2011年11月のニュース一覧

2011年11月30日(水) 23:15 [行雲流水]

「日中首脳会談」(行雲流水)

 きょうから師走。中旬には野田首相が訪中し、東シナ海における排他的経済水域の境界画定について話し合う模様だ

(全文を表示…)

2011年11月30日(水) 23:10 [お母さんと一緒]

「優しい男の子」

▽上間 結仁くん(うえま ゆいと)(1つ)
▽お母さん・あやさん


上間 結仁くん(うえま ゆいと)(1つ)お母さん・あやさん

上間 結仁くん(うえま ゆいと)(1つ)お母さん・あやさん

 お母さんが絵本を読んであげると、お気に入りのアンパンマンのぬいぐるみを自分の隣に座らせて、いつもニコニコとうれしそうに楽しむ結仁くん。大好きな物を食べるときは必ずみんな平等に分け合う優しい男の子。ご飯の時間はおもちゃを片付けてから席に着き、食器棚が少しでも空いていたりするときちんと閉めるお利口さん。たまにお母さんは、結仁くんの行動が優しすぎてか「本当に男の子かな?」と思ってしまうことがあるとか。

(全文を表示…)

2011年11月30日(水) 22:40 [人生雑感]

人間関係を破壊するもの―それは人間の自己中心性と傲慢性である

日本親業協会親業インストラクター 福里 盛雄


1 人は人間関係の善し悪しで幸せにもなり、不幸にもなる


 私たち人間は社会的動物だと言われ、動物の中でも霊長動物だと言われている。人間という字は人と人の間と書く。すなわち人間という字は、人と人の関係を表しています。人は一人では生きていけない弱い存在である。互いに支え合い、持ちつ持たれつ寄り添いながら、力と智恵を出し合って生きなければ滅亡してしまう要素が大きいのです。人間という動物が、今日のような長い発展の歴史を地球上で残してきたのは、人間が人間関係を大切にし、そのように行動してきたことに起因するものと考えます。その意味からも、人間の基本的本質である人間関係を破壊することは、人間が人間をやめることを意味します。そのことは、人が共同生活をやめ、群れからはぐれた一羽の渡り鳥のように孤独な生活をせざるを得なくなることになります。

(全文を表示…)

2011年11月30日(水) 09:00 [政治・行政]

新議長に平良隆氏選出/市議会臨時会

副議長は富永元順氏/現職下地、棚原氏の辞職受け


 宮古島市議会(下地明議長)は29日の臨時会で議長と副議長の選挙を行い、投票の結果、議長に平良隆氏(61)、副議長に富永元順氏(58)を選出した。任期を2年残す下地議長と棚原芳樹副議長から辞職願の提出を受け、実施された選挙で、平良新議長は「多くの皆さんの知恵を借りて誠心誠意頑張りたい」と抱負を述べた。野党議員は今回の正副議長交代を「与党内の権力争いだ」として、辞職についての採決時には議場を退席した。

(全文を表示…)

2011年11月30日(水) 09:00 [政治・行政]

不法投棄撲滅を宣言/宮古島市

年内に市民協議会設置


不法投棄撲滅宣言を発表する下地市長(右)=29日、市長室

不法投棄撲滅宣言を発表する下地市長(右)=29日、市長室

 県内で不法投棄されているごみの8割以上を宮古島が占めているとする県の実態調査結果を受け、下地敏彦市長は29日、不法投棄撲滅宣言を発表した。「不法投棄を絶対に許さない島づくりを目指していく」などとする宣言を発表するとともに、年内にも撲滅に向けた市民協議会を設置する考えを示した。

(全文を表示…)

2011年11月30日(水) 09:00 [政治・行政]

