が自作の電気自動車で走行距離を競う「第13回県高校エコデンレース大会」が25日、沖縄市で行われた。宮古工業高校エコデン部がワイパーモーター部門で2連覇を達成し、一般モーター部門で3位に入賞する活躍を見せた。11月開催の全国大会(大阪府)に出場する。生徒らは26日に帰島し、與那嶺拓也部長(3年)は「県大会の経験を生かし、全国大会では2部門で優勝を目指す」と抱負を述べた。

(全文を表示…)

2011年10月27日(木) 09:00 [イベント]

再来年3月、宮古島で開催/弦楽指導者協全国大会

500人規模、コンサートやシンポなど


日本弦楽指導者協会全国大会の宮古島開催について発表する天野氏(中央)と下地市長(右)、川上教育長=26日、市長室

日本弦楽指導者協会全国大会の宮古島開催について発表する天野氏(中央)と下地市長(右)、川上教育長=26日、市長室

 日本で唯一の弦楽器専門家の全国規模団体「日本弦楽指導者協会」(会長・山岡耕筰東京芸術大学名誉教授)の2013年全国大会が宮古島で開催されることがこのほど決まった。同協会沖縄県支部長で13年大会実行委員長を務める天野誠氏と下地敏彦市長、川上哲也教育長が26日、会見を開き、宮古島開催が決定した経緯や開催概要などを説明した。

(全文を表示…)

2011年10月27日(木) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

仲宗根さんに功労者表彰/重要無形文化財保持団体協議会

宮古上布の発展に尽力


下地市長(右)から功労者感謝状を受け取る仲宗根さん(中央)。左は宮古上布保持団体の新里玲子代表=26日、市長室

下地市長(右)から功労者感謝状を受け取る仲宗根さん(中央)。左は宮古上布保持団体の新里玲子代表=26日、市長室

 全国重要無形文化財保持団体協議会(会長・石川道政美濃市長)の第20回大会が今月6日、大宜味村で開かれ、宮古上布保持団体会員の仲宗根ヨシさん(82)=市平良字西仲宗根=ら6人が功労者に選ばれた。功労者への感謝状伝達式が26日、市役所平良庁舎で行われ下地敏彦市長から仲宗根さんに賞状が贈られた。

(全文を表示…)

2011年10月27日(木) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

豊作や無病息災願う/宮古神社で「例大祭」

奉納舞踊など披露


奉納舞踊で豊作を祝った例大祭=26日、宮古神社

奉納舞踊で豊作を祝った例大祭=26日、宮古神社

 宮古神社で26日、年に一度の祭礼行事「例大祭」が行われた。参拝者らは、1年間の豊作と無事過ごせたことに感謝し、向こう1年間の五穀豊穣や無病息災、家内安全などを願った。舞踊の奉納も行われ祭礼行事に花を添えた


 午前時の太鼓の音で始まった例大祭は参拝者を清めるおはらいや、一層の加護が頂けるようにと宮司が祝詞奏上するなど、神事にのっとって行われた。


 久田流家元・久田多嘉子舞踊研究所の糸数亜也さんが豊年のあやぐ「大世栄」で奉納舞踊を披露。あでやかな衣装に身を包み、豊作を祝う実った稲穂を手に優雅に舞った。


 前日は、例大祭の前夜祭となる「宵宮祭」が行われ、舞踊や子どもたちの太鼓演舞などが披露された。

2011年10月27日(木) 09:00 [産業・経済]

台湾との経済交流圏構築へ/宮古島市

貨物船航路の再開に期待


 宮古島市と石垣市、台湾東部(後山)の経済交流の促進と市場調査を目的とした商談会が、このほど台北市内で行われた。台湾東部と先島諸島の経済交流を図る「黒潮生活経済共同圏の構築に関するシンポジウム」も開かれ、台湾の船会社が今年12月にも台湾と先島間に貨物船を就航させる意向を示した。商談会には宮古から2社が参加し、潜在的な市場拡大に期待を示した。

(全文を表示…)

2011年10月27日(木) 09:00 [地域・暮らし]

マブヤージェットが就航/JTA

映画の先行開催に合わせ


機体に子どもたちに人気のマブヤーがペイントされた=26日、宮古空港

機体に子どもたちに人気のマブヤーがペイントされた=26日、宮古空港

 日本トランスオーシャン航空(JTA、本社那覇市)が就航させている「琉神マブヤージェット(映画版)」が26日、宮古空港でお披露目された。

(全文を表示…)

