「社会・全般」 2011年10月のニュース一覧

2011年10月30日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

創立30周年を盛大に祝う/宮古島商工会議所女性会

功労者10人を表彰/「行動する女性会」へ決意


30周年記念式典が盛大に行われた=29日、ホテルアトールエメラルド宮古島

30周年記念式典が盛大に行われた=29日、ホテルアトールエメラルド宮古島

 宮古島商工会議所女性会(古城和子会長)の創立30周年記念式典と祝賀会が29日、市内のホテルで開催された。宮古島商工会議所の下地義治会頭はじめ、下地敏彦市長、県商工会議所女性会連合会の鈴木啓子会長らが出席し、これまでの歴史を振り返るとともに、今後の活動に決意を新たにした。式典では女性会の活動に功労があった歴代会長や副会長、中尾英筰前会頭ら10人を功労者表彰した。

(全文を表示…)

2011年10月28日(金) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

教職員の不適切服務、宮古でも44件

校長4人に文書訓告


不適切な服務管理を行った校長4人への文書訓告などを決定した市教委の定例会=27日、市役所城辺庁舎

不適切な服務管理を行った校長4人への文書訓告などを決定した市教委の定例会=27日、市役所城辺庁舎

 沖縄と北海道などの公立小中学校の教職員延べ約850人が、会計検査院の調査で不適切な勤務が合計4500時間を超え、約940万円が給与として支払われていたとする問題で、宮古島市の小、中学校でも44件の不適切な服務があったことが27日に行われた市教育委員会(宮国博委員長)の第7回定例会で報告された。同委員会は不適切な服務管理があった学校長4人に文書訓告を行うことを決定。さらに、不適切な服務を行ったとする教職員には法令順守を求める通知を行うとしている。

(全文を表示…)

2011年10月24日(月) 09:00 [社会・全般]

デートDVへの理解を/宮古福祉保健所

防止対策講座を開催


多くの関係者らが参加して行われたデートDV防止対策講座=23日、宮古福祉保健所

多くの関係者らが参加して行われたデートDV防止対策講座=23日、宮古福祉保健所

 宮古福祉保健所(仲宗根正所長)は23日、支援者のためのデートDV防止対策講座を開いた。NPO法人「にじいろCAP」代表理事の重永侑紀さんらが講話し、「当事者の視点で見なければ、援助が独りよがりになってしまう」と語った。思春期の子どもや暴力に関する相談・支援に携わる関係者ら約20人が参加し、講話に耳を傾けた。

(全文を表示…)

2011年10月21日(金) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

数字で見る学校規模適正化 〈上〉

1人当たり管理運営費適正規模校の3~13倍/過小規模校


 市教育委員会がこのほどまとめた「2010年度小中学校の運営費」によると「児童、生徒1人当たり管理運営費」が複式学級を抱える過小規模校は適正規模校よりも小学校で年間約3倍~10倍、中学校では約6倍から13倍となっていることが分かった。市が負担する小中学校の管理運営費全体の費用は年間約8億6000万円。幼稚園を含めると約10億円。児童生徒が減少し、少人数での学校運営を「不効率」とし、財政面からの「統合」を訴える意見もある一方で、統合計画の予定地域の住民からは「お金の問題ではない」との声も根強い。

(全文を表示…)

2011年10月21日(金) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

非常時には「カラーボール」/店舗犯罪防止連絡協

万引き防止策で意見交換


参加者たちは万引き防止策について意見を交換した=20日、宮古島警察署

参加者たちは万引き防止策について意見を交換した=20日、宮古島警察署

 宮古島店舗対象犯罪防止連絡協議会の第2回会合が20日、宮古島警察署で開かれた。大型スーパーやコンビニエンスストアの店長らが参加し、万引きを含め各種犯罪防止策について意見を交換した。また、強盗対策として、非常時にも落ち着いて対応することを目的に「カラーボール」の投てき訓練も行われた。

(全文を表示…)

