「政治・行政」 2011年10月のニュース一覧

2011年10月29日(土) 09:00 [政治・行政, 教育・文化]

「統合ありき」と不満噴出/市教委

狩俣学区で住民説明会


市教委の「基本方針」を「統合ありき」と主張し、白紙撤回を求める意見が相次いだ説明会の=27日、狩俣集落センター

市教委の「基本方針」を「統合ありき」と主張し、白紙撤回を求める意見が相次いだ説明会の=27日、狩俣集落センター

 狩俣学区の住民を対象にした市教育委員会(宮国博委員長)の「学校統合基本方針説明会」が27日、狩俣集落センターで行われた。これまでの各地区説明会と同様に狩俣の住民からは学校統合反対と同計画の白紙撤回を求める意見のみが市教委に示された。住民からは「複式学級の解消のために私たちも頑張る。市教委も特色ある学校づくりのために取り組んでほしい」などの意見が出された。

(全文を表示…)

2011年10月29日(土) 09:00 [政治・行政]

景観計画ガイドライン 最終案まとまる

策定委員会 審議会で提案、協議へ


景観計画ガイドライン案の最終審議を行う委員たち=28日、市役所平良庁舎

景観計画ガイドライン案の最終審議を行う委員たち=28日、市役所平良庁舎

 宮古島市景観計画ガイドライン(案)策定検討委員会(委員長・池田孝之琉球大学名誉教授)の第3回委員会が28日、市役所平良庁舎で開かれた。今回が最終となる委員会で、前回までに出された委員意見を受け、修正された部分などを確認、委員会としての最終案をまとめた。同案は今後設置される景観計画審議会で審議する原案となる。

(全文を表示…)

2011年10月29日(土) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

防災農業の推進訴え/「防風林の日」で仲間教授らが講演



防風林の整備促進、防災農業の確立推進を呼び掛けた講演会=28日、県宮古事務所

防風林の整備促進、防災農業の確立推進を呼び掛けた講演会=28日、県宮古事務所

 「防風林の日」の関連行事で防災農業確立推進講演会(主催・県防災農業推進会議)が28日、県宮古事務所で行われた。琉球大学農学部教授の仲間勇栄さんと県農林水産部営農支援課の上原数見副参事らが講演し、防風・防潮林整備の重要性と全県的な防災農業の確立推進を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2011年10月28日(金) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

牡丹社事件で国際会議と慰霊祭/11月に台湾で

宮古島市民に参加呼び掛け


 【那覇支社】1871年に台湾の屏東県牡丹郷に漂着した宮古島民54人が原住民族のパイワン族に殺害された牡丹社事件(宮古島民遭難事件)から140年の節目に当たる今年、台湾の文化庁に当たる文化建設委員会などが国内外の専門家を集め国際学術会議と慰霊祭を11月に開催することが27日、分かった。

(全文を表示…)

2011年10月28日(金) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

子ども手当申請受付スタート/受給には手続き必要


子ども手当の申請手続きを行う対象者の保護者たち=27日、市役所平良庁舎

子ども手当の申請手続きを行う対象者の保護者たち=27日、市役所平良庁舎

 子ども手当の支給に関する新しい法律の成立にともなう受給申請の受付が26日からスタート。宮古島市では11月2日までを集中申請期間と位置付け市役所各庁舎で受け付けを行っている。これまでの手当を受給していた人も改めて申請しなければ支給されないことから、対象家庭は手続きを行うよう呼び掛けている。

(全文を表示…)

2011年10月26日(水) 09:00 [政治・行政]

特化した保育展開を/公立保育所あり方検討委

市長に委員会意見を提言


下地市長(右)に委員会提言を手渡す長濱副市長(左)=25日、市長室

下地市長(右)に委員会提言を手渡す長濱副市長(左)=25日、市長室

 公立保育所等のあり方検討委員会(委員長・長濱政治副市長)は25日、同委員会がまとめた5項目の提言を下地敏彦市長に報告した。提言では、公立保育所による行政ならではの特化した保育の展開、5歳児保育のモデルケースとなる保育所の設置などを求めている。下地市長はこの提言を基に具体的なあり方について検討を進めていく考えを示した。

(全文を表示…)

2011年10月26日(水) 09:00 [政治・行政]

