「行雲流水」 2011年10月のニュース一覧

2011年10月31日(月) 23:50 [行雲流水]

「画家堀文子」(行雲流水)

 テレビで、各地の雄大な自然や、総じておおらかな人々の暮らしぶりに触れると心が洗われる想いがする。また、優れた人々の多彩な生きざまには感銘を受ける

(全文を表示…)

2011年10月29日(土) 09:00 [企画・連載, 行雲流水]

来間島の御嶽由来記(行雲流水)

 来間島には174人(男82人・女92人)が住んでいる。豊作祈願の祭祀「ンナフキャ」が年2回、来間島でも行われている。この祭祀の由来を300年前の『御嶽由来記』は次のように伝える

(全文を表示…)

2011年10月26日(水) 22:15 [行雲流水]

慣れの心情(行雲流水)

 スカイマークの新規参入によって宮古-那覇間の航空運賃が相次いで安値をきわめている。来る12月23日から来年1月4日間の場合搭乗2カ月前から7日前までの予約だと2800円の最安値運賃になるという

(全文を表示…)

2011年10月24日(月) 23:08 [行雲流水]

TPP(行雲流水)

 スーザン・ジョージ著『なぜ世界の半分が飢えるのか』(食糧危機の構造)は、低開発国の食糧不足の構造を詳細に検証している。それによると、無数の人々が食糧難に苦しんでいるのは、過剰人口や天候異変などに起因するのではなく、世界の食糧を手中に収め、それを操りながら巨額の利益を得ている多国籍企業(農業会社)こそが元凶である

(全文を表示…)

2011年10月19日(水) 22:45 [行雲流水]

派閥(行雲流水)

 テレビの討論番組を見ていると、つい〝おもしろい〟と思ってしまう。白を黒と言いくるめる政治家の討論は〝さすが〟だし、評論家の言いたい放題にも〝なるほど〟となりがち。だが、放射線の危険度をめぐる科学者の見解が分かれるのは不可思議だ

(全文を表示…)

2011年10月17日(月) 22:50 [行雲流水]

サシバ(行雲流水)

 「寒露」。それは、秋の風物詩「サシバ」の飛来する節気である。サシバは大陸や日本列島の各地で繁殖、愛知県渥美半島の伊良湖岬で集結、次いで伊勢湾、紀伊半島、豊後水道を経て鹿児島の佐多岬に集結、北よりの季節風が吹く気象条件のよい日に南下、宮古諸島に飛来する。宮古で羽を休めると南の越冬地へと飛び立つ


▼サシバは精悍な姿と飛翔の美しさで人を魅了する。また、困難や危険を乗り越えてひたすらに旅を続ける。そのけなげさが感情移入を誘う


▼彼らは遠い記憶に導かれ、衝動にかられて旅に出る。山を越え、海を渡り、風雨に耐えて、旅を続ける。その壮大な渡りはこの星の豊かさのしるし。彼らは、小雨の煙る優しい秋を運んでくる。旅の厳しさとロマンを語る。青少年の頃の思い出をよみがえらせる


▼サシバは絵かきである。大空に引く鋭い直線は妥協を許さない意思の表象。緩やかな曲線は舞い、生きる喜びの賛歌。明暗を反転させながららせん状に限りなく上昇する鷹柱、それは祈り、または昇華。いろいろな色に染まる雲、時には雷鳴がとどろき、時には虹が希望を約束する


▼彼らは羽を休めると、羽づくろいをして、星空に明日を夢見る。夜が明けると、仲間と呼びかけ合って南へ向かって直進する。南では常緑樹の豊かな森が待っている


▼一昨日(10月16日)、伊良部島には数千羽の大群が飛来、久松の「夕日の丘」上空を約800羽が通過、多数のファンを感激させた。「タカドーイ デンゴ」、ようこそ宮古へ、サシバたちよ!

2011年10月14日(金) 23:21 [行雲流水]

多良間村(行雲流水)

 「平成の大合併」に組み込まれず、1島1村を選択した多良間村。「日本で最も美しい村」連合に加盟、知名度アップを図る。久米島・伊良部・渡名喜村に次いで県立自然公園に指定された。一方「たらまピンダ」で村興を図る

(全文を表示…)

2011年10月12日(水) 22:30 [行雲流水]

米大統領発言(行雲流水)

 9月21日の日米首脳会談でオバマ米大統領が野田首相に対し「結果を求める時期に近づいている」と告げたという報道に接したとき「まさか!」と思った。結果とは普天間米海兵隊飛行場の辺野古への移設問題に終止符を打つということである

(全文を表示…)

2011年10月5日(水) 22:41 [行雲流水]

酒場談義(行雲流水)

 定年退職した人たちが集う〝年金酒場〟。「裃 」を脱いだ客人たちは、飾り気もこだわりもなく気楽に話す。そんな店で小耳にはさんだ話が妙に気になる。いわく「八重山は決まった後で騒ぐ。宮古は決まる前に騒ぐ」

(全文を表示…)

2011年10月3日(月) 23:25 [行雲流水]

寓話詩(行雲流水)

 『千年紀のベスト100を選ぶ』(丸谷才一他選、講談社)には『源氏物語』や『失われた時を求めて』、『ガリヴァー旅行記』などが入っているが、『寓話詩選』(ラ・フォンテーヌ)も選ばれている

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年10月1日現在

    宮古島市 54,752 人
    27,579 人
    27,173 人
    世帯数 27,740 軒
    多良間村 1,126 人
    602 人
    524 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2011年10月
    « 9月   11月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2