2011年10月20日(木) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

職場や仕事内容観察/ジョブシャドウイング体験

鏡原中の生徒34人


久貝さん(右)から店長の仕事を学ぶ下里さん=19日、BOOKsきょうはん宮古南店

久貝さん(右)から店長の仕事を学ぶ下里さん=19日、BOOKsきょうはん宮古南店

 子どもたちが職場で従業員に密着し、仕事内容や職場の様子を観察する「ジョブシャドウイング」(主催・市グッジョブ連携協議会事務局)が19日、市内の各事業所で実施された。参加した生徒は、働くことの意義や楽しさなどを学び、将来の進路を考えるきっかけづくりに役立てた。

(全文を表示…)

2011年10月19日(水) 09:00 [社会・全般]

前泊さんに農水大臣感謝状/「統計の日」

漁業経営調査に長年協力


伝達式後、記念撮影する(左から)田港センター長、前泊さん、浜川組合長=18日、池間漁港

伝達式後、記念撮影する(左から)田港センター長、前泊さん、浜川組合長=18日、池間漁港

 沖縄総合事務局宮古島農林水産センター(田港朝明センター長)は「統計の日」の18日、池間漁協(浜川洋美組合長)で漁業経営調査に5年以上協力した前泊清繁さん(67)=同漁協組合員=に農林水産大臣感謝状を授与した。本年度の宮古からの受賞者は前泊さんのみ。

(全文を表示…)

2011年10月18日(火) 09:00 [社会・全般]

発達障害 「きめ細かい支援を」/子育て支援養成講座

玉元江美子さんが講演


発達障害や支援体制について理解を深める参加者=16日、宮古島市社会福祉協議会平良支所

発達障害や支援体制について理解を深める参加者=16日、宮古島市社会福祉協議会平良支所

 全国心身障害児福祉財団主催の発達障害に関する子育て支援養成講座が16日午後、宮古島市社会福祉協議会平良支所で行われた。那覇市母子生活支援センター施設長の玉元江美子さんが講演し、誰でも参加できるきめ細かい支援体制の構築を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2011年10月16日(日) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

検挙者の74%「知っていた」/二日酔い運転

意識の低さ浮き彫り/宮古島署がアンケート実施


 後を絶たない管内の飲酒運転の検挙を踏まえ、宮古島署は先月10日以降、酒気帯び運転検挙者を対象にアンケートを実施。今月10日までの1カ月間で19人がアンケートに応じ、その結果をこのほどまとめた。「二日酔い運転」が増加していることについての認識では「知っていた」が74%で「知らなかった」の26%を大きく上回り、「朝の取り締まり強化」についての認知度は浸透している一方で、二日酔い運転が増加している実態が示された。

(全文を表示…)

2011年10月16日(日) 09:00 [社会・全般]

豊かに育つ保育の実現へ/県保育士会宮古支部大会

永年勤続者に感謝状贈呈


保育士が一堂に会する会場で友利会長(手前)から感謝状を受け取る永年勤続者=15日、市中央公民館大ホール

保育士が一堂に会する会場で友利会長(手前)から感謝状を受け取る永年勤続者=15日、市中央公民館大ホール

 第32回県保育士会宮古支部保育大会が15日、市中央公民館大ホールで開かれた。永年勤続者に感謝状が贈られたほか、西城保育園による県保育研究会に向けての中間発表、沖縄女子短期大学の鎌田佐多子教授による講演などが行われた。

(全文を表示…)

2011年10月15日(土) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

思いやりの心学ぶ/人権の花

佐良浜小で植え付け式


花を植え付ける児童ら=14日、佐良浜小学校体育館

花を植え付ける児童ら=14日、佐良浜小学校体育館

 市が主催する「人権の花運動」の植え付け式が14日、佐良浜小学校(砂川栄作校長)で行われた。児童らは思いやりの心など基本的人権の尊重について学び、マリーゴールドなど計300本の花の苗を植え付けた。開花式は12月1日の予定。

(全文を表示…)

2011年10月15日(土) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

支援システムで意見交換/ICT教育フォーラム

7氏がパネル討論


ネットワークの利活用と教育について意見を交わすパネル討議=14日、市中央公民館

ネットワークの利活用と教育について意見を交わすパネル討議=14日、市中央公民館

 ICT(情報通信技術)教育フォーラム「がんばる先生のための新しいコミュニケーション術~教育の未来とネットワークの利活用~」(主催・宮古島市教育委員会)が14日、市中央公民館で開かれた。大学教授ら7人のパネリストによるパネル討論では、宮古島市で昨年度、実施された小中学校の校務支援システム実証実験や来年度から下地中学校で実施されるフューチャースクール事業について意見を交わした。

