「政治・行政」 2011年12月のニュース一覧

2011年12月29日(木) 09:00 [政治・行政]

「ミスない事業管理を」/仕事納めで下地市長

来年はさらなる活性化へ


仕事納めにあたっての市長あいさつを聞く市職員たち=28日、市役所平良庁舎玄関前広場

仕事納めにあたっての市長あいさつを聞く市職員たち=28日、市役所平良庁舎玄関前広場

 官公庁の仕事納めとなった28日、下地敏彦市長は市役所各庁舎と庁舎外に事務所を構える部署を訪れ、職員にねぎらいの言葉を掛けるとともに、来年はさらなる活性化を目指す意欲を示した。また来年度からは、各部で行っている事業の契約事務を一括して処理する「契約検査課」を総務部内に新設し、業務の一元化を図ることで、事業執行部門の負担の軽減と、確実な契約手続きの実行を目指す考えを明らかにした。

(全文を表示…)

2011年12月29日(木) 09:00 [政治・行政]

地域の治安に決意新た

宮古島署が「武道納め」


武道納め式で1年のけいこを締めくくった署員ら=28日、宮古島警察署

武道納め式で1年のけいこを締めくくった署員ら=28日、宮古島警察署

 宮古島警察署(島袋令署長)の2011年度「武道納め式」が28日、同署武道場で行われた。署員の代表が柔道と剣道で鍛錬の成果を試合形式で披露し、今年1年のけいこを締めくくった。

(全文を表示…)

2011年12月28日(水) 09:00 [政治・行政]

三つどもえの公算/次期県議選

坂井氏が出馬表明の意向
現職 奥平、座喜味氏 意思固める


 【那覇支社】来年6月に執行予定の第11回県議会議員選挙で、宮古島市区(定数2)に坂井民二氏(元職)が出馬表明する意向であることが27日、分かった。本紙取材に坂井氏は出馬表明に向け「環境整備を図っているところだ」と述べ、立候補に向けての意欲を見せている。また、現職の奥平一夫氏(社大・結)、座喜味一幸氏(自民)は、すでに出馬表明の意思を示しており、現段階で、来る県議選は2008年に行われた選挙と同じ顔ぶれの三つどもえ戦の公算が大きくなっている。

(全文を表示…)

2011年12月27日(火) 09:00 [政治・行政]

安全・良質な水の供給へ/宮古島市

水道事業の将来像策定/19年度まで、事業費71億円


「市水道ビジョンに」ついて発表する下地市長(右)と譜久村部長=26日、市長室

「市水道ビジョンに」ついて発表する下地市長(右)と譜久村部長=26日、市長室

 宮古島市は、水道事業施設などの整備計画「宮古島市水道ビジョン」を策定。下地敏彦市長らは26日、市役所平良庁舎で会見を開きその内容を発表した。同ビジョンでは水道事業の将来像として▽安全・良質な水道水の供給▽安定した水道の構築-などの6項目を掲げ、それを踏まえた目標と、具体的施策を策定。ビジョン計画期間は2019年度までで、目標達成に向け年度から施策に取り組む。19年度までの概算事業費は71億5400万円。

(全文を表示…)

2011年12月25日(日) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

旅客船の安全を点検/海保が年末年始で警戒



船内を点検する海上保安署の職員=24日、島尻漁港

船内を点検する海上保安署の職員=24日、島尻漁港

 宮古島海上保安署は24日午前、年末年始特別警戒に伴う離島航路フェリーの安全指導を実施した。この日は島尻―大神間を運航する旅客船を点検した。きょう25日は平良―佐良浜間を結ぶフェリーの点検を行う。

(全文を表示…)

2011年12月23日(金) 09:00 [政治・行政]

キビ交付金1万6000円/12年産

農水省、単価増額は認めず


 【那覇支社】農林水産省は22日、2012年産サトウキビ生産者交付金を決定し発表した。交付金額は11年産と同額の1㌧当たり1万6000円に据え置いた。県や県農協中央会(小那覇安優会長)は500円の積み増しを要求していたが、同交付金の財源である糖価調整制度の累積赤字が408億円にまで上昇していることなどから単価の増額は認められなかった。また、11年産で病害虫被害の大きかったキビ農家の生産回復を目指し、全生産者を対象とした防除取り組み支援策で総額7億円程度を講じるとしている。