2011年10月27日(木) 01:20 [【特集】イベント・行事, 特集]

宮古牛の試食品に舌鼓/第2回宮古牛まつり

宮古牛の試食品に舌鼓/第2回宮古牛まつり

 宮古牛を内外にPRするための第2回宮古牛まつりが16日、カママ嶺公園で開かれた。試食コーナーや、牛1頭が当たる大抽選会など多彩な催しや特設舞台でのプログラムを参加した約3000人の市民や観光客らが楽しんだ。その模様を写真で紹介する。


大会長の下地市長(左から3人目)はじめ関係者がテープカットでまつりは開幕

大会長の下地市長(左から3人目)はじめ関係者がテープカットでまつりは開幕

宮古牛の試食品コーナーには長蛇の列ができた=16日、カママ嶺公園多目的広場

宮古牛の試食品コーナーには長蛇の列ができた=16日、カママ嶺公園多目的広場

もっとちょうだい

もっとちょうだい

牛汁おいしい

牛汁おいしい

図画コンクールなどで入賞した児童たちを表彰

図画コンクールなどで入賞した児童たちを表彰

舞台の宮古民謡に合わせて楽しそうに踊る参加者

舞台の宮古民謡に合わせて楽しそうに踊る参加者

兄弟が声をそろえて牛の鳴き声コンテストに挑戦「ンモォー」

兄弟が声をそろえて牛の鳴き声コンテストに挑戦「ンモォー」

牛鳴き声コンテストで思わず大笑い

牛鳴き声コンテストで思わず大笑い

250㌔のロールラップころがしに挑戦する子どもたち

250㌔のロールラップころがしに挑戦する子どもたち

方言ラジオ体操で体をほぐす参加者ら

方言ラジオ体操で体をほぐす参加者ら

舞台の音楽に合わせて手拍子

舞台の音楽に合わせて手拍子

待った分だけおいしさは格別

待った分だけおいしさは格別

各展示即売コーナーも好評だった

各展示即売コーナーも好評だった

 

まさか当たるとは/長間さん雌牛ゲット


当たりました牛1頭

当たりました牛1頭

「まさか当たるとは思っていなかった」-。体重462㌔の雌牛が当たった長間雅也さん(33)会社員=平良=は「(当たり)番号を呼ばれたときは、信じられなかった。どうするかはこれから家族と考えます。でも本当にうれしい」と笑顔だった。
 長間さんの家族は「とてもうれしい。牛汁やハンバーグもお昼ごろ食べられた。とてもおいしかった」とまつりを満喫していた。

2011年10月27日(木) 00:50 [【特集】イベント・行事, 特集]

「富乞い、世乞い」伊良部で伝統祭祀ユークイ

「富乞い、世乞い」伊良部で伝統祭祀ユークイ

20日に伊良部島の全地域で行われた伝統の祭祀「ユークイ(富乞い、世乞い)」。住民らは、五穀豊穣、無病息災、大漁に感謝し、向こう1年間の豊作、豊漁などを祈願した。佐良浜のユークイでは、数え57歳のユークインマ70人余りが卒業を迎え、喜びに沸いていた。ユークイの模様を写真で紹介する。

四つ竹で踊りを奉納する女性たち=国仲

四つ竹で踊りを奉納する女性たち=国仲

今年卒業を迎えるユークインマたち。息の合った踊りを披露した=佐良浜

今年卒業を迎えるユークインマたち。息の合った踊りを披露した=佐良浜

先輩たち(手前)は洗練された踊りを演じた=佐良浜

先輩たち(手前)は洗練された踊りを演じた=佐良浜

模範の舞を披露するツカサンマ(司母)=佐良浜

模範の舞を披露するツカサンマ(司母)=佐良浜

歓喜の表情で踊る今年卒業するユークインマたち=佐良浜

歓喜の表情で踊る今年卒業するユークインマたち=佐良浜

笑顔を見せながら元気いっぱいに踊る参加者ら=佐和田

笑顔を見せながら元気いっぱいに踊る参加者ら=佐和田

先輩の女性たちは大きな輪を作り、楽しそうに舞った=佐良浜

先輩の女性たちは大きな輪を作り、楽しそうに舞った=佐良浜