川満氏が新教育長へ

教育委員会委員2氏を任命


 下地敏彦市長は29日の市議会臨時会で、教育委員会の委員として砂川中学校の川満弘志氏(59)と、土地家屋調査士の佐平博昭氏(52)を任命する同意案を提案。採決の結果、両氏の委員任命が同意された。今後は、来月5日に行われる市教育委員会の臨時会で川満氏が互選により、任期満了で勇退する川上哲也教育長の後任として新しい教育長に就任する見通し。

(全文を表示…)

2011年11月30日(水) 09:00 [政治・行政]

職員給与引き下げ承認

人事院勧告に伴い補正減額


下地敏彦市長が提案理由を説明した市議会臨時会=29日、市議会議場

下地敏彦市長が提案理由を説明した市議会臨時会=29日、市議会議場

 宮古島市議会臨時会が29日に開かれた。市当局からは、人事院勧告に伴い職員給与を引き下げるための市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例、職員給与改定にともなう一般会計と特別会計の補正予算減額などが提案され、いずれも全会一致で承認された。今回の給与引き下げによる減額総額は459万円となる。

(全文を表示…)

2011年11月30日(水) 09:00 [産業・経済]

漁業者激減で危機感/水産振興基本計画策定委

基本計画策定に向け活発な意見が交わされた委員会=29日、宮古島漁協

基本計画策定に向け活発な意見が交わされた委員会=29日、宮古島漁協

 第一次宮古島水産振興基本計画策定委員会(委員長・上地廣敏市農林水産部長)が29日、宮古島漁協で開かれた。事務局側は「過去の統計と比べて漁業者や漁船、漁獲高が激減している。今後も減少が予想されることから、危機感を持って計画を立てなければ衰退していく。新しい漁業に向け手を打たなければならない」と指摘した。「宮古島水産振興基本計画」は年度内に初めて策定される見通し。

(全文を表示…)

2011年11月30日(水) 09:00 [産業・経済]

宮古旅行、満足度7割/観光産業勉強会

「他地域と比べかなり高い」


講演を聞き入る参加者ら=28日、平良港マリンターミナルビル

講演を聞き入る参加者ら=28日、平良港マリンターミナルビル

 宮古島観光協会青年部(佐久田重秀部長)は28日、平良港ターミナルビルで今後の観光産業に向け勉強会を開いた。講師に招かれた日本交通公社観光調査部主任研究員の山田雄一さんが「満足度調査から見た観光客の動向と考察」と題して講演した。宮古島に訪れた2010年冬の観光客と11年夏の観光客を対象に調査した結果を分析。観光客の「大変満足」と「満足」を合わせた満足度は冬が76・8%、夏71・5%と高い水準で推移した。山田さんは「観光客の満足度は他地域と比較するとかなり高い」と評価した。参加者らは、真剣な表情で聞き入っていた。

(全文を表示…)

2011年11月29日(火) 09:00 [地域・暮らし]

重機使いごみ引き揚げ/布干堂船主組合

港の周辺と海底で清掃活動


クレーンも使って引き揚げ作業が行われた海底清掃=27日、布干堂船だまり

クレーンも使って引き揚げ作業が行われた海底清掃=27日、布干堂船だまり

 布干堂船主組合(楚南和英会長)による港の清掃活動が27日に行われた。同組合員やダイビングショップのスタッフ、市内の建設業者ら約40人が参加し、布干堂船だまり周辺のごみを拾い集めたほか、湾内の海底に落ちたごみをダイバーと建設業者らが連携しクレーンなどを使って引き揚げた。

(全文を表示…)

2011年11月29日(火) 09:00 [地域・暮らし]

大臣賞と農水祭参加を報告/宮国さん

下地市長「宮古の誇り」


下地市長(右)に大臣賞受賞と農林水産祭出席を報告する宮国さん=28日、市長室

下地市長(右)に大臣賞受賞と農林水産祭出席を報告する宮国さん=28日、市長室

 今年2月に県野菜品評会(主催・県やさいフェスティバル実行委員会)でトウガンが農林水産大臣賞を受賞した宮国寿成さん(29)=上野=が23日、東京・明治神宮会館で開催された第50回農林水産祭(農林水産省、日本農林漁業振興会共催)に県代表の一人として出席した。宮国さんは28日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、受賞と同祭参加を報告した。