(全文を表示…)

2011年12月23日(金) 09:00 [政治・行政]

DV相談者20%減の51人/保健所運営協議会

会長に池村氏を再任


 2011年度の宮古保健所運営協議会が22日開かれ、新委員9人に委嘱状が交付された。会長には、宮古地区医師会の池村眞氏を再任した。議事では、宮古地区におけるDV(配偶者暴力など)に関する相談状況などが報告された。

(全文を表示…)

2011年12月23日(金) 09:00 [政治・行政]

「県営公園の早期整備を」/誘致促進協が要請書

知事「防災面で時宜得ている」


県営宮古総合運動公園(仮称)の整備促進を求める要請書を下地市長(手前中央)が仲井真知事(同左)に手渡した=22日、県庁知事応接室

県営宮古総合運動公園(仮称)の整備促進を求める要請書を下地市長(手前中央)が仲井真知事(同左)に手渡した=22日、県庁知事応接室

 【那覇支社】県営広域公園(宮古総合運動公園)誘致促進協議会(会長・下地敏彦市長)の要請団が22日、県庁に仲井真弘多知事を訪ね、同公園の早期整備について要請した。仲井真知事は「防災面でも時宜を得たものであり、皆さんの知恵を頂きながら、いい形にまとめたい」と述べ、同公園整備に前向きに着手する考えを示した。知事要請の後、一行は高嶺善伸県議会議長にも同要請書を手渡した。

(全文を表示…)

2011年12月22日(木) 09:00 [政治・行政]

「農業壊滅」と危機感/宮古島市議会

TPP不参加求め意見書/全会一致で採択


上地博通氏がTPP不参加を求める意見書を読み上げた=21日、宮古島市議会議場

上地博通氏がTPP不参加を求める意見書を読み上げた=21日、宮古島市議会議場

 宮古島市議会(平良隆議長)は21日、12月定例会の最終本会議で「TPP(環太平洋連携協定)に参加しないことを求める意見書」を全会一致で採択した。意見書は「サトウキビが主な産業である南西諸島の実情を無視し、TPPに参加することは絶対に認められない」と反対の姿勢を強く打ち出した。内閣総理大臣、外務大臣、財務大臣、農林水産大臣、経済産業大臣、内閣官房長官、沖縄及び北方対策担当大臣あてに提出する。

(全文を表示…)

2011年12月22日(木) 09:00 [政治・行政]

再来年に村制100周年/多良間村

記念事業実行委を設置


 【多良間】多良間村(下地昌明村長)は2013年に村制施行100周年を迎えることから19日、記念事業実行委員会を設置した。委員長に下地村長が就き、記念碑の建立や中央公民館建設などの各種事業に取り組んでいくことを決めた。同村は1913(大正2)年に当時の平良村から分村した。

(全文を表示…)

2011年12月21日(水) 09:00 [政治・行政]

臨時職員 481人、増加の一途/市議会一般質問

11年度、賃金5億8000万円/市長「適正化計画作る」


6氏が登壇して市政全般をただした一般質問最終日=20日、市議会議場

6氏が登壇して市政全般をただした一般質問最終日=20日、市議会議場

 宮古島市の臨時職員が3年前から増加の一途をたどっている。2008年度は321人だったが、11年度は481人に増加。賃金は11年度で5億8400万円を計上しており、08年度と比べると2億円以上増額している。下地敏彦市長は20日、「臨時職員は必要最低限にすべき」と述べ、臨時職員の適正化計画を早急に策定する考えを示した。同日行われた市議会(平良隆議長)一般質問で新里聡氏の質問に答えた。

(全文を表示…)

2011年12月21日(水) 09:00 [政治・行政]

平良港早期整備を要請

県農業協同組合とイオン琉球


平良港の早期整備を要請した岡村本部長(左端)ら=20日、市長室

平良港の早期整備を要請した岡村本部長(左端)ら=20日、市長室

 県農業協同組合(砂川博紀代表理事理事長)とイオン琉球(末吉康敏社長)は20日、平良港港湾管理者である下地敏彦市長に同港の整備を要請した。下地市長は「国には来年度予算でなんとかしてほしいと要望した。感触は良かったが、決定までは何とも言えない。皆さんの協力を得て引き続き要望していく」と話した。

(全文を表示…)

