2011年12月18日のニュース一覧

2011年12月18日(日) 09:00 [地域・暮らし]

「日本一安全な島に」/来間小中の児童生徒

交通安全看板を贈呈


児童生徒が手作りした交通安全看板が贈呈された=17日、来間島振興総合センター

児童生徒が手作りした交通安全看板が贈呈された=17日、来間島振興総合センター

 来間幼稚園、同小・中学校の児童生徒が17日、手作りの交通安全看板を来間部落会(来間得良会長)に贈呈した。その上で「私たちは来間島を日本一安全な島にします」と宣言した。

(全文を表示…)

2011年12月18日(日) 09:00 [地域・暮らし]

これからも良書と出会って/読書感想文コンクール

入賞した児童生徒を表彰


入賞した児童生徒に表彰状と記念品が贈られた=17日、市中央公民

入賞した児童生徒に表彰状と記念品が贈られた=17日、市中央公民

 宮古地区「読書感想文・感想画コンクール」の表彰式(主催・宮古地区学校図書館協議会)が17日、市中央公民館で行われ、入賞した小中学生が表彰された。

(全文を表示…)

2011年12月18日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

「優しい心を分けて」/歳末たすけあい

中高生が街頭活動


募金への協力を呼び掛ける伊良部高校の生徒たち=17日、サンエーショッピングタウン宮古衣料館

募金への協力を呼び掛ける伊良部高校の生徒たち=17日、サンエーショッピングタウン宮古衣料館

 2011年度「NHK海外たすけあい」義援金街頭募金が17日、市内5カ所のスーパー前で行われた。

(全文を表示…)

2011年12月18日(日) 09:00 [政治・行政]

買取制度の活用を/再生可能エネルギー

国が説明会、導入拡大図る


再生可能エネルギーの買取制度について知識を深める参加者=17日、下地農村環境改善センター

再生可能エネルギーの買取制度について知識を深める参加者=17日、下地農村環境改善センター

 2012年7月1日施行の再生可能エネルギー特別措置法に伴い、沖縄総合事務局は17日午後、下地農村環境改善センターで再生可能エネルギー買取制度の説明会を開いた。太陽光や風力で発電した電力を電力会社に売電(全量含む)する制度を説明し、日本での再生可能エネルギーの導入拡大に対する理解を求めた。

(全文を表示…)

2011年12月18日(日) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

「廃校の文字消して」/県教育庁

参加者に動揺広がる/伊良部高廃校の素案説明


参加者らが活発な意見・提言を述べた=17日、伊良部高校の体育館

参加者らが活発な意見・提言を述べた=17日、伊良部高校の体育館

 県教育庁は県立高校編成整備実施計画」(素案)に伊良部高校を後期(2017~21年)に廃校することを盛り込んだことに伴い17日、同校で説明・意見交換会を開いた。住民や教育関係者など約60人が参加したが、全員に動揺が広がっていた。伊良部高校の元PTA会長の中村雅弘さんは「素案に書かれている伊良部高校の『廃校』の文字を消して『伊良部大橋開通後に考えていく』に置き換えてほしい」と要望した。教育庁側は「持ち帰って検討したい。皆さんの意見は反映させたい」と理解を求めた。来年3月に開催される県教育委員会会議で同計画は決定される。

(全文を表示…)

2011年12月18日(日) 09:00 [地域・暮らし]

高齢者の大腿部骨折多い/宮古、全国の2倍

琉大が調査報告 「元気さが災い?」


宮古における高齢者骨折の発生状況が示された報告会=16日、宮古病院

宮古における高齢者骨折の発生状況が示された報告会=16日、宮古病院

 高齢者に多い大腿骨骨折の宮古での発生率が際立って高いことが、琉球大学医学部高次機能医科学講座の実態調査で分かった。宮古の発生率は、全国平均の約2倍、北海道浦河町の6倍だった。宮古がなぜ高いのか、明確な理由はつかめていない。同講座の大湾一郎琉大准教授が16日、調査に協力した医師らを対象に報告した。

(全文を表示…)