(全文を表示…)

2011年11月29日(火) 09:00 [イベント, 教育・文化]

3氏を社会教育功労表彰/生涯学習フェスタ

舞台発表で閉幕

社会教育功労で表彰された砂川さん(手前右)らと記念撮影する川上教育長(同左)=27日、市中央公民館

社会教育功労で表彰された砂川さん(手前右)らと記念撮影する川上教育長(同左)=27日、市中央公民館

 「学び育てる 文化のまち みゃーく(宮古)」をテーマにした第7回宮古島市生涯学習フェスティバル(主催・市教育委員会)最終日の27日、市中央公民館では公民館関係団体・社会教育関係団体の舞台発表があり、総勢約490人が歌・三線や琉球舞踊など多彩な演目を伸び伸びと披露。観客らは、生涯にわたり学び・学習する活動の大切さを改めて実感した。

(全文を表示…)

2011年11月29日(火) 09:00 [教育・文化]

宮古の文化と自然を継承/「結宮」初開催

5人の専門家が実演


玉味噌を試食する参加者でにぎわった政次さん(左手前)のブース=27日、ホテルブリーズベイマリーナ

玉味噌を試食する参加者でにぎわった政次さん(左手前)のブース=27日、ホテルブリーズベイマリーナ

 宮古在住の文化人で沖縄・宮古島の文化と自然を継承する初の鑑賞・試食活動「結宮」(南西楽園リゾート主催)が27日、ホテルブリーズベイマリーナで行われた。

(全文を表示…)

2011年11月29日(火) 09:00 [産業・経済]

温かい気候楽しんで/農協観光

チャーター初便到着


初便で到着した高谷組合長(左)にミス宮古から花束が贈呈された=28日、宮古空港

初便で到着した高谷組合長(左)にミス宮古から花束が贈呈された=28日、宮古空港

 暖かい南国を楽しんでもらおうと農協観光がJTAと連携して宮古、八重山を中心に送客している観光チャーター便の初便が28日、宮古島に到着した。初便の客は、山形からの145人。来年2月末までに11機を運航させ、1600人の送客を見込む。農協チャーター観光は、2001年から始まり今年は11年目。この間に来島した人は8万人を超え、宮古の観光を支えている。

(全文を表示…)

2011年11月29日(火) 09:00 [イベント, 地域・暮らし]

笑顔で交流深める/障がい者フェス

生徒らがボランティアで活躍


各種ゲームで盛り上がったフェスティバル=27日、城辺公民館

各種ゲームで盛り上がったフェスティバル=27日、城辺公民館

 「第27回宮古地区障がい者フェスティバル」(主催・宮古地区社協連絡協議会)が27日、城辺公民館で行われた。「共に築こう友情の輪」をスローガンに、障害者やその家族、中学生ボランティアたちが舞台余興やゲームで交流し、楽しいひとときを過ごした。


 開会式で、市社会福祉協議会の川満省三会長は「このフェスティバルは互いを認め合い、理解し、思いやりと支え合う温かい心の絆を深め合うことが目的。楽しい1日を過ごして友情の輪を広げてほしい」と呼び掛けた。


 宮古島市の長濱政治副市長らも祝辞を述べ、障害者が生きがいを持って安心して暮らせる地域づくりに取り組むことを強調した。


 会場では、輪投げ、サッカーゲーム、金魚すくい、ホールインワンゲームなどさまざまなコーナーが設けられた。中学生のボランティア約80人が障害者たちにゲームのやり方を教えながら、交流を楽しんだ。