2011年12月21日(水) 09:00 [政治・行政]

経済効果は5200億円/県文化観光スポーツ部

統合リゾート導入で試算


統合リゾートの経済効果などが説明された=20日、市中央公民館

統合リゾートの経済効果などが説明された=20日、市中央公民館

 県文化観光スポーツ部は、カジノを含む統合リゾートを沖縄に導入する場合の経済・雇用効果の試算や懸念事項を整理し20日、市中央公民館で市民を対象に説明会を開いた。経済効果は最大約5200億円を試算。雇用誘発は5万4000人を見込む。デメリットには、ギャンブル依存症が増える恐れなどを挙げた。

(全文を表示…)

2011年12月20日(火) 09:00 [政治・行政]

市の行事 年間20回超/市議会12月定例会

ボランティア職員に負担


 宮古島市議会(平良隆議長)12月定例会は19日、一般質問3日目を行った。6人の議員が登壇し、市長部局主催の行事数が多いこと、学校規模適正化、放射能汚染と給食食材、食品などの安全性などについてただした。

(全文を表示…)

2011年12月18日(日) 09:00 [政治・行政]

買取制度の活用を/再生可能エネルギー

国が説明会、導入拡大図る


再生可能エネルギーの買取制度について知識を深める参加者=17日、下地農村環境改善センター

再生可能エネルギーの買取制度について知識を深める参加者=17日、下地農村環境改善センター

 2012年7月1日施行の再生可能エネルギー特別措置法に伴い、沖縄総合事務局は17日午後、下地農村環境改善センターで再生可能エネルギー買取制度の説明会を開いた。太陽光や風力で発電した電力を電力会社に売電(全量含む)する制度を説明し、日本での再生可能エネルギーの導入拡大に対する理解を求めた。

(全文を表示…)

2011年12月18日(日) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

「廃校の文字消して」/県教育庁

参加者に動揺広がる/伊良部高廃校の素案説明


参加者らが活発な意見・提言を述べた=17日、伊良部高校の体育館

参加者らが活発な意見・提言を述べた=17日、伊良部高校の体育館

 県教育庁は県立高校編成整備実施計画」(素案)に伊良部高校を後期(2017~21年)に廃校することを盛り込んだことに伴い17日、同校で説明・意見交換会を開いた。住民や教育関係者など約60人が参加したが、全員に動揺が広がっていた。伊良部高校の元PTA会長の中村雅弘さんは「素案に書かれている伊良部高校の『廃校』の文字を消して『伊良部大橋開通後に考えていく』に置き換えてほしい」と要望した。教育庁側は「持ち帰って検討したい。皆さんの意見は反映させたい」と理解を求めた。来年3月に開催される県教育委員会会議で同計画は決定される。

(全文を表示…)

2011年12月17日(土) 09:00 [政治・行政]

コンビニで納税可能に/市議会一般質問

13年導入目指す


住民税や国保税などのコンビニ納付実施に向け、検討を進めていることが示された市議会12月定例会の一般質問=16日、市議会議場

住民税や国保税などのコンビニ納付実施に向け、検討を進めていることが示された市議会12月定例会の一般質問=16日、市議会議場

 開会中の市議会(平良隆議長)の12月定例会は16日、一般質問の2日目が行われ、6氏が登壇し、当局見解をただした。真栄城徳彦氏は住民税や国保税などのコンビニエンスストア納付について当局の見解をただした。これに対して、安谷屋政秀総務部長は「導入に向けて現在検討を進めており、導入予定は2013年4月をめどに考えている」と述べ、2年後のスタートに意欲を示した。各種税のコンビニ納付は市民にとって利便性が向上し、当局はこれにより飛躍的な納付率向上を期待している。

(全文を表示…)

2011年12月16日(金) 09:00 [政治・行政]

「説明会一巡後に議論」/市議会12月定例会

学校統廃合で川満教育長


学校統廃合などに関する質問に答える川満教育長=15日、市議会議場

学校統廃合などに関する質問に答える川満教育長=15日、市議会議場

 開会中の宮古島市議会(平良隆議長)12月定例会は15日、一般質問がスタート。初日は6人が登壇し、下地敏彦市長の政治姿勢などをただした。複数の議員から出された学校統廃合に関する質問に対しては、今月5日に就任した川満弘志教育長が「今、各地域で説明会を実施しているさなか。一巡した後に議論を深めていきたい」と従来からの教育委員会方針を改めて示した。