宮古島市、藤枝市 友好都市を提携

災害時相互支援協定も締結


 下地敏彦市長と藤枝市(静岡県)の北村正平市長は23日、藤枝市役所で友好都市提携と災害時相互支援協定に調印した。今後両市はスポーツや文化、人的など幅広い分野で交流を推進する。今回の友好都市提携で災害時相互支援協定を締結したのが特徴的で、両市にとって初めての協定になる。

(全文を表示…)

2011年10月26日(水) 09:00 [政治・行政]

県営総合運動公園 誘致促進協が設立/宮古島市

県に調査費計上要請へ


県営公園誘致に向け下地敏彦市長(右)から下地明議長ら各委員に委嘱状が交付された=25日、市役所平良庁舎

県営公園誘致に向け下地敏彦市長(右)から下地明議長ら各委員に委嘱状が交付された=25日、市役所平良庁舎

 下地敏彦市長は25日、県営広域公園(宮古総合運動公園)誘致促進協議会を設置し、委員7人に委嘱状を交付した。11月上旬にも仲井真弘多知事に要請文を手渡し、次年度県予算に調査費の計上を求めるなど、実現に向けた要請活動を展開する。各種スポーツイベントの開催やキャンプの受け入れ体制強化のほか、災害時における市民の避難場所としての防災機能を兼ね備えた施設整備を目指す。同協議会会長に選任された下地市長は「宮古島市の全ての人たちの総意という要請活動をしなければいけない」と強調した。

(全文を表示…)

2011年10月25日(火) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

航空野そ防除始まる/病害虫対策協

初日は上野で1700㌔を散布


空中散布する薬剤をヘリコプターに積み込む参加者=24日、上野陸上競技場

空中散布する薬剤をヘリコプターに積み込む参加者=24日、上野陸上競技場

 宮古地区病害虫対策協議会の航空野そ(野ネズミ)防除が24日、上野地区で始まった。ヘリコプターを使用し、初日は薬剤「ヤソヂオン」1700㌔を空中から散布した。航空防除は来月1日まで。宮古本島全域で約9㌧を散布し、主にサトウキビを食害する野ネズミを駆除する。

(全文を表示…)

2011年10月22日(土) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 教育・文化]

数字で見る学校規模適正化(下)/新たに6校舎建設へ

市教委統合計画/建設費用は総額62億円


 市教育委員会(宮国博委員長)の「宮古島市立学校規模適正化についての基本方針」では今後、2018年度までに小学校と中学校でそれぞれ3校、合計6校の新しい学校が誕生することになる。その建設費用を同委員会では約62億円と見込んでいることが本紙の取材で分かった。1校平均で約10億円の建設費を予定している。

(全文を表示…)

2011年10月21日(金) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

数字で見る学校規模適正化 〈上〉

1人当たり管理運営費適正規模校の3~13倍/過小規模校


 市教育委員会がこのほどまとめた「2010年度小中学校の運営費」によると「児童、生徒1人当たり管理運営費」が複式学級を抱える過小規模校は適正規模校よりも小学校で年間約3倍~10倍、中学校では約6倍から13倍となっていることが分かった。市が負担する小中学校の管理運営費全体の費用は年間約8億6000万円。幼稚園を含めると約10億円。児童生徒が減少し、少人数での学校運営を「不効率」とし、財政面からの「統合」を訴える意見もある一方で、統合計画の予定地域の住民からは「お金の問題ではない」との声も根強い。

(全文を表示…)

2011年10月21日(金) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

売上高、前期比減の1億576万円/コーラル社取締役会

12期決算 単年度赤字幅は圧縮


 宮古島市などが出資する第三セクター、コーラル・ベジタブル社(砂川佳一会長)の取締役会が19日、那覇市内で開かれ、第12期(2010年9月~11年8月)の決算や組織再編案などを承認した。同議案は、11月25日の株主総会に提出する。同社は、経営が悪化し約4000万円の債務超過に陥っている状況。来期は組織再編で製造、販売部門の機能を強化し生き残りを図る。

(全文を表示…)

2011年10月20日(木) 09:00 [政治・行政]

