「環境・エコ」 2011年11月のニュース一覧

2011年11月16日(水) 09:00 [環境・エコ, 社会・全般]

工事現場に大量のごみ/数百㌧、処理方法決まらず

西原ほ場整備


ほ場整備工事現場で廃タイヤや建築資材など大量のごみが確認された=15日、平良西原

ほ場整備工事現場で廃タイヤや建築資材など大量のごみが確認された=15日、平良西原

 平良西原のほ場整備工事現場で、不法投棄された大量のごみが見付かった。廃タイヤや建築資材などごみの量は数百㌧に上るとみられている。同工事は県が発注しており、担当する宮古農林水産振興センター農林水産整備課は「処理方法が決まっていないので触れない状況」と話す。現段階で工事に影響はないが、ごみを放置したまま工事を完了することはできない。ごみの撤去に向けて、責任の所在や処理方法、処理費用といった課題が行政機関に重くのしかかりそうだ。

(全文を表示…)

2011年11月1日(火) 09:00 [環境・エコ]

きょうから鳥獣保護区/与那覇湾・池間島

環境省が指定


与那覇湾の水面部分は国の特別保護地区に指定された=31日、下地与那覇湾

与那覇湾の水面部分は国の特別保護地区に指定された=31日、下地与那覇湾

 下地与那覇湾とその周辺、池間島全域がきょう1日、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)に基づく、国の鳥獣保護区に指定された。与那覇湾は鳥獣保護区内の水面部分約700㌶が特別保護地区に指定され、建築物の新築、増改築などは環境大臣の許可が必要になる。存続期間は両地区とも2011年11月1日から32年10月31日までの20年間。

(全文を表示…)