 会場は各施設の舞台余興やレクリエーションのほか、地デジ対応の32型液晶テレビ、ブルーレイプレイヤーなどが当たる抽選会なども行われ、盛り上がった。

2011年11月28日(月) 22:44 [行雲流水]

ブータン国王(行雲流水)

 九州ほどのヒマラヤの高地に70万人が住むブータンの国王が来日、国会での演説が国民の関心を呼んだ

(全文を表示…)

2011年11月28日(月) 22:35 [フレッシュ・ホープさん]

櫻井 あやねさん(21歳)/リラクゼーションサロンカイマナ

「目標は自分のサロンを開くこと」


櫻井 あやねさん

櫻井 あやねさん

 「リラクゼーションサロンで働くことが夢でした」と話す櫻井さん。この夏、施術師としての一歩を踏み出した。

(全文を表示…)

2011年11月27日(日) 09:00 [【特集】イベント・行事, 特集]

離島フェア2011写真特集

島の味と香りで大にぎわい/離島フェア2011写真特集


オープニングセレモニーのテープカットでフェアが開幕した

オープニングセレモニーのテープカットでフェアが開幕した


例年のフェア同様、多良間の「黒糖かち割り」は人気のコーナーで多くの人が押し寄せた

例年のフェア同様、多良間の「黒糖かち割り」は人気のコーナーで多くの人が押し寄せた

初出店の月桃茶コーナーも大人気

初出店の月桃茶コーナーも大人気

あいさつする仲井真弘多知事

あいさつする仲井真弘多知事

「ぱなぱんびん」は離島フェアの定番商品。今年も初日から飛ぶような売れ行き

「ぱなぱんびん」は離島フェアの定番商品。今年も初日から飛ぶような売れ行き


宮古島の特産品に加え、宮古島の「笑顔」が来場者を魅了する

宮古島の特産品に加え、宮古島の「笑顔」が来場者を魅了する


かぼちゃ素材のパンビンを試食する仲井間知事

かぼちゃ素材のパンビンを試食する仲井間知事


極めて異例の「宮古島まもる君」へのインタビュー

極めて異例の「宮古島まもる君」へのインタビュー


長濱政治副市長が会場を訪れ出店事業者を激励した

長濱政治副市長が会場を訪れ出店事業者を激励した

 



離島フェア2011の開催会場では25日、優良特産品に輝いた事業所、島おこし奨励賞、フォトコンテスト、ポスター図案の表彰式が行われた。


優良特産品には、宮古の地元食材を特産品開発した南国食楽Zuが選ばれ、4回受賞の快挙を挙げた。また、島おこし奨励賞個人の部では、全国的に宮古島の周知度を上げた「宮古島まもる君」が選ばれた。

宮古から5人が優良特産品、島おこし奨励賞を受賞した

宮古から5人が優良特産品、島おこし奨励賞を受賞した


宮古島の表彰受賞者は次のとおり(敬称略)


【優良特産品表彰】


優秀賞=南国食楽Zu 特別賞=農業生産マティダファーム、宮古木工芸

【島おこし奨励賞表彰】

個人の部=宮古島まもる君

【フォトコンテスト表彰】

優秀賞=渡久山八重子

2011年11月27日(日) 09:00 [教育・文化]

下地さん(平良)ら6人代表金/管打楽器コン

児童生徒150人が演奏


児童生徒が管打楽器の音色を響かせたコンテスト=26日、上野公民館

児童生徒が管打楽器の音色を響かせたコンテスト=26日、上野公民館

 第10回宮古地区管打楽器コンテストソロ部門(主催・宮古地区吹奏楽連盟)が26日、上野公民館で開かれた。児童生徒146人が出場し、管打楽器の音色を響かせた。審査の結果、中学校Aパートの部で平良中の下地那奈さんら6人が県大会に推薦される代表金を受賞した。

(全文を表示…)

2011年11月27日(日) 09:00 [スポーツ]