(全文を表示…)

2011年12月16日(金) 09:00 [政治・行政]

田中前局長発言に抗議決議/多良間村議会

12月定例会が閉会


 【多良間】多良間村議会(西平幹議長)の12月定例会は15日、議案を可決後、議員提出の「田中聡前沖縄防衛局長の発言に抗議し、環境影響評価書の提出断念を求める抗議決議」を採択して閉会した。

(全文を表示…)

2011年12月15日(木) 09:00 [政治・行政]

年間に牛200頭が死亡/多良間

一般質問で村の対策ただす


6氏が登壇し当局をただした一般質問=14日、多良間村議会議場

6氏が登壇し当局をただした一般質問=14日、多良間村議会議場

 【多良間】多良間村議会(西平幹議長)12月定例会は14日、一般質問が行われた。豊見城玄淳氏は、年間に200頭程度の牛が死亡している問題を取り上げ、これが生活環境を損ねる不法投棄に結びついていると指摘。防止対策や死骸処理方法をただしたのに対し、下地昌明村長は、死亡の主な要因となっている下痢や肺炎の予防強化を農家に求め、処理方法は焼却が望ましいと考えを示した。

(全文を表示…)

2011年12月14日(水) 09:00 [政治・行政]

景観条例の可決見送る/市議会経済工務委

「慎重な審査を」と継続審査に


 宮古島市議会の常任3委員会が13日、市役所平良庁舎で開かれ、議会から付託された議案の審議を行った。市景観条例案の付託を受けた経済工務委員会(嵩原弘委員長)では協議の結果、「慎重な審査を行いたい」との判断から継続審査とすることを決めた。各委員会での審議結果は21日の市議会最終本会議で各委員長が報告する。

(全文を表示…)

2011年12月13日(火) 09:00 [政治・行政]

市の働き掛け要請/奥平氏

中国チャーター便就航で


奥平氏(左手前から2人目)らが中国便就航について、市の積極的な協力を要請した=12日、市平良庁舎

奥平氏(左手前から2人目)らが中国便就航について、市の積極的な協力を要請した=12日、市平良庁舎

 宮古島市区選出県議の奥平一夫氏らは12日、市平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、宮古空港への中国チャーター便就航と下地島空港での国際線機能整備について、市側からも県や関係機関に対して積極的に働き掛けを行ってほしいと要請した。要請には市議の長崎富夫氏、山里雅彦氏、前里光恵氏が同席した。

(全文を表示…)

2011年12月13日(火) 09:00 [政治・行政]

保護区域の設定で質疑/市議会常任委

ヤシガニ条例で経工委


条例案など付託議案の審議をした経済工務委員会=12日、市役所平良庁舎

条例案など付託議案の審議をした経済工務委員会=12日、市役所平良庁舎

 宮古島市議会の総務財政、経済工務、文教社会の常任委員会が12日、市役所平良庁舎で開かれ、それぞれ2011年度補正予算や条例案など付託された議案の審議を行った。経済工務委員会(嵩原弘委員長)では、今議会に新たに上程された「ヤシガニ保護条例」の審議が行われた。委員からは「保護区域はどのように設定するのか」「ヤシガニ保護監視員の数は何人か」などの質問が出た。

(全文を表示…)

2011年12月10日(土) 09:00 [政治・行政]

抗議決議を全会一致で可決/市議会定例会

前防衛局長不適切発言


抗議決議と意見書案の提出理由を説明する上地委員長=12月市議会

抗議決議と意見書案の提出理由を説明する上地委員長=12月市議会

 宮古島市議会(平良隆議長)12月定例会の2日目が9日、開かれた。市議会運営委員会(上地博通委員長)から提出された、前沖縄防衛局長の不適切発言に抗議し防衛大臣の責任明確化を求める抗議決議と、米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対し環境影響評価書の提出断念を求める意見書をいずれも全会一致で可決した。議案質疑では市などが出資する第三セクターのコーラル・ベジタブル社が法人税など計18万円を期限内に収めていないことなどが明らかになった。

(全文を表示…)

2011年12月9日(金) 09:00 [政治・行政]

