2011年12月14日のニュース一覧

2011年12月14日(水) 23:19 [お母さんと一緒]

「おてんば娘」

▽大城 サラちゃん(おおしろ さら)(1つ)
▽お母さん・麻美さん


大城 サラちゃん(おおしろ さら)(1つ)お母さん・麻美さん

大城 サラちゃん(おおしろ さら)(1つ)お母さん・麻美さん

 どこでも活発に動き回るおてんば娘のサラちゃん。たんこぶとすり傷が絶えず、転んでも、ごっつんこしてもなんのその。お母さんが抱っこすると、力強く手足をばたばたさせ、下ろすと自由にどこにでも走っていく。「目が離せません」とお母さん。

(全文を表示…)

2011年12月14日(水) 22:48 [行雲流水]

「師走雑感」(行雲流水)

 師走も中日。きょうから年賀郵便の特別扱いが始まる。歳末たすけあい、未成年者の飲酒防止、防災・防犯・安全キャンペーンなども展開中だ。師走も後半になると、対数グラフの目盛の間隔が押し詰まって行くような切迫感がある

(全文を表示…)

2011年12月14日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

全校児童に年賀はがき寄贈/郵便事業宮古島支店

14社からプレゼント 手紙文化の普及目指す



協賛社から全校児童に年賀はがきが寄贈された=13日、市役所城辺庁舎

協賛社から全校児童に年賀はがきが寄贈された=13日、市役所城辺庁舎

 手紙文化の普及と子どもたちの豊かな情操と人材育成などを目的に宮古島市と多良間村の全児童に対する年賀はがきの贈呈式が13日、市役所城辺庁舎で行われた。

(全文を表示…)

2011年12月14日(水) 09:00 [イベント, 環境・エコ]

平良彩華さん(砂川中3年)最優秀賞/愛鳥週間ポスター原画コン

県最優秀賞を受賞した平良さんと全国審査に送付された作品=13日、県庁環境生活部長室

県最優秀賞を受賞した平良さんと全国審査に送付された作品=13日、県庁環境生活部長室

 【那覇支社】2012年度愛鳥週間用ポスター原画コンクール(主催・日本鳥類保護連盟、県)の最優秀賞受賞者表彰式が13日、県庁で行われ、平良彩華さん(砂川中3年)が同コンクールの最優秀賞に選ばれ表彰された。同コンクールは、県内の小学、中学、高校から応募のあった作品を県で審査選抜し、最優秀作品9点を日本鳥類保護連盟に送付して全国審査を行い、来年度の愛鳥週間用ポスターの審査選考を行うもの。

(全文を表示…)

2011年12月14日(水) 09:00 [地域・暮らし]

来年2月まで10頭誕生か/宮古馬

荷川取さん 保存訴え乗馬で島一周


宮古馬2頭で島をほぼ一周した荷川取さん(左)と井上さん=13日、平良狩俣地区

宮古馬2頭で島をほぼ一周した荷川取さん(左)と井上さん=13日、平良狩俣地区

 宮古馬の飼養頭数が来年2月にも40頭に達する可能性が出てきた。現状30頭の宮古馬だが、年末から2月にかけて最高10頭の子馬が誕生する見通しで、保存のために最低必要とされている50頭も見えてくる。増頭運動に関連し、荷川取牧場の荷川取明弘さんは13日までに、宮古馬に乗馬して宮古本島をほぼ一周。宮古馬の飼養を始めてから10年来の夢を実現させた。各地で宮古馬の保存を訴えた荷川取さんは「目標を達成することができた」と感無量の様子で話すとともに、さらなる増頭に期待を込めた。

(全文を表示…)

2011年12月14日(水) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化, 社会・全般]

入学生確保が急務/伊良部高校を存続させる会

住民の対応など協議


伊良部高校廃校回避に向けて話し合った=13日、伊良部公民館

伊良部高校廃校回避に向けて話し合った=13日、伊良部公民館

 県教育委員会が2020年度の卒業生をもって伊良部高校を廃校にする計画を示していることについて、伊良部高校を存続させる会(佐久本洋介会長)は13日、伊良部公民館で会合を開いた。伊良部高校の砂川明校長をはじめ、佐久本会長、嘉手納学副会長ら約20人が参加し、廃校回避に向けて意見交換をした。

(全文を表示…)

2011年12月14日(水) 09:00 [地域・暮らし]

店舗面積など概要発表/ヤマダ電機

7527・60平方㍍、駐車場収容535台


ヤマダ電機の堀内課長(奥左から2人目)ら関係者が出席して行われた説明会=13日夜、久松地区公民館

ヤマダ電機の堀内課長(奥左から2人目)ら関係者が出席して行われた説明会=13日夜、久松地区公民館

 宮古島市字松原のイオンタウン宮古南ショッピングセンターへの出店を決めている家電量販店国内最大手のヤマダ電機(本社・群馬県高崎市)は13日夜、久松地区公民館で説明会を開催。店舗面積や駐車場収容台数、営業時間などを説明した。

(全文を表示…)

2011年12月14日(水) 09:00 [政治・行政]

景観条例の可決見送る/市議会経済工務委

「慎重な審査を」と継続審査に


 宮古島市議会の常任3委員会が13日、市役所平良庁舎で開かれ、議会から付託された議案の審議を行った。市景観条例案の付託を受けた経済工務委員会(嵩原弘委員長)では協議の結果、「慎重な審査を行いたい」との判断から継続審査とすることを決めた。各委員会での審議結果は21日の市議会最終本会議で各委員長が報告する。

(全文を表示…)