「金メダル持ち帰る」/宮古特別支援学校

45人が体育大会に出発


「エイエイオー」で団結。上位入賞を誓う生徒たち=26日、宮古空港

「エイエイオー」で団結。上位入賞を誓う生徒たち=26日、宮古空港

 県特別支援学校体育大会がきょう27日、うるま市の具志川総合グラウンドで開催される。宮古特別支援学校からは中等部、高等部の生徒45人が出場し、上位入賞を目指す。26日には宮古空港で出発式を実施。生徒は「金メダルを宮古島に持ち帰る」と決意を話した。

(全文を表示…)

2011年11月27日(日) 09:00 [地域・暮らし]

新公民館で敬老会/腰原自治会

20年ぶりに自治会主催


参加者の末永い健康を願い乾杯する参加者たち=26日、腰原公民館

参加者の末永い健康を願い乾杯する参加者たち=26日、腰原公民館

 腰原自治会(宮平清徳会長)の敬老会が26日、今年6月に完成した新しい腰原公民館で開かれた。自治会主催による敬老会開催は20年ぶりで、会の運営は今年、約20年ぶりに活動を復活させた青年会が中心となって実施。会場には多くの地域住民が集まり、今年度で70歳となる新敬老会員31人を含む154人の年長者の健康と長寿を盛大に祝った。


(全文を表示…)

2011年11月27日(日) 09:00 [イベント]

生涯学習で人生豊かに/フェスティバル開催

活動の成果など展示


公民館で行われている各種講座を受講した市民たちの作品などが展示されている市生涯学習フェスティバル=26日、市中央公民館

公民館で行われている各種講座を受講した市民たちの作品などが展示されている市生涯学習フェスティバル=26日、市中央公民館

 第7回市生涯学習フェスティバル(市教育委員会主催)が26日、市中央公民館で開幕した。「学び育てる文化のまちみゃ~く(宮古)」をテーマに、体験実験コーナーや野外ステージ、公民館活動の紹介、講演会などを実施。子どもからお年寄りまでが参加し、多彩な催しを楽しみながら生涯学習への意欲を高めた。27日は舞台発表などが同会場で行われる。

(全文を表示…)

2011年11月27日(日) 09:00 [イベント]

緑の大切さ再認識/育樹祭

環境緑化で来間小中など表彰


会長賞を受け取る来間小中学校の国仲富美男校長(左)=26日、うえのドイツ文化村

会長賞を受け取る来間小中学校の国仲富美男校長(左)=26日、うえのドイツ文化村

 2011年度緑の育樹祭(県緑化推進委員会、宮古島市共催)が「みんなで創ろう 緑豊かなみゃーく島」をテーマに26日、うえのドイツ文化村で行われ、来間小中学校はじめ県内8校と2団体が緑の重要性を深く認識し、緑化活動に尽力したとして表彰を受けた。式典終了後は参加者らが植樹された樹木に施肥をし、緑化活動の大切さを改めて確認した。

(全文を表示…)

2011年11月27日(日) 09:00 [社会・全般]

被災地からメッセージ/東日本大震災

宮古青年会議所 宮古島災害フォーラム


東日本大震災についてのフォーラムが行われた=26日、平良第一小体育館

東日本大震災についてのフォーラムが行われた=26日、平良第一小体育館

 2011宮古島災害フォーラム(宮古青年会議所主催)が26日、3月11日の東日本大震災で被災した岩手県から、陸中宮古青年会議所の杉本裕樹理事長と宮古商工会議所青年部の池田篤司専務理事を招き、平良第一小学校で行われた。宮古青年会議所の中尾忠筰理事長の進行で、杉本理事長と池田専務理事が発災時や震災直後の様子、仮設住宅の問題などの質問に答える形式で行われた。

(全文を表示…)

2011年11月26日(土) 22:55 [美ぎ島net]

シリーズ 島のくらしと環境<5>

生活は水質汚濁に加担/意識して水の利用を


とうとうと海に流れる湧水(北海岸)

