2011年11月22日のニュース一覧

2011年11月22日(火) 09:00 [イベント, 教育・文化]

入賞者101人に表彰状/市民文化祭児童生徒の部表彰式

美術、自由研究など展示部門


一人一人に表彰状が贈られた表彰式=20日、マティダ市民劇場

一人一人に表彰状が贈られた表彰式=20日、マティダ市民劇場

 第6回宮古島市民総合文化祭「児童・生徒の部」の表彰式が20日、長濱政治副市長、川上哲也教育長、宮古地区理科教育研究会の与那覇止会長が出席し、マティダ市民劇場で行われた。展示の各部門で市長賞などに輝いた児童生徒101人に表彰状が贈られた。

(全文を表示…)

2011年11月22日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

大橋開通後の活性化探る/アイ ラブ 伊良部!

元気な島づくり目指し


新里さんをコーディネーターに5人のパネリストが島づくりの提言を行った=20日、東地区構造改善センター

新里さんをコーディネーターに5人のパネリストが島づくりの提言を行った=20日、東地区構造改善センター

 伊良部島の将来像を島民みんなで考え、活力ある地域づくりをめざして、「アイ ラブ 伊良部!」~元気な島づくりフォーラム~(主催・市、伊良部地区地域づくり協議会)が20日、伊良部東地区構造改善センターで開かれた。フォーラムでは、「楽園の花嫁」の著者で来間島で農園・カフェ「楽園の果実」を営む砂川智子さんが「夢の大橋開通と島の活性化」と題して基調講演を行ったほか、新里聡さん(アップリフトリーダーシップセンター代表)をコーディネーターに5人のパネリストが「豊かで住みよい島づくりを考える」をテーマにしたシンポジウムを開催した。また、3人の中高生が島づくりの意見発表を行った。

(全文を表示…)

2011年11月22日(火) 09:00 [地域・暮らし]

勤労感謝の日を前に/花園保育所の園児 JTAを慰問

「いつもご苦労さま」


かわいい園児たちの慰問を受け、空港で働く職員たちにも笑顔が広がった=21日、宮古空港

かわいい園児たちの慰問を受け、空港で働く職員たちにも笑顔が広がった=21日、宮古空港

 23日の「勤労感謝の日」を前に、花園保育所(浅野弘子所長)は21日、日本トランスオーシャン航空(JTA)宮古支社宮古空港所を慰問した。園児たちは手作りのレイや花束を職員にプレゼントし「これからもお仕事頑張ってください」と大きな声で激励のメッセージを送った。

(全文を表示…)

2011年11月22日(火) 09:00 [政治・行政]

未受診者に勧奨はがき/特定健診

市福祉保健部国民健康保険課 9630人に発送


特定健診未受診者に発送される勧奨はがき

特定健診未受診者に発送される勧奨はがき

 市福祉保健部国民健康保険課では2011年度特定健診における健診未受診者に対して勧奨はがきを18日に一斉発送した。同課では「これから年末年始、製糖期と忙しくなるので早めに受診してほしい」と呼び掛けている。

(全文を表示…)

2011年11月22日(火) 09:00 [産業・経済]

24万7000㌧見込む/11年産キビ第2回調査

前期比7万6000㌧減/日照不足、台風など影響


 宮古地区の2011~12年期サトウキビは、茎が昨年より短く10㌃当たりの茎の数も少ないなど生育が悪く第2回生産見込み量は前期実績の32万4198㌧と比べ7万6429㌧(23%)減の24万7769㌧となった。市農林水産部農政課と、多良間村村づくり課が11月1日現在で、まとめた。生育不良は1~3月の低温や日照不足、5月の台風2号による葉の損傷、植え付け時の少雨傾向などが影響したと分析している。

(全文を表示…)

2011年11月22日(火) 09:00 [社会・全般]

宮古の現状、課題学ぶ/鹿児島国際大など

教育、福祉テーマに研究会


「教育、保健福祉、地域づくり」をテーマに行われた研究会=21日、ホテルサザンコースト宮古島

「教育、保健福祉、地域づくり」をテーマに行われた研究会=21日、ホテルサザンコースト宮古島

 「琉球弧における地域文化の再考と地域再生プランおよび実践モデル化に関する研究」をテーマにした研究会(主催・鹿児島国際大学など)が21日、市内のホテルで行われた。

(全文を表示…)