海を活用した経済活動を/マウイ郡のアラカワ郡長

下地市長と意見交換


海を活用した経済発展などについて意見交換をしたアラカワ郡長(中央左)と下地市長(中央右)=19日、市役所平良庁舎

海を活用した経済発展などについて意見交換をしたアラカワ郡長(中央左)と下地市長(中央右)=19日、市役所平良庁舎

 宮古島市と姉妹都市の米ハワイ州マウイ郡のアラン・アラカワ郡長の一行5人が19日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を表敬し、懇談した。下地市長とアラカワ郡長は海を活用した経済活動についてさまざまな意見交換をした。

(全文を表示…)

2011年10月20日(木) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

浮き桟橋供用開始/大神島

乗船・下船の利便性向上


このほど供用開始した浮き桟橋=大神漁港

このほど供用開始した浮き桟橋=大神漁港

 宮古島市が大神漁港で整備を進めていた浮き桟橋が、このほど完成し供用を始めている。旅客船の利用客らは「乗船、下船の際の利便性が向上した。特に足元の安全、安心が確保された」と喜んでいる。

(全文を表示…)

2011年10月20日(木) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

新ごみ処理施設建設予定地 現施設後方に変更

周辺住民対象に説明会開く


建設予定地はし尿処理施設(写真奥)のある場所に変更された

建設予定地はし尿処理施設(写真奥)のある場所に変更された

 宮古島市は、新ごみ処理施設の建設予定地を既存施設の西隣りから、し尿処理施設のある後方に変更し18日夕、添道公民館で周辺住民を対象に説明会を開いた。変更の理由に①環境基準値を超えるダイオキシンが当初予定地から検出された②し尿処理施設の荷川取への移転予定③出入り口を隣接住民が希望する北側に設けることが可能-などを挙げている。長濱政治副市長は、参加者が9人と少なかったため、11月中にも説明会を再度開く考えを示した。

(全文を表示…)

2011年10月19日(水) 09:00 [政治・行政, 環境・エコ]

ガの幼虫が大量発生/市内の街路樹

市と県、枝打ち作業で対処


市と県は枝打ち作業で幼虫の駆除を行っている=18日、中央縦線通り

市と県は枝打ち作業で幼虫の駆除を行っている=18日、中央縦線通り

 街路樹として市内各所に植栽されているホウオウボクにガの幼虫が異常発生していることが18日、分かった。樹木のみならず、民家や商店の軒先にまで這い出して来ることから、付近住民からの苦情が市役所や県土木事務所に相次いでいる。大量発生している虫はガの仲間ホウオウボククチバの幼虫で、植栽された葉を餌にしている。市建設部と県土木事務所は駆除のための枝打ち作業に乗り出した。

(全文を表示…)

2011年10月19日(水) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

姉妹都市発展を誓う/宮古島市・マウイ郡

アラカワ郡長らが来島


アラカワ郡長(左から2人目)と下地市長(同3人目)はがっちりと握手を交わし、姉妹都市のさらなる発展を誓った=18日、ホテル共和

アラカワ郡長(左から2人目)と下地市長(同3人目)はがっちりと握手を交わし、姉妹都市のさらなる発展を誓った=18日、ホテル共和

 宮古島市(下地敏彦市長)と姉妹都市を締結している米国ハワイ州マウイ郡のアラン・アラカワ郡長ら14人が18日、来島した。同日午後、市内のホテルでアラカワ郡長らを歓迎するウエルカムパーティーが開かれ交流を深めた。沖縄三世のアラカワ郡長と下地市長は姉妹都市のさらなる発展を誓い、がっちりと握手を交わした。今年は締結から46年。

(全文を表示…)

2011年10月18日(火) 09:00 [政治・行政]

8団体に補助金/地域づくり支援事業

総額300万円を交付


総額300万円の補助金が8団体に交付された=17日、市役所平良庁舎

総額300万円の補助金が8団体に交付された=17日、市役所平良庁舎

 平良地区で、地域の個性や資源などを生かした地域づくりを推進する団体、事業に補助金を交付する「宮古島市地域づくり支援事業(公募型)」の対象団体に選ばれた8団体に対する補助金交付式が 17日、市役所平良庁舎で行われた。補助金を手渡した下地敏彦市長は「地域でやりたいことがあり、それが活性化につながるのであればそれを支援しようとの目的でこの事業を今年度から行っている。皆さんの取り組みで地域活性化が図られることを期待している」と述べ、有効活用を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2011年10月16日(日) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

