2011年11月24日のニュース一覧

2011年11月24日(木) 22:47 [はばたけあすの顔]

「楽しみは『おいしいみそ造り』」/福嶺小学校1年1組

男子2人・女子1人


福嶺小学校1年1組

福嶺小学校1年1組

 朝、登校して最初にすることは、学校の隣にある農園に自分たちで植えたオクラ、サツマイモ、大豆、稲を見に行くこと。最近は、毎日のようにオクラが採れる。「今日も採れたよ」とみんな鼻たかだかで先生に話している。

(全文を表示…)

2011年11月24日(木) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

池間で修学旅行民泊/兵庫県の高校生55人

いけま福祉支援センター


民家で楽しく交流する生徒たち=23日、池間島

民家で楽しく交流する生徒たち=23日、池間島

 兵庫県立神崎工業高校(谷上光晴校長)の3年生55人(男子48人、女子7人)の修学旅行民泊が23日、池間島で行われた。生徒らは民家の年寄りたちと交流を深めるとともにキビ刈り体験や海水浴体験、美しい夕日を観賞するなど心行くまで満喫した。初めて受け入れた拠点は「いけま福祉支援センター」(前泊博美理事長)。前泊理事長は「お年寄りたちは島の財産。そのお年寄りたちが生徒たちをお世話する。修学旅行民泊で島おこし、活性化を図りたい。来年6月から本格的な修学旅行民泊が始まる」と決意を新たにした。

(全文を表示…)

2011年11月24日(木) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

方言とクイチャー学ぶ/一橋大・志學館大

新城地区住民と交流会


学生たちは新城の方言や新城クイチャーの歴史などについて学んだ=23日、新城公民館

学生たちは新城の方言や新城クイチャーの歴史などについて学んだ=23日、新城公民館

 一橋大学と志學館大学の学生18人が23日、新城公民館で地域住民との交流会を行い、地域の方言と新城のクイチャーの歴史や復活の経緯について学んだ。
 今回訪れた学生たちは、一橋大学が社会学部の中島由美教授のゼミ生15人と志學館大学で方言を研究している学生3人。学生たちは地域の住民から日常的に活用する方言やその使い方などについて学んだ。

(全文を表示…)

2011年11月24日(木) 09:00 [教育・文化]

推薦校に砂川小など6校/小中音楽発表会

25校29団体が合唱競う


手話を交えた合唱で宮古代表に選ばれた砂川小の児童=23日、マティダ市民劇場

手話を交えた合唱で宮古代表に選ばれた砂川小の児童=23日、マティダ市民劇場

 宮古地区小中学校音楽発表会が23日、マティダ市民劇場で開催された。小、中学校合わせて25校29団体が参加して合唱を披露し、練習の成果を競い合った。審査の結果、小学校は砂川4~6年生、久松5年、平良第一6年1組、中学校は狩俣全学年、久松3年、伊良部2、3年がそれぞれ県大会推薦校に選ばれた。

(全文を表示…)

2011年11月24日(木) 09:00 [スポーツ]

丸勝1983(一般)優勝/本社杯軟式野球

成年はF与那覇が初代王者


胴上げで初優勝を喜ぶ丸勝1983=23日、市営球場

胴上げで初優勝を喜ぶ丸勝1983=23日、市営球場

 宮古毎日新聞杯第20回全宮古軟式野球選手権大会(主催・宮古毎日新聞社、宮古野球連盟)は23日、市営球場で一般、成年の決勝まで行った。決勝は両試合とも延長にもつれる大熱戦。一般は丸勝1983がファミリー与那覇を6-5で下し、チーム結成後、初の優勝を果たした。今大会からクラス分けされた成年は、ファミリー与那覇が阿波根建設を1-0で破り、初代王者に輝いた。両チームとも監督を胴上げするなど喜びを爆発させた。

(全文を表示…)

2011年11月24日(木) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

ゲームや物作りで交流/私保連保育まつり

法人立10園参加


ゲームや物作りなどのコーナーが設置され、子どもたちを楽しませた=23日、JAおきなわ宮古地区本部

ゲームや物作りなどのコーナーが設置され、子どもたちを楽しませた=23日、JAおきなわ宮古地区本部

 県私立保育園連盟主催の保育まつりが23日、JAおきなわ宮古地区本部で行われた。宮古島市の10カ所の法人立保育園が参加し。ゲームや物作り、読み聞かせなどを通して、詰め掛けた保護者らが育児や保育の大切さについて認識を深めるとともに子育て支援の輪を広げた。

(全文を表示…)

2011年11月24日(木) 09:00 [産業・経済]

県内上位2000番に517頭/霜降り育種価

4頭に1頭宮古の牛 肉質遺伝能力の高さ示す


 自家保留した雌子牛に奨励金を交付する事業の対象要件となる、県内2000番以内の霜降り育種価(遺伝能力)を持つ母牛が宮古地区に517頭(宮古442頭、多良間75頭)いることが、JAおきなわ宮古地区畜産振興センターへの取材で22日、分かった。奨励金の上限は、1頭当たり12万円。申込受付は、JAの窓口で8月と10月の2回行い、20人が24頭分を申請した。第3回の申請は、来年1月に受け付ける。

(全文を表示…)