「私見公論」 2011年12月のニュース一覧

2011年12月24日(土) 22:56 [私見公論]

苦言、提言、ホラ吹き (2)/棚原 恵照

地域住宅計画(HOPE計画)によるその後の街の変化

私見公論⑫


 昭和58年度から当時の建設省は、全国の自治体を対象に地域住宅計画(HOPE計画)を始めた。この計画に沖縄県内では名護市が全国で9番目で指定された。その内容や状況等について、昭和63年、県都市計画課で知った。HOPE計画(ホープ計画)は、(1)地域の特性を踏まえた質の高い居住空間の整備、(2)地域の発意と創意による住まいづくりの実施、(3)地域住宅文化、地域住宅生産等にわたった広範住宅政策の展開を目的とした事業である。ところで、平良市は昭和63年、「第二次平良市総合計画」を策定していた。その内容は「自然と産業と人が共生できる潤いと活力に満ちた産業文化都市」を目指すことを基本理念としていた。従って、HOPE計画の内容と平良市の総合計画の目指すことが、あまりにも合致していることに驚きと心の躍動をおぼえた。これからの平良市のためにHOPE計画は逃すべきではない。私は、まさに飛びついた。県都市計画担当職員と数回にわたる協議を重ねた結果、昭和63年度建設省から指定を受けることができた。

(全文を表示…)

2011年12月17日(土) 22:30 [私見公論]

時を読む知性・見識を問われる指導者/岡村 一男

「私見公論」⑪


 情報手段が高度・多様化し、活字離れが一段と進む中にあっても、わが国の新聞メディアの発行部数は世界のトップレベルにある。日刊紙の総発行部数は世界第3位にあり、個別にみても全国紙の読売、朝日、毎日はそれぞれ世界第1位から第3位にある。ローカル紙の充実や識字率の高さ、基礎教育の徹底等も相まって、わが国は情報大国であり、いつでも、どこでも必要な情報を入手し、世界の動きを知るのに何ら不足を感じない。

(全文を表示…)

2011年12月10日(土) 22:25 [私見公論]

そなえよつねに/池城 かおり

私見公論⑩


 私は5歳のときにガールスカウトに入団し、毎週日曜日に中央公民館に通っていた。活動のとき必ず皆で唱えていたこの言葉を数十年ぶりに思い出したのは、3月日に仙台で地震に遭った時。私は内陸側にある天文台を見学していたが、急遽閉館となり、被害状況を全く把握できないまま宿泊先のある市街地へバスで向かった。バスの窓越しに強く降り始めた雪や余震でぐらぐら揺れる電柱を眺めていた。パニックは起こさなかったが、これから自分が置かれる状況が全く想定できず、頭の中は真っ白になっていた。突然、この言葉が内側から聞こえてきて、子供の頃に唱えていた平仮名の並びが「備えよ常に」であることに気づき、初めてその意味が体の中に入ってきた。しかし命令形であるはずのこの言葉は、心の中で繰り返し唱えられることによって次第に質問の意を帯び始め、災害への備えが心身共に何も無い自分に黙るほか無かった。3日後、山形空港から関西を経由し宮古島に帰ったが、しばらくは現地との緊張感の差になかなか馴染めずにいた。家にいるときも、外にいるときも「もし今ここで何かあったら」と考えずにいられなかった。義捐金の呼びかけは日に日に高まっていても、津波の話題には「宮古に逃げるところは無いよ」と笑って返され、危機感を誰とも共有できずにいた。しかし私もまた、少しずつ日常へ還っていった。

(全文を表示…)

2011年12月3日(土) 22:52 [私見公論]

「宮古島の活性化とバス路線」を考える/渡久山 明

私見公論⑨


 車社会となった現在では考えられないことですが、私が東平安名崎を初めて見たのは大学卒業してからでした。東平安名崎だけではなく、地方へ行ったことが小・中学生時のバスでの一周遠足で行った3、4回程度です。非常に少ないようですが、市内育ちの人の平均的な数字だと思います。理由は、それは地方への用事がなかった、ということになりますが、ほとんどの方が車を持っていなかったことや、なにより小遣いがなかったことでしょう。ただ、小学校にあがるまでには各地への路線バスは運行していたのですが、路線バスを利用する意識が日ごろからなかったことも確かで、小学生の時に野球試合で狩俣まで、また、中学校の時には宮古製糖まで自転車で行ったりしました。地方に用事をつくらないようにしたのかもしれません。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成31年1月1日現在

    宮古島市 54,229 人
    27,165 人
    27,064 人
    世帯数 26,857 軒
    多良間村 1,172 人
    628 人
    544 人
    世帯数 523 軒
  • 天気


  •  

    2011年12月
    « 11月   1月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2