検挙者の74%「知っていた」/二日酔い運転

意識の低さ浮き彫り/宮古島署がアンケート実施


 後を絶たない管内の飲酒運転の検挙を踏まえ、宮古島署は先月10日以降、酒気帯び運転検挙者を対象にアンケートを実施。今月10日までの1カ月間で19人がアンケートに応じ、その結果をこのほどまとめた。「二日酔い運転」が増加していることについての認識では「知っていた」が74%で「知らなかった」の26%を大きく上回り、「朝の取り締まり強化」についての認知度は浸透している一方で、二日酔い運転が増加している実態が示された。

(全文を表示…)

2011年10月15日(土) 09:00 [政治・行政]

防災展望台が着工

災害に備え食糧など備蓄


上地社長(中央)らがくわ入れを行い工事の安全を祈願した=14日、カママ嶺公園

上地社長(中央)らがくわ入れを行い工事の安全を祈願した=14日、カママ嶺公園

 カママ嶺公園の旧展望台が防災用備蓄倉庫を備えた施設に改築されることになり14日、地鎮祭が行われた。倉庫の面積は、361平方㍍。水や食糧など、緊急避難に必要な物資を備蓄する。大規模災害に備える備蓄倉庫の設置は、宮古島市では初めて。完成は、来年2月を予定している。

(全文を表示…)

2011年10月14日(金) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

「祝祭日にも使用させて」/市陸上競技場

休場に利用者から不満の声


有料化から半年を迎えた陸上競技場。祝祭日の休場に関して不満の声が上がっている=市陸上競技場

有料化から半年を迎えた陸上競技場。祝祭日の休場に関して不満の声が上がっている=市陸上競技場

 施設使用の有料化から半年が経過した宮古島市陸上競技場。全天候型タータントラックを全面的に張り替えたほか、メーンスタンドを大幅に改修、トレーニング室も設置するなど使用環境は飛躍的に向上した。その半面、祝祭日を休場とする管理上の新たな課題が浮上している。多くの利用者が祝祭日の利用を求めているが、市は条例の施行規則を理由に認めていない。宮古毎日新聞社の調べで県内で全天候型競技場を管理する14の自治体のうち、祝祭日を休場としているのは宮古島市のみだった。

(全文を表示…)

2011年10月13日(木) 09:00 [政治・行政]

藤枝市と友好都市へ/宮古島市

23日に調印式 災害時相互支援の協定も


 宮古島市(下地敏彦市長)と静岡県藤枝市(北村正平市長)が23日、友好都市を提携する。今回の提携は3月11日に起きた東北大震災を受け、宮古島、藤枝両市間で災害時相互支援協定が結ばれる点が特徴的。今後文化、教育、スポーツ、経済などの幅広い分野で交流を進める。

(全文を表示…)

2011年10月12日(水) 09:00 [政治・行政]

窓口での混雑緩和へ/市役所平良庁舎

各種証明書自動交付機12月稼働


自動交付機の設置工事が行われた=11日、市役所平良庁舎

自動交付機の設置工事が行われた=11日、市役所平良庁舎

 市役所平良庁舎の1階に「各種証明書自動交付機」が設置された。12月1日から印鑑登録の磁気付き市民カード、印鑑登録をしていない市民は住民基本台帳カードでそれぞれ自動交付機が利用できる。

(全文を表示…)

2011年10月8日(土) 09:00 [政治・行政, 環境・エコ]

自転車活用しCO2削減を/観光・通勤用無料貸出実験スタート

利用職員、積極的なエコ通勤誓う



電動アシスト自転車などの無料貸出社会実験をPRする下地市長(右から3人目)や都市計画課の職員たち=7日、市役所下地庁舎

電動アシスト自転車などの無料貸出社会実験をPRする下地市長(右から3人目)や都市計画課の職員たち=7日、市役所下地庁舎

 市役所下地庁舎と平良の「まちなか地区」、来間島で電動アシストを含む計18台の自転車の無料貸出することで観光、通勤時の二酸化炭素(CO2)排出量を削減しようとする社会実験が今月1日からスタート。7日には下地庁舎で、自転車を利用したエコ観光・市職員エコ通勤の開始式が開かれ、自転車通勤に取り組む職員が「自転車を利用したエコ通勤を積極的に行います」と宣言した。

