2011年12月11日のニュース一覧

2011年12月11日(日) 09:00 [教育・文化]

さらなる発展祈念/平良中新校舎の落成祝う

新校舎の完成を祝い乾杯する関係者ら=10日、平良中学校体育館

新校舎の完成を祝い乾杯する関係者ら=10日、平良中学校体育館

 平良中学校新校舎落成祝賀会(主催・同校PTA)が10日夕、同校体育館で開かれた。PTAや教育関係者らが多数出席し、新校舎の完成と同校のさらなる発展を願った。

(全文を表示…)

2011年12月11日(日) 09:00 [イベント]

育てたサルビアなど即売/みやこ福祉会まつり

10回の節目で交流深める


飛ぶように売れていた草花=10日、みやこ学園

飛ぶように売れていた草花=10日、みやこ学園

 みやこ福祉会(伊志嶺博司理事長)主催の第10回みやこ福祉会まつりが10日、みやこ学園で行われた。鮮やかに咲いたベゴニアやサルビア、サラダホウレンソウ、宮古そば、カレーライス、焼き立てパンなどが飛ぶように売れ、同学園の利用者らを喜ばせた。来場者らは趣向を凝らしたイベントを満喫した。

(全文を表示…)

2011年12月11日(日) 09:00 [産業・経済]

「子のため考え行動を」/宮古島気象台主催

地球温暖化テーマに講演会


講話に聞き入る参加者たち=10日、県宮古合同庁舎講堂

講話に聞き入る参加者たち=10日、県宮古合同庁舎講堂

 2011年度気候講演会(主催・宮古島地方気象台)が10日、県宮古合同庁舎講堂で開かれた。沖縄気象台の浅見幸宏地球温暖化情報官が地球温暖化の現実と将来について、宮古島市上下水道部の梶原健次課長補佐は温暖化がサンゴ礁に与える影響などについて講話。浅見氏は子どもたちの将来のために、できることを考え、行動するよう訴えた。

(全文を表示…)

2011年12月11日(日) 09:00 [社会・全般]

背景に高失業率や離婚/児童虐待

早期発見、援助訴え/防止推進月間で講演会


児童虐待の未然防止に向け、勇気を持った通告を呼び掛けた講演会=10日、市働く女性の家ゆいみなぁ

児童虐待の未然防止に向け、勇気を持った通告を呼び掛けた講演会=10日、市働く女性の家ゆいみなぁ

 児童虐待防止推進月間に伴う「児童虐待防止推進講演会~守るのは 気づいたあなたの その勇気~」(主催・宮古島市)が10日市働く女性の家(ゆいみなぁ)で行われ、沖縄大学の山内優子非常勤講師が「児童虐待防止に向けて~子どもたちを守るため、私たちにできること」の演題で講話した。山内さんは、沖縄の児童虐待の背景には高い失業率や離婚率、全国最下位の県民所得など沖縄社会の「貧困」があることを指摘した。

(全文を表示…)

2011年12月11日(日) 09:00 [教育・文化]

優秀児童、生徒25人を表彰/宮古教育振興会

勉強やスポーツ両立


勉学やスポーツ、ボランティア活動などで活躍した児童生徒25人が表彰された=10日、宮古島市中央公民館

勉学やスポーツ、ボランティア活動などで活躍した児童生徒25人が表彰された=10日、宮古島市中央公民館

 学習面やスポーツ、ボランティア、文化活動などで優秀な成績を収めた児童生徒を表彰する宮古教育振興会(下地邦雄理事長)の表彰式が10日午後、市中央公民館で開かれた。小学生10人、中学生15人の計25人を表彰し、日ごろの活動と成果をたたえた。下地理事長は「世界に羽ばたいてほしい」と受賞者を激励。次代を担う子どもたちの一層の活躍に期待を込めた。

(全文を表示…)

2011年12月11日(日) 09:00 [イベント]

和太鼓の連打など披露/市子連子ども祭りに13団体

和太鼓の連打を披露する新風太鼓子ども会=10日、下地農村環境改善センター

和太鼓の連打を披露する新風太鼓子ども会=10日、下地農村環境改善センター

 第5回市子連子ども祭り(主催・市子ども会育成連絡協議会、共催・市教育委員会)が10日、下地農村環境改善センターで行われた。子ども会13団体、総勢140人余が出演。力強い太鼓の連打や踊りなどを披露し、観客らに感動を与えた。

(全文を表示…)