(全文を表示…)

2011年10月14日(金) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

「祝祭日にも使用させて」/市陸上競技場

休場に利用者から不満の声


有料化から半年を迎えた陸上競技場。祝祭日の休場に関して不満の声が上がっている=市陸上競技場

有料化から半年を迎えた陸上競技場。祝祭日の休場に関して不満の声が上がっている=市陸上競技場

 施設使用の有料化から半年が経過した宮古島市陸上競技場。全天候型タータントラックを全面的に張り替えたほか、メーンスタンドを大幅に改修、トレーニング室も設置するなど使用環境は飛躍的に向上した。その半面、祝祭日を休場とする管理上の新たな課題が浮上している。多くの利用者が祝祭日の利用を求めているが、市は条例の施行規則を理由に認めていない。宮古毎日新聞社の調べで県内で全天候型競技場を管理する14の自治体のうち、祝祭日を休場としているのは宮古島市のみだった。

(全文を表示…)

2011年10月14日(金) 09:00 [社会・全般]

振り込め詐欺を防ごう/宮古島署沖銀宮古支店

行員が声掛け訓練


被害者の説得に当たる行員ら=13日、沖銀宮古支店

被害者の説得に当たる行員ら=13日、沖銀宮古支店

 宮古島警察署(島袋令署長)と沖縄銀行宮古支店(儀間浩支店長)は13日、振り込め詐欺防止を目的とした声掛け訓練を実施した。行員らが連携して、架空請求詐欺の被害を防止する一連の流れを体験した。

(全文を表示…)

2011年10月14日(金) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

民泊シーズン始まる/さるかの会

今年は9600人受け入れへ


民泊する農家と対面し荷物を運ぶ生徒たち=13日、城辺農村環境改善センター

民泊する農家と対面し荷物を運ぶ生徒たち=13日、城辺農村環境改善センター

 本土高校の修学旅行シーズンを迎え、さるかの会の農家民泊事業が本格化している。13日は3校目の大阪府立東百舌鳥高校の2年生333人が来島、約70軒の農家が受け入れた。今年4月から来年3月末まで受け入れる生徒数は過去最高の9600人になる。

(全文を表示…)

2011年10月13日(木) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

優しい心できれいな花を/鏡原小児童

人権の花運動で植え付け


花の苗を植え付ける児童たち=12日、鏡原小学校

花の苗を植え付ける児童たち=12日、鏡原小学校

 「人権の花運動」の植え付け式(主催・宮古島市)が12日、鏡原小学校(宮国和之校長)で行われた。式では同校の児童145人が同運動の柱である基本的人権の尊重や「思いやりの心」「協力し合うことの大切さ」について学び、計320本の花の苗を植え付けた。12月6日予定の開花式に向けて児童たちは互いに協力し合いながら担当の花を育てていく。

(全文を表示…)

2011年10月10日(月) 09:00 [環境・エコ, 社会・全般]

親子でマングローブ植樹/宮古島環境クラブ

与那覇湾に苗木120本


下地さん(右)のレクチャーを受け、親子でマングローブの植樹を行った=9日、与那覇湾サニツ浜東海岸

下地さん(右)のレクチャーを受け、親子でマングローブの植樹を行った=9日、与那覇湾サニツ浜東海岸

 宮古島環境クラブ(下地邦輝会長)主催のマングローブ植樹が9日、下地与那覇湾のサニツ浜東海岸で行われ、平良第一小学校の5年生の児童、保護者ら146人が参加した。児童と保護者は下地会長からマングローブの働きについて、簡単なレクチャーを受けた後、シャベルやスコップを手にオヒルギ、ヤエヤマヒルギ、ヒルギダマシの苗木計120本を植樹した。

(全文を表示…)

2011年10月9日(日) 09:00 [社会・全般]

壊された2体の修復完了/宮古島まもる君

宮古島署 次の勤務地検討中


修復され戻ってきた2体のまもる君に見入る観光客ら=7日、宮古島警察署

修復され戻ってきた2体のまもる君に見入る観光客ら=7日、宮古島警察署

 先月、何者かによって壊された城辺長間と保良に設置された「宮古島まもる君」2体の修復作業がこのほど完了し、修復された2体は宮古島警察署の玄関前に設置されている。

(全文を表示…)

2011年10月9日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

考えよう、予防接種/母子保健推進員研修会

仲宗根保健所長が講演


仲宗根さんがワクチンと予防接種について講演した=7日、平良保健センター

仲宗根さんがワクチンと予防接種について講演した=7日、平良保健センター

 宮古地区母子保健推進員研修会が7日午後、平良保健センターで開かれた。宮古福祉保健所長の仲宗根正さんが講師を務めてワクチンに関する情報を提供、約40人の参加者が予防接種に関する知識を深めた。

(全文を表示…)

2011年10月9日(日) 09:00 [イベント, 教育・文化, 社会・全般]

事件・事故無い地域づくりを/全国運動出発式

地域安全フェアにぎわう/防犯功労団体が受賞報告


「ちびっこらんど」の子どもたちがオープニングを飾った出発式=8日、カママ嶺公園

「ちびっこらんど」の子どもたちがオープニングを飾った出発式=8日、カママ嶺公園

 2011年全国地域安全運動の宮古地区出発式と、かぎすま地域安全フェア(主催・宮古島警察署、宮古島地区防犯協会)が8日、カママ嶺公園で開催された。防犯団体の会員や市民、行政の職員、警察官などが参加し、事件・事故の無い安全、安心な地域づくりに連携を決意。防犯活動関係の受賞報告や伝達も行われた。フェアは、多彩な催しでにぎわった。

(全文を表示…)

2011年10月8日(土) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

マル経資金、上期で初の10億円突破/沖縄公庫宮古支店



 沖縄振興開発金融公庫宮古支店(喜納兼次郎支店長)は7日、生業資金の「小規模事業者経営改善資金」(マル経資金)の融資額が2011年度上半期(4~9月)だけで、同支店では初の10億円を突破したと発表した。会見には宮古島商工会議所の下地信輔副会頭と同中小企業相談部の砂川久伸部長が同席した。

(全文を表示…)

2011年10月8日(土) 09:00 [社会・全般]

酒気帯び運転検挙数113件/昨年の総数を上回る

35%が「二日酔い運転」


 宮古島署管内における飲酒運転検挙数が10月7日現在で113件となり、昨年1年間の総数112件を上回った。そのうち、40件(約35%)が朝の検挙「二日酔い運転」となっており、同署では「酒が体内に残ったまま運転しても酒気帯び運転になる。酒が残っていると思ったら絶対に運転しないでほしい」と呼び掛けた。

(全文を表示…)

2011年10月6日(木) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

島サミット準備室を設置/宮古島市

島しょ国の高校生受け入れへ


太平洋・島サミット準備室が設置され受け入れ体制などの準備に入る市職員=5日、市役所平良庁舎4階

太平洋・島サミット準備室が設置され受け入れ体制などの準備に入る市職員=5日、市役所平良庁舎4階

 宮古島市は、来年5月に同市で開催される第6回太平洋・島サミットの関連イベント「高校生・島サミット」の受け入れ準備に向けた準備室を5日、市役所平良庁舎に設置した。同イベントには太平洋島しょ国や日本国内から高校生が参加。環境問題について討論し、本会議に出席する各国・地域の首脳に提言する。市では「宮古から世界に向けて環境問題を発信できる」と大きな期待を寄せている。

(全文を表示…)

2011年10月6日(木) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

集約の計画を支援/JAの集荷場

「語る会」で下地市長が明言


市長と農家が意見を交わした語る会=5日、宮古農村青少年センター

市長と農家が意見を交わした語る会=5日、宮古農村青少年センター

 2011年度宮古島市長と語る会(主催・宮古地区農林漁業士会、同就農青年クラブ連絡協議会、共催・県宮古農林水産振興センター農業改良普及課)が5日、宮古農村青少年センターで開催された。会員や下地敏彦市長、市の幹部職員らが出席。下地市長は意見交換の中で、市内にあるJAの集荷場を1カ所にまとめるという建設計画への支援要望に、全面的なバックアップを明言した。会ではマンゴーの品質底上げが課題として浮上した。