とうとうと海に流れる湧水(北海岸)

 水のすべてを地下水に頼っている宮古島は、1980年代後半、水質汚染が緊急テーマとなって「宮古島地下水水質保全対策協議会」(88年)が設立され、「天女の水まつり」や全島湧水巡り、手作り石けん教室、地下水勉強会など、さまざまなイベントが繰り広げられ、住民の水に対する意識が高揚した。ところが最近、こうした動きが以前と比べて少なくなった。宮古島の地下水は本当に大丈夫なんだろうか。

(全文を表示…)

2011年11月26日(土) 22:50 [美ぎ島net]

地域の中で生き生きと/久松小放課後子ども教室(あとむもどき)

ジャガイモ植えたよ!/8組の親中心に活動活発


久松子供教室

久松子供教室

 小学校の余裕教室を活用し、地域の参加を得て子どもたちと学習やスポーツ・文化活動、地域住民との交流活動などの取組みを実践している「放課後子ども教室」。子どもたちの安心・安全な居場所づくりを目指して沖縄県が後押しする。今年度は市内11校の小学校で実施している。それぞれの地域性を発揮して昔遊びや野菜づくり、三線教室、自然素材の石けんづくり、ビーチクリーンなどさまざまなメニューで放課後を満喫する。2009年6月に開講した久松

畝に種イモを1個ずつ埋めていく

畝に種イモを1個ずつ埋めていく

小学校放課後子ども教室をのぞいてみた。

(全文を表示…)

2011年11月26日(土) 22:40 [私見公論]

TPP(環太平洋経済連携協定)について(上)/砂川 光弘

私見公論⑧


 去る3月11日、サトウキビの収穫終了。親族集まって「サトウキビ収穫終了祝い」を行っていた。叔父や兄弟も今期のサトウキビは反収品質も良く、気分的にも最高に盛り上がってほろ酔い気分になっていた。

(全文を表示…)

2011年11月26日(土) 22:35 [ニュースウィークリー]

11月20日~11月26日

ニュースウィークリー
11月20日~11月26日


特産品ずらり特売で盛況/産業まつり


 第34回宮古の産業まつりが19日、ダイワドライビングスクール跡地を主会場に開幕した。会場では新鮮な農林水産物や草花の苗、伝統の工芸品など地元の特産品が展示販売され、開場とともに押し寄せた多くの市民が特売の商品を買い求めた。米や野菜など友好・交流都市の物産も多数販売された。(11月20日掲載)

(全文を表示…)

2011年11月26日(土) 21:51 [日曜訪問]

砂川 ヒデ子さん(68歳)/うやきハウス

農園は地域の憩いの場


砂川 ヒデ子さん

砂川 ヒデ子さん

 県道沿いの農園は、6棟のビニールハウスが整然と立ち並び、中では10月に植えたトウガンの苗が黄色い可憐な花を付け始めた。今、雄花を雌花に合わせる受粉作業に追われる。夫婦で営む「うやきハウス」は、入口に季節の花が咲き、訪れる人たちを和ませている。「まるで農業を知らない2人がトウガンを始めてから6年。いろんな方たちに教えられてここまできた。今、農業は楽しいということをみんなに伝えたい」

(全文を表示…)

2011年11月26日(土) 09:00 [地域・暮らし]

創立40周年盛大に祝う/北OB親交会

関係者集い一層の活躍期待


北OB親交会の創立40周年を記念する祝賀会で祝杯を上げる関係者=24日、荷川取公民館

北OB親交会の創立40周年を記念する祝賀会で祝杯を上げる関係者=24日、荷川取公民館

 北OB親交会の創立40周年記念祝賀会が24日、平良の荷川取公民館で開催された。歴代の役員を含む野球関係者が多数詰め掛け、創立40年の節目を祝うとともに、同会のさらなる活躍に期待を込めた。

(全文を表示…)