(全文を表示…)

2011年10月6日(木) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

島サミット準備室を設置/宮古島市

島しょ国の高校生受け入れへ


太平洋・島サミット準備室が設置され受け入れ体制などの準備に入る市職員=5日、市役所平良庁舎4階

太平洋・島サミット準備室が設置され受け入れ体制などの準備に入る市職員=5日、市役所平良庁舎4階

 宮古島市は、来年5月に同市で開催される第6回太平洋・島サミットの関連イベント「高校生・島サミット」の受け入れ準備に向けた準備室を5日、市役所平良庁舎に設置した。同イベントには太平洋島しょ国や日本国内から高校生が参加。環境問題について討論し、本会議に出席する各国・地域の首脳に提言する。市では「宮古から世界に向けて環境問題を発信できる」と大きな期待を寄せている。

(全文を表示…)

2011年10月6日(木) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

息の長い交流へ/室蘭市・青山市長

狩俣小、池間小中を訪問


青山市長から下地校長にアルバムが手渡された=5日、池間小中学校

青山市長から下地校長にアルバムが手渡された=5日、池間小中学校

 宮古島市の交流都市である北海道室蘭市の青山剛市長は宮古島滞在2日目の5日、児童生徒たちの交流のある狩俣小学校と池間小中学校を訪ねた。

(全文を表示…)

2011年10月6日(木) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

義援金総額3200万円/東日本大震災

市役所受け付けが終了


 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の被災者に送る「東北関東大震災」義援金の市役所受付分が9月30日で終了した。3月17日からの義援金総額は3200万7331円。義援金は日本赤十字社(日赤)県支部を通して、被災者に届けられる。

(全文を表示…)

2011年10月5日(水) 09:00 [政治・行政]

来年の記念式典出席を/室蘭市開港140年・市制施行90周年

青山市長が下地市長に要請


下地市長(右手前から2人目)に来年の記念式典出席を要請する青山市長(左)と室蘭市の本野泰伸秘書課長(左から2人目)=4日、市長室

下地市長(右手前から2人目)に来年の記念式典出席を要請する青山市長(左)と室蘭市の本野泰伸秘書課長(左から2人目)=4日、市長室

 宮古島市の交流都市である北海道室蘭市の青山剛市長が4日に来島し、下地敏彦市長を表敬訪問。来年7月に開催する、室蘭市開港140年・市制施行90周年記念式典への出席を要請した。

(全文を表示…)

2011年10月5日(水) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

誘殺灯で442万匹捕獲/アオドウガネ

前年比43万匹の減/今年5~7月


アオドウガネの防除に威力を発揮している可動式誘殺灯

アオドウガネの防除に威力を発揮している可動式誘殺灯

 今年の5~7月に宮古地区において誘殺灯を使って捕獲したアオドウガネの数は442万2290匹と、前年に比べ43万560匹減った。県宮古農林水産振興センターが、このほどまとめた。生息密度の目安となる1基当たり捕獲数は2045頭と、同比159匹の減。可動式誘殺灯が2007年に大量導入された以降、1基の捕獲数は減る傾向にあり、効果が明確に出ている。

(全文を表示…)

2011年10月2日(日) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

衛生アピールでたすきつなぐ/労基署など5団体

労働衛生週間で駅伝


第1走者を務める(左から)豊見山分会長、友利支部長、立岡署長、奥濱分会長、塩川支部長=1日、平良地方合同庁舎

第1走者を務める(左から)豊見山分会長、友利支部長、立岡署長、奥濱分会長、塩川支部長=1日、平良地方合同庁舎

 全国労働衛生週間にちなむ宮古地区労働安全衛生アピール駅伝は1日、平良地方合同庁舎を発着点に市内7・4㌔を15区間に分けて延べ75人がたすきをつなぎ、同週間をアピールした。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成30年9月1日現在

    宮古島市 54,132 人
    27,095 人
    27,037 人
    世帯数 26,730 軒
    多良間村 1,172 人
    628 人
    544 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2011年10月
    « 9月   11月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2