(全文を表示…)

2011年10月6日(木) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

義援金総額3200万円/東日本大震災

市役所受け付けが終了


 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の被災者に送る「東北関東大震災」義援金の市役所受付分が9月30日で終了した。3月17日からの義援金総額は3200万7331円。義援金は日本赤十字社(日赤)県支部を通して、被災者に届けられる。

(全文を表示…)

2011年10月5日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

がん対策「不十分」51%/市民アンケート

離島の経済負担大きく/条例制定の周知が課題


 離島のがん患者支援を考える「ゆうかぎの会」(真栄里隆代代表)がこのほど、先月10日に行ったがんに関する市民アンケートの結果がまとまった。現状における県のがん対策については51%が不十分と回答。島外医療機関での治療費や交通費、宿泊費といった経済的負担などを理由に挙げ、離島における厳しい医療の実態を際立たせた。一方で、県が年度内の制定を目指すがん対策推進基本条例については回答者の半数に知られていなかった。県条例制定の周知が課題と言えそうだ。

(全文を表示…)

2011年10月4日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

赤い羽根に理解と協力を/市社協

車両パレードで呼び掛け


車両パレードの出発式に臨む参加者たち=3日、平良港ターミナルビル

車両パレードの出発式に臨む参加者たち=3日、平良港ターミナルビル

 宮古島市社会福祉協議会(川満省三会長)は3日、2011年度赤い羽根共同募金運動の車両パレードを市内各地で行った。社協の役職員や民生委員児童委員らが参加し、スローガンの「じぶんの町を良くするしくみ」をPRしながら市民に理解と協力を呼び掛けた。市の目標額は前年度と同額の968万7000円。

(全文を表示…)

2011年10月4日(火) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化, 社会・全般]

サシバを守ろう/伊良部中で保護集会

休息地の環境保護に決意/仲地邦博さんが講話


サシバの生態や緑の大切さなどを学んだ生徒たち=3日、伊良部中学校

サシバの生態や緑の大切さなどを学んだ生徒たち=3日、伊良部中学校

 本土から渡り鳥のサシバ(タカ科)が中継地の伊良部島などに飛来する季節を迎え、伊良部中学校生徒会(長濱一希会長)は3日、サシバ保護集会・車両パレードを実施した。生徒71人は、国際保護鳥のサシバの保護や休息の環境保護に取り組んでいく活動に決意を新たにした。

(全文を表示…)

2011年10月2日(日) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

衛生アピールでたすきつなぐ/労基署など5団体

労働衛生週間で駅伝


第1走者を務める(左から)豊見山分会長、友利支部長、立岡署長、奥濱分会長、塩川支部長=1日、平良地方合同庁舎

第1走者を務める(左から)豊見山分会長、友利支部長、立岡署長、奥濱分会長、塩川支部長=1日、平良地方合同庁舎

 全国労働衛生週間にちなむ宮古地区労働安全衛生アピール駅伝は1日、平良地方合同庁舎を発着点に市内7・4㌔を15区間に分けて延べ75人がたすきをつなぎ、同週間をアピールした。

(全文を表示…)

2011年10月2日(日) 09:00 [社会・全般]

赤い羽根募金スタート

「空の美ら島便」到着/知事メッセージ伝達


与儀さん(右)から川満支会長と長濱副市長にメッセージが手渡された=1日、宮古空港

与儀さん(右)から川満支会長と長濱副市長にメッセージが手渡された=1日、宮古空港

 赤い羽根共同募金運動が始まった1日、「赤い羽根空の美ら島便」が宮古島に到着した。助け合いの季節の訪れを彩ったのは、JTA機。客室乗務員の与儀みどりさんが、県知事からのメッセージと赤い羽根を県共同募金会宮古島市支会の川満省三支会長と長濱政治副市長に伝達した。初日は、街頭募金も実施した。同運動は、12月末まで行われる。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成29年1月1日現在

    宮古島市 54,083 人
    26,984 人
    27,099人
    世帯数 25,869軒
    多良間村 1,182 人
    635 人
    547 人
    世帯数 527 軒
  • 天気


  •  

    2011年10月
    « 9月   11月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2