市長、提出議案を説明/市議会

12月定例会が開会


提出議案を説明する下地市長=8日、市議会議場

提出議案を説明する下地市長=8日、市議会議場

 宮古島市議会(平良隆議長)12月定例会が8日、開会した。初日は、下地敏彦市長が一般会計補正予算案や、景観条例、ヤシガニ保護条例などの条例案、土地改良事業施行の議決案など19案件の説明を行った。きょう9日は提出議案に対する質疑などが行われる。

(全文を表示…)

2011年12月9日(金) 09:00 [政治・行政]

前防衛局長発言に抗議/市議会

議会運営委が決議案


抗議決議案などについて協議する議会運営委員会=8日、市役所平良庁舎

抗議決議案などについて協議する議会運営委員会=8日、市役所平良庁舎

 宮古島市議会運営委員会(上地博通委員長)が8日、市役所平良庁舎で開かれた。沖縄防衛局前局長の不適切発言に抗議し、防衛大臣の責任を明確にすることを求める抗議決議案と、米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対し、環境影響評価書の提出断念を求める意見書案について協議を行い、いずれも全会一致で承認。きょう9日の市議会12月定例会本会議で提案され、採決が行われる。

(全文を表示…)

2011年12月8日(木) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

「ダイオキシン類」に質問集中/新ごみ施設で周辺住民

市が再度説明会開く


ダイオキシンなどに関する質問が出た説明会=6日、添道公民館

ダイオキシンなどに関する質問が出た説明会=6日、添道公民館

 宮古島市は6日夜、新ごみ処理施設建設の説明会を周辺住民を対象に、添道公民館で開いた。10月18日に実施した説明会の参加者が9人と少なかったため、この日再度説明会を開いた。

(全文を表示…)

2011年12月8日(木) 09:00 [政治・行政]

災害のない年末を/労基署、災害防止協

大橋建設現場で合同パト


現場を点検する参加者ら=7日、建設中の伊良部大橋

現場を点検する参加者ら=7日、建設中の伊良部大橋

 宮古労働基準監督署(立岡成敏署長)と建設業労働災害防止協会県支部宮古分会(豊見山景順会長)は7日、2014年3月に開通予定の伊良部大橋工事現場などで年末建設工事合同パトロールを実施した。パトロール隊らは、年末の災害がないよう現場の安全や労働衛生を指導した。同日現在の大橋本体の進ちょく率は57%。

(全文を表示…)

2011年12月8日(木) 09:00 [政治・行政]

管路図面の重要性理解/サモア水道事業運営支援協力

現地職員基本技術を習得/市が専門家派遣の成果報告


第1回専門家派遣について見解を述べる(前列右から)下地市長、譜久村基嗣上下水道部長、上地課長、梶原課長補佐=7日、市長室

第1回専門家派遣について見解を述べる(前列右から)下地市長、譜久村基嗣上下水道部長、上地課長、梶原課長補佐=7日、市長室

 2011年度「サモア水道事業運営(宮古島モデル)支援協力」の第1回専門家派遣報告会が7日、市役所平良庁舎で開かれた。今回の派遣では、配水管の埋められた位置などを示す管路図面作成のための基本技術を市上下水道部の職員らが現地の職員に指導。派遣団総括として参加した同部の梶原健次課長補佐は「管路図の重要性について一定の理解が得られた」と活動で得られた成果を説明した。

(全文を表示…)

2011年12月8日(木) 09:00 [政治・行政]

密輸入、水際で阻止/税関平良出張所

特別警戒で看板設置


年末特別警戒で立て看板を設置する本村所長(右)ら=7日、沖縄地区税関平良出張所前

年末特別警戒で立て看板を設置する本村所長(右)ら=7日、沖縄地区税関平良出張所前

 「年末特別警戒(7~16日)」で沖縄地区税関平良出張所(本村茂希所長)は7日、同所前に立て看板を設置。国民の安全・安心を脅かす覚せい剤、大麻、MDMA(合成麻薬)などの不正薬物・けん銃などの社会悪物品の密輸入を水際で阻止する厳重な取り締まりを強化した。本村所長は「不審船や不審者を見つけたら、情報を提供してほしい」と呼び掛けている。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成30年9月1日現在

    宮古島市 54,132 人
    27,095 人
    27,037 人
    世帯数 26,730 軒
    多良間村 1,172 人
    628 人
    544 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2011年12月